マツコ の 知ら ない 世界 昭和 ポップス。 【まとめ】マツコの知らない世界 昭和ポップスイントロベストテン 高橋昌太郎&さにー ジュディ・オング

「今若者に密かなブーム!昭和ポップスの世界」 TBS『マツコの知らない世界』4月28日放送

マツコ の 知ら ない 世界 昭和 ポップス

マツコの知らない世界「昭和ポップスの世界」 2020年4月28日放送のマツコの知らない世界「昭和ポップスの世界」が面白かったです。 今週もご視聴ありがとうございました!! 新橋の歌謡曲バーでリクエストしたり、夏色のナンシーで「恋かなー、Yes!」って叫んでることもあり、楽しんで観てました。 テレビ番組での企画でですが、ラジオ的な企画だと思いました。 アトロクの特集コーナーに適切な案件です! 最近はイントロの比重が低くなってきた? 最近はスマホで音楽を飛ばしながら聴くようになって、イントロが無くて歌から始まる曲が目立つようになってきたと言っているのにも納得感ありました。 米津玄師「Lemon」、King Gnu「白日」、菅田将暉「まちがいさがし」はたしかに、歌から始まってますもんね。 昭和の名曲イントロ・ベストテン 番組で発表されていたベスト10は以下でした。 プレゼンターとマツコの曲に対する思い入れの交錯するのが良かったです。 第1位 ジュディ・オング「魅せられて」• 第2位 久保田早紀「異邦人」• 第3位 田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」• 第4位 C-C-B「Romanticが止まらない」• 第5位 中森明菜「少女A」• 第6位 松田聖子「チェリーブラッサム」• 第7位 寺尾聡「ルビーの指環」• 第8位 梅沢富美男「夢芝居」• 第9位 大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」• って、思いついた順番に書いていったのですが、あれもこれもと曲が出てきました。。。 チェッカーズ「ONE NIGHT GIGOLO」 (とんねるずの皆さんのおかげでしたを思い出す)• 中森明菜「Desire」• レベッカ「フレンズ」• 安全地帯「ワインレッドの心」• 鈴木聖美・ラッツアンドスター「ロンリーチャップリン」• 薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」• Every Little Thing「Time goes by」 ハウスミュージックのイントロ大賞は? 今でもこの曲がイントロ大賞です。 Chante MooreのThis Time(Frankie Knuckles Bomb Mix)です。 今は亡きフランキー姉さんの極上美メロなイントロが今でも胸に突き刺さります。 朝方に聴いたら確実に幸せになれる曲です。 padobure.

次の

マツコの知らない世界の昭和歌謡曲の最強イントロベスト10&マツコが一番好きな曲は?

マツコ の 知ら ない 世界 昭和 ポップス

生放送が当たり前、衣装も華やかだった歌番組のステージが魅力的• 世代を問わず誰もが知っている曲が多く、共有感に憧れる 特に2の「共有感」は、私もよく実感します。 高橋さん曰く、「共有感を感じることができたのは、「LOVEマシーン」くらいまでじゃないか?」。 確かにそれ以降は、親も子も知ってる歌える曲というのが減っている気がします。 ある程度のすみわけができていると、共有できる歌はあるんですけどね。 私は大学生のころ、いわゆるオタクサークルにいました。 カラオケに行くと誰かが「ハレ晴レユカイ」を歌う。 もちろん、全員歌えます。 しかし、地元に帰省して中学校時代の友人(notオタク)とカラオケに行くと、「ハレ晴レユカイ」はみんなに知られていません。 ちなみに、中学校時代の友人は「RAD WIMPS」の曲を歌っていました(もちろん「前前前世」が流行る前なので、私はアーティスト自体知りませんでした)。 もちろん人それぞれ好みはあるので、みんな同じ曲を好きになれとは思いません。 でも、 みんなが「ああ、あの曲だね」と共有できる感覚は、平成世代から見るとうらやましいなと思ってしまいます。 昭和ポップスは神イントロの曲がたくさん!時代で変化するイントロの重要性 次にお話しされていたのは、 「イントロの重要性」です。 昔はテレビで歌を覚えていたため、 最初のイントロの段階で心をつかまないといけなかったのです。 しかし、現在はスマホで音楽を聴くので、イントロを飛ばす人も増えているそう。 最近大ヒットした「Lemon」「まちがいさがし」「白日」は、イントロがなくいきなり歌から始まります。 これには目から鱗でした。 最近は、曲の中でイントロというものがさほど重視されていないようです。 もちろん、イントロがなくても曲としてすばらしいのですけどね。 (昭和の曲が好きな私でも、この3曲は好きです。 特に「白日」は昨年の紅白で初めて聴いたのですが、あとで誰が歌っているのか調べたくらい衝撃でした) ここから、お二人が 「平成生まれが聴いてもカッコイイ!昭和イントロ・ベスト10」を選び、順番に紹介されていました。 順位は以下のとおりです。 平成生まれが聴いてもカッコイイ!昭和イントロ・ベスト10 私が選ぶイントロがカッコイイ!昭和ポップス・トップ5 お二人のランキングを見て、思わず自分だったらどの曲を選ぶかな?とワクワクしてしまって…。 そこで5曲だけですが、イントロが好きな昭和ポップスを紹介したいと思います。 5位:ひと夏の経験(山口百恵) 実は、1~4位まではあっさりと決まったのですが、最後の1曲がなかなか決まらず…。 最後まで候補だったのが、「待つわ(あみん)」と「もしもピアノが弾けたなら(西田敏行)」。 3曲の中から悩みに悩んでこの曲にしました。 百恵ちゃんの曲をいろいろ聴いた中で、一番印象に残っているイントロだったからです。 「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ」という歌詞もなかなか衝撃的ですけどね。 この「えっ何が始まるの?」と思わせるようなイントロが、曲の世界観と合っていますね。 たぶん明るくしようと思えばできたんだろうけど、あえて暗めにしたのは百恵ちゃんらしくてよかったと思います。 4位:17才(河合奈保子) 河合奈保子さんの4枚目のシングル。 ヒットした「スマイル・フォー・ミー」の一つ前の曲なので、知名度は低いかもしれません。 最大のヒット曲「エスカレーション」路線(筒美京平さん作曲)になる前の曲の中では、この「17才」が一番好きです。 軽快なんだけど少し暗調なイントロを聴くと、高校生の女の子がふらつきながらも一生懸命走っている様子が浮かぶんですよね。 出だしの歌詞が「大人でもない 子供でもない だから愛も ゆれるんです」とあるように、17才の少女の不安定な心を表現しているのかなと思います。 3位:サウスポー(ピンク・レディー) ピンクレディーの曲の中では「サウスポー」が一番好きです。 テンション上がる! これも「魅せられて」と同様、イントロが「オクターブだらけ」なんですよね。 音階が下がって、下がって、最後に上がってAメロに突入していくのですが、この疾走感がサウスポーの世界観とマッチしています。 これは有名な話かもしれないのですが、「サウスポー」は当初ミディアムテンポの曲で歌詞も違うものだったそうです。 しかし急遽「もっと勢いがほしい」ということで、阿久悠先生が歌詞を書き直し、都倉俊一さんが新たな編曲をしてギリギリ完成させたのが今の「サウスポー」。 当時のピンク・レディーの勢いを表現しているかのようなイントロは、インパクト最強で大成功だったと思います。 2位:天城越え(石川さゆり) 演歌ですが、ランキングに入れさせてください(笑) この曲の良さを実感したきっかけは、2018年の秋に放送していた「UTAGE!」という歌番組です。 番組内で、キスマイの千賀くんがピアノ伴奏を披露するという企画がありました。 その課題曲が「天城越え」だったのです。 しかも、ご本人の歌唱とコラボ。 ピアノアレンジを担当した音楽プロデューサーの方が、 「この曲のイントロは、琴、三味線から始まりストリングス、エレキギターなどで表現されている。 ピアノですべてを表現するのは難易度が高い」 と言うように、壮大なイントロが印象的です。 本番で千賀くんは、曲の雰囲気を壊すことなく見事な演奏を披露しました。。 そのピアノ演奏がしばらく頭から離れず、「天城越え」ってこんなにいい曲だったのかと再確認したのです。 1位:春よ、来い(松任谷由実) 「天城越え」と迷ったのですが、やはり1位はこの曲かな。 ピアノだけで表現されたシンプルなイントロが、美しい日本語の歌詞とよく合っています。 やっぱり歌詞も素晴らしいですよね、「眼差しが肩を抱く」って表現よく思いつきますよね…。 ちなみに、「春よ、来い」のイントロについて、こんなTwitterの投稿がありました。 次女が松任谷由実の春よ、来いのイントロ部分のことを 「歌のまえの、けしきみたいなところ」 と表現していて、なるほどあのピアノはまさしく景色みたいだよなあと。 — なのふな nanofunya ちなみに、この娘さんは4歳だそうです。 4歳の子どもにも春の景色を感じさせるイントロは、なかなか他にはないのではと思います。 【マツコの知らない世界】「昭和ポップスの世界」感想のまとめ まず、この令和の時代に、昭和ポップスをフューチャーする番組を見ることができて嬉しく思いました。 私は、昭和ポップスが流行した時代を生きていません。 そんな私が「いくら好きでも昭和の曲を語るなんて…」という気持ちがいつもどこかにありました。 しかしお二人が言うように、 その時代を生きていないからこそ、憧れたり、新鮮なものとして映ったりするのではないかと気付きました。 堂々と 昭和ポップスが好きと宣言していいんだと、背中を押された気分です。 高橋さん、さにーさん、昭和ポップスを語っていただき、ありがとうございました。

次の

マツコの知らない世界の昭和歌謡曲の最強イントロベスト10&マツコが一番好きな曲は?

マツコ の 知ら ない 世界 昭和 ポップス

今、海外の若者に70&80年代の昭和ポップスがクールで斬新とブームに! 日本でも、リミックスやカバーで名曲が次々復活!時代が彩る豪華さ、一発でつかむ印象的なイントロなど圧倒的なパワーを誇っていたシティーポップと呼ばれる名曲の数々! 今夜、特別にザ・ベストテンのセットが復活!名曲ベストテンで大公開!マツコも興奮のSPゲスト!懐かしいはずなのに、今聞いても新しい!平成生まれにこそ見てもらいたい歌の祭典! 出典:Yahoo! JAPAN! マツコの知らない世界【今、若者に大人気! 昭和ポップスの世界! ベストテン復活! た 田原俊彦「ごめんよ涙」 フジテレビ系TVドラマ『教師びんびん物語II』の主題歌 た 田原俊彦「抱きしめてTONIGHT」 田原自ら主演したフジテレビ系TVドラマ『教師びんびん物語』の主題歌。 田原が先制役だなんて、思ったけど。 た 田原俊彦「NINJIN娘」 フジテレビ系『ひらけ! ポンキッキ』の「今月の歌」にもなった た 田原俊彦「原宿キッス」 「原宿キッス」とは、当時原宿に集まり、路上で歌ったり踊ったり賑わっていた若者の象徴から。 」 「やりたい」連呼の楽曲。 僕のフェーズが切り替わるとき… た 田原俊彦「哀愁でいと NEW YORK CITY NIGHTS 」 田原のシングルでは最大のセールス。 同曲で「第31回NHK紅白歌合戦」へ初出場を果たした た 田原俊彦「ハッとして! 資生堂化粧品の'80春キャンペーンCMソング た 竹内まりや「シングル・アゲイン」 日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」8代目主題歌。 全作詞・作曲:竹内まりや、編曲:山下達郎。 ロング・ヒット曲。 た 高橋 真梨子「桃色吐息」 ソロ歌手としては、「第35回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。 三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソング た 谷村新司「昴 -すばる-」 自身最高となる60万枚の大ヒット曲。 ち チェッカーズ「涙のリクエスト」 チェッカーズ初の大ヒット曲。 この曲をモチーフにした『チェッカーズin涙のリクエスト』が放送された。 ち チェッカーズ「ギザギザハートの子守唄」 デビューシングル曲。 チェックの衣裳とのギャップが功を奏した。 ち チェッカーズ「WANDERER アイドル・チェッカーズというあまりにも大きくなった荷物を降ろし、アーティストとして羽ばたいていくようなスケールの大きな歌詞と解放感のあるメロディが感動的なナンバー。 大人びたサウンドが特徴的。 (CDジャーナル) ち チェッカーズ「Song for U. 」 チェッカーズ主演映画の主題歌。 ち チェッカーズ「俺たちのロカビリーナイト」 曲のイントロは、メンバー達の「フィンガースナップ」の音から始まっている。 指を鳴らし、ベースを唸らせ、ホーンで効果を付けており、ツイストしたくなる、そんな曲。 ち チェッカーズ「あの娘とスキャンダル」 チェッカーズが初めて主演した映画『CHECKERS IN TAN TAN たぬき』の主題歌。 フジテレビ系番組『夕やけニャンニャン』のオープニングテーマ曲としても。 ち チェッカーズ「HEART OF RAINBOW ~愛の虹を渡って~」 「グリコ アーモンドチョコレート」CMソング ち チェッカーズ「ジュリアに傷心」 最大のヒット曲で、1985年度の年間オリコンチャート第1位。 ち チェッカーズ「星屑のステージ」 TBS系連続ドラマ「うちの子にかぎって…」主題歌、第57回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも。 ち チェッカーズ「I Love you,SAYONARA」 腕時計SEIKO「アベニュー」のCMソング ち チェッカーズ「OH!! POPSTAR」 東宝映画『タッチ 背番号のないエース』の挿入歌 - 2019年12月月19日午前2時14分PST て TM NETWORK「DIVE INTO YOUR BODY」 小室哲哉はこの曲で初めてシンクラヴィア(=元祖のデジタル・オーディオ・ワークステーション)を使う。 て TM NETWORK「Get Wild」 日テレ系TVアニメ「CITY HUNTER」エンディングテーマ。 グループ初のオリコンシングルベストテン入り て 寺尾聰「ルビーの指環」 オリコン1981年度年間1位。 寺尾のシングルで最大の売上。 福山雅治などカバーも多い。

次の