ワコーズ ホーム。 ワコーズホーム 【外壁塗装の口コミ・評判 ランキングBest3】

ワコーズ営業マンに聞いたエンジンオイルの使い分け。モチュールに関するコメントもちょっぴりあり。

ワコーズ ホーム

同社は昭和47年の創業以来、潤滑油開発のエキスパートとして車だけではなく、2輪車も含めた多くのオイル関連製品を提供してきました。 近年のスーパーGT選手権GT500クラスには「レクサス チーム ルマン ワコーズ」として参戦しており、レース活動を通じた高性能オイルの開発も行っています。 また、潤滑油開発のエキスパートだけにエンジンオイルに留まらず、ミッションオイル、ブレーキフルード、メンテナンス用油脂類など多くの自社ブランドの製品を提供しています。 商品パッケージデザインの特徴 ワコーズの製品のパッケージの特徴は、同社のコーポレートカラーでもあるブルーにピンク色の帯が入ったデザインを全製品に採用している点です。 特にオイル缶はメタリックカラーを採用していますのでカーショップのオイル売り場でも目を引くデザインになっています。 同社がスポンサードするレースカーも同じくブルーを貴重としてピンクのラインを織り交ぜたボディーカラーにデザインされていますので、レースを観戦した方にはより親近感を感じやすいデザインになっています。 2輪車では今でも2スト250ccレプリカの人気が高いので、ユーザーにはありがたいラインナップです。 ラインナップの主力となる4サイクルエンジン用オイルは豊富なラインナップを揃えています。 また、他のメーカーのオイルにはあまり見られない特徴として、同一製品でも複数の規格を用意している点があります。 多くのエンジンオイルでは一つの名称が粘度などオイルの性能まで表していますが(例:スーパーレーシング(仮名)、SAE規格:15W-50)、ワコーズのエンジンオイルは同じラインナップでも複数の規格を用意して、多くのエンジンに対応できるようにしています。 早速、主なラインナップを確認してみます。 街乗りを中心に最も汎用性の高い製品 PRP-S プロステージS 現在のワコーズのオイルの中で最も多くのユーザーにおすすめできる汎用性の高い製品がPRP-S プロステージSです。 渋滞の中での走行、エコカーやハイブリッド車などエンジンの始動と停止が頻繁に繰り返される車など走行条件が一定しない場面でもしっかりとした性能を維持するように作られています。 こうした街中でのストップ&ゴーの多い環境はエンジンへの負荷が変動しやすく、高回転・高負荷とは別の意味でオイルにも幅広いエンジン運転領域をカバーする性能が求められます。 SAE規格は0W-30、10W-40、15W-50の3種類をラインナップしています。 サーキット走行を行うユーザーにおすすめ!4CR-SR フォーシーアールSR レクサス チーム ルマン ワコーズのレースカーにも使用されているサーキット直系のエンジンオイルが4CR-SR フォーシーアールSRです。 サーキット走行を行う機会の多いユーザーや、高回転・高負荷領域で使用する機会の多いユーザーにはこちらの製品がおすすめです。 SAE規格も0W-30、5W-40、10W-50の3種類をラインナップしています。 レースにも使われる高性能オイルながらも低粘度のものをラインナップしていることで、実際に使用したユーザーからはエンジンのピックアップが軽くなった、アクセルレスポンスが向上したという評判が高くなっています。 スポーツカーでのストリート走行が主体の場合におすすめ!TR トリプルアール 高回転・高負荷領域での熱ダレを防ぐ、しっかりとした油膜保護と潤滑性能の確保を目的として開発されたのがTR トリプルアールです。 カーショップの走行会で年に1回程度のサーキット走行を楽しむことはあるが、普段は高速道路を長距離で走ることが多いユーザーなどストリートユース向けの最高峰と呼んでも良い製品に仕上がっています。 SAE規格も5W-30、10W-40、10W-50、20W-60の4種類をラインナップしています。 オイルが暖まるまでは若干の粘度の高さを感じるが、暖まってしまえば純正の 0W-30のオイルから切り替えても却ってフリクションが減ったように感じる、メカノイズが減少したというユーザーの声が多く聞かれています。 輸入車ユーザーにおすすめ!4CT-S フォーシーティーS フォルクスワーゲンやBMW、メルセデス・ベンツ、ポルシェなどドイツを代表するメーカーの認証を取得しているのが4CT-S フォーシーティーSです。 エンジンの各種クリアランスが国産車とは異なる輸入車においても認証を取得する製品を提供している点にもワコーズの製品開発技術力の高さが現れています。 SAE規格は5W-30にてフォルクスワーゲン、BMW、メルセデス・ベンツの認証を取得しています。 ポルシェ用としては10W-40が同じく認証を取得した製品となっています。 輸入車に多いディーゼルエンジン搭載車で選択しているユーザーが多く、それらのユーザーの評判も、ディーゼルエンジン特有のノイズが抑えられて静かになったように感じる、他社のオイルから変えてみたらエンジンの吹け上がりが軽いなど、この商品のコンセプト通り輸入車ユーザーからの評判が高くなっています。 クラシックカーユーザーにおすすめの商品も!TT タフツーリング 空冷ポルシェなどのネオクラシックカー及びクラシックカーには最近の主流である低粘度オイルとは別のオイルが求められます。 これらの車ではピストンとシリンダー内面などのクリアランスが大きいため、ある程度粘度が高くしっかりと油膜を保持するオイルが必要です。 TT タフツーリングはSAE規格20W-40、25W-50を用意してクラシックカーのエンジンに求められる粘度や油膜保護性能をしっかりと提供します。 粘度が高めなため、現行車両で試したユーザーからは、4CR-SR フォーシーアールSRから変えてみたら始動性も悪いし、吹け上がりが重いという意見があります。 しかし、このオイルのターゲット層であるネオクラシックカーのユーザーからは、走行距離を重ねても油圧の低下が少ないように感じる、というような高い油膜保持性能を体感出来た、というようにオイルの狙い通りの評判ともいえるでしょう。 こうしてみるとサーキット走行からクラシックカーまで、カバーしていない車種や走行シーンはないと言えるほど豊富なラインナップが用意されていることが理解できました。 今回ご紹介した製品以外にも、2輪車用に最適化されたエンジンオイルやD1グランプリ出場車などのドリフト車用のオイルも用意されているなど本当に多くの製品を用意しています。 きっと探しているエンジンオイルが見つかるはずですので、まずは取り扱いカーショップにてどのようなフィーリングのエンジンオイルが欲しいか相談し、最適な一品をワコーズのエンジンオイルから見つけ出してみて下さい。

次の

ワコーズホーム、屋根・外装を主に今期売上高17.8億円 :: リフォーム産業新聞

ワコーズ ホーム

ワコーズホームのリフォームとは? ワコーズホームではさまざまなリフォームを行っていて、中でも外壁塗装については詳しく説明を行っています。 それによると、外壁塗装についてリフォームを検討するべき時期は大体築7年ごろが妥当だとしていて、現実的には築10年から12年くらいで実際に工事を行う人が多い傾向にあることも紹介しています。 この時点で、リフォーム会社の理想と、住まいの居住者の感覚的なずれがあることがわかります。 また、内部構造が木や鉄などの場合、その部分の塗装は、外壁よりも劣化しやすいので、こまめにチェックして早めの対処をすることが理想的だとアピールしています。 外壁塗装といってもいろいろなものがあり、建物の構造や塗装の種類によっては、見た目は異常を感じなくても定期的にチェックしたほうが良いものも多くあります。 ワコーズホームが教える外壁塗装のタイミング 外壁塗装を検討したほうがいいタイミングは築年数で見ることができますが、それ以外にも特段業者でなくてもチェックすることができます。 それは、まず見た目をチェックすることで、壁に塗装の凹凸がないかどうかをチェックします。 少し壁から離れて眺めてみると意外と一部分だけに凹凸が見えることがあり、それはリフォームの時期を知らせるサインです。 また、見ただけでは特に凹凸がない状態でも、手で触ると粉が手についたり、あからさまに外壁の塗料にヒビが入っていたり、皮がむけるようにはがれてきているときも、リフォームのタイミングのサインです。 見た目にわかるものは、他人が見てもわかりますので、こまめに外壁塗装を行って見た目にも構造にも問題がない状態を維持するようにしましょう。 どうしてもわからないときはワコーズホームに相談すると良いでしょう。

次の

ワコーズホーム株式会社の評判・口コミ|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

ワコーズ ホーム

ワコーズホームのリフォームとは? ワコーズホームではさまざまなリフォームを行っていて、中でも外壁塗装については詳しく説明を行っています。 それによると、外壁塗装についてリフォームを検討するべき時期は大体築7年ごろが妥当だとしていて、現実的には築10年から12年くらいで実際に工事を行う人が多い傾向にあることも紹介しています。 この時点で、リフォーム会社の理想と、住まいの居住者の感覚的なずれがあることがわかります。 また、内部構造が木や鉄などの場合、その部分の塗装は、外壁よりも劣化しやすいので、こまめにチェックして早めの対処をすることが理想的だとアピールしています。 外壁塗装といってもいろいろなものがあり、建物の構造や塗装の種類によっては、見た目は異常を感じなくても定期的にチェックしたほうが良いものも多くあります。 ワコーズホームが教える外壁塗装のタイミング 外壁塗装を検討したほうがいいタイミングは築年数で見ることができますが、それ以外にも特段業者でなくてもチェックすることができます。 それは、まず見た目をチェックすることで、壁に塗装の凹凸がないかどうかをチェックします。 少し壁から離れて眺めてみると意外と一部分だけに凹凸が見えることがあり、それはリフォームの時期を知らせるサインです。 また、見ただけでは特に凹凸がない状態でも、手で触ると粉が手についたり、あからさまに外壁の塗料にヒビが入っていたり、皮がむけるようにはがれてきているときも、リフォームのタイミングのサインです。 見た目にわかるものは、他人が見てもわかりますので、こまめに外壁塗装を行って見た目にも構造にも問題がない状態を維持するようにしましょう。 どうしてもわからないときはワコーズホームに相談すると良いでしょう。

次の