時候の挨拶 10月 くだけた。 3月の時候の挨拶・手紙の書き出し・末文の文例

10月中旬の時候の挨拶。ビジネス文書やお礼状の手紙の書き方

時候の挨拶 10月 くだけた

盛夏の候/仲夏の候/真夏の候/酷暑の候/極暑の候/甚暑の候/猛暑の候/炎暑の候/大暑の候/烈暑の候/三伏の候/小暑の候/ 7月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 盛夏の候は「せいかのこう」。 以下、仲夏(ちゅうか)真夏(まなつ)酷暑(こくしょ)極暑(ごくしょ)甚暑(じんしょ)猛暑(もうしょ)炎暑(えんしょ)大暑(たいしょ)烈暑(れっしょ)三伏(さんぷく)小暑(しょうしょ) 季語を使った七月の時候の挨拶は、私的文書では「盛夏の候、いかがおしのぎですか」「酷暑の候、ますますご清勝のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「猛暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」などと書き出します。 ・ 盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 昨今の炎暑、いかがおしのぎですか。 ・ 夏空に雲の峰がひときわ高く立つころとなりました。 ・ 梅雨も明け、暑さも一段と増してまいりました。 ・ 海山の恋しい季節を迎えました。 ・ 連日の暑さにすっかり閉口しております。 ・ 寝苦しい毎夜を迎えています。 ・ いよいよ酷暑を迎える季節となりました。 ・ 暑さも耐えがたい毎日が続いています。 七月の手紙の書き出しは、季節を伝える時候の挨拶文を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「連日しのぎがたい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか」「梅雨も明け、いよいよ夏到来。 ごきげんいかがですか」など。 ビジネス文書の場合は、冒頭部分には季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、すぐに用件(本文)に入ります。 「酷暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。 さて、このたび~」など。 時候の挨拶も省略して「時下ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとしてもかまいません。 結びの挨拶文例(7月) ・ 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 ・ 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 ・ 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 ・ 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 ・ 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 七月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「くれぐれもお体をお大事に」「元気でお過ごしください」などの挨拶文を添えます。 「炎暑しのぎがたい日が続いております。 ご自愛専一に。 」「海山の恋しい季節、お元気でお過ごしください。 」といった感じでまとめます。 ビジネス文書の場合は文末には季節の挨拶は入れません。 用件を述べたたあと「まずはご連絡まで」「とり急ぎご照会申しあげます」「以上よろしくお願いいたします」などの言葉で結びます。 7月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半・月の後半とか、初旬・中旬・下旬などと、使い分けなくても大丈夫です。 7月なら「猛暑の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、7月の季語を使った「の候」を入れておけば問題ありません。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、7月の季節感を出したい場合は、7月に行なわれる行事や雑節などを織り込んで、次のような書き出しにします。 7月の別名や昔の呼び名(和風月名) 7月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った季節感のある挨拶文になります。 7月の代表的な和風月名は「文月」。 読み方は「ふみづき」。 意味は、書物(文=ふみ)を夜風にさらす月(つき)という風習が転じたもの。 このほかにも諸説あります。 7月の別名には次のような呼び名があります。 愛逢月(あいおうづき)秋初月(あきはづき)女郎花月(おみなえしづき)首秋(しゅしゅう)上秋(じょうしゅう)七夕月(たなばたつき)棚機月(たなばたづき)桐月(とうげつ)桐秋(とうしゅう)七夜月(たなよつき)否月(ひづき)親月(ふづき・ふみづき)相月(ふみづき)文被月(ふみひろげつき)書被月(ふみひろげつき)迎鐘(むかいつき)愛合月(めであいつき)孟秋(もうしゅう)蘭月(らんげつ)蘭月(らんしゅう)流火(りゅうか)涼月(りょうげつ) 7月:外国語の呼び方 7月は英語では「July」(ジュライ)と言いますが、語源は、エジプトの太陽暦をもとにユリウス暦を制定した古代ローマの政治家・ジュリアス・シーザーの生まれた月にちなんでつけられたものと言われています。 今日はソフトクリームの日。 小学生のとき上野科学博物館の地下食堂で食べたソフトクリームの味が忘れられない今日この頃。 いかがお過ごしですか。 今日はかき氷の日。 連日の猛暑日でこちらは毎日がかき氷の日となっています(笑)夏バテなどしていませんか。 今年も娘と入谷朝顔市に行ってきました。 今日と明日は浅草寺のほおずき市ですね。 五年前に家族で行きましたが、あまりの人の多さに、早々と帰ってきました。 お中元のお礼はがき文例<7月> 7月に、お中元をいただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので前文は省略。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れました。 礼状の書き出しに時候の挨拶を入れないのは、うれしさのあまりに時候の挨拶をを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、最初にお礼の言葉を述べたあと、いただいた品物の具体的な感想を書いて、季節の挨拶を添えて(7月の場合は「厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」など)、最後に「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際は縦書きで印刷しました。

次の

ビジネスでも使える7月の時候の挨拶と結びの挨拶(例文付き)

時候の挨拶 10月 くだけた

8月 11, 2016 2月 11, 2020 10月といえば・・・を調べてみると様々な風物詩がありました。 手紙を書く時やイベントを企画する時などに、 10月の風物詩などを用いる時もありますよね。 そこで今回は「 10月の風物詩と季語、そして時候の挨拶一覧」についてご紹介します。 時候の挨拶では、実際に使える「書き出しの言葉」と「結びの言葉」の文例を載せました。 目上の人、つまり丁寧であらたまった時候の挨拶と、友人などに使うくだけた時候の挨拶の2パターンの文例も載せますので【永久保存版】です! 目次• 10月の風物詩一覧 10月といえばで思いつくのは、私は紅葉や運動会ですがそのほかにも、様々な風物詩があります。 そこで、10月の風物、気候、植物、動物のそれぞれについてまとめました。 風物 ・運動会 ・スポーツの秋 ・栗拾い ・稲刈り ・かかし ・きのこ狩り ・紅葉狩り ・紅葉 ・菊人形 ・読書の秋 ・行楽の秋 ・ざくろ ・すだち ・ゆず ・きんかん ・まつたけ ・しめじ ・新米 ・新酒 ・さつまいも ・柿 ・落花生 ・秋さば ・だいだい 気候 ・いわし雲 ・秋晴れ ・秋の長雨 ・秋の風 植物 ・コスモス ・あざみ ・きんもくせい ・りんどう ・菊 ・マリーゴールド ・ガーベラ 動物 ・むくどり ・つぐみ ・きつつき ・めじろ ・もず ・うずら ・むくどり ・いなご ・ばった ・鹿 10月の季語一覧 候は折、みぎりでも可 ・仲秋の候 ・清秋の候 ・爽涼の候 ・秋冷の候 ・秋晴の候 ・秋麗の候 ・夜長の候 ・秋雨の候 ・菊香の候 ・紅葉の候 ・錦秋の候 ・朝寒の候 ・寒露の候 ・霜降の候 ・初霜の候 10月の時候の挨拶一覧 目上の人への丁寧であらたまった時候の挨拶と、友人などに送る際のくだけた時候の挨拶の2パターンをご紹介します。 丁寧であらたまった時候の挨拶の文例 書き出しの言葉 ・菊薫る時節、皆様ご清祥のこととお喜び申し上げます。 ・秋晴れの好天が続いております。 お変わりなくお過ごしのことと存じます。 ・天高く馬肥ゆる秋、皆様にはますますご壮健のことと拝察いたします。 ・澄み渡る秋の空の下、皆様にはご健勝のことと拝察いたします。 ・柿の実の色づく季節となりました。 ますますご壮健にてご活躍の段、何よりと存じます。 結びの言葉 ・朝晩は冷えてまいりました。 何卒ご自愛専一にお過ごしくださいませ。 ・昼夜の寒暖の差が激しい時節です。 お風邪など召しませんようお気をつけくださいませ。 ・お身体にご留意なさって、快適な季節を心ゆくまでお楽しみください。 ・気候も味覚もこのうえない好季節、実り多い秋を満喫されますようお祈り申し上げます。 くだけた時候の挨拶の文例 書き出しの言葉 ・日増しに秋の気配が色濃くなってきました。 お元気ですか。 ・こちらは例年になく暖かい日が続いています。 そちらはいかがですか。 ・すがすがしい秋空の毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・野山も色づいてすっかり秋の装いです。 もう紅葉狩りには行かれましたか。 ・読書の秋です。 何かおすすめの本はありますか。 ・日増しに秋も深まり、朝夕は肌寒く感じます。 結びの言葉 ・朝晩は冷え込む毎日です。 風邪などひかぬようご自愛ください。 ・過ごしやすい季節ですが、油断して体調をくずさぬようお気をつけください。 ・行楽には絶好の季節です。 楽しい計画をお立てください。 ・ビールより熱燗が恋しい季節になりました。 秋の味覚も楽しみですね。 ・秋の夜長と申します。 お互い宵っぱりにならないよう、睡眠不足に注意しましょう。 ・野山はすっかり秋の装いです。 秋を満喫いたしましょう。 最後に 今回は、10月の時候の挨拶・季語・風物詩一覧をご紹介しました! 是非、参考にされてください!.

次の

【4月といえば】風物詩・時候の挨拶文例・季語一覧

時候の挨拶 10月 くだけた

盛夏の候/仲夏の候/真夏の候/酷暑の候/極暑の候/甚暑の候/猛暑の候/炎暑の候/大暑の候/烈暑の候/三伏の候/小暑の候/ 7月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 盛夏の候は「せいかのこう」。 以下、仲夏(ちゅうか)真夏(まなつ)酷暑(こくしょ)極暑(ごくしょ)甚暑(じんしょ)猛暑(もうしょ)炎暑(えんしょ)大暑(たいしょ)烈暑(れっしょ)三伏(さんぷく)小暑(しょうしょ) 季語を使った七月の時候の挨拶は、私的文書では「盛夏の候、いかがおしのぎですか」「酷暑の候、ますますご清勝のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「猛暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」などと書き出します。 ・ 盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 昨今の炎暑、いかがおしのぎですか。 ・ 夏空に雲の峰がひときわ高く立つころとなりました。 ・ 梅雨も明け、暑さも一段と増してまいりました。 ・ 海山の恋しい季節を迎えました。 ・ 連日の暑さにすっかり閉口しております。 ・ 寝苦しい毎夜を迎えています。 ・ いよいよ酷暑を迎える季節となりました。 ・ 暑さも耐えがたい毎日が続いています。 七月の手紙の書き出しは、季節を伝える時候の挨拶文を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「連日しのぎがたい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか」「梅雨も明け、いよいよ夏到来。 ごきげんいかがですか」など。 ビジネス文書の場合は、冒頭部分には季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、すぐに用件(本文)に入ります。 「酷暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。 さて、このたび~」など。 時候の挨拶も省略して「時下ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとしてもかまいません。 結びの挨拶文例(7月) ・ 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 ・ 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 ・ 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 ・ 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 ・ 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 七月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「くれぐれもお体をお大事に」「元気でお過ごしください」などの挨拶文を添えます。 「炎暑しのぎがたい日が続いております。 ご自愛専一に。 」「海山の恋しい季節、お元気でお過ごしください。 」といった感じでまとめます。 ビジネス文書の場合は文末には季節の挨拶は入れません。 用件を述べたたあと「まずはご連絡まで」「とり急ぎご照会申しあげます」「以上よろしくお願いいたします」などの言葉で結びます。 7月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半・月の後半とか、初旬・中旬・下旬などと、使い分けなくても大丈夫です。 7月なら「猛暑の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、7月の季語を使った「の候」を入れておけば問題ありません。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、7月の季節感を出したい場合は、7月に行なわれる行事や雑節などを織り込んで、次のような書き出しにします。 7月の別名や昔の呼び名(和風月名) 7月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った季節感のある挨拶文になります。 7月の代表的な和風月名は「文月」。 読み方は「ふみづき」。 意味は、書物(文=ふみ)を夜風にさらす月(つき)という風習が転じたもの。 このほかにも諸説あります。 7月の別名には次のような呼び名があります。 愛逢月(あいおうづき)秋初月(あきはづき)女郎花月(おみなえしづき)首秋(しゅしゅう)上秋(じょうしゅう)七夕月(たなばたつき)棚機月(たなばたづき)桐月(とうげつ)桐秋(とうしゅう)七夜月(たなよつき)否月(ひづき)親月(ふづき・ふみづき)相月(ふみづき)文被月(ふみひろげつき)書被月(ふみひろげつき)迎鐘(むかいつき)愛合月(めであいつき)孟秋(もうしゅう)蘭月(らんげつ)蘭月(らんしゅう)流火(りゅうか)涼月(りょうげつ) 7月:外国語の呼び方 7月は英語では「July」(ジュライ)と言いますが、語源は、エジプトの太陽暦をもとにユリウス暦を制定した古代ローマの政治家・ジュリアス・シーザーの生まれた月にちなんでつけられたものと言われています。 今日はソフトクリームの日。 小学生のとき上野科学博物館の地下食堂で食べたソフトクリームの味が忘れられない今日この頃。 いかがお過ごしですか。 今日はかき氷の日。 連日の猛暑日でこちらは毎日がかき氷の日となっています(笑)夏バテなどしていませんか。 今年も娘と入谷朝顔市に行ってきました。 今日と明日は浅草寺のほおずき市ですね。 五年前に家族で行きましたが、あまりの人の多さに、早々と帰ってきました。 お中元のお礼はがき文例<7月> 7月に、お中元をいただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので前文は省略。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れました。 礼状の書き出しに時候の挨拶を入れないのは、うれしさのあまりに時候の挨拶をを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、最初にお礼の言葉を述べたあと、いただいた品物の具体的な感想を書いて、季節の挨拶を添えて(7月の場合は「厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」など)、最後に「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際は縦書きで印刷しました。

次の