アベノマスク届かない理由。 葛飾区アベノマスク配布状況は?届かない場合ののお問い合わせ方法は?

アベノマスク枚数足りない理由は?2枚入りを家族4人でどうするかと世帯数の数え方

アベノマスク届かない理由

地方であり発送場所から遠いということ• アベノマスクへの異物混入により回収していること この2つの理由から遅れていると言えます。 地方であり発送場所から遠いということ 大体のものは東京などの大きな都市から配布が始まります。 もちろん、必要な数も圧倒的に多いからということもありますが、近い場所であることが理由でしょう。 岩手県は東北でも北に位置し、仮に東北で比較するならば宮城県がアベノマスク配布が早いのではないかと思われます。 しかし、いくら発送場所から遠いとは言え、1ヶ月以上も差が出てしまうことは考えにくいです。 この理由以外が原因であることが考えられます。 アベノマスクへの異物混入により回収していること 異物混入による回収が1番の理由でしょう。 アベノマスクが届いた家庭から異物混入の指摘がかなりの数見られ、話題となっています。 蓮舫議員の知人宅のアベノマスクにも異物混入があった言われています。 知人宅に髪の毛入りのアベノマスク、着。 サポートセンターに電話をすると「送り返してください」と。 しかも「自腹」で。 厚労省に確認すると『新品を送り直す際に不良品返信用封筒を入れて送っている』との説明。 周知徹底を要請しました。 混乱だらけのアベノマスクに466億円 なぜ止めないのだろう。 今から検品となるとかなりの時間がかかると予想されますね。 回収に使う時間と検品に使う時間、さらに再送する時間がかかることが岩手県にアベノマスクが届かない理由となります。 このままのペースだと5月中の到着は不可能、6月も難しいかもしれませんね。 さらに今回のアベノマスクは466億円の予算。 そこに検品などの費用で8億円が追加で使われる予定となっています。 お金も時間ももったいないのではないかと個人的には思ってしまいます。 マスク購入の方が先? アベノマスクが届くよりも先にマスクの流通が始まる可能性があります。 元々、マスク自体は時々流通がありました。 又、最近ではインターネット上で割高ではありますが購入できる状態となっています。 アベノマスクが届くのは6月〜7月になる可能性を考えると、国内のマスク製造が追いつく可能性が高そうです。 菅官房長官も14日の記者会見で「店頭の品薄状態が徐々に改善し、上昇してきた価格も反転の兆しがある」と言っていました。 もちろん、今すぐに品薄が改善されるわけではありません。 しかし、確実に品薄状態は改善に向かっています。 今よりも足りなくなることはないでしょう。 もちろん、マスクの買い占めなどが行われず節度を持った行動を取れる人がいることが前提とはなります。 そもそも世帯ごとに2枚の布マスクでは、洗濯をすることを考えると足りないのでマスク購入が結局は必要となりますよね。 では、アベノマスクは不要なのでしょうか? アベノマスクは不要? アベノマスクに対して「不要」「無駄」「いらない」と言ったマイナスな言葉が多々見られます。 当初は各世帯マスク2枚配布に関して苦言、他国からは嘲笑されていました。 しかし、アベノマスクは本当に不要なのでしょうか。 岩手県には高齢の方がたくさんいて、高齢化率もかなり高いです。 マスクが手に入りやすくなってきているものの、朝からお店に並んだりインターネットで購入すると言ったことが難しい年齢層がいることを忘れてはいけません。 これは岩手県だけの話ではなく、全国共通だと考えます。 アベノマスクは確実に手元に届く貴重な機会である人もいるわけです。 そのため、マスク配布を今から止めてしまうのは避けていただきたいと考えます。 仮にいらないという人は必要としている人に譲渡してあげてください。 「アベノマスクがいらない」という方々が100%ではないということを忘れないください。 とは言え、時間かかりすぎです!! まとめ 「岩手県にアベノマスクが届かない理由 マスク購入の方が先?」ということでお話ししてきました。 岩手県に限らず同じような理由からマスクが届いていない世帯が多いようです。 アベノマスクが不要であるという方は必要としている方に分けてあげてください! 1日でも早く、マスクの流通が安定してくれることを祈っています。

次の

「アベノマスク」が届かないので問合せを行ったら、何と当日の夕方に届いた!

アベノマスク届かない理由

先日、 安倍首相が 全世帯に2枚の布マスクの配布を行うと発表しました。 発表されたのが4月1日ということもあり、エイプリルフールか!?との声も上がったぐらいです。 安倍首相も当初は布製のマスクを着用してアピールしていましたが、4月4日に国会に出席の際は 布マスクから 不織布マスクに変わっていましたね。 布マスクは不繊維のマスクよりも繊維の隙間が大きいので効果に疑問視されていましたから、予防の面からは適切な判断ですが国民感情としては複雑なところです。 そして、この対策について世間はどう思うのでしょうか。 日が立つにつれて色々な反応が出ていますが、今回は世間の見解についてまとめました。 ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 スポンサーリンク 目次• この言葉がすべてを物語っているのかもしれません。 中にはアベノマスクはいらない!という人もいます。 その理由としては上記のつぶやきのように自分よりも大変なな事になっている会社を助けて欲しいという意見もありました。 今回の政策から考えられることは、 日本の1世帯の平均人数が約2. 47人と統計上の数字が出ています。 なので、 マスクを2枚配布したら足りるだろうと言う計算があったと考えられます。 が、実際にそうでしょうか? そして、足りるとしても 毎日同じものを使えと言うのでしょうか? マスクは熱湯で煮沸をしなければ消毒できません。 1日使ったマスクをその晩に煮沸して次の日の朝にはしっかりと乾いているのかと言えば、天候によってはなかなか難しいです。 そして丸1日同じマスクを使うのも衛生面上どうなのか? マスクの機能を活かすことが出来るのか? ということをまじめに考えると1日干すと考えて1人に2枚を配布、 1世帯の平均が2人なら最低4枚は必要ではないかと思います。 これも単純に計算して出した数字です。 もしマスクを配る政策を効果的に伝えるためにも、もう少し国民の生活に寄り添って考えてもらえたらなと感じてしまいました。 政策の方向性としては品薄で必要性の高い物資であるマスクを提供してくれるのはすごくありがたいことです。 なので、その政策のスピード感も重要かもしれませんが、せめて機能性の高い不繊維マスクか枚数の考慮もしていただけたら反応は違ったかもしれません。 まだ届いていません。 感染者が多く、週末は自粛要請は出され、スターバックスが閉まるような緊迫しているとろこに住んでいますが届いていません。 政府は一体どこから届けるのでしょうか。 東京都内の知人の家にも届いていないそうです。 枚数が多すぎて時差があるのは分かります。 梱包に時間がかかっているのかもしれません。 それもそのハズで、 アベノマスクが届くのは政策の発表の時点で再来週から順次に届くとありました。 早急な対応を求められるのに、まだ届かない状況ですが 届くのは早くて4月15日以降になりそうです。 アベノマスクが届くまでにマスクを手に入れるには? 朝9時 マスクありました でも目の前のお兄さんも横目で見てスルー 私もいらない 朝のコンビニピーク時を過ぎても残ってるんだもん 必要ない人にも50億かけて届ける意味ある? — てら seaglasstera 上記のつぶやきは極端な例かもしれませんが、売っているところには コンビニエンスストアにだってマスクは売っているようです 私の体験では関西の 繁華街にはマスクが売られていました。 薬局ではなくアクセサリーショップで売っていたんです。 意外なところにも売っている可能性があるので、少しだけ情報感度を高めておくと手に入る機会は増えそうです。 販売店が アクセサリーショップなのでどれぐらいの効果があるのか分かりませんが、しないよりしている方が精神的にも安心できます。 店舗の場所によっては、 ドンキホーテでも売られています。 見かけた店舗では1人何枚までと制限なく買うことができました。 なので、仕事でマスクが必要な知人に送っています。 買いに来れない友人に送っていますが、売っているところには売っています。 そして持っている人は持っているのです。 他にも スーパー銭湯のお風呂の王様の自動販売機にマスクが置いてあったり、 深夜のコンビニでタイミング良く購入することも出来ました。 他にも繁華街のドラッグストアで行列が出来ているなと思ったら マスクの緊急入荷だったので個数制限はあるものの並んで購入できました。 マスクが品薄とは言え、通勤中にすれ違う人の多くは毎日マスクを着用しています。 おそらくマスクを必要としている人は、自分自身でマスクを購入するために情報を集めたり労力を費やして手に入れている用に感じます。 なので 政府が所有しているマスクはもっと緊迫しているような医療現場、介護施設に送るべきではないでしょうか。 有益!!! — koemi KoemiLoosen 上記のつぶやきはとても手先の器用な人の例ですが、届いたマスクは無駄にしないで欲しいです。 マスク2枚と思うと少ないですが、このマスクをとても有効に使う方法があります。 お子様のいる家庭では特に活用できるのではないでしょうか。 大人は少々ゴムがきつくても痛くても我慢したり、何かしら布を挟んで対応できますが、ちいさなお子さんはそうはいきません。 マスクをつけて欲しくても痛がってすぐ外したりしませんか? そして、足りないのはマスクだけでなくゴ ムも足りていないのが現状です。 送られてきたマスクからゴムの部分を切り、子どももために手作りのマスクを作ってあげてください。 4人家族だと2枚が4枚に増やすことができます。 ガーゼの部分は大人が他のゴムをつければ使えるのですから、少し工夫をすれば枚数を増やすことができます。 マスク配布の対応には少し疑問も残ります。 ですが、政府が国民のために送ってくれるマスクを自分で使ったり、またお子様のためにリメイクして使ってあげてください。 助け合いの想いも一緒に広めていきましょう。 私がマスクに困っていないのは、周りが自分に必要であろうに、あの子も困っているだろうという優しさで、私に分けてくださるからなのです。 緊迫した状況にこそ相手を思いやる気持ちを持っていただければいつか、アベノマスクってあったねと笑える日が来るでしょう。 今回の記事も最後まで読んでくださってありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の

アベノマスク届かない場合の問い合わせ先は?ツイッターで届かない理由を調査!

アベノマスク届かない理由

菅官房長官が政府の布マスク(通称:アベノマスク)の配布を6月15日に完了したと発表。 ところが、我が家にも近くにも未だ届いていない。 しかし、同じ市内でも知人宅には何日も届いたとのこと。 一体、どうなっているのか? そこで、6月16日に問合せを行った。 すると何と、当日の夕方に届いた。 布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口 【電話番号】 0120-551-299 (9~18時:土日・祝日も実施) 問題は、電話でしか問い合わせが出来ない点。 電話は中々繋がらないことが多い。 ネットでも問い合わせのフォームを掲載すべきだ。 実際、私は2回目の電話でつながった。 後は、郵便局の配達状況によるわけだが、6月16日に配達されていないということは望みが薄い。 まして、同じ市内で何日も配達日が異なるのも解せない。 「アベノマスク」は何故届かない? 同じ市内にも関わらず、何故、「アベノマスク」が届かないのか? 理由は不明だが、結論的には「未配達」。 この場合、改めて、配達を申請する必要がある。 申請方法 「アベノマスク」の配達の申請の基本はWEB。 しかも、本人の住所に限る。 ただし、電話も可。 また、「実家の母親は高齢で耳が遠い」といった事情を話すと母親の分も申込を受けてくれた。 布製マスク配布 申込みサイト WEBの布製マスク配布 申込みサイトは以下。 「アベノマスク」の枚数 元々、「アベノマスク」の配布は1住所に2枚だが、申込の場合、人数分になる。 同居の人数が3人だと3枚、1人なら1枚。 尚、前述のページには「追加配布」についての記述もある。 例えば3人家族の場合、2枚配布だと1枚の不足。 この不足分の1枚を追加で配布希望できる。 前述の「布製マスク配布 申込みサイト」から出来る。 配達はいつ? 配達は受付日の1~2週間後の発送で、その後2~3日で届く。 「アベノマスク」が届いた 問合せの電話をする前にポストを確認したが、「アベノマスク」は配達されていなかった。 それで、問合せを行なった。 ところが、夕方、ポストを確認すると、何と「アベノマスク」が配達されていた。 二重に届いたマスクは返品するのか? 我が家は3人家族。 最も、追加で3枚申請したが、実際は4枚必要であった。 結局、必要枚数4枚に対して5枚届くことになる。 大分先である。 「アベノマスク」の大きさ 「アベノマスク」について当初から「小さい」という指摘があった。 ただし、顔の大きさにもよるので、本当に「小さい」かは不明だった。 しかし、実際に届いた「アベノマスク」は小さかった。 一般的な使い捨てマスクの「小さいサイズ」と同じ。 何故、「ふつうサイズ」ではなく「小さいサイズ」なのだろうか? 近くの実家にも「アベノマスク」が届いたが、あまりにマスクが小さいので、母親はがっかりしていた。 yumewakanau.

次の