スリクソン z785 アイアン。 スリクソン Z785アイアン の試打&評価/打感がいい、抜けがいい│楽しい GOLF LIFE

アイアンの選び方。好みのメーカーダンロップ「スリクソン」の口コミと評価

スリクソン z785 アイアン

球筋を見なくても、打感から弾道が解析できます。 これぞアスリートアイアンですね。 【操作性】 操作性は素晴らしい。 「球の高さ」と「縦の距離」はコントロールしやすい。 打ち込んだときに抜けがいいので、ライン出しがしやすい。 【やさしさ】 とにかく楽です。 一生懸命につかまえなくてもいいし、オフセンターでもロスにならない。 打ち込んだときにV字のソールがササッと抜けてくれる。 ダフリに寛容で、薄い芝でも打ちやすそう。 スイートエリアが広く、芯を外した時の飛距離は前モデル()よりも飛びます。 このソールが良く抜けてくれる。 直進性も操作性も素晴らしい。 「アスリートにとってやさしさとは?」を考えると、「ミスに強い」だけじゃなく、「操作しやすい」っていうのもやさしさにつながります。 この Z785アイアン はアスリート目線では、かなり評価が高い。 アスリートがライが悪くてもピンを狙えるやさしさもあります。 PGAツアーでもこのアイアンが大活躍してますよ! 2019年の全英オープンで優勝したもこのアイアンです。 シャフトは 4種類のスチールシャフトが用意されています。 おすすめしたいゴルファーは ・打感にこだわる。 ・打ち込むタイプ。 ・ある程度フォームが固まっている。 ・操作性を重視する。 ・かっこいいアイアンが欲しい まとめ スリクソン Z785アイアン 2018 は、打感が良くて、操作性が良い。 ミスにも寛容なアスリート向けアイアンです。 ・安定したスピン ・柔らかい打感 ・ミスに強い ・操作性がいい ・抜けがいい ・よくつかまる アスリートの要求が詰まった逸品です。 しかもかっこいい。 【在住】 東京都 【身長・体重】177cm・62Kg 【ゴルフ歴】 34年(54歳) 【最高ハンディキャップ】0. 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の

ダンロップ Z785 ドライバー

スリクソン z785 アイアン

【弾道】 よく拾って高弾道になる。 スピン量が少なめで吹け上がらない。 サイドスピンも少ないから素直なストレートボールです。 全球が同じような球筋にそろってくれます。 【つかまり】 自然にフェースがターンして、しっかりとフェースでつかまえてくれる。 打ち込まなくてもレベルスイングで十分につかまります。 前モデルの、つかまらない不安要素は無くなった。 【打感】 フェース全体がよく弾いて、オフセンターでも柔らかく感じる。 芯を喰った時の分厚さは物足らないが、心地よい打感です。 【操作性】 操作性は普通レベル。 特別いい方じゃない。 【やさしさ】 V字のソールが気持ち良く抜けて、サラッと払うだけで高弾道になり、大きなキャリーを生む。 よくつかまるからコスリやスライスが最小限に収まってくれるし、引っかかりも少ない。 やさしく狙えるアイアンです。 スイートエリアが広い。 センターから上下左右に打点がブレても、飛距離の安定感があって、やさしくグリーンに乗ってくれます。 直進性が素晴らしいので、ゴッテリした造形の飛び系アイアンのような重心の深さを感じるが、実際はすっきりとした外観です。 アベレージゴルファーにも使って欲しいし、アスリートが楽にピンを狙えるアイアンです。 シャフトは 2種類のカーボンシャフトと2種類のスチールシャフトが標準で用意されています。 Miyazaki Mahana カーボンシャフト は、軽くて先が良く走り、合わせやすいシャフトです。 おすすめしたいゴルファーは ・アイアンの飛距離が欲しい。 ・払い打ちするタイプ。 ・ある程度フォームが固まっている。 ・操作性は重視しない。 まとめ スリクソン Z585アイアン 2018 は、よく拾って、よくつかまって、高弾道でまっすぐに飛ぶ。 飛距離もなかなかです。 ・よくつかまる ・よく拾う ・よく飛ぶ ・ミスに強い ・振り抜きやすい ・打ちやすい スリクソンのイメージ一新。 メッチャやさしくなった。 パーオン率が上がるアイアンです。

次の

SRIXONアイアン Z585とZ785を比較

スリクソン z785 アイアン

Z785はスリクソンの中上級者モデル。 ドライバーからアイアンまで全て統一のモデルをそろえています。 男女ともにツアープロが使用するので、決してやさしいクラブではありませんが、バランスの取れた良いクラブです。 今日紹介するのは スリソンZ785のアイアンセット。 やや重いですが、シャフトはN. 950DSTも選べますので、重量の幅はかなり広いです。 ちなみに、DSTは デュアル・スピード・テクノロジーの略で、ヘッドスピードとボールスピードをあげるために手元よりに重心をおいたモデルのことです。 これによりクラブ全体の慣性モーメントが小さくなり、振りやすくなります。 また、それに伴いヘッド重量が少し重くしてあります。 こちらは、ボールにヒットした際により高いエネルギーを伝えることでボールスピードが上がる設計でしょう。 ただ、DSTはある程度振れる人をターゲットにしていますので、少し注意してください。 モーダス120やダイナミックゴールドS200などは中元や元調子なので、950DSTの位置づけはそれらの重量違いといったところでしょうか。 では早速レビューしていきましょう。 試打データ ヘッドスピード 45. 5 平均打ち上げ角 20. 3 左右ブレ 3y 試打しているときは結構うまく打てている感触がありましたが、数字を見ると全然飛距離が出ていないことに驚きました。 やはり上級者向けか 重量、度数を考えるとあまり飛んでいないことが分かります。 ただ、それに関係してスピン量はかなり優秀です。 これは逆に度数のわりに多いです。 このバックスピン量と落下角度なら、3番アイアンでもグリーンでびしっと止まりそうです。 面白いのが、打ち上げ角度です。 この手のアイアンは打ち上げ角度が揃いやすいので、それは驚きませんが、打ち上げ角度が少し小さいのが興味深いです。 それでいて大きい落下角度ということは、いかにバックスピンで球が上がっているかが分かるかと思います。 フェードのイメージ サイドスピンはフェード。 油断するとサイドスピン量が増えますが、ヘッドの重さもありほとんどブレません。 これは不思議なデータですね。 左右ブレは平均すると右に3y。 縦のブレも7yなのは好印象ですね。 マイナスポイント 打感が思ったよりも良くなかったことです。 キャビティバックのアイアンはマッスルバック程打点にシビアではないのでずっと気持ちよく打てるクラブが多いのですが、Z785は微妙です。 Z585の方が良かったですね。 ですが、改めて考察しているとそこまでデメリットは多くありません。 私は三浦技研のアイアンを使っているので、一般に出回っているアイアンは相対的に打感が悪く感じてしまいます。 この辺りはやはりご自分で確認していただくしかありませんね 笑 データチャート 飛距離は低めの評価ですが、スピン量は満点です。 さらに、安定性も高評価。 サイドスピンが増えてもグリーンを外さないくらいの幅に収まりますし、縦のブレもかなりすくないです。 それ以下の方はZ585をおススメします。 易しいクラブとは言い難いので、念入りにフィッティングした方が良いです。 うまくはまれば グリーンを外さない強力な武器になることは間違いありません。 おススメ度.

次の