ぬか の 名前 の 由来。 名前の由来で覚える薬シリーズ その3 薬をわかりやすくザックリ解説(薬剤師が教える薬の全て)

セレナと言う名前が付いた由来って何?!その全貌を明らかに!

ぬか の 名前 の 由来

私たち日本人にとって、お米は毎日ほとんどの人が口にする主食です。 最近では、パンやパスタを食べる人も多くなってきていますが、やはりそれでも一部であって、お米を毎日食べる人の方が遥かに多いと思われます。 お米って、どうやってつくられているのかは、ご存じでしょうか。 まずは苗を育て、広大な土地を耕し田んぼを作り、田植えをするところから始まります。 稲が育ち、稲刈りをするまで、丹精込めてお世話をします。 稲刈りの後にも、まだ作業は続きます。 籾摺り作業をして、ようやく玄米が出来るのです。 苗を作った4月から、およそ7カ月かけてようやく出来上がるのだといいます。 お米の欠かせない私たちにとっては、本当にありがたい話です。 そんなお米について、もっと詳しくなってみませんか。 語源や歴史、また沢山ある品種の由来もふまえてお話していきたいと思います。 「お米」の語源とは!? 私たちが日ごろから当たり前のように口にしている「お米」ですが、語源や由来について考えたことがあるでしょうか。 そもそもなぜ、「お米」というのでしょうか。 「米」の語源は、「小実 こみ 」や「小目 こめ 」と言われており、「小さな実」を表すのだそうです。 そして、呼び方についても、もともとは「こめ」ではなく、「よね」と呼んだといいます。 「米」が「よね」だとしたら、「こめ」とは何を指すのでしょうか。 「こめ」の語源としては、「殻 から 」と言われており、そこから連想される動作が語源のようです。 「こめる」や「つめる」または「入れる」といった動作です。 この「こめる」が「殻」と重ねられ、「こめ」と変化していったと言います。 お米の語源は、実ではなく殻を意味していて、「こめる」の「こめ」であったことには驚かされます。 では、お米の漢字についての由来はあるのでしょうか。 お米の漢字の由来とは!? 日本で私たちが使う漢字の多くは、遥か昔、中国から伝わってきました。 そして、漢字はもともと、そのものの姿を変化させて作られたともいわれています。 昔にさかのぼると、漢字で「禾 のぎ 」と書き、稲を表していました。 稲穂の頭が垂れる、というイメージから作られた漢字です。 この「禾」は、単独ではあまり見ることがありませんが、少し角度を変えてみると、「穂」「稲」「秋」など「のぎへん」を使用する漢字が沢山思い浮かぶと思います。 「禾」は穂先に毛のあるものを示し、それに対して「米」という漢字では、稲穂の実った状態を表します。 「米」の漢字の形を思い浮かべてみて下さい。 横線を境に、上に3つ、下に3つ、と実が実った姿のようです。 この形を由来として、米作りに懸ける人々の思いがこもった漢字、という説もあります。 さらに「米」という漢字をバラバラにすれば、「八十八」となり、これは米作りに懸けた手の数を表し、多くの手をかけた人々の思いを象徴した、ともと考えられています。 漢字を紐解くことで、当たり前に食べていたお米に、感謝したくもなりませんか。 作って頂いた農家のみなさんの苦労が、ここに詰まっているのです。 スポンサードリンク 日本におけるお米の歴史について 今、私たちが毎日食べているお米の歴史をさかのぼると、中国の福建米 ふっけんまい にたどり着くといわれています。 その頃には肥料はなく、放置された栽培方法でした。 そのため、お米の色形は今と違い、長くて赤い「赤長米」だったそうです。 経路は不明ですが、東シナ海を超え、沖縄・九州地方に伝来したのが、今からおよそ3000年前の縄文時代のことです。 そして、弥生時代には、水田での稲作が行われるようになりました。 それまでは、狩りや木の実を収穫しての生活だったことが一変し、米作りを行うことで、米を通じて人々に富みと権力が生れだすのです。 米作りは、現在にまでつながる日本の社会の基盤といえるでしょう。 お米はその後年貢として、今でいう税金の役目を担うほど、貴重なものとなっていきました。 貧富の差が誕生した大元ともいえます。 さらには、秋に岸和田で行われる、有名な「だんじり祭り」を筆頭に、米作りを祈願するお祭りは全国でも多くあり、現在に至るまで引き継がれています。 そして、日本で米作りがここまで定着している理由として、日本の気候が大きく影響しているともいえます。 四季のある日本では、梅雨の時期には雨が多く降り、夏には雨が少なく暑い日が続きます。 このような気候が米作りには最適だったため、日本の米作りがここまで発達してきたともいえるでしょう。 しかし、近年では農家の減少から、日本の伝統的な米作りにも、危機が訪れ始めている傾向にあることも事実です。 スポンサードリンク 色々なお米の品種の名前の由来をご紹介! では最後に、日本で作られているお米には様々な種類がありますが、その名前にまつわる由来についても、いくつかご紹介したいと思います。 コシヒカリ 越光 かつて北陸地方にあった地域の呼び名、「越国 こしのくに 」が由来です。 越国に光輝く、という意味が込められています。 ひとめぼれ まさに「ひとめぼれ」というだけあり、光沢があり色艶が良く、まるで一目ぼれしてしまうような美しさをもつことから、この名がついたといいます。 あきたこまち 秋田県雄勝町にある、小野の里が誕生の地とされる、絶世の美女「小野小町」の名にあやかり、おいしいお米になあれ!と願いが込められた名前です。 ヒノヒカリ 西日本や九州を「陽 ヒ 」と表し、全てにおいてバランスの良いこのお米は、炊き上がりに光り輝くような色艶をみせることが、この名の由来となっています。 ゆめぴりか 北海道の「夢」である日本一のおいしさの追究と、「ピリカ」というアイヌ語の「美しい」をあわせて名付けられたお米です。 現在は、楽天など数々のお米ランキングで1位となっており、まさに「夢」の詰まったお米となりつつあります。 まとめ お米についてのお話、お楽しみ頂けたでしょうか。 私たちの主食のお米には、こんなにも深い歴史があり、今も変わらず日本人の生活を成り立たせてくれています。 毎日食卓に並ぶ熱々のごはん、このような由来や歴史を知ることで、さらに格別なおいしさと感じるのではないでしょうか。 3000年も前から引き継がれる米作りにも、感謝の気持ちを忘れずにいたいものです。 また、日本の基盤を作った米作りの技術は、次の時代にも、また次の次の時代にも、ずっと大切に引き継がれていってもらいたいものです。 スポンサードリンク.

次の

鰯のぬか炊き

ぬか の 名前 の 由来

アニョハセヨ〜 韓国ヒッピホップサバイバル番組『 SHOW ME THE MONEY』や『 高等ラッパー』の出演で人気のラッパー『 GIRIBOY(ギリボイ)』について紹介します。 そんなGIRIBOYのプロフィール・インスタ・名前の由来・オススメ曲など気になる情報を早速見ていきましょう。 — 2019年12月月4日午後9時28分PST ラッパーになったきっかけ 幼いころから音楽が好きで、中学生の時には、 学校で友達の前で歌を歌ったり、ダンスを踊ったりしていました。 高校1年生ぐらいからインターネットでラップをするのを見て、 「俺もやってみよう」と思い、その時からラップを始めました。 それから、作曲まで自分自身でやってみたいと思い、知り合いの先輩から習って、高校1年生の時から歌を作ったのが音楽活動の始まりです。 その後、音楽学院に通って作曲を学びました。 GIRIBOYという芸名の由来は? GIRIBOYという名前は、知り合いの先輩がつけてくれたそうで、特別な意味はなかったが、インタビューをする時に芸名の由来を聞かれるので、『 길이 보인다(キリ ボインダ)=前途が見える』という意味を後付けしたらしいです。 ラジオ番組で、芸名の意味付けをしてから、本当に前途が見えてきたとコメントしています。 実は歌が下手?!? 歌が下手で、Just Musicに所属したばかりのとき、社長兼ラッパーのSwingsはあまりにも 歌が下手でボーカルトレーニングまでさせたらしいです。 多様なジャンルを攻める 幼い頃から音楽のジャンル(例えば、ポップやヒッピホップなど)に対する大きな偏見や自負心がなかったので、 様々なジャンルの音楽を幅広く聴いて曲を作っています。 その影響で、GIRIBOYの昔の音楽を聞くとヒップホップというよりもポップのように聞こえる音楽が多いです。 Kid Milli, Lil tachi, Kim Seungmin, NO:EL, C JAMM)(2019).

次の

【名探偵コナン】キャラクターたちの名前の由来・元ネタまとめ

ぬか の 名前 の 由来

読み方と鳥の種類についての資料はあったが、名字の由来についてはわからなかった。 「鴑」という漢字について 『大漢和辞典 巻12』p. 13406によると、「ヌ」「ド」と読む。 意味は「鳥の名前」とあり、種類についての記載なし。 「尾鴑」の由来について、『全国名字大辞典』など名字辞典類にも記載がなく、ジャパンナレッジの百科系などにも記載がないため、読み方のみお伝えした。 上記以外の資料を調べると、「鴑」が表す鳥の種類が数種類あった。 また、「尾鴑」の由来はわからないが、上記以外の資料も調べたので追記する。 『大漢語林』p. 1581に「鴑」の古訓(平安時代に行われた漢字の訓)が「キサク・ツクミ・ヒエトリ・アトリ」であると記載があったので、古語辞典を調べる。 「アトリ」(花鶏)は、『古語大鑑』第1巻p. 66に項あり。 アトリ科の鳥。 雀よりやや大きい。 10月頃に群をなして渡来する。 中世末には「あっとり」の形も生じた。 「鴑<アツトリ>[伊京集八九11]」 「ツクミ」は、『角川古語大辞典』第4巻p. 425に、「ツグミ(鶫)」の項あり。 スズメ目ツグミ科に属し、全長13cmほど、小鳥のうちでは大形である。 上面は黒褐色と赤褐色との斑、喉のあたりは黄白色に黒褐色斑があり、胸は黒色、腹は白色を呈する。 シベリア方面で繁殖し、秋季大群をなして日本に飛来する。 「ヒエトリ」は、『角川古語大辞典』第5巻p. 7に「ヒエドリ(鵯)」の項あり。 小鳥の中では大形の種類で全長27cm余。 尾が長い。 背面暗灰色で耳羽が栗色を呈する。 全国に分布し、夏季に山地の樹林で繁殖して昆虫を捕食し、秋冬に村里へ現れ、南天など赤い木の実を好んで食う。 小さい群をなし、「ひーよひーよ」と高い声で鳴く。 「ひよどり」ともいう。 「キサク」については古語辞典類を調べるが記載がなかった。 インターネットのサイト「汉典」によると、异体字(異体字)が「鴽」と書かれていた。 「鴽」については『大漢和辞典 巻12』p. 829に記載あり。 読み方は「ジョ、ニョ」で、意味は「フナシウヅラ」である。 「フナシウヅラ」とは、『図説 日本鳥名由来辞典』p. 384によると、「ミフウズラ」の誤称である。 「ミフウズラ」についてはp. 422に記載あり。 ミフウズラ科のスズメ大の鳥。 ウズラに似た形と羽色であるが、やや小さく、趾は3本で後肢がない。 、共に斑がある。 「尾鴑」について 『難読姓氏・地名大事典 続』『姓氏4000歴史伝説事典』『姓氏家系大辞典』第1巻下、第2巻下、第3巻上『地名苗字読み解き事典』『苗字8万よみかた辞典』『人名よみかた辞典 姓の部』『姓名よみかた辞典 姓の部』には、「尾鴑」について記載なし。 「鴑」を「ぬ」「ど」の読み方で調べたが、こちらも記載なし。 『日本歴史地名大系 49』で地名に「尾鴑」があるか調べるが、こちらも記載なし。 回答プロセス Answering process 『大漢和辞典』で読み方を調べる。 ジャパンナレッジの百科系等にも無し。 読みのみの回答となる。 名字関係の事典で「尾鴑」の他、「鴑」を「ぬ」「ど」の読み方で調べたが、こちらにも記載なし。 地名が名字と関係しているかもしれないと思い、地名辞典を調べるが、こちらにも記載なし。 『大漢和辞典』以外の漢和辞典を調べると、『大漢字林』に「鴑」の古訓が載っていたので、古語辞典で調べる。 Googleで「鴑」を検索すると、「汉典」というサイトに异体字が「鴽」であると記載があったため、『大漢和辞典』で「鴽」について調べる。 「フナシウヅラ」については、『図説 日本鳥名由来辞典』の総画引名彙索引で「鴽」を調べた。 事前調査事項 Preliminary research.

次の