ま ふま ふ 東京 ドーム。 新型コロナウイルス感染予防対策・営業内容の変更・イベント開催中止について

【東京ドーム】アクセス・営業時間・料金情報

ま ふま ふ 東京 ドーム

3月20日~4月2日・東京ドーム公式戦9試合入場券の払い戻しについて 払い戻し期限を、当初の5月3日(日)から10月31日(土)まで延長いたします。 払い戻し期限まで6か月以上の期間があります。 ファンの皆様には、緊急事態宣言に基づく各自治体の要請に従い、余裕を持ってご対応いただくよう心よりお願い申し上げます。 (2020年4月8日現在) プロ野球開幕延期に伴い中止が決定した東京ドームの公式戦9試合(3月20日~22日DeNA戦、27日~29日ヤクルト戦、3月31日~4月2日阪神戦)の入場券の払い戻しを下記のとおり実施します。 期間は3月23日(月)~10月31日(土)で、ご購入の店舗・窓口で払い戻しいたします。 上記9試合の入場券は後日開催される振替試合(開催日未定)ではご利用いただけませんのでご注意ください。 また、各種招待券は無効となり、別の試合の招待券への振替は行いませんのでご了承ください。 なお、振替試合の日程や、9試合で予定されていた各種企画、来場者プレゼント等の振替実施日程については、決定し次第、発表いたします。 営業再開の際はでお知らせします。 営業休止期間中は郵送での払い戻し受付をご利用いただけます。 詳細はをごらんください。 「シーズンシート(63試合プラン、平日34試合プラン、週末29試合プラン、20試合プラン、10試合プラン、ビジターチーム応援パック)」、「チケットGIANTS(PC・スマートフォン)のクレジットカード決済でご購入のチケット」、「団体観戦プラン」を除くすべての有料入場券の払い戻しを行います。 プレイガイドやコンビニエンスストアで購入時にお支払いいただいた手数料や配送料は、払い戻しに含まれませんのでご注意ください。 【入場券を受け取り済みの方】 詳細案内: お客様ご自身による手続きが必要です。 入場券の受け取り方法や支払い方法などにより手続きが異なりますので、上記URLでご確認ください。 ご確認いただけない場合は、イープラス巨人戦専用ダイヤル(050-3066-9007 午前10時~午後6時)までお問い合わせください。 ご来店が難しい場合は、上記URLをご参照のうえ、期間内にイープラスにチケットをご返送ください。 【入場券未発券の方】 払戻し手続きは不要です。 クレジットカード決済の場合、クレジットカード会社を通じて、クレジットカード支払いに指定している口座へ払い戻します。 コンビニ・ATM・ネットバンキング決済の場合、ウェルネット送金サービスを利用して返金いたします。 手続きの準備が整いましたらイープラスから「返金手続き開始」の連絡が登録メールアドレス宛に届きますので、そちらからお手続きください。 詳細は上記URLでご確認ください。 ・クレジットカード決済でお支払いただいたお客様 お客様によるお手続きは必要ありません。 クレジットカード会社を通じて払い戻しを行います。 ・セブン-イレブン店頭でお支払いただいたお客様 お客様によるお手続きが必要です。 ご利用されたセブン-イレブン店舗で入場券と引き換えに払い戻します。 後日開催される振替試合(開催日未定)決定後、対象チケットを改めてお送りいたします。 詳細はをご確認ください。 0570-000-777(午前10時~午後6時) 「シーズンシートビジターチーム応援パック」をご購入のお客様は下記の払い戻し手続きはご利用いただけません。 後日開催される振替試合(開催日未定)決定後、対象チケットを改めてお送りいたします。 ミニストップ店舗でご購入・発券された方はミニストップ全店舗で払い戻しを実施します。 読売ジャイアンツ団体観戦プラン事務局から順次ご案内をさしあげます。 ・発券済みのお客様:発券されたセブン-イレブン店舗のみで払い戻しを実施します。 5月3日(日)を過ぎてしまった場合は、東京ドームにて払い戻し手続きを行えます。 ・未発券のお客様:ダイナースクラブチケットサービスより順次ご案内をさしあげます。 ・ご不明点についてはお電話にて下記までお問い合わせください。 ダイナースクラブチケットサービス受付デスク 0120-243-543(平日10:00-18:00/土・日・祝休) 〈シーズンシート各種プラン、パックをご購入の方〉 ジャイアンツシーズンシート営業センターから順次ご案内をさしあげます。 ご不明点については同センター(03-3816-6011 午前10時~午後6時)にお問い合わせください。

次の

新型コロナウイルス感染予防対策・営業内容の変更・イベント開催中止について

ま ふま ふ 東京 ドーム

税込 前売 当日 ファンクラブ 一般 1ネット裏スペシャルシートSS 8,700円 9,200円 9,700円 2ネット裏スペシャルシートS 7,700円 8,200円 8,700円 3エキサイトシート 7,700円 8,200円 8,700円 4エキサイトEASYシート 7,200円 7,700円 8,200円 5バルコニーシートA 飲食付き 7,200円 7,700円 8,200円 6バルコニーシートB 3,700円 4,200円 4,700円 7指定席SS 6,600円 7,000円 7,400円 8指定席S 5,600円 6,000円 6,400円 9指定席A 3,800円 4,200円 4,600円 102F指定席 おとな 2,800円 3,000円 3,200円 こども 1,400円 1,500円 1,600円 11ライオンズ応援外野指定席 ライト おとな 3,200円 3,400円 3,600円 こども 1,600円 1,700円 1,800円 12ライオンズ応援外野指定席 レフト おとな 3,000円 3,200円 3,400円 こども 1,500円 1,600円 1,700円 13ビジター応援外野指定席 おとな 2,800円 3,000円 3,200円 こども 1,400円 1,500円 1,600円 立ち見 おとな 2,000円 2,200円 2,400円 こども 1,000円 1,100円 1,200円 車いす席 2,800円 3,000円 3,200円• ただし未就学児のお客さまでもお席が必要な場合は、入場チケットが必要となります。 ただし、エキサイトシートでは膝上でのご観戦はできません。 未就学児のお客さまでも1人1枚入場チケットが必要となります。 当日券は対象外です。 当日券は対象外です。 試合日前日までイープラスのみで販売いたします。 詳細はにてご確認ください。 なお、当日見切れ席に残席がある場合、東京ドームの当日券売場にて販売いたします。 チケット販売スケジュール• 前売券販売(一般価格での購入のみ) 発売日:2月24日 月・休 ~ 販売場所:東京ドームチケット前売所(22ゲート前インフォメーション横)• 販売開始日に限り、窓口に並び列がある場合、1購入あたり6枚までのご購入となります。 東京ドームシティに関するお問い合わせ 東京ドームシティわくわくダイヤル 03-5800-9999 【受付 10:00~17:00】 チケット払い戻しについて 車椅子ご観戦エリアは指定席 1・3塁 コンコースエリアにございます。 料金 前売 ファンクラブ会員:2,800円、一般:3,000円 当日 ファンクラブ会員・一般:3,200円• お申込み・お問合せ 東京ドーム車椅子受付専用電話:03-3817-6085 発売日 3月21日 土 10:00~• 当選者には、同日の17:00までに電話にてご連絡いたします。 ただし、受付開始日の15:00までに定員に達しなかった場合、それ以降は先着順になります。 受付時間 10:00~• (車高制限2m) (ご予約は前日17:00までにお願いいたします。 ) ご注意• また、座席位置の指定は承れませんのでご了承ください。

次の

東京ドーム

ま ふま ふ 東京 ドーム

概要 [ ] 日本初の全天候型多目的スタジアムである。 の実質的な代替球場としての跡地に開場。 3月17日にオープニングセレモニーが開かれ、3月18日にこけら落としイベントとして、巨人と阪神のオープン戦が行われた。 愛称は「 BIG EGG(ビッグエッグ)」 であったが、2000年の時点でこの呼称は公式に廃止されている。 空気膜構造屋根を持つアメリカのをモデルとして設計された。 からロングパイルを日本の野球場で初めて採用した。 に近い感触の特殊な繊維とクッション材を採用し、選手の負担を軽減している。 ドームの広さは約216メートル四方では46,755m 2、は約124万m 3。 2015年度の実績では、撤去・設営も含めた稼働実績は87. そのうち野球が占める割合は4割程度であり、その他はコンサートなどの各種イベントである。 野球での使用 [ ] 日本プロ野球(NPB) [ ] 後楽園球場から引き続き、読売ジャイアンツとのの2球団が専用球場(本拠地)とした。 日本ハムは度にのに移転した ため、以降は読売ジャイアンツのみが専用球場としている。 巨人は一軍だけでなく、の公式戦でも年に数試合使用する。 読売ジャイアンツ [ ] 開場以来、レギュラーシーズンに年間60試合強の主催試合を開催する。 2019年までにが9度、が11度、開催されている。 読売ジャイアンツ以外による主催試合 [ ] 日本ハムの本拠地ではなくなった2004年以降は、日本ハムも地方開催という形で年間10試合近くを継続して主催試合を開催しているほか、の他球団も東京ドームで主催試合を行うようになった。 日本ハム以外では、2004年に初めてオリックスが2試合、ダイエーが1試合の主催試合を東京ドームで開催したのを皮切りに、2005年と2007年から2009年にかけてはオリックスが2試合を、2010年以降は2019年までで、楽天が毎年1試合を、ソフトバンクが2012年以降毎年1試合(2018年と2019年は2試合)を、ロッテが2016年と2018年・2019年に1試合を、西武が2018年に1試合を、それぞれ東京ドームで開催した。 このように、パ・リーグの現存する6球団は全球団が主催試合の開催実績を持つ。 1952年に日本プロフェッショナル野球協約第38条によって制定された「プロ野球地域保護権」により、東京都の同権利を持たない球団が主催試合を開催する場合、権利を持つ読売ジャイアンツ・東京ヤクルトスワローズの両方に承諾を得る事が前提条件となっている。 北海道日本ハムファイターズ [ ] 移転前年の2003年11月に東京ドームで開催された東京時代最後のファンフェスティバルで球団社長(当時)のが「移転後も、東京ドームで12から15試合を引き続き開催します」とファンの前で宣言した。 東京ドームでの開催を継続する理由として、東京都にも球団事務所がある事、二軍施設は隣県ののまま継続されている事に加え、旧来の東京のファンの存在を考慮したものなどが挙げられた。 2004年は東京ドームでの主催試合が12試合行われ、2005年は10試合、2006年以降は毎年7〜9試合の主催試合が組まれている。 但し、2020年は、東京オリンピック・東京パラリンピック開催に伴う他球団の主催試合との兼ね合いから、4試合の開催に留まる。 一塁側より撮影(日本ハムファイターズ東京本拠地最終戦) オリックス・バファローズ [ ] は親会社の本社が東京にある関係で、ブルーウェーブ時代のからまで年間2試合の主催試合が組まれた。 2010年以降は開催していない。 福岡ソフトバンクホークス [ ] 時代の2004年に1試合の主催試合を開催。 ソフトバンクが親会社となって以降では2012年から「鷹の祭典in東京ドーム」として2017年までは主催試合を毎年1試合を開催し、2018年は7月9日と10日に、2019年も4月22日 と7月8日に、それぞれ2試合ずつ開催した。 2020年は開催しない。 東北楽天ゴールデンイーグルス [ ] はから「楽天グループデー」として主催試合を毎年1試合開催している。 2020年は開催しない。 千葉ロッテマリーンズ [ ] は2016年7月12日にマリーンズ誕生・本拠地千葉移転25周年の記念事業として39年ぶりの都内主管試合の会場として使用した (地方開催自体が11年ぶり)。 2017年は開催しなかったが、2018年は8月21日に、2019年は8月22日 に、それぞれ開催された。 2020年は開催しない。 埼玉西武ライオンズ [ ] は2018年4月17日に「ライオンズクラシック2018」として、初めて東京ドームでの主催試合を開催した。 2020年4月21日にも主催試合が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕が延期となり、中止となることが決定した。 東京ヤクルトスワローズ [ ] は2020年の東京オリンピック・東京パラリンピック開催期間中とその前後は、本拠地であるが資材置き場・VIP待機場所として7月6日から9月13日の2ヶ月以上にわたり利用不能になることから、東京ドームでの主催試合を7月上旬から9月上旬にかけて11試合行う予定だったが 、の影響で東京オリンピック・パラリンピックが延期となったため、東京ドームでの主催試合分はすべて明治神宮野球場での開催に変更になった。 横浜DeNAベイスターズ [ ] は2020年の東京オリンピックにおいて本拠地のが・の会場として使用することから準備を含め6月9日から8月23日までの約2ヶ月半使用不能になることから、東京ドームでの主催試合を6月下旬から7月上旬にかけて6試合行う予定としていたが 、東京ヤクルトスワローズと同じく、東京オリンピックの開催が延期になったことを受けて、すべて横浜スタジアムでの開催に変更になった。 大阪近鉄バファローズ [ ] 2004年を最後にとの合併により消滅。 日本ハムがへ移転した2004年以降は上記の通り日本ハム以外のパ・リーグ球団による主催ゲームも組まれるようになったが、21世紀以降に存在のパ・リーグ球団では唯一東京ドームでの主催試合が組まれなかった。 オールスターゲーム [ ]• が1988年、1991年、1993年、1996年、2000年、2002年、2007年、2015年、2019年の9度開催された。 も4度開催されている。 その他 [ ]• の「サッポロビールプロ野球トーナメント」(東京ドーム完成記念大会)を始めとする日本野球機構主催トーナメント大会• 読売ジャイアンツ、日本ハムファイターズ(東京時代)の、新入団選手発表イベント• にはの再試合(中日対巨人、後攻ホームチームは中日)が行われた。 メジャーリーグベースボール(MLB) [ ] の開幕戦が、下記の日程で行われた。 10試合のうち6試合がのホームゲーム扱いとなっている。 2003年3月25日・26日にもオークランド・アスレチックスVSが行われる予定だったが、米英によるイラクへの武力行使により、MLBとMLB選手会が、選手などの渡航の安全を十分に確保できない恐れがあると判断し、中止となった。 開催日 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 観客動員 出典 2000年 03月29日 5-3 55,000人 2000年 03月30日 5-1 55,000人 2004年 03月30日 3- 8 55,000人 2004年 03月31日 12-1 55,000人 2008年 03月25日 6-5 44,628人 2008年 03月26日 1- 5 44,735人 2012年 03月28日 3-1 44,227人 2012年 03月29日 1- 4 43,391人 2019年 03月20日 9-7 45,787人 2019年 03月21日 5-4 46,451人 野球その他 [ ]• (2005 - 2008年)、などの国際試合• などの国際親善試合• アマチュア野球では、、が毎年開催されている。 を主催とするドリームマッチが毎年7~8月ごろに1試合開催されている。 の東京ドリームズが本拠地として使用していた。 野球以外での利用 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) 東京ドームは野球以外にも、多目的利用ホールとして活用されている。 多目的ホールとして、半ばまでは最大級の規模であり、東京中心部のとして存在感も大きかった事から、主に関東域外のや観光協会が開催する地方物産展などの物販催事、をはじめとした大手企業の新製品展示会など、いわゆる会場的な用途としてもコンスタントな需要があった。 コンサート会場 [ ] 東京ドームでコンサートをする場合、音がかなりこもるために、スピーカーの設置などに注意を要する。 年々、残響音対策や騒音対策のノウハウが蓄積されてゆき、現在はドーム内全体を黒いカーテンで覆うようにしている(1階席のみ)。 コンサートで利用する場合、とからの指導、および観客の転落防止のため、2階席と外野席の最前列(1列目)は、緩衝地域となり、原則として客席として利用できない。 ただし、近年は一部の公演で客席として使用する場合がある。 演奏は近隣住民の騒音への配慮により、原則として午後9時30分(年末のカウントダウン公演は、午前0時30分)以降は音を出さない。 終演が規定時刻を超過した公演もある。 詳細は「」を参照 自転車競技 [ ] グラウンド地下には一周400メートルのバンク(競走路)が収納されている (跡地に建てられており、将来の後楽園競輪復活も視野に入れているため)。 かつては「サイクルスポーツフェスティバル」と題して、模擬競輪など・に関するイベントが行われたが 、2008年を最後に開催が途絶えている。 とは走路の周長と設備面から、現状はの特別承認を得ないと開催できない。 格闘技 [ ]• とに日本テレビ・・のタイアップでの統一世界が行われた(2度とも前座に所属の日本王者によるの防衛戦。 1990年の前座にのプロ2戦目も組まれた )。 1992年からは毎年に行われるようになり、年3本ペースほど東京ドームで興行を行っていたが、からは毎年1月4日のみ興行が行われる。 詳細は「」参照。 の新日本プロレス主催の大会は「闘強導夢」という当て字が使用されていた。 1月4日、5月、10月などその後恒例化。 1995年10月9日、新日本プロレスとUWFインターナショナルの全面対抗戦が行われ、ドーム史上空前の67,000人を集めるが、ファン同士で乱闘騒ぎが起き、問題となる。 よりまでグランプリ決勝戦の会場として使用していた。 2002年12月7日、 WORLD GP 2002 FINALでドーム史上最高の74,500人を動員。 総合格闘技「」で1997年10月11日のを始め5度開催された。 、にがプロレス興行を行った。 詳細は「」参照。 、が「無観客による路上プロレス」形式による興行を開催。 対1試合のみの開催で、鈴木の勝利。 アメリカンフットボール [ ]• のプレシーズンマッチ「」は1989年の初開催以来13回開催されていた。 社会人アメリカンフットボールリーグのでは、優勝決定戦であるの試合会場となる他、春季のトーナメント戦であるの決勝戦や一部の公式戦も開催される。 からの日本選手権「」の試合会場として利用されており、毎年に開催される。 同、バックネット側電光掲示板 その他スポーツ [ ]• にので使われた。 そのために簡易装着できる天然芝、が開発されている。 1994年2月にもの試合が行われた。 ・にの公式戦が行われた。 2003年、当時来日していたが公開練習を行う。 2016年6月23日には初となるの試合『日米対抗ソフトボール』が行われた。 イベント・その他 [ ]• から、に「」(日本テレビ)の第一次予選にも使用されていた。 より、毎年2月に「」が開催されている。 らん展をメインにした、などのパッケージツアーが多く組まれ、現在は毎年冬の東京ドームの風物詩となっている。 8月、が『』のとの合同を開催。 来場者数についての予測の甘さや人員誘導スタッフの絶対的な不足など、開催側の不備が原因でドーム内外で混乱が発生、マスコミにも取り上げられた。 に(やなど)による「」を開催した。 ・両日、30作品と35周年を記念し、歴代仮面ライダーと戦隊が一堂に会した「東京ドームWヒーローフェスティバル」(、主催)が開催された。 ・に、出演のイベントが、2日間行われた。 29日は観客の前で初めてと共にイベントを行なった。 が会場としてグラウンドを使用したことでも話題になった。 ただし、これは校舎建て替えに伴うものである。 大手百貨店のが、と社員大運動会を東京ドームを借り切り同日開催したことがある。 入社式に続き運動会を開催したため社員全員が姿で出席した。 開催年度は不明。 より、毎年1月に日本各地の特産品や伝統行事が集結する「」が開催される。 前述の「世界らん展」同様に、毎年冬の東京ドームの風物詩となっている。 - 、テレビアニメ「」のイベント「ワンピース ドームツアー」が行われた。 2011年と2015年と2016年に主催の体感型謎解きイベントである『』が開催され、2011年はオリジナル作『あるドーム球場からの脱出』、2015年はONE PIECEとのコラボ『頂上戦争からの脱出』東京最終公演(神宮球場で東京公演と東京追加公演を実施した)、2016年はオリジナル作『東京ドームダンジョンからの脱出』が行われた。 の巨人対広島戦開始前には、、の授与式が行われた。 には、の創業者であるの「お別れの会」が行われた。 2019年には、ローマ教皇のミサが行われた。 試合開始前のセレモニー(2019年4月2日撮影) 球場データ [ ]• 所在地 - 東京都文京区後楽一丁目• 建築面積 - 46,755m 2• 建物高さ - 56. 19m• 階数 - 地上6階・地下2階• 容積 - 1,240,000m 3• 収容人数(詳細は) - 野球時約46,000 人、コンサート時57,000人• フィールド - 両翼100m、中堅122m、左右中間110m• グラウンド面積 - 13,000m 2• スコアボード - 2基(メイン・サブ)• メインスコアボード - 全面フルカラー(製・オーロラビジョン、7. 0m x 34. 0m)• 内外野 - ロングパイル人工芝「フィールドターフ」• 外野フェンスの高さ - 4. 24m(ラバー 4. 24m)• (平成21年)まではラバーのみの4. グラウンド面からの屋根の高さ - 61. 69m 落成・供用開始日 [ ]• 落成式 (昭和63年)• 公式戦開始日 同年3月18日• 一般使用開始日 同年12月24日 [ ] フィールド [ ] 人工芝「フィールドターフHD」(2015年5月) フィールドはを採用。 開業後は巻き取り式のショートパイル人工芝を使用していたが、(平成14年)から試合会場としては日本で初めて、天然芝に近い性質を持つといわれるロングパイル人工芝「フィールドターフ」を導入した。 背景として膝痛に苦しみながらとして出場を続けていた当時の巨人の主力選手・への配慮があった。 このフィールドターフは(平成19年)3月、(平成26年)3月 、2019年3月 と3回の張り替えが行われている。 外野フェンス [ ] 外野フェンスは(平成22年)から従来のラバーフェンス(高さ4. 0m)にネットフェンス(高さ0. 24m)を付け加えたものとなっている。 ネットフェンスを付け加えた主目的はホームランを判定しやすくするためである。 ラバーフェンスのスタンド側上部に手すりがあり、それに打球が当たった場合はスタンド内の構造物としてホームランである(ラバーフェンスの一部としてインプレーとしていた年度もある)が、インプレーとなるラバー最上部で跳ねた場合と判別がしにくく判定を巡りトラブルとなることも多かった。 スタンド最前列から見てもフェンスが低く、落下の危険性や観客がホームランにならないような打球に触れることも容易であるという欠点もある。 これについては2014年4月19日の対戦でがから放った左中間への大飛球をインフィールド側まで手を出していたファンが直接捕球してしまい、の結果本塁打から二塁打に変更されたという例がある。 また、2018年からは外野フェンスのクッション部分がこれまでよりも柔らかくなった。 白い天井と守備 [ ] 開場当初から90年代まで、特にデーゲームでは白い天井とボールが同化して野手がフライを見失うケースが続発した。 現在は、経年によって天井が黒ずんできたため、このようなケースはほとんど見られなくなっている。 ホームランが出易い理由 [ ] ホームランの出やすさの理由として、第一に、左中間・右中間の膨らみが小さく110mしかないことが挙げられる。 これは、現在の12球団の本拠地球場の中でもっとも狭い(も同じ規格である)。 第二に、屋内球場で湿度が低いために、打球が伸びやすいことがあげられる。 東京ドームは野球規則1. 04に記載されている国際基準を満たすNPB初の本拠地球場であり、完成当時としては広い球場だった。 実際にでなされた1987年の公式戦は112試合で234本の本塁打(1試合平均2. 09本)が出たが、東京ドームの(昭和63年)の公式戦112試合は147本(1試合平均1. 31本)が出たにとどまり、約4割も減少している。 さらに、コンピュータ分析では、王貞治の868本塁打のうち、東京ドームなら322本減るという結果も出ていた。 他球場と比較しても、東京ドームの1試合当たりの平均本塁打数は、各球団の本拠地11球場中、(昭和63年)10位、(昭和64・平成元年)10位、(平成2年)11位、(平成3年)7位となっていた。 しかし、その後20余年が経過する中で、他球団は本拠地を開業の(ロッテ)、開業の福岡ドーム(ダイエー(現・ソフトバンク))などのより広い球場へ移転したほか、既存の球場でものように、改修でフェアグラウンドの形状が広げられたこともあり、開業からフェアグラウンド面積に変更のない球場は東京ドームと(開業) のみとなった。 1998年には東京ドームで本塁打が急増したため、読売新聞で分析がなされ、左・右中間の膨らみがないこととともに、スタンドにしか冷房が当たらない構造から、「冷房によって外野席の気温が下がれば、「風」がグラウンドから吹きつけることは考えられる」という仮説を挙げている。 東京ドームでの1試合あたりの平均本塁打数(公式戦)は1988年は1. 31本(112試合で147本)だったのに対して2004年は3. 43本(76試合で261本)と本塁打率が2. 6倍以上に増加し、統一球導入前後で、2010年は2. 88本(73試合で210本)・2011年は1. 42本(69試合で98本)と半数以下に激減している。 屋根・天井 [ ] 構造 [ ] 中央部のテレビカメラ(2019年4月2日撮影) 屋根は空気膜構造と呼ばれるもので、内部の空気圧を外部よりも 0. インフレートと呼ばれ、完成時に屋根を膨らます作業が行われた。 この作業はメディア等でも取り上げられている。 圧力差を維持するために送風ファンを合計36台設置しており、ドア開閉がある場合は10台から18台、ドア閉鎖時は2台を動作させて気圧を維持する。 出入り口は手動式やが設置されており、全面的なドア開放は与圧が抜けて屋根が潰れる原因になるので出来ない。 多数の観客が退場する際は通常のドアも開放されるが、気圧のため外向きに強い風が起こり注意を要する。 この風はのわずかな空間でも発生している。 隣接するの日照に配慮するため、屋根の高さが外野方面に向かって低くなっていくように設計されている。 屋根は28本のワイヤを8. 5メートル間隔で縦横に並べ、その間に二重構造の膜を張ったものとなっている。 膜は(織物)の表面を樹脂でコーティングしたもので、耐候性・耐熱性・非粘着性に優れた不燃材料である。 内膜は音を吸収する特性もある。 耐用年数は20年以上。 総重量は400トン。 施工は。 ワイヤからテレビカメラ(中央部)、スピーカー(中央部1個、膜屋根周辺21個)、照明(14ヶ所)が吊るされている。 外膜は厚さ0. 8ミリメートル。 アメリカのケミカル・ファブリックス社製品。 内膜は厚さ0. 35ミリメートル。 社製品。 デーゲームの際に、ボールと屋根の色が同化して見づらくなる現象が起こる。 プロの選手でも打球を見失う事例が起こるほどである。 中央部のテレビカメラ(通称『トップアイ』)からの映像は、だけでなく・各局の夜のなどに使われていた。 最近の巨人戦などの野球中継はあまり頻繁に使用しないが、投手 の投球練習を上から撮影する際などに使用されている。 巨人の優勝決定時に行われるの際は『トップアイ』からの映像が必ず使用される。 天井の高さ61. 69mはの後楽園球場開幕試合に巨人のが国鉄・から放った超特大の場外ホームラン(推定飛距離151m)から導き出された数字で 、それ以上の打球が来ても屋根に当たらないように高さが設定された。 完成直前の東京ドームをテレビの収録で訪れたは「この天井にボールをぶつけることは無理でしょう」と述べていたが、実際は打球が天井や懸垂物に当たった例は多数ある(東京ドームの特別ルールの適用例を参照)。 東京ドーム特別規約(特別ルール) [ ] 東京ドームは打球が天井や懸垂物に当たった場合などに備えて特別ルールの「東京ドーム特別規約」が設けている。 東京ドーム特別規約(2016年現在)の内容は以下の通り。 打球が、フェア地域上の天井や懸垂物に当たった場合は、ボールインプレイとする。 ファウル地域上の天井や懸垂物に当たったり、穴や隙間に入り込んだ場合は、ボールデッドとする。 打球が、フェア地域内にある天井の穴または隙間に入り込んだ場合、あるいは懸垂物に挟まった場合は、ボールデッドとし、打者および走者には投球当時を基準にして二個の安全進塁権が与えられる。 内野から外野にかけてフェンス上にボールが留まった場合は、ボールデッドとする。 ただし、バックネットの低いフェンス上にボールが留まった場合は、ボールインプレイとする。 ボールボーイ用の椅子にボールが当たってプレイングフィールドに跳ね返った場合は、ボールインプレイとする。 ただし、ダッグアウトの屋根の上に留まるか、ひさしに当たった場合は、ボールデッドとする。 エキサイトシート内にボールが入った場合は、ボールデッドとする。 ただちにプレイングフィールドに跳ね返った場合もボールデッドとする。 ボールがカメラマン席に留まった場合は、ボールデッドとする。 ただちにプレイングフィールドに跳ね返った場合もボールデッドとする。 — 東京ドーム特別規約• 打球がフェア地域の天井や懸垂物に当たった場合(上記1関連)• 打球がフェア地域の天井や懸垂物に当たった場合はボールインプレイで、落下地点または野手が触れた地点でフェアボールかファウルボールか判定する。 (昭和63年) - 日本ハム対戦で、(阪急)の打球が天井に当たったが2階内野席に落ちたためファウル(特別ルール適用第1号)。 (平成2年) - ()の打球が天井に当たったが二塁手が捕球してアウト(天井に当たった打球がフェアになった第1号)。 後述の東京ドーム初の認定本塁打はこの翌日に出ている。 (平成17年) - 巨人対戦で、通算350号本塁打まで残り1本に迫っていた(巨人)が本塁打性の特大飛球を放ったが、打球は屋根に当たりグラウンドに落下。 中日の左翼手・に捕球され、350号は幻となった(通算350号は西武へ移籍した翌年4月15日に達成)。 (平成19年) - 第1戦で、オールパシフィックの()が天井に当てている(結果はサードのファウルフライ)。 (平成22年) - 巨人対戦で、(阪神)の打球が天井に2度当たりグラウンドに落下することなくそのまま右中間席中段へ入りホームランとなった。 打球が外野のフェア地域に設けられた懸垂物に当たった場合はホームランとなる (認定ホームラン、過去3例)。 (平成2年)(1例目) - 対近鉄戦で、ラルフ・ブライアント(近鉄)が(日本ハム)から記録。 打った打球をセンター守備位置上にあるメインスピーカーに直撃させた(推定飛距離160メートル)。 これをきっかけに、東京ドームはメインスピーカーに当てた認定ホームランを記録した選手に対してスピーカーの提供メーカーより賞金150万円を贈呈することにした。 2016年から開始された大規模改修工事により、このメインスピーカーは撤去されている。 (平成20年)(2例目) - 巨人対戦で、(ロッテ)が(巨人)から記録。 打った打球をレフト守備位置上にある照明機器に直撃させた(推定飛距離150メートル)。 (平成26年)(3例目) - 巨人対戦で、(巨人)が(広島)から記録。 打った打球をレフト守備位置上にある照明機器に直撃させた(推定飛距離150メートル)。 打球がフェア地域内にある天井の穴や隙間に入り込んだ場合あるいは懸垂物に挟まった場合(上記2関連)• 打球がフェア地域内にある天井の穴や隙間に入り込んだ場合あるいは懸垂物に挟まった場合はボールデッドとなり、フェア地域内なら打者走者ともに2個の安全進塁権が与えられ()、ファウル地域ならファウルボールとなる。 (平成14年) - 巨人対戦で、巨人のが横浜のから記録。 ボールは挟まっておらず二重構造の膜の間を通ってライトスタンドの巨大看板上の照明付近まで転がっていた。 この「幻のドーム場外」ボールは2日後に取り出され、現在、当ドーム内のに松井本人のサイン入りで保存されている。 (平成28年) - 対オランダ代表戦の強化試合で、日本のがオランダのフロラヌスから記録。 打球はライト方向の天井の隙間に入った。 ボールは二重構造の膜の間を通って一塁側2階席上段の縁まで転がっていた。 このボールは翌日回収され、サイン入りで11月29日から展示されている。 スタンド [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) 日本の球場としては珍しく、メインとなる内野2階コンコースから直接グラウンドが見える構造となっており、グラウンドに近いスペースを立見席として販売している。 を利用する観客のために、立見席の一部を「車椅子席」としている。 車椅子だけでなく、を利用する観客も利用できるようになっており、介護ベッドを設置し、介護ベッドで横になりながら試合を観戦している観客もいる。 発売方法は通常と異なる。 他に内野は1階と4階、外野は1階にコンコースがあり、グラウンド面は地下5. 5mの高さである。 かつて1階のコンコースは一塁側がつながっていた。 オープン当初は売店等が立ち並び、外野と内野を行きかう人々で賑わっていたが、数年で閉鎖された。 現在は外野側、内野側いずれもシャッターで閉ざされ中に入ることはできない。 閉鎖後は倉庫として使用されている。 基本的に座席の色はとシーズンシートのグレーで統一されている。 敷地の関係上、日本の球場としては外野席の比率が低い。 内野席は2層式で中間にバルコニー席があり、巨人戦は食事付き年間指定席となっている。 バルコニー席の中央部分はVIP用スペースとなっており、イベントによってはバルコニー席全体が関係者用スペースにもなる。 スタンドのファウルポール付近は可動席で、サッカー、アメフト等の開催時はフィールドを広げられるようになっている。 かつてはスタンド下方への自動収納式のものがあったが廃止されている。 巨人主催ゲームについては2009年から2010年まで、平日ナイターに限り内野C指定席の一部を学割チケットとして販売していた(阪神戦を除く)。 左翼スタンドのセンター寄りを巨人の応援席にした「レフト巨人応援席」、残りの座席の一部を「」と設定したため、巨人ファンとビジターファンとの外野の座席比率はおよそ6:4(実質見た目は7:3ぐらいに見える。 )になっている。 元来ライト側に入れない巨人ファンがレフトのライト側寄りで応援していたことと、レフト側でビジターチームを応援する客が少なかったこと、(平成17年)後半戦の戦以外の全ての試合で、バックスクリーン周辺のレフトスタンドの客席の空席が目立ち過ぎたことなどから、設定された席種である。 阪神戦は、の集客率が他球団のファンのそれと比較すると圧倒的に高い点や巨人と阪神のファン同士での争い事の発生を避ける ことなどを理由に「レフト巨人応援席」は設定されておらず、レフト外野席全てが事実上のビジター応援席となる。 、、プロ野球のが開催される期間中は、一・三塁側スタンド最前列に応援団の特設ステージが設けられる。 2005年(平成17年)から内野一・三塁側のファウルゾーンに(エキサイトシート)を設置 (228席)した。 (平成21年)からは座席列が2列から4列に増設されて420席(一塁・三塁各210席)となっている。 2017年からは一塁、三塁側に合わせて154席増設され、合計574席となった。 38席分に頭上まで防球ネットエリアが新設された。 プロ野球を開催する場合のみ使用され、アマチュア野球や他のイベントは使用しない。 ただし、アマチュア野球の試合であってもシートの撤去はしない。 アメリカンフットボールやコンサートなど、特にフィールドを広く使うイベントである場合は撤去される。 利用する観客へは防御用のヘルメットとグローブが貸し出される。 ヘルメットは必ず着用しなければならない。 売り子が入ることができない。 入口際のネット越しに購入することが可能である。 巨人主催ゲームについては年間予約席(108席)と一般指定席(120席)の2種類が設定され、一般席は抽選で販売される。 座席数が非常に少ないため抽選は毎回高倍率となる((平成20年)まで)。 (平成22年)〜(平成30年)の巨人主管試合は協賛「マクドナルドエキサイトシート」として運営されている。 協賛の一環として、巨人主管試合では額面1700円以上のチケット(エキサイトシート以外も含む)による入場者に漏れなく全国マクドナルド店舗で利用できる割引クーポンが贈呈される。 巨人主催試合の一部で巨人と対戦相手双方でホームランが出た場合「BIG MAC TWIN ARCH」としてビッグマックを無料進呈。 どちらか一方しか出なかったりホームランがない場合でも200円で優待。 (平成31年・令和元年)以降の巨人主催試合は「エキサイトシート」として運営されている。 日本ハム主催ゲームは2008年(平成20年)までだけの設定だったが、2009年からは一般発売もされている。 パーティールーム エヌズィーケー(PARTY ROOM NZK) 2019年から東京ドーム外野のレフトスタンド下に、シークレット パーティールームが登場。 外野フェンスに窓が設けられており、カウンター席から試合を観戦することが出できる。 また、大型モニター・ソファが設備された個室で、ホテルメイドのパーティー料理・ソフトドリンクが楽しめる。 部屋数は2室で、収容定員は15-25名。 ちなみにパーティルームNZKの「NZK」は「覗き込む」から来ている• パーティールーム エヌズィーケー(2019年4月29日撮影) 収容人数 [ ] プロ野球の各球団は、2004年(平成16年)までその主催のシーズン公式戦の観客数を概数で数字で発表していた。 東京ドームは収容人員を1988年から1994年まで56,000人、1995年から2004年まで55,000人とし、巨人戦の観客数を実際の入場者数に関わらず満員の55,000人(1994年まで56,000人)と発表していた。 朝日新聞によると、設計段階は50,009人であり行政指導の結果46,314人に減ったが(後述)、満員で5万人と発表していた。 ただし、やは、各球団ではなくの主催となり、同機構が公益法人(一般社団法人)のため実際の有料入場者数が記録されることになっている。 日本野球機構主催ゲームの最多有料入場者数は、1994年日本シリーズ第2戦の46,342人である。 2005年(平成17年)からプロ野球全体で観客数発表を実数に近似させるため、通常は実際の入場者ではなくシーズンシートを含めたチケット購入者数を、プロ野球チームが本拠としている各球場でも収容人員の変更が行われているが、東京ドームは観客数発表の方法は変更したものの収容人員の変更はしばらくされていなかった。 2013年現在は野球開催時の収容人数を約46,000人と公称している。 しかししばしば47,000人弱の動員が記録されている。 また、1998年のアメリカ横断ウルトラクイズでは、5万453人と発表されている 開場当初、小石川消防署に届けられていた定員は46,314人(そのうち立ち見2,976人)であった。 2005年(平成17年)4月13日のは、改修を経て現在の数字である45,600人に落ち着いたとある。 その後、エキサイトシートが加わっている。 野球以外でのイベントは、の「 WORLD GP 2002 決勝戦」が主催者発表で74,500人 、(平成10年)4月4日の他主催の燃える闘魂引退試合が主催者発表で70,000人 、などの記録がある(コンサート、格闘技などはグラウンドにも座席を設けるため、野球開催時より多数の観客を収容できる)。 スコアボード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) (昭和63年)の完成時、スコアボードは、側の製白黒2色の「スコアボード」とフルカラー表示の「」、バックスタンド上部にある白黒2色のサブボード(スコア表示のみ)だった。 打順のチーム名表示は開場初年のみ「巨人」・「阪神」などの通称を使用していたが、翌年から「ジャイアンツ」・「タイガース」といったニックネームに切り替わっている(文字はどちらも)。 に、後述するスコアボード部改修を機に再び通称表示(パ・リーグの場合は「大阪近鉄」・「福岡ダイエー」・「千葉ロッテ」等)に変更されたが、にニックネームに戻された(2003年以降の文字はどちらも)。 オーロラビジョンは(平成2年)にサイズへ変更 、(平成11年)に全面改修された。 (平成13年)にサブボードも三菱電機製のフルカラー表示の全面オーロラビジョンに全面改修された。 (平成15年)にスコアボード部が改修され、ホームラン時の映像パフォーマンス(ホームチームのみ)が上半分の表示から全画面表示になった。 各選手の AV 、ホームラン HR 表示に RBI が加わった。 選手名に使用されていた文字の字体が多少変更された。 (平成16年)のシーズン途中からは、サブボードの球速表示部分にも打席の選手名、打率 AV 、ホームラン数 HR が表示されるようになった。 球速表示はその下に表示される。 (平成17年)にバックスクリーン側のスコアボードとオーロラビジョンの全面改修が行われ、フルカラー表示の全面オーロラビジョンになった。 2つの境目がなくなったことで、選手交代時に守備と選手名の部分が上から下へ回転して変わる、などさまざまな映像表現が可能となった。 チーム名は最上部にチームロゴで表示される。 10億7,000万色の発色が可能となり、日本の野球場では最高レベルの鮮明な画像が見られる。 縦組みのメンバー表示は後楽園時代の以来の復活となった。 文字を表示しない枠にあたる部分は緑色になっている。 [ ] (平成18年)から、対策の一環で選手名部分の字体の幅が大きくなった(それ以外はこれまで通り)。 その影響でペットマークを表示していた部分がなくなり、チーム名を選手名の上部に表示するようになったため、一列に入る選手名が9人分となった。 このため制の試合時は、5番打者の名前の横(3塁側のチームは右側、1塁側のチームは左側)に投手名が表示されている。 (平成19年)より、スコアボードをより見やすく・わかりやすくするため、守備位置表示が英語略称から日本人になじみのある数字に戻り、投球数表示が追加され、オーロラビジョン部分がハイビジョンサイズ 16:9 になる。 打率・ホームラン・打点の表示も英語から日本語に変わった。 枠の色が緑から文字の部分と同じ黒に変更されており、球速やヒット、エラーなどの記録は黄色で表示される。 前年開催されたアジアラウンドで投手の投球数制限をわかりやすくするために使用された投球数表示をこのシーズンから公式戦でも使用し始めた(巨人主催試合のみ、日本ハムをはじめとするパ・リーグやアマチュアでは表示されない)。 野球の試合で使用する場合、スコアの表示は開設当時は9回まで(10回以後は9回までのスコアを消去して10回から18回までのスコアを表示する)だった。 (平成15年)の改修に際して、延長戦の表示について、プロ野球のように延長が12回までしか行われない場合は1回から9回までのスコアの幅に1回から12回までのスコアを、幅を詰めて表示するようになった。 など、延長が13回以降も行われる可能性がある場合は、従来通り9回までのスコアを消去して10回から18回までのスコアを表示する(現在のスコアボードも同様)。 (平成19年)からスコア部分のチーム名表示がアルファベット1文字になった(2011年まではとは共に「B」と表示されていた)。 但し、2文字以上表示することも可能であり、はが「SK」・が「U・L」・が「T・L」と表示され、に行われた開幕戦ではが「SEA」・が「OAK」と表示された。 2012年からDeNAは「DB」と表示されている(オリックスは「B」のまま)。 シーズンから国際慣習に基づき、を「SBO」から「BSO」表示に変更した。 からは一軍での巨人主催ゲームのみにおいて右下のスペースに投手成績、打者成績が表示されるようになった。 投手は登板数、投球回数、奪三振、防御率が表示されており、打者は打数、安打、四死球、得点、長打率、出塁率、盗塁数、得点圏打率が表示されている。 放送席(2019年3月24日撮影) ネット裏の放送席の配置は、三塁側から順に、、、、、、、、6局共用ブース(、、、、、)となっている。 6社共同ブースは、ラジオNIKKEIは日本短波放送時代に後楽園球場からプロ野球中継を行っていた名残で使用権を持っているが、2019年現在は中継の制作を行っていない。 HBCとRKBは交流戦の巨人主催試合、あるいは日本ハム(過去にソフトバンク・オリックスも)主催またはビジターのパ・リーグ公式戦で(平日は文化放送の、週末はニッポン放送のブースを借りる場合もある)、CBCは巨人主催試合で聴取率調査期間や一部週末デーゲームを自社制作する際に使う程度である(後者の場合はTBSやRFラジオ日本のブースを借りる場合もある)。 東京ケーブルネットワークの放送席は地上波の(過去にも)、の(プロ野球・日本ハム主催試合と都市対抗社会人野球)、(アメリカンフットボール社会人Xリーグ)、の(プロ野球・楽天主管試合と)に使われるほか、ラジオの巨人主催試合をABCとMBSが並行して制作する場合にABCが使用する(この場合、MBSが前述の6局共用ブースを使用。 2010年以降週末を挟む三連戦でRFラジオ日本や文化放送が中継を一切行わない場合、ABCはRFラジオ日本や文化放送のブースを使うこともある)。 TBSラジオが2017年を最後にDeNA主催試合の裏送り以外の野球中継から撤退したため、が東京ドームから西武が関与する試合を中継する時にはTBSラジオのブースを使用することがある。 放送席に入るために一度を通らなければならず、観客がなどにサインをねだる光景がみられる。 日本テレビの番組宣伝などで中継ゲストに有名芸能人が登場したときは試合終了後に放送席裏のコンコースが人だかりして混乱する。 野球殿堂博物館 [ ] 21番ゲート右側にが併設されている。 この施設も後楽園球場から「野球体育博物館」の名称で受け継がれてきたが、2013年4月1日に現在の名称に変更された。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• 球場内へは、グラウンド等への投げ込み防止のため、ビンやカン、ペットボトル(500mlを超えるものおよび凍らせたもののみ)の持ち込みは禁止されており、各ゲート入り口にて中身を指定の紙コップに移し替えなければならない(水筒や紙パックのものは持込可、2013年途中まで全てペットボトルが禁止)。 クーラーボックスやなど、観戦の妨げになる恐れのある物の持ち込みもできない(ベビーカーは、入場ゲートにて預かりとなる)。 (平成7年)のと(平成13年)の以降、入場時に持ち物を検査している。 球場内は、1階から2階まで自由に行き来でき、各階の色々な売店にて買い物ができる。 ただしバルコニー席のチケットを持たない人は、バルコニー席へ移動できない。 1998年、開場10周年を記念して1番ゲートを「ゲート」、3番ゲートを「ゲート」と称された。 これは時代の名残である。 2000年、二人は読売ジャイアンツVS福岡ダイエーホークス(当時)の日本シリーズで監督として対決となるが同球場は1塁側ベンチを巨人の長嶋、3塁側ベンチをダイエーの王が使用している。 巨人の監督として、王は背番号1(1988年)、長嶋は背番号3(2000年~2001年)、とそれぞれ現役時代の背番号を付けて指揮していた。 東京ドーム内見学(ガイドつきツアー)と呼ばれている見学会がある。 ガイドによる案内で、スタンド席やグラウンド等を見学する事ができる。 東京ドームは、一部のイベントは一旦東京ドームの外へ出た人も再入場ができる。 イベントにより再入場の手続き方法が異なる。 巨人戦は(平成18年)から導入されており、21ゲート、23ゲートで手に再入場を証明するスタンプを押され再入場券が発行される。 再入場時にチケットの半券とスタンプ、再入場券が確認できれば、再入場ができる。 膜屋根に降った雨水は、地下の貯水槽に貯留され、下水道への雨水放流の緩和を図ると同時に、貯留した雨水は施設内のの洗浄水(便器の洗浄水のみ・手洗いは別)として、災害時の消防用水としてのシステムとして活用されている。 衛生面や快適性を向上させるために施設内すべての・にが取付けられている。 1988年の開場時日本の野球場で初めて観客スタンド内が全面禁煙化され、コンコース内に喫煙ブースが設けられた。 現在はコンコース内も禁煙化され指定の喫煙室かゲート外の指定喫煙所で喫煙する事になっている。 応援時の規制 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) 東京ドームは、野球開催時に以下のような規制を行っている。 ()、カネ、笛、太鼓• 指定・許可されたNPB公認ののみ持込・使用可• 拡声器、ラジカセ等、大音量を発生させる物の持込不可。 都市対抗野球はマイクの使用が可能。 騒音問題に対応し、22時以後は使用禁止。 巨人主催試合 基本的にトランペットは同時吹奏4本まで。 球場から貸与する8枚の腕章を着用しているトランペット(奏者)が演奏できる。 本数を超えたり、腕章なきトランペットを吹いた場合、即刻始末書の提出を求められ、NPBへルール違反の報告を行っている。 これに関しては応援団担当の警備員が逐一チェックしている。 日本ハム主催試合 基本的にトランペットは本数制限無し。 応援旗• 一般客は、縦500mm以内、横500mm以内のものであれば持込可。 それ以上の大きさのものは、指定・許可されたNPB公認の私設応援団のみ持込・使用可。 ただし同時に振れるのは6本まで。 旗竿は1本に限り、650mm以内であれば持込可。 応援幕• 一般客は縦600mm以内、横600mm以内の大きさで、必ず一人が手で持てる仕様であるものであれば、持ちやすくするために柄を2本付けたものでも持込可。 2人以上で持つものは、とみなされ、持込不可となる。 それ以上の大きさのものは、指定・許可されたNPB公認の私設応援団のみ持込・使用可。 上記の大きさを超える「ゲートフラッグ」は、一般客・応援団共に持込禁止。 手持ちのみとし、球場施設(フェンス、スタンド等)への取り付けは禁止。 横断幕に旗竿等を使用したものは、一般客・応援団共に持ち込みはできない。 応援ボード等• 一般客は、大きさは縦600mm以内、横600mm以内の物で、必ず一人が手で持てる仕様であるものであれば、持込可。 ボードを支える棒などは使用できない。 2人以上で持つものは、横断幕とみなされ、持込不可となる。 1枚の大きさが規定以内でも、テープ等でつなげた物は持込不可。 入り口にて切り離すか、没収となる。 一枚ずつに分かれているものを2人以上で掲げ、選手の名前や文章にする行為は許可されている。 応援幕・メッセージボード等の内容は、チームや選手を応援するものに限り、公序良俗に反する内容や誹謗中傷(球団への批判等)を含む内容のものは、持込ができない。 試合中に掲げても、掲げている内容が試合中でも厳しくチェックされているため、発見され次第係員に没収される。 、紙吹雪、紙テープ• 優勝決定時の演出を除き 、応援団・一般客とも野球の原則使用不可。 (ジェット風船は、ドームが空気圧で膨らんでおり、それが基で破裂する恐れがあることから、特に使用許可が出る場合を除いて一切使うことはできない。 ただし、からにかけて行われたのカウントダウンライブはジェット風船が飛ばされていた)。 巨人主催試合(平成5年)まで、日本ハム主催試合は(平成18年)まで太鼓を使用できなかった。 理由は一説によると、東京ドームの応援規制が緩和されたに巨人・日本ハム両応援団は「トランペット(トロンボーン)持込数増加」と「太鼓持込」のいずれかを選択することになり、巨人応援団は太鼓を、日本ハム応援団はトランペット(トロンボーン)を選択したと言われる。 日本ハム主催試合で以降太鼓が認められるようになったのは、巨人主催試合のビジター戦では太鼓が認められ、ホーム戦で認められない事に対する矛盾を解消する事が理由であると言われる。 大規模改修工事 [ ] 2016年12月が会社創立80周年に当たることから、同年1月から2019年1月の3年間にわたり、1988年の開業以来初となる大規模改修工事を行う。 総事業費は約50億円で、一部休業期間を設けるが基本的に営業を継続しながら段階的に実施する。 主なリニューアル内容は以下の通り。 バックネット裏の1階内野観客席に人工皮革を使ったシート481席を新設(2016年1月〜3月)• ダイヤモンドボックス席160席とチャンピオンシート321席を用意、いずれも黒のレザークロスを使用し、クッション性が高く座席幅が従来の約1. 2〜1. 3倍と広くなったシートを採用、いずれも電源コンセントを備えるほか、ダイヤモンドボックス席は取り外し可能なトレイ、肘掛け一体型のドリンクホルダー、野球中継やリプレイ、選手データを見ることができるタブレット端末、荷物用フックも備える。 これに合わせる形で記者席が3塁側に移動する。 内野観客席を全席改良(1階:2016年1月〜3月、2階:2017年1月〜3月)• 1階席は背もたれと座面にパットを装着し、1階席・2階席ともに座席角度を調整して膝前スペースを従来の約1. 5倍に拡張することで、快適性を向上させる。 アリーナ照明の化(外野側:2016年3月、内野側:2017年3月)• 最新音響システムの導入(外野側:2016年3月、内野側:2017年3月)• バックスクリーン側にメインスピーカーとして最新のラインアレイスピーカー22台 英 Martin Aubio製MLA を設置するなど、ライブ会場などで使用されている最新システムに更新し、音の遅延低減や均一な音場など、快適な音響環境を提供する。 全てのトイレの便座をに変更(2016年3月)• 周辺環境の整備(2016年2月〜2019年1月)• 緑地化や人工地盤の整備、エレベーターや階段の新設、公衆トイレの改修、外灯の増設やLED化などを行う。 看板広告 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) バックネットのフェンス広告は(平成16年)から電動により広告パターンを複数出せるようになっている。 が開催される場合は、オールスターゲームの冠スポンサー(2006年まで、2007年は、2008年から2016年まで、2017年からは)の広告を掲出している。 が開催される場合もオールスター同様に冠スポンサー(2011年から2013年まで、2014年からは)の広告を出している。 外野に11枚(左翼6枚、右翼5枚。 〈開設当初は9枚:左翼5枚、右翼4枚〉)の巨大看板が設置されている。 プロ野球開催時にこの巨大看板に直撃するホームランを打った選手に対して「東京ドーム・ビッグボードホームラン賞」として100万円の賞金 か相当するスポンサー商品が贈呈される。 がスポンサーだった時は同社製の乗用車(約400万円相当)がプレゼントされていたことがあった。 ビッグボード広告は2020年現在、、、、エイジェック、、、、、、、の11社。 ボード広告ではないが、巨人戦の際にオーロラビジョンの自由表示部がプレイ中に「クラブジャイアンツ・G-po」の広告として固定表示される。 [ ]オールスターゲームおよび巨人が出場した際の(クライマックスシリーズ、日本シリーズ)は、看板に当たるホームランが出ても、賞金、賞品は出ない。 かつてはライト側の柱広告に直撃するホームランを打った選手に300万円の賞金が贈呈されていたが、契約終了により(平成18年)に廃止されて広告が撤去された。 東京ドームは、の会社の広告を一切出していない。 以前にが消費者金融のとスポンサー契約を新たに結び、ヘルメットに同社名を記したことを、巨人のオーナーが「プロ野球の品位を汚す。 消費者金融の広告など、子供に見せられない。 東京ドームは、消費者金融の広告は一切ない。 」と痛罵したが、その発言時は東京ドームでも同業のの広告が出されていた。 その後シーズンオフに、次年度の広告掲載の契約更新の際、東京ドームがプロミスに「来年の広告掲載の更新は見送って欲しい。 状況を理解して欲しい。 」と更新を行なわない旨を通達し、プロミスも了承し、消費者金融の広告は一切排除された。 は開場当時は両サイドの広告(同一企業のもの2枚)を貼るのみだったが、その後中央部分にと呼ばれる回転板が張られるようになった。 室内広告として、試合約40分前、3回裏、5回裏、7回裏のグランド整備の間、ゲームセットコールの直後と客出しの間の15 - 20分間に、ビッグヴィジョンへ生中継できるカメラとサンプル商品などを投下する3つの小型気球、それぞれを装備可能 な無人が飛行する。 巨人勝利の際はのTVのカメラフレームに入り込むように飛行する。 看板広告の歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• 1988年 - 1992年: KIRIN、、、、、、、、• 1993年: KIRIN、NISSAN、全日空、、SEIKO、パイオニア、JT、、NEC• 1994年 - 1995年: 、KIRIN、NISSAN、全日空、、、パイオニア、JT、セコム、NEC、• 1996年 - 1997年: コナミ、KIRIN、NISSAN、、オロナミンC、、パイオニア、JT、セコム、NEC、UCカード• 1998年 - 1999年: コナミ、KIRIN、NISSAN、、オロナミンC、FUJIFILM、パイオニア、JT、セコム、NEC、UCカード• 2000年 - 2001年: HOYA、KIRIN、NISSAN、ブルガリアヨーグルト、オロナミンC、FUJIFILM、パイオニア、JT、セコム、NEC、UCカード• 2002年: HOYA、KIRIN、NISSAN、明治ブルガリアヨーグルト、、FUJIFILM、パイオニア、オロナミンC、セコム、、UCカード• 2003年: HOYA、KIRIN、NISSAN、明治ブルガリアヨーグルト、、FUJIFILM、パイオニア、オロナミンC、セコム、ヘーベルハウス、UCカード• 2004年: 、KIRIN、NISSAN、明治AYA、エプソン、FUJIFILM、パイオニア、オロナミンC、セコム、ヘーベルハウス、UCカード• 2005年: コムスン、KIRIN、NISSAN、明治ブルガリアヨーグルト、JAL(日本航空)、FUJIFILM、パイオニア、オロナミンC、セコム、ヘーベルハウス、UCカード• 2006年: 、KIRIN、NISSAN、明治ブルガリアヨーグルト、、FUJIFILM Finepix、パイオニア、オロナミンC、セコム、ヘーベルハウス、UCカード• 2009年: IIJ、キリン一番搾り、JR東日本、明治ブルガリアヨーグルト 、、JINRO、 、オロナミンC、セコム、ヘーベルハウス、UCカード• 2014年: IIJ、KIRIN、JR東日本、、NITTAN、財宝、MARUHAN、大塚製薬、SECOM、旭化成ホームズ、シマダヤ• 2015年: IIJ Mio、KIRIN、JR東日本、セブン-イレブン、NITTAN、財宝、MARUHAN、大塚製薬、SECOM、旭化成ホームズ、シマダヤ• 2016年 - 2019年: IIJ Mio、KIRIN、JR東日本、セブン-イレブン、NITTAN、財宝、、大塚製薬、SECOM、旭化成ホームズ、シマダヤ• 2020年:IIJ Mio、KIRIN、JR東日本、エイジェック、NITTAN、、バンダイナムコ、大塚製薬、SECOM、旭化成ホームズ、シマダヤ 広告表示の歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• 1988年 - 1989年: 、、、、、、、、、、、、、• 1990年 - 1991年: 、Panasonic、ワールド、リョービ、東邦生命、フコク生命、FUJITSU 富士通、コニカカラー、JAL日本航空、フジカラー、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 1992年: サントリーモルツ、Panasonic、ワールド、リョービ、東邦生命、フコク生命、FUJITSU 富士通、コニカカラー、JAL日本航空、FUJIFILM、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 1993年: サントリーモルツ、Panasonic、ワールド、リョービ、東邦生命、フコク生命、FUJITSU 富士通、コニカカラー、JAL日本航空、、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 1994年: サントリーモルツ、Panasonic、、RYOBI、東邦生命、フコク生命、FUJITSU FMTOWNS、コニカカラー、、CASIO、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 1997年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン、RYOBI パワーツール、東邦生命、フコク生命、FUJITSUパソコン FMV、Konica、JALホテルズ、CASIO、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 1998年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン、RYOBI パワーツール、GEエジソン生命、フコク生命、FUJITSUパソコン FMV、Konica、JAL CARD、CASIO、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 1999年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン ほしのゆめ、RYOBI パワーツール、、フコク生命、、Konica センチュリア、旅に、CASIO、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和證券• 2000年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン、、MASPRO、フコク生命、KOMATSU、Konica、旅にJALカード、CASIO、Kubota、日本火災、FUJI XEROX、大和証券• 2001年: マグナムドライ、Panasonic、ホクレン、KONAMI、MASPRO、フコク生命、KOMATSU、Konica、ジャルパックのアイル、CASIO、Kubota、日本興亜損保、FUJI XEROX、大和証券• 2002年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン ほしのゆめ、KONAMI、MASPRO、フコク生命、Konica、、JALバーゲンフェア、CASIO、Kubota、日本興亜損保、FUJI XEROX、大和証券• 2003年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン ほしのゆめ、KONAMI、MASPRO、フコク生命、Konica、、JAL日本航空、CASIO、Kubota、日本興亜損保、FUJI XEROX、大和証券• 2004年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン ほしのゆめ、KONAMI SPORTSCLUB、MASPRO、フコク生命、KONICA MINOLTA bizhub、Canon、JAL日本航空、CASIO、Kubota、日本興亜損保、FUJI XEROX、大和証券• 2005年: モルツ MALTS、Panasonic、ホクレン ほしのゆめ、KONAMI、マスプロアンテナ、フコク生命、、Canon、JAL日本航空、CASIO、Kubota クボタ、日本興亜損保、オープンインタフェース、大和証券• 2006年: 、Panasonic、ホクレン ほしのゆめ、KONAMI、、フコク生命、コニカミノルタ、Canon、JAL日本航空、CASIO、Kubota クボタ、日本興亜損保、オープンインタフェース、大和証券• 2008年: ザ・プレミアム・モルツ、Panasonic、ホクレン ななつぼし、KONAMI、日研総業、フコク生命、コニカミノルタ、Canon、積水ハウス、CASIO、Kubota クボタ、日本興亜損保、、大和証券• 2009年 - 2010年: ザ・プレミアム・モルツ、Panasonic、ホクレン ななつぼし、KONAMI、、フコク生命、コニカミノルタ、Canon、積水ハウス、CASIO、Kubota クボタ、日本興亜損保、SANKYO、大和証券• 2011年: ザ・プレミアム・モルツ、、ホクレン、KONAMI、OIZUMI、フコク生命、コニカミノルタ、Canon、積水ハウス、CASIO、、日本興亜(右に当社のキャラクターの)、SANKYO、大和証券• 2012年: ザ・プレミアム・モルツ、エネファーム、ホクレン、KONAMI、OIZUMI、フコク生命、コニカミノルタ、Canon、積水ハウス、CASIO、、日本興亜、SANKYO、大和証券• 2013年: ザ・プレミアム・モルツ、エネファーム、、KONAMI、OIZUMI、フコク生命(右に当社キャラクターの)、コニカミノルタ、Canon、積水ハウス、CASIO、アサヒスーパードライ、日本興亜、SANKYO、大和証券• 2014年 - 2016年: プレミアム・モルツ、、、、OIZUMI、フコク生命(左に当社キャラクターのハローキティ)、コニカミノルタ、Canon、積水ハウス、CASIO、アサヒスーパードライ、、SANKYO、大和証券• 2018年 : プレミアム・モルツ、新宿健診プラザ、FieLES、アートネイチャー、OIZUMI、フコク生命(左に当社キャラクターのハローキティ)、セノン、Canon、積水ハウス、CASIO、アサヒスーパードライ、KONAMI、SANKYO、大和証券• 2019年 : プレミアム・モルツ、新宿健診プラザ、()、アートネイチャー、OIZUMI、フコク生命(左に当社キャラクターのハローキティ)、セノン、Canon、積水ハウス、(右下に小さくグループ)、アサヒスーパードライ、KONAMI、SANKYO、大和証券• ベンチ広告表示の歴史 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• 1988年 - 1990年: 、、、、、、• 1991年 - 1997年: Mizuno、キーコーヒー、TDK、ハイチュウ、プロミス、コカ・コーラ、九州石油• 1998年: Mizuno、、TDK、キーコーヒー、プロミス、コカ・コーラ、九州石油• 1999年: 、キーコーヒー、TDK、コカ・コーラ、九州石油、• 2000年 - 2002年: 慶應進学会、キーコーヒー、TDK、コカ・コーラ、代々木アニメ、九州石油• 2003年: 、キーコーヒー、TDK、コカ・コーラ、九州石油、• 2004年 - 2007年: 、キーコーヒー、TDK、コカ・コーラ、九州石油、Meiji• 2008年: キーコーヒー、TDK、コカ・コーラ、九州石油、Meiji、、、(、の試合時は )• 2009年 : チョコレートは明治、KEYCOFFEE、、コカ・コーラ、わかさ生活、、アサヒスーパードライ、ダンディハウス、伊藤ハム(、の試合時は )• 2010年 : KEYCOFFEE、東京ケーブルネットワーク、中部衛生検査センター、コカ・コーラ、わかさ生活、キョーリン製薬、アサヒスーパードライ、ダンディハウス、伊藤ハム(、の試合時は )• 2011年 : KEYCOFFEE、東京ケーブルネットワーク、中部衛生検査センター、コカ・コーラ、クボタ、キョーリン製薬、アサヒスーパードライ、ダンディハウス、伊藤ハム(、の試合時は )• 2013年 : KEYCOFFEE、東京ケーブルネットワーク、中部衛生検査センター、コカ・コーラ、クボタ、キョーリン製薬、エステティックTBC、ダンディハウス• 2014年 : KEYCOFFEE、東京ケーブルネットワーク、中部衛生検査センター、コカ・コーラ、、キョーリン製薬、エステティックTBC、ダンディハウス• 2015年 : KEYCOFFEE、東京ケーブルネットワーク、中部衛生検査センター、コカ・コーラ、、キョーリン製薬、エステティックTBC、ダンディハウス• 2016年 : KEYCOFFEE、東京ケーブルネットワーク、中部衛生検査センター、コカ・コーラ、バンダイナムコ、キョーリン製薬、、ダンディハウス• 東京ドーム初年度からスポンサーになっているTDKは、東京ドーム完成後にベンチ広告のスポンサーになっており、後楽園球場はベンチスポンサーではなかった。 エピソード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• を名乗るものは最初の催事である巨人対の の他 、の復活コンサートがある。 その間に東京ドームオープニングイベントとして行われた世界各国のマーチングバンドとの共演によるコンサート、マイク・タイソンの世界タイトル防衛戦、や、のコンサートが行われているがこれらの扱いは不明で、これら全てがこけら落としと表現されていることもある。 公式戦での初は、のがから放ったものである(巨人の東京ドーム公式戦初本塁打はがから記録)。 試合での初本塁打はオープン戦初戦のが初の打者となる [ ]。 初の公式戦勝利投手は尾花、公式戦セーブは、公式戦敗戦投手は桑田。 [ ]• 1990年8月10日、読売ジャイアンツ - 中日ドラゴンズ戦が行われる予定だったが、当日接近した台風の影響でがストップ、名古屋から中日の選手陣が上京できなくなったため、当日の試合は中止になった。 これは日本のドーム球場にて試合中止となった最初の事例である。 のコンサートの際、「」のサビで両手をX字にしてジャンプする「Xジャンプ」のパフォーマンスが定番になっているが、東京ドームで5万人がジャンプすると振動が東京ドーム外へおよぼされるため、は「X」に演奏を自粛要請したが、YOSHIKIは強行した。 10年後の復活ライブ「は「ジャンピング禁止」の張り紙が各所に貼られるも決行された。 文京区と東京ドーム側の東京ドーム使用の条件は「Xジャンプを 誘導しないこと」であったため、ファン各々が自発的に行ったとして不問となる。 2004年にによっておこなわれたの決勝戦では、草野球大会としてはじめて沖縄県のチームが来場し千葉県代表チームに勝利し優勝を飾り、胴上げをおこなった。 一部の興行や系の場合は、主催者の意向により、球場内の売店でのアルコール類の販売が行われない場合があるが、バーガーショップなど球場外の売店で販売されている。 ただし、アルコール類の持ち込みや飲酒状態での入場が禁止になる興行もある。 2014年3月30日、巨人対阪神3回戦で、試合中にが打ったフライを追いかけたが味方選手のと激突。 西岡は頭から地面に叩きつけられたため起き上がれず、その場で西岡を診察した医師の判断により、試合中 であったがグラウンド内にを直接乗り入れさせ病院へ搬送させた。 救急車はバックスクリーン下の車両搬入口からシャッターを開閉して出入りした。 はドーム球場や大型屋内競技場のことを 巨蛋と呼ぶが、これは東京ドームの愛称であるBIG EGGをそのまま直訳したものが由来となっている。 、当日で開催予定であった東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツのオープン戦が雨天中止となったため、当初から雨天中止の場合は東京ドームでの練習を予定していた巨人がヤクルトに東京ドームでの練習試合を提案し、ヤクルト側も応じたため、場所を東京ドームに移してでの練習試合が急遽行われた。 なおこの試合は、巨人がビジター用のユニホームで先攻、ヤクルトがホーム用で後攻と、当日予定されていたオープン戦と同じ方式で行われた。 日本ハムの東京ドーム時代のマスコットキャラクター・は、当初北海道への移転とともに役目を終える予定だったが、女性を中心としたファン達の嘆願により東京ドームでの主催試合限定のマスコットキャラクターとして(平成17年)まで登場し、(平成18年)以降は重大イベント限定での登場となった。 日本ハム戦はの商品マスコットであるも2005年以降登場している。 東京ドームは、巨人の本拠地だけにの子会社であると捉えられる場合があるが、2015年現在グループ本社は大株主に含まれない。 資本的に・・らとの関係が強い。 ただし企業としての株式会社東京ドームは、の大株主の一社である。 胴上げ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) 東京ドームでセ・リーグ優勝決定時にされた巨人の監督は、の、の、・・ - のの3人である。 1990年と2000年の優勝決定は、ともに背番号7をつけた巨人の選手(1990年-、2000年-)がサヨナラホームラン で優勝を決めている。 2007年もサヨナラ勝ちによる優勝決定で、相手の打者を抑えた優勝決定は2009年と2012年から2013年の3回のみである。 で東京ドームで優勝を決めて胴上げされた巨人の監督は、との長嶋、の原の2人である。 巨人の監督の胴上げに比べて、巨人の対戦相手チームの胴上げは少ない。 巨人の優勝が多いことや中止が少なく終盤に試合が少ないことも要因である。 セ・リーグはの(監督・)、の(監督・)、日本シリーズはの(監督・)、の 監督・ だけで、開場からこれらまでの期間が長く、その間は「巨人が東京ドームで敵将の胴上げを見ることはない」とされてた。 後楽園球場で最後に巨人が敵将の胴上げを見たのは、セ・リーグはの(監督・)、日本シリーズはの(監督・)までさかのぼる。 対しては、東京ドームを本拠地とする時代はリーグ優勝自体がなかった。 本拠地移転後ので優勝し、ようやく東京ドームでの胴上げを果たしている。 東京ドーム胴上げ一覧 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月) アジアシリーズ• 5-3 観衆37,078人• 日本ハム1-0 観衆24,580人• 5-6 観衆21,091人• 1x-0 観衆18,370人 日本シリーズ• 巨人3-1西武 観衆46,307人• 巨人9-3 観衆44,033人• 巨人2-3西武 観衆44,737人• 巨人4-3日本ハム 観衆45,018人• 巨人3-4 観衆44,708人 クライマックスシリーズ• 巨人6-2中日 観衆46,797人• 巨人8-2中日 観衆46,535人• 巨人4-2中日 観衆44,351人• 巨人3-1 観衆46,081人• 巨人4-1 観衆45,931人 パシフィックリーグ• 日本ハム5-14西武 観衆52,000人 セントラルリーグ• 巨人3x-2 観衆56,000人• 巨人5x-4中日 観衆55,000人• 巨人3-9中日 観衆42,030人• 巨人5x-4ヤクルト 観衆46,260人• 巨人5-3中日 観衆46,335人• 巨人6-4ヤクルト 観衆46,290人• 巨人2-1広島東洋 観衆46,246人• 巨人4-6広島東洋 観衆46,643人 WBSCプレミア12• 8-0 観衆40,114人• 5-3 観衆44,960人 球場使用料 [ ] 東京ドームの球場使用料は、2015年現在は7時から24時までの1日で観客数に関係なく税抜きで1,700万円。 ただし観客を入れない場合は準備日料金となり1日650万円である。 この金額は照明、アナウンス、ゴミ掃除など観客を入れるための各種オプションも含まれた金額である [ ]。 オフシーズン、平日、昼間、草野球(2時間程度)、オプション無し、などの条件であれば数十万で貸し切ることができる。 使用に関しては22時以降0時20分までや23時30分から深夜5時までという深夜の使用も認められている。 ただし、12月~2月までの間については草野球の貸出を行っていない。 東京ドームMVP賞 [ ] に後楽園MVP賞として制定された球場独自の表彰で、1988年の東京ドーム開場時に東京ドームMVP賞に改称された。 東京ドームを本拠地とする球団に属する選手(創設当初は巨人・日本ハム、以降は巨人のみ )で、同球場で最も活躍した選手1名を表彰し、記念プレートを球場内コンコースに永久展示する。 賞金は300万円。 年度によって「特別賞」や「新人特別賞」などが贈られる場合がある。 現在、松井秀喜、阿部慎之助、菅野智之、坂本勇人の4人が最多3度受賞している。 1988年以降は、「 東京ドームMVP賞」。 最寄駅 [ ]• 東京メトロ南北線は東京ドームの真下を通っている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 但し開催には東京都を保護地域とする巨人、ヤクルトの両球団の許可を得る必要がある。 2011年は8試合を行う予定をしていたが、による計画停電の影響を受け、3月29日 - 3月31日の日本ハム主催の3試合が中止となり、その振替試合は全て札幌ドームで行われたため、東京ドームでの主催試合は5試合となった。 2016年は当初は8試合を行う予定であったが、4月1日の対ソフトバンク戦については、当日に東京ドームでのファイナルライブが開催される予定であること、また静岡県と静岡市から公式戦開催の要請を受けたことにより、急遽日程を変更し、東京ドームからでの開催に振り替えることになった。 は、の経営破綻の影響の余波で開催されなかった。 「タカガールデーin TOKYO」として開催。 過去にからまで東京都内を保護地域としていた。 うち5月までは当球場の前身・を、1962年6月からまではを本拠としていた。 は東京球場の閉鎖に伴い、主管試合の球場確保ができず、、実質的にはとの併用で、後楽園・・()で公式戦を開催した。 以後は、川崎を正式な本拠地にする前年のまでの暫定処置としてをフランチャイズとしたが、首都圏開催確保の観点から、年20試合前後を関東の3球場で行っている。 「東京ドーム」として開催。 ただし、オールスターゲームでパ・リーグがホーム扱いでやる試合や(1990年代や2000年代の日米野球の日本代表は現在ののような国際化した試合ではなく、各球団のユニフォームを着るオールスターゲームのような試合)でホーム扱いの試合ではホーム用のユニフォームを着る姿が見られた。 のアジアラウンド、の東京ラウンド、の東京ラウンド、の東京ラウンド、の東京ラウンド• 2008年11月18日に行われたの公演は、2階席1列目を「立見禁止席」として使用。 2009年7月4日・5日に行われたの公演は、バルコニー席・2階席・外野席の1列目を「着席シート」(立見禁止)として使用。 バルコニー席の1列目は立見禁止ではない。 2009年12月4日-6日と2010年11月19日・20日に行われたの公演は、2階席・外野席の1列目を「着席シート」(立見禁止)として使用。 2009年12月19日に行われたの公演では、2階席1列目が使用されたが、特に「立ち見禁止」等の規制は設けられなかった。 2010年11月3日に行われた、2010年12月5日に行われたの公演は、2階席・外野席の1列目も使用したが、2階席1列目のみ「立ち見禁止」とした。 倖田來未は、2階席1列目を「ファミリーシート」の名称で使用。 横浜スタジアムはもともと都市公園内運動施設の規制の関係でスタンド改修ができず、現段階ではスタンドの形状変更を伴うフィールドの拡張は、法改正がない限り事実上不可能である。 ノーヒットノーランや通算投球回などの記録が懸かっていることが多い。 打球を天井に当てた場合、2011年までは全てボールインプレイ(プレイ続行)。 落下した打球を野手がそのまま捕球すればフライアウト。 落下した地点か野手が触れた地点でフェアかファウルか判断されていた。 2012年にドーム球場統一ルールとして、プレイングフィールド外の天井に当たった場合はファウルと変更。 2015年の東京ドーム特別規約では「打球が、フェア地域とファウル地域の区別なく、プレイングフィールド上の天井に当たった場合は、ボールインプレイで、落下した地点または野手が触れた地点で、フェアボールかファウルボールかの判定をする。 この打球を野手が地上に落ちる前に捕球すれば、打者アウトとなる。 」となっていた。 の巨人に対する対抗心もまた他の球団のファンのそれと比較すると高いため、争いごとが起こる確率が高くなる。 口からの膨らましはもとより、一部球団が使用している膨らまし用ハンドポンプ、及び飛行距離を制限した特殊素材を使用したものも使用できない• シーズン中にのが。 サッポロビールはファイターズのオフィシャルスポンサーのため。 タイムはかかっていた。 2000年に優勝を決めた試合は巨人の本拠地最終戦であると同時に、対戦チーム監督・(当時中日)の監督通算700勝がかかっていた。 そのためこの二岡のサヨナラ本塁打は、星野の「宿敵・巨人の本拠地での胴上げ阻止」に加えて、「監督通算700勝」を同時に消滅させることとなった。 日本ハムは、2004年に創設された「札幌ドームMVP賞」に受け継がれ、同年以降は同様に札幌ドームを本拠とするコンサドーレ札幌の選手も表彰対象となった。 札幌ドーム西ゲート前のトンネル内に、東京ドームのものとほぼ同じ仕様のプレートが展示されている。 出典 [ ]• 北海道新聞社. 1988年3月18日• 北海道新聞社. 1987年7月22日• スポーツ報知. 2018年2月3日. 2018年10月22日閲覧。 jpri. kyodo. 2018年10月22日閲覧。 日本語. マイナビニュース. 2013年10月20日. 2018年11月8日閲覧。 2018年11月8日閲覧。 週刊ベースボールONLINE. 2018年6月25日. 2018年11月8日閲覧。 2019年7月29日. 2019年8月21日閲覧。 千葉ロッテマリーンズ 2015年12月11日. 2015年12月24日閲覧。 2015年12月11日. 2015年12月24日閲覧。 日本語. 東洋経済オンライン. 2018年5月5日. 2018年11月8日閲覧。 朝日新聞社 2019年6月18日. 2019年7月10日閲覧。 2019年7月22日. 2019年7月23日閲覧。 産業経済新聞社(サンケイスポーツ) 2019年5月27日. 2019年7月10日閲覧。 スポーツ報知 2020年4月15日. 2020年4月15日閲覧。 2014年10月31日閲覧。 日本野球機構公式サイト 2014年10月31日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2014年4月1日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2019年3月28日閲覧。 "," Baseball-Reference. com. 2019年3月28日閲覧。 JP・2008年5月8日• - (2015年現在は周長250mが標準となっている)• 日刊スポーツ. 2015年7月20日. 2019年1月5日閲覧。 Number Web. 2017年6月4日. 2019年1月5日閲覧。 2014年10月31日閲覧。 今昌司、2008年8月31日• - 東映ヒーローネット内• zakzak• World of Stadiums. 2018年10月22日閲覧。 北海道新聞社. 1988年3月18日• スポーツ報知 2014年3月20日• 日刊スポーツ 2019年3月17日. 2019年3月17日閲覧。 巨人球団ウェブサイト 2010年1月23日, at the. 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「」『スポニチ Sponichi Annex』、2014年4月20日。 2018年10月22日閲覧。 読売新聞1988年6月7日19頁• 宇佐美徹也「プロ野球記録大鑑」• 読売新聞1998年6月23日23頁• 『プロ野球80周年企画 球場物語 1934-2014』ベースボール・マガジン社• NPB公式サイト• 公益財団法人日本野球連盟、2016年11月13日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年10月22日閲覧。 スポニチアネックス 2010年7月4日• スポニチアネックス 2014年4月10日• (2016年11月28日)• 都市対抗に関して• 大学選手権に関して• 一般社団法人日本野球機構. 日本語. 2018年11月11日閲覧。 毎日新聞1998年11月30日19面• 1988年(昭和63年)10月7日朝日新聞22面。 2003年4月6日時点のよりアーカイブ。 2015年7月21日閲覧。 - Internet Archive• 2015年7月21日閲覧。 沿革ページ(1990年代) 2014年11月1日閲覧。 北海道新聞社. 1988年3月15日• 野球殿堂博物館公式サイト『What's New』2013年4月1日より。 2019年8月15日閲覧• 東京ドーム. 2014年8月4日閲覧。 ,株式会社東京ドーム,2016年1月22日• ,朝日新聞,2016年1月23日• ,日本経済新聞,2016年1月22日• ,スポーツ報知,2016年1月22日• 東京ドームシティ• ワーナー・グレイ公式サイト内「東京ドーム」• 東京ドームシティ公式サイト• コロムビアミュージックショップウェブサイト• [ ]NHKアーカイブス• Musicman-net• 2007年8月10日. 2013年5月8日閲覧。 - 、2014年3月31日付。 314ページ• アサヒ・コム. 朝日新聞社. 2018年3月21日. 2018年3月21日閲覧。 2014年10月31日閲覧。 東京ドーム. 2014年8月4日閲覧。 東京ドーム. 2014年8月4日閲覧。 スポーツ報知. 2017年10月24日. 2018年10月24日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 東京ドームシティ. 2018年11月12日閲覧。 関連項目 [ ].

次の