リンク ライフ 引き落とし。 株式会社 Link Life(リンクライフ)ってどんな会社?概要や評判についてまとめてみました。

UQモバイル代理店リンクライフの評判は嘘が多い理由を関係者が大暴露

リンク ライフ 引き落とし

この記事の内容• UQモバイルは代理店でも契約できる UQモバイルは、代理店経由でも契約が可能です。 そしてそれは、ネット上だけに限らず様々なところに存在しています。 家電量販店• スーマーマーケット• 携帯ショップ などで契約が可能なんです。 これらはすべて「代理店」となります。 もちろん全国に200店舗以上ある公式店舗「UQスポット」でも契約は可能ですが、家電量販店などは2700店舗以上。 スマホ販売の代理店とは そもそも、全国にあるdocomoやau、SoftBankのスマホを売っている携帯ショップは、ほとんどすべてが代理店による運営です。 いくら大手とは言え、キャリア自らが全国に販売店を持つのは、どう考えても管理コストがかかりすぎますよね。 こういった管理コストの増大を防ぎつつ、契約を増やしたいスマホキャリアは、「代理店制度」を取っています。 リンクライフのようなネット上の代理店を含め、代理店の商売の流れはこちら。 ネット広告やチラシ、店頭の看板などで集客をする• サイトや店舗に訪れたひとが契約する。 契約自体はキャリアとの直接契約。 スマホキャリアから契約した代理店に、契約数に応じて報酬が入る• キャッシュバックがあれば、この報酬から支払われる という流れです。 このビジネス自体は、携帯電話が普及しだした頃からのものなので、珍しいものでもなんでもありません。 おそらくあなたの自宅の近くにある携帯ショップも、きっと代理店が運営していますよ。 プライバシーマークを取得している会社はこのように、人の出入りを厳しくしてますよね。 多分パソコンの持ち出しなんかもかなり制限してるはずです。 何度か訪問したことがあるのですが、正直に行ってオールコネクトさんはすごくしっかりした会社です。 ただ、社内の処理の関係で子会社(リンクライフ)を立ち上げてUQの代理店事業を行っていることで、詳細がわからないリンクライフが前面に立ってしまいます。 これが、 「リンクライフって怪しい?」という評判となってしまう原因なのです。 トラブルや評判について書いてあるけど全員勘違いだよ リンクライフでのUQモバイル契約について、ネット上には様々な評判が溢れています。 ただし、ひとつ大前提として覚えておいてほしいことがあります。 ここまでに何度か書いてますが、リンクライフ経由で申し込んでも、 「契約自体はUQモバイルとする」 ということです。 ですから、契約後のサポートや解約の手続きは、UQ公式とのやり取りとなります。 リンクライフが関わるのは、 申し込みの取次とキャッシュバック支払の手続きだけ。 また、Twitterで検索するとかなり悪評が目立ちますが、それは顧客情報を持って管理している「ブロードワイマックス」などについてのものです。 ブロードワイマックスの問い合わせ電話が繋がらないのはまた別の問題ですよね UQ公式からでも、リンクライフ経由でも、結局はすべてUQモバイルとの契約となりますので、安心してください。 それでは、UQ公式とリンクライフ経由での申し込み、違いはどこなのでしょうか。 次はそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。 リンクライフでの契約はメリットがたくさん リンクライフとUQ公式、どちらで契約するのがいいのでしょうか。 この疑問に答えるには、 あなたがどのスマホを使いたいかによって変わります。 もしあなたがスマホの種類にこだわらないタイプなら、リンクライフがベストです。 またiPhoneを含めて、いま使っているスマホをそのまま使い続けたい場合も、リンクライフでSIMカード契約がいいでしょう。 さらにAppleStoreなどで新品のSIMフリーのiPhone XやiPhone 8などを購入して使う場合も、リンクライフがおすすめ。 リンクライフでは現在、iPhoneが販売していないからですね。 ただしその場合も、本当にお得なのはリンクライフですけどねー。 それはまた後ほど。 表にまとめます。 要望 おすすめ 契約窓口 理由 iPhoneには こだわらない リンクライフ 初期費用3,240円が無料 キャッシュバックが プランS/Mで1000高い 今使っているスマホの SIMカードだけ変えたい リンクライフ 初期費用3,240円が無料 プランMのキャッシュバックが 2000円高い 新品のスマホを用意して SIMカードだけ契約したい リンクライフ 初期費用3,240円が無料 プランMのキャッシュバックが 2000円高い SIMカードとiPhoneを セットで契約したい UQ公式 iPhone6s、iPhone7が 購入できる あなたの好みはどれですか? ちなみに端末を一括購入すると、月額が1,780円になります。 一括と分割、差し引きするとまったく同じ金額になるので、好みで選んで大丈夫です! キャッシュバックもリンクライフのほうがおトク 初期費用だけでなく、もっとも人気のあるプランMにした場合、キャッシュバック額もリンクライフのほうが高いんです。 これも表にしてみました。 初期費用• 端末代(iPhone)• キャッシュバック のすべてで、リンクライフでの契約が有利ですよ! これを読んで不安をすっきり解消してくださいね なぜUQ公式は代理店に販売させるの? UQはなぜ代理店を使うのでしょうか。 それは、多大な費用をつかって効果検証が必要な広告を展開するより、実績があって信頼できる代理店に成果報酬で支払ったほうがより利益が出しやすい、ということでしょう。 ただしそれだけだと競争原理がはたらかないので、本家UQでも集客をしているものと思われます。 リンクライフとしては、• 広告を打って集客する• 契約自体はユーザーと契約者でリンクライフは紹介だけ• 契約が入るとUQから報酬がもらえる• その報酬からキャッシュバックを支払う という流れで進み、4で関係は終わりとなります。 ただし下でも紹介しますが、契約時に取得した個人情報については「プライバシーマーク取得済み企業」で、リンクライフの親会社である株式会社オールコネクトが管理します。 無傷で、256GBの場合でしょう。 しかしを見ると、 同じく256GBのiPhone 7が30,000円近くで売られています。 この差は非常に大きいと思うのです。 UQ公式での下取りサービスは確かに楽。 でもちょっとの手間を惜しんで15,000円以上損をするのはもったいないと思うのです。 そもそも端末代、キャッシュバック、初期費用の時点でリンクライフのほうが得。 それを すべて吹き飛ばすくらい損をする下取りサービスは、絶対に利用しないほうがいいでしょう。 ベストは、• リンクライフでお得に契約する• いままで使っていたスマホはメルカリで売る というのが最もお得に契約する方法です。 口座振替でも契約できる?その場合のキャッシュバックは? スマホの契約は、基本的にクレジットカードを使ってすることを前提としてください。 クレカ払いにすることで非常にお得に契約できるようになっています。 まず、リンクライフでは「MNP乗り換え」のみ口座振替での契約が可能です。 ただし、 キャッシュバックキャンペーンは適用外となってしまうのです。 クレジットカードの「クレジット」を直訳すると「信用」です。 クレジットカードは、カード会社が「この人は信用できる」と認めた人に渡すカード、なんですよね。 カード会社は回収リスクを負うかわりに、UQから手数料を受け取っているわけです UQ公式での契約はどのくらい損する? UQ公式での契約と、リンクライフでの契約を比較すると、UQ公式はかなり損をします。 先にも書いてますが、損をする要素は• 初期費用• キャッシュバック の2つ。 一覧にします。 個人的な感想ですが、やはり平日の昼間はかなりつながりやすい印象です この点については、運営会社の社員さんも問題意識を持っているようで、新規と利用者の回線をしっかりわけるなどの対策をしているようです 今後の改善に期待しましょう。 個人情報の取扱はまったく問題ない リンクライフは株式会社オールコネクトの関連会社です。 そのオールコネクトは、プライバシーマークを取得しています。 通称「Pマーク」というのですが、これって取得するだけでもすごく審査が厳しいし、お金もかかるんです。 しかも2年ごとの更新が必要で、専門サイトがたくさんあるほど。 サトウ Pマークの取得企業と仕事をした人ならわかると思いますが、社内には簡単には入れませんし、まったく入らせてもらえない場所も多いですよね また、個人情報に関する問い合わせ先も、申し込みページ上に明記してあります。 《個人情報に関するお問い合せ先》 株式会社Link Life 東京都品川区東五反田1丁目2番33号 白雉子ビル 7F Tel: 気になる人はこちらに電話して確認してみましょう。 キャッシュバックの手続きはすごく簡単 リンクライフもUQ公式も、キャッシュバックの受取手続きは簡単です。 違いは連絡と入金の時期だけ。 UQ公式は• 4ヶ月目にメールで連絡• そのメールに記載のあるURLから振込口座を連絡• 振込口座連絡の翌営業日に入金 となります。 一方リンクライフは• 6ヶ月目にメールで連絡• そのメールに記載のあるURLから振込口座を連絡• 7ヶ月目末日に入金 となります。 3ヶ月程度遅くなりますが、どう考えてもリンクライフのほうがお得なので、個人的には待ったほうがいいと思います。 いち早くほしい!というひとはUQ公式のほうがいいですが・・・もったいないです どちらも、メールの見落としだけは気をつけてくださいね。 UQ公式 リンクライフ 連絡方法 メール メール 連絡時期 4ヶ月目 6ヶ月目 入金時期 返信した翌営業日 7ヶ月目末日 リンクライフは電話やメールを対応してくれる? 利用開始前・キャッシュバックについては問い合わせ可能です。 ただしスマホやSIMカード自体はUQコミュニケーションズとの契約になりますので、リンクライフは対応できないでしょう。 利用開始前・キャッシュバックはリンクライフに• 利用開始後のキャッシュバック以外のことはUQコミュニケーションズに このように認識しておいてください。 リンクライフとUQコミュニケーションズへの問い合わせ先 リンクライフとUQコミュニケーションズへの問い合わせ先を掲載しておきます。 株式会社リンクライフ サトウ 13年間の社畜生活を経て2014年独立した広告屋。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 124•

次の

変額保険 ユニット・リンク|アクサ生命保険株式会社

リンク ライフ 引き落とし

クレジットカードはどれがいい?カードで失敗したくない人におすすめ 銀行で通帳を記帳したときに「セディナ」って所から引き落としがされている事がありませんか?「ん。 なにこれ?」って思いながら通帳をめくると毎月「セディナ」があることに気づきます。 身に覚えのない「セディナ」という会社はなに?って思いますよね。 この、 セディナはクレジットカード発行会社でもあり、集金代行もしています。 もちろん、あやしい会社ではなく、正規の契約に基づいて業務をしています。 そんなセディナについて詳しく見ていきます。 ちなみにですが、セディナカードはこんな券面です。 セディナは総合決済ファイナンスカンパニー セディナはクレジットカードの発行に加えいろいろな業務を行っています。 各種クレジット払いの集金代行も、その1つです。 これは勝手にしているのではなく、利用者の同意に基づいています。 もう一度、契約書を見ていただければ、どこかに「セディナ」の文字があるはずです。 なければ「引き落としは集金代行業者が行うこともある」などの文言があります。 契約内容を全て記憶している人は少ないと思いますが、みなさんは確実に契約していることになります。 セディナの主な業務内容を以下に挙げました。 業務内容• クレジットカードを中心としたカード事業• 分割払いを中心とした信販事業• 集金代行やファクタリングなどのソリューション事業 セディナのクレジットカードを保有する人は、全く疑問に思いません。 それ以外のクレジットカード利用者は、ちょっと不安になってしまいますが、他社の集金代行もセディナの仕事です。 【楽天銀行】 私が、株式会社セディナ(以下「甲」といいます。 )へ支払うべき金額を私名義の下記預金口座(お引落口座。 以下、 「お引落口座」といいます。 )から預金口座振替にて支払うこととしたく、以下の条項および貴行の下記自動引落規定を承認の上依頼します。 なお、甲への届出は、私に代わって貴行からお届けください。 【ソフトバンク】 ご利用料金の口座振替に設定した金融機関で、通帳に記帳された印字が以下いずれかに該当する引き落としをご確認ください。 「ソフトバンク」「セディナ」「ソフトバンクMB(セディナ)」「セディナ(ソフトバンクMB)」 ご利用料金はソフトバンクが直接引き落としする場合と、「セディナ」が代行する場合があり、それぞれ金融機関により印字が異なります。 詳しくは以下よりご確認ください。 セディナはSMFGグループの一員 セディナは、業界大手の三井住友フィナンシャルグループ SMFG のコンシュマーファイナンス 消費者金融 の中核企業です。 消費者金融の「プロミス」もSMFGの完全子会社として、2012年に「PROMISE」として社名変更し、再出発しています。 三井住友カードの集金業務も一部でセディナが担当しています。 セディナのクレジットカードは10種類のプロパーカードに加え、提携カードが90種類あります。 セディナの主なプロパーカード• セディナが設立された経緯は、2009年にクレジット関連の3社の合併によるものです。 この3社が以下になります。 1 かつての大手流通系のダイエーが展開していた「OMCカード」 2 セントラルファイナンス 3 クオーク セディナは大手信販系のクレジットカードでありながら、流通関連でのサービスに強いのもこのためです。 ダイエー、イオン、マルエツなどのダイエーグループ、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで、高ポイントの還元率になります。 セディナはクレジットカードとしても機能性があります。 1億人が選んだ人気カードランキング 続いて少しだけ話がズレますが、日本で一番作られているクレジットカードのランキングを紹介します。 下記はの2018年の日本国内のクレジットカードの人気ランキングです。 顧客満足度が高いカードの公式発表ランキングなので、みんながどのクレジットカードを選んでいるのかがひと目で分かります。 楽天カード 割引きや特典があるクレジットカード• まとめ クレジットに関する業務は分業化が進んでいます。 カード発行会社が審査、加盟店開拓、集金業務など全てを行うケースは、かなり少数派になっています。 人員の確保の問題や業務が大変になるからです。 特に集金業務・回収業務の管理は、関連会社やグループ会社で代行するケースが多いのが実情です。 例えば国民年金の集金や督促は、民間企業が代行しています。 それと同じような感覚です。 今後、セディナのようにクレジットの集金などの管理・回収業務は、さらに分業化される可能性があります。 以上、銀行口座から引き落としになってるセディナってなに?のまとめでした。 このサイトはリンクフリーです。 リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。 ありがとうございます。

次の

【注意】0120032977はしつこいリンクライフです!

リンク ライフ 引き落とし

ライフカード株式会社から身に覚えのない請求や引き落としがあったときの解決策 ライフカード株式会社から身に覚えのない請求や引き落としがあったときの解決策 通帳を記帳した際、「ライフカード(ヵ」や「ライフカードカブ」など、身に覚えのない謎の引き落としがあった方もいるのではないでしょうか。 なかには、自宅に未払い請求の振込みハガキが届いたことにより、謎の請求に気付いた方もいるでしょう。 また、詐欺や架空請求の可能性があるという情報も書かれているため、不安に感じる方も多いですよね。 結論から言えば、詐欺や架空請求の可能性は限りなく低いです。 ライフカード株式会社は、クレジットカード事業を展開する正規のクレジットカード会社であるため、詐欺や架空請求など、違法行為を社会通念上行える立場ではないからです。 まずは、ライフカード株式会社から引き落としや請求があった原因を特定する必要があります。 その上で、見に覚えのない引き落としや請求があった際のそれぞれの解決策を確認していきましょう。 ライフカード株式会社はクレジットカード事業を行っている会社 ライフカード株式会社は、ライフカードやAOYAMAライフカードなど、クレジットカードを取り扱っている会社です。 なお、ライフカード株式会社は、大手消費者金融「アイフル」の完全子会社でもあります。 ライフカード株式会社は創業1952年という歴史ある会社ですが、創業当初は小売業者にクーポン券を用いた割賦販売を行う法人格なき任意組織でした。 その後、会社分割や吸収合併を経て、2010年7月に株式会社ライフからライフカード株式会社となりました。 クレジットカード事業を行っているライフカード株式会社は、業界最大手のアイフルの完全子会社であり、 50年以上の歴史を持つ正規のクレジットカード会社であるため、詐欺や架空請求など違法行為を行える立場ではないということを知っておきましょう。 収納代行事業も行っている ライフカード株式会社では、クレジットカード事業だけではなく、収納代行事業(集金代行サービス)も行っています。 収納代行事業とは、企業に代わり、会費や利用料金の回収を請け負う事業です。 たとえば、ライフカード株式会社では、提携加盟店や企業の各種サービス料金、クラブ会費・利用代金、通信量または加入料など、コストのかかる集金業務をライフカードの口座振替システムにより代行しています。 つまり、定額制サービスなどの収納代行を請け負っているため、 ライフカード株式会社はライフカードを持っている方だけではなく、ライフカードを発行していない人からも引き落としを行っています。 原因は引き落とし金額から推測できる ライフカード株式会社から身に覚えのない引き落としや請求があった方は、引き落とされた金額から原因を推測できます。 まずは、引き落とし金額と原因を見ていきましょう。 【引き落とし金額と原因】 引き落とし金額 原因 1,350円(税抜) AOYAMAライフカードの年会費 1,250円(税抜) 家賃保証付きライフカードの年会費 上記以外の金額 収納代行による定額制サービスの会費 引き落とし金額や請求額が「1,350円」または「1,250円」だった場合には、AOYAMAライフカードや家賃保証付きライフカードの年会費の可能性が高く、原因を特定しやすいです。 また、「1,350円」や「1,250円」に当てはまらない引き落とし金額や請求額だった場合には、収納代行による定額制サービスの会費である可能性が高いでしょう。 AOYAMAライフカードの年会費 引き落とし金額や請求額が「1,350円」だった場合には、過去に洋服の青山でAOYAMAライフカードを作成している可能性があります。 AOYAMAライフカードは初年度こそ年会費無料ですが、2年目以降は1,350円(税抜)の年会費が発生するからです。 AOYAMAライフカードの作成に心当たりのある方は、余計な出費を抑えるためにも、早めに解約することをおすすめします。 なお、AOYAMAライフカードを解約する際の問い合わせ先は、下記の通りです。 【ライフカードインフォメーションセンター】 電話番号:0120-957-660 受付時間:9:30~17:30(元日を除く) 紛失したことにより手元にAOYAMAライフカードがない方は、事前に担当者に紛失した旨を伝えるとスムーズに解約できます。 また、AOYAMAライフカードの解約にかかる時間は5分程度と短く、手数料もかからないため、早めに解約手続きをしましょう。 家賃保証付きライフカードの年会費 引き落とし金額や請求額が「1,250円」だった場合には、過去に家賃保証付きライフカードを作成している可能性があります。 家賃保証付きライフカードは初年度こそ年会費無料ですが、2年目以降は1,250円(税抜)の年会費が発生するからです。 なお、家賃保証付きライフカードの年会費を払いたくない方は、カードを解約する必要があります。 収納代行による定額制サービスの会費 引き落とし金額や請求額が「1,350円や1,250円以外の金額」だった場合は、収納代行による定額制サービスの会費である可能性が高いです。 収納代行事業を行っている関係上、ライフカード株式会社から請求される理由がクレジットカードとは限らないからです。 たとえば、トレーニングジムの加入料やネットショッピングの会費に関しては、ライフカード株式会社を通して請求される場合があります。 利用規約にはライフカード株式会社から請求される旨が記載されていますが、その事実を見落としている方は多いです。 引き落とし金額や請求額を確認した際、その金額に見覚えのある方は、定額制サービスの利用規約を確認してみましょう。 身に覚えのない人は電話で問い合わせるのが確実 引き落とし金額や請求額を確認した際、それでも身に覚えのなかった方は、ライフカード株式会社に問い合わせたほうが確実です。 なんらかの手違いだった場合、請求を取り消してもらえる可能性があるため、ライフカード株式会社に電話で問い合わせましょう。 また、状況を説明するのに話が長引くことも考えられるため、ライフカード株式会社に電話で問い合わせる際は、時間に余裕を持って連絡しましょう。

次の