アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください。 楽天会員お客様 残念ながら、あなたのアカウント 楽天会員個人情報 ...

Yahoo!をかたるフィッシングメールに注意 件名は「アカウント情報を更新、確認してください」

アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください

Amazon「今すぐあなたのアカウントを確認してください。 」 受け取ったのはこのようなメールです。 差出人がAmazonで、タイトルも気になる内容です。 さっそく開けてみましょう。 差出人:Amazon タイトル:今すぐあなたのアカウントを確認してください。 残念ながら、あなたのアカウント Amazon-Jp を更新できませんでした。 これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。 ここでお支払い情報を更新してください。 宜しくお願いします、 なんだって!? これは大変だ。 早く情報を確認しなくては! メールアドレスや記載してあるURLにAmazonと表記してあるため、メール内容が本当ではないかと思ってアクセスしてしまいますよね。 でも僕、 Amazonに登録しているのは、このメールアドレスではないのです。 これは詐欺メールですのでご注意ください。 アクセスしてログインしようとしてはいけない! URLは本物と同じログイン画面 アクセスしてみると、Amazon本家サイトと同じようなログイン画面が表示されます。 スマホで見ると本物との違いはほとんどないように見えます。 これは間違えそうですね。 ここでは、絶対に自分のアカウントとパスワードを入力してはいけません。 ここで入力した情報を盗み取ろうという手口です。 実験として、適当なアカウントとパスワードでログインを試みたところ、ログインできてしまいました。 カード情報を入力させる 次はクレジットカードの情報を盗み取ろうという魂胆です。 こちらも正しいカード番号を入力してはいけません。 実験として、123…という適当な番号を入力してもエラーにはなりませんでした。 請求先住所を入力させる 最後は氏名、住所、電話番号といった個人情報を盗み取られてしまいます。 例によって、123…と適当に入力してみると 入力後は本家サイトを表示 入力が終わってボタンをクリックすると、本物のAmazonショッピングサイトへ移動しました。 画面の小さいスマホで操作していると流れも自然なため、まったく気づかないという可能性もありそうです。 本当にこれはひどい仕組みになっています。 誰がこんな詐欺サイトを? URLの一部にAmazonとは関係のなさそうな社名があったので、URLをドメイン部分のみにしてアクセスしたところ、まったく別のサイトが表示されました。 海外の企業サイトのようです。 僕のもとには過去にも、今回とまったく同じ文面で、タイトルのみ 「アカウント内のAmazonの支払い情報を更新してください」や 「あなたのAmazonアカウントは無効になります」というメールが届いたこともあります。 そちらのURLは今は無効となっていますが、ドメインのサイトは今回のサイトとは別の海外企業のものでした。 推測ではありますが、管理が甘い正規のサイトがハッキングされ、そのサイトを改変してフィッシングを行っているのではないでしょうか。 サイトの管理者に気づかれたら、別のサイトへ移って同じようにハッキングするという手口です。 メールは構わずゴミ箱へ このようなメールを受け取ったら、迷わずゴミ箱へ捨ててください。 メールを開くだけでは影響はない 個人情報を盗み取ることが目的だと思われますので、メールを開くだけでは悪い影響はないと思います。 誤って開いてしまった場合でも、内容が変だなと思ったらゴミ箱へ捨ててしまって構わないでしょう。 たとえ、URLを開いてしまったとしても、何も入力さえしなければ個人情報が盗まれる可能性はありません。 僕が受け取ったメールには、クリックしたURLからメールアドレスを判定するような小細工はされていませんでした。 誤って個人情報を入力してしまった場合 もし、本物のサイトと間違えてログイン情報やカード情報を入力してしまった場合には注意が必要です。 アカウントとパスワードを入力してしまった場合には、Amazonに登録してあるアカウントとパスワードの両方を変更しましょう。 また、同じアカウント名とパスワードの組み合わせで他サービスを利用している場合には、そちらも別のものに変える方が安全です。 クレジットカード番号を入力してしまった場合には、カード会社へ連絡してカード利用を停止するなどさまざまな影響が出てきます。 カード番号の入力は絶対に避けたいところです。

次の

「お支払い方法の情報を更新してください」というAmazonを騙るメールの分析

アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください

Amazon「今すぐあなたのアカウントを確認してください。 」 受け取ったのはこのようなメールです。 差出人がAmazonで、タイトルも気になる内容です。 さっそく開けてみましょう。 差出人:Amazon タイトル:今すぐあなたのアカウントを確認してください。 残念ながら、あなたのアカウント Amazon-Jp を更新できませんでした。 これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。 ここでお支払い情報を更新してください。 宜しくお願いします、 なんだって!? これは大変だ。 早く情報を確認しなくては! メールアドレスや記載してあるURLにAmazonと表記してあるため、メール内容が本当ではないかと思ってアクセスしてしまいますよね。 でも僕、 Amazonに登録しているのは、このメールアドレスではないのです。 これは詐欺メールですのでご注意ください。 アクセスしてログインしようとしてはいけない! URLは本物と同じログイン画面 アクセスしてみると、Amazon本家サイトと同じようなログイン画面が表示されます。 スマホで見ると本物との違いはほとんどないように見えます。 これは間違えそうですね。 ここでは、絶対に自分のアカウントとパスワードを入力してはいけません。 ここで入力した情報を盗み取ろうという手口です。 実験として、適当なアカウントとパスワードでログインを試みたところ、ログインできてしまいました。 カード情報を入力させる 次はクレジットカードの情報を盗み取ろうという魂胆です。 こちらも正しいカード番号を入力してはいけません。 実験として、123…という適当な番号を入力してもエラーにはなりませんでした。 請求先住所を入力させる 最後は氏名、住所、電話番号といった個人情報を盗み取られてしまいます。 例によって、123…と適当に入力してみると 入力後は本家サイトを表示 入力が終わってボタンをクリックすると、本物のAmazonショッピングサイトへ移動しました。 画面の小さいスマホで操作していると流れも自然なため、まったく気づかないという可能性もありそうです。 本当にこれはひどい仕組みになっています。 誰がこんな詐欺サイトを? URLの一部にAmazonとは関係のなさそうな社名があったので、URLをドメイン部分のみにしてアクセスしたところ、まったく別のサイトが表示されました。 海外の企業サイトのようです。 僕のもとには過去にも、今回とまったく同じ文面で、タイトルのみ 「アカウント内のAmazonの支払い情報を更新してください」や 「あなたのAmazonアカウントは無効になります」というメールが届いたこともあります。 そちらのURLは今は無効となっていますが、ドメインのサイトは今回のサイトとは別の海外企業のものでした。 推測ではありますが、管理が甘い正規のサイトがハッキングされ、そのサイトを改変してフィッシングを行っているのではないでしょうか。 サイトの管理者に気づかれたら、別のサイトへ移って同じようにハッキングするという手口です。 メールは構わずゴミ箱へ このようなメールを受け取ったら、迷わずゴミ箱へ捨ててください。 メールを開くだけでは影響はない 個人情報を盗み取ることが目的だと思われますので、メールを開くだけでは悪い影響はないと思います。 誤って開いてしまった場合でも、内容が変だなと思ったらゴミ箱へ捨ててしまって構わないでしょう。 たとえ、URLを開いてしまったとしても、何も入力さえしなければ個人情報が盗まれる可能性はありません。 僕が受け取ったメールには、クリックしたURLからメールアドレスを判定するような小細工はされていませんでした。 誤って個人情報を入力してしまった場合 もし、本物のサイトと間違えてログイン情報やカード情報を入力してしまった場合には注意が必要です。 アカウントとパスワードを入力してしまった場合には、Amazonに登録してあるアカウントとパスワードの両方を変更しましょう。 また、同じアカウント名とパスワードの組み合わせで他サービスを利用している場合には、そちらも別のものに変える方が安全です。 クレジットカード番号を入力してしまった場合には、カード会社へ連絡してカード利用を停止するなどさまざまな影響が出てきます。 カード番号の入力は絶対に避けたいところです。

次の

アカウント情報を更新、確認してください。

アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください

Amazonカスタマーサービスと思わせる差出人からの通知。 差出人:Amazon タイトル:今すぐあなたのアカウントを確認してください。 本文: アカウントが一時的に停止されました。 これは通常、次のいずれかによって引き起こされます。 ・複数のログイン失敗 ・不正確なアカウント情報 ・不正なアカウント操作 ・認識されていないデバイスからログインしてください あなたのアカウントにログインし、以下のリンクをクリックすることで解決し ログイン あなたの詳細を保護するだけで完了するまで数分かかります。 宜しくお願いします AMAZONカスタマーサービス Amazonのアカウント情報がおかしいという警告通知です。 本文の日本語がちょっとおかしいですね。 書いてるの、日本人じゃないでしょ? みたいな文章です。 これは あなたの個人情報を盗み取ろうとする詐欺メールです。 URLへアクセスせずにゴミ箱へ捨てることをお勧めします。 ログインしようとしてはダメ! とはいっても、気になるのでアクセスしてみました。 本物とそっくりのログイン画面 ログインしてしまった! このようなメールを受け取ったら、迷わずゴミ箱へ捨ててください。 メール開封だけでは悪い影響はないと思います。 万一、ログインしてしまったり、個人情報を入力してしまった場合には以下の対応をお勧めします。 アカウント・パスワードを入力した! もし、本物のサイトと間違えてログインアカウントのメールアドレス・電話番号、パスワードを入力してしまった場合、Amazonに登録しているアカウント情報を変更しましょう。 アカウントIDを変更したくない場合でも最低限パスワードは変更してください。 また、同じメールアドレス・パスワードの組み合わせを利用する他のサービスがある場合には、そちらでもパスワードを変更するのがより安全。 クレジットカードを入力した! クレジットカード番号を入力してしまった場合には、まずカード会社へ相談してみましょう。 万一、不正利用が発覚したとしてもカードの盗難補償の対象となる場合があります。 住所・氏名を入力した! 住所・氏名・生年月日などの個人情報を入力してしまった場合には少し困りものです。 実害が予測できないのですぐ対応できることが思いつきません。 ただ、心配しすぎることはありません。 万一なにかのトラブルに遭った場合には、警察・消費者生活センターなど相談できる窓口はあると思います。 どこから情報が流出した? 今回のメールに関しては、Amazonからの情報漏えいではありません。 相手はメールアドレスしか知らないのですから、過去に迷惑メールを送ってきていた相手が送信元をかえて送ってきただけのようです。 心配し過ぎずメールはゴミ箱へポイしてください。 誰がこんな詐欺サイトを? 目的は個人情報の取得。 氏名とカード情報があればいろんなサービスでカードの不正利用ができそうですし、新たにサービスを利用する際の登録情報として住所や生年月日などの情報もあるとありがたいってことなのでしょう。 サイト自体はうまく作っていると思うのですが、よく見れば詐欺サイトってすぐわかるじゃないですか。 気合は入っているのですが、日本語がおかしかったり、作りが粗雑な部分があったりします。 犯人は外国人でしょう。 中国が多い印象。 僕のもとには過去、今回と似たような文面で、タイトルのみ 「アカウント内のAmazonの支払い情報を更新してください」や 「あなたのAmazonアカウントは無効になります」というメールが届いたこともあります。 URLは毎回少しずつ替えているようですが、サイトの作りはほとんど一緒。 以前は、管理が甘い一般企業サイト(海外)をハッキングして、そこへフィッシングサイトを併設するというケースが多かったのですが、最近は詐欺専用の独自ドメインを取得してサイト開設するという気合の入れよう。 困ったものです。

次の