学校 再開 兵庫 県。 神戸新聞NEXT|連載・特集|新型コロナウイルス| ニュース |休校延長か再開か、県内割れた判断 “横並び”に疑問も

兵庫県/知事メッセージ(令和2年3月27日)

学校 再開 兵庫 県

兵庫県が新型コロナウイルス感染症の対処方針を見直したことなどを受け、神戸市の久元喜造市長は15日、臨時会見を開いた。 市立の小、中、高校は20~29日の間に2回の「登校可能日」を設ける。 博物館、美術館や有料公園施設などは来週から段階的に再開し、図書館は16日から予約図書の貸し出しのみ実施する。 久元喜造市長の会見の主なやりとりは次の通り。 「ゴールデンウィーク明けのデータを見ても、外出される方が増加傾向にある。 緊急事態宣言は解除されておらず、不要不急の外出自粛に引き続きご協力をお願いしたい」 -県立博物館、美術館は休館が続く状況で、市立博物館などが再開すると人が集まる懸念はないか。 「可能性は排除できないが、密集状態が生じないように対応する。 館内の換気を徹底し、机や椅子を除去して館内に長く滞留できないようにする。 滞在時間の上限も設定し、入館者には2メートル間隔で距離を取ってもらう」 -図書館全面再開の見通しは。 「(最短でも)6月の初めまで掛かるのではないか。 今の段階で再開時期の設定は難しい」 -学校園の再開は。 「緊急事態宣言がどうなるかや県の考え方を前提に、教育委員会に判断してもらう。 基本的には、休業を続けるのであれば、市長として考えを示す必要がある。 再開は教育委員会の判断で決定できる」 (まとめ・初鹿野俊) 【記事特集リンク】.

次の

神戸新聞NEXT|総合|兵庫県立学校 緊急事態宣言解除で6月1日再開へ

学校 再開 兵庫 県

ページ番号1021431 更新日 令和2年5月22日 新型コロナウイルス感染拡大予防のために実施している学校園の臨時休業について、去る5月21日(木曜日)に国から示された兵庫県における緊急事態宣言の解除及び同日兵庫県から示された県内の学校に対する休業要請の解除を受け、引き続き感染予防には十分に配慮する中で、6月1日(月曜日)から学校園の教育活動を再開します。 (特別支援学校については6月8日(月曜日)から再開) ただし、再開後2週間はクラスの児童生徒を2グループに分割した分散登校とし、学校生活に徐々に慣れさせるため授業時間も短縮します。 3週目以降は通常授業の形とし、小学校については給食を再開します。 1 分散登校の形態 (1)幼稚園(週前半・後半登園) 午前のみ) ・昼食は実施しません。 (2)小学校・中学校・高等学校(午前・午後登校) ・給食、昼食は実施しません。 2 夏休みの短縮 長期休業による授業の遅れを補充するため、次のとおり夏季休業日を短縮します。 (幼稚園を除く) (1)小学校 8月1日(土曜日)~17日(月曜日)(17日間) (2)中学校 8月8日(土曜日)~17日(月曜日)(10日間) (3)高等学校 短縮の方向ですが、期間については県立学校の扱いも参考にしながら後日決定します。 3 部活動等 分散登校期間中は活動しません。 ミーティングや家庭トレーニング指導等を除く) また、分散登校期間中は、学校開放や学校施設の目的外利用も再開しません。 4 学校における主な感染予防策 1 登校園の際は、家庭における健康チェックを求める(検温を含む)とともに、学校園においても発熱や健康状態の留意に努めます。 2 当面の間は、発熱や体調不良、感染への不安を理由とした欠席については、欠席扱いとしません。 (出席停止扱い) 3 施設内における密状態を避けるとともに消毒を徹底します。 マスクの着用・手洗い・うがいを徹底し、当面の間は机を同一の向きでの授業や給食とします。 問い合わせ先 内容 所属 電話番号 学校の再開に関すること 学校企画課 06-4950-5688 小中学校の分散登校、夏休みの短縮に関すること 学校教育課 06-4950-5685 幼稚園・高等学校の分散登校、夏休みの短縮に関すること 幼稚園・高校企画推進担当 06-4950-5665 部活動、感染予防策に関すること 保健体育課 06-4950-5677 給食に関すること 学校給食課 06-4950-5675.

次の

兵庫県立学校が6月1日から再開。部活動は制限付きで実施され、15日からは通常授業に

学校 再開 兵庫 県

ページ番号1021431 更新日 令和2年5月22日 新型コロナウイルス感染拡大予防のために実施している学校園の臨時休業について、去る5月21日(木曜日)に国から示された兵庫県における緊急事態宣言の解除及び同日兵庫県から示された県内の学校に対する休業要請の解除を受け、引き続き感染予防には十分に配慮する中で、6月1日(月曜日)から学校園の教育活動を再開します。 (特別支援学校については6月8日(月曜日)から再開) ただし、再開後2週間はクラスの児童生徒を2グループに分割した分散登校とし、学校生活に徐々に慣れさせるため授業時間も短縮します。 3週目以降は通常授業の形とし、小学校については給食を再開します。 1 分散登校の形態 (1)幼稚園(週前半・後半登園) 午前のみ) ・昼食は実施しません。 (2)小学校・中学校・高等学校(午前・午後登校) ・給食、昼食は実施しません。 2 夏休みの短縮 長期休業による授業の遅れを補充するため、次のとおり夏季休業日を短縮します。 (幼稚園を除く) (1)小学校 8月1日(土曜日)~17日(月曜日)(17日間) (2)中学校 8月8日(土曜日)~17日(月曜日)(10日間) (3)高等学校 短縮の方向ですが、期間については県立学校の扱いも参考にしながら後日決定します。 3 部活動等 分散登校期間中は活動しません。 ミーティングや家庭トレーニング指導等を除く) また、分散登校期間中は、学校開放や学校施設の目的外利用も再開しません。 4 学校における主な感染予防策 1 登校園の際は、家庭における健康チェックを求める(検温を含む)とともに、学校園においても発熱や健康状態の留意に努めます。 2 当面の間は、発熱や体調不良、感染への不安を理由とした欠席については、欠席扱いとしません。 (出席停止扱い) 3 施設内における密状態を避けるとともに消毒を徹底します。 マスクの着用・手洗い・うがいを徹底し、当面の間は机を同一の向きでの授業や給食とします。 問い合わせ先 内容 所属 電話番号 学校の再開に関すること 学校企画課 06-4950-5688 小中学校の分散登校、夏休みの短縮に関すること 学校教育課 06-4950-5685 幼稚園・高等学校の分散登校、夏休みの短縮に関すること 幼稚園・高校企画推進担当 06-4950-5665 部活動、感染予防策に関すること 保健体育課 06-4950-5677 給食に関すること 学校給食課 06-4950-5675.

次の