ハマチ と ブリ の 違い。 ヒラマサとブリの違い、見分け方!釣人が一瞬で見分ける方法!

ヒラマサとブリの違い、見分け方!釣人が一瞬で見分ける方法!

ハマチ と ブリ の 違い

もくじ• カンパチとハマチの違いは? 名前 カンパチとハマチ、これは違う魚です。 カンパチ、ハマチ、ブリ、イナダ…と列挙されると、魚に興味のない人は戸惑ってしまいますよね。 ぱっと見では色こそ違えど、形は似ています。 実際、ごくまれにカンパチとハマチを混称することがあるほどです。 カンパチとハマチでいえば、 「ハマチ」が成長していくと「ブリ」になります。 それより小さいものは、関東では20センチ程度までのものを「ワカシ」、 1〜2キロ、40センチ程度までのものを「イナダ」、 2. 5〜3キロ以上60センチ程度までのものを「ワラサ」と呼んでいます。 イナダとワラサの間をサンパクと言ったり、イナワラと言うこともあります。 そして、回転寿司屋などでよく見かける「ハマチ」は、 実は成長過程の呼び方ではなく、「養殖」のブリを指しています。 ただし、これは関東圏での話で、それ以外の一部地域では、40センチ程度までのもの、養殖でなくても「ハマチ」と呼んでいます。 一方、前者の「カンパチ」は、ブリの仲間ではありますが別の魚です。 目と目の間に数字の「八」のような模様が見えることから、「間八」と書いて「カンパチ」と呼ばれます。 勘八とも書かれます。 ブリの中でも産卵期前で脂がのっている冬の時期のものを「寒ブリ」と呼びますが、 カンパチの「カン」は決して「寒い」という意味ではありません。 padi. 出世魚とは、戦国時代などの武士は元服して成人になったり、 出世すると名前が変わる風習がありました。 これにならって魚でも成長するにしたがって順番に名前を変えるものを出世魚と呼んでいます。 子どもの成長や知人の栄進を祝福する際に贈呈する魚です。 イナダは漢字では「鰍」と書きます。 ブリに成長する手前なので、漢字にある通り旬が秋と言われると所以です。 一般的によく聞く「ハマチ」という名前はブリに成長する前のサイズで、 大阪や九州などでの呼び方です。 関東ではサイズに限らず、養殖のイナダ〜ワラサをハマチと呼んでいます。 出世魚であるブリの子どもの名前には、他にもガンド(三陸、北陸)やマルゴ(島根)などもあります。 稚魚よりも少し大きいサイズになるとワカナ・ツバス・コズクラ・ワカナゴなど多くの名前があります。 ブリが多くの地域で、古くから愛されてきた証拠です。 まとめると、• 東京近海では、ワカシ(ワカナゴ)、イナダ、ワラサ、ブリ。 関西では、モジャコ、ワカナ、ツバス、ハマチ、メジロ、ブリ。 紀州近海では、ワカナ、ツバス、イナダ、ハマチ、ブリ(オオウオ)。 瀬戸内海では、ツバス、ツカナ、ハマチ、メジロ、ブリ。 丹後地方では、…マンリキ(イナダ)、マルゴ、ハマチ、ブリ。 ちなみに、ハマチの語源は、「浜里萬知」とよんだ古名の略称という説があります。 ブリはアブラ(脂)の略転が発端とも考えられています。 成長に応じて名前の変化はありますが、だからといって、 カンパチは、ブリやスズキ、ボラのような、いわゆる出世魚としての印象は薄いです。 旬 天然もののカンパチの旬は夏から秋です。 この時期になると千葉の外房や神奈川の相模湾で捕れるようになります。 一方、 冬が旬と言われるのがブリです。 日本海で有名なのが寒ブリですね。 カンパチは幼魚のときは、真っ黄色で、2kg以上になってくると黄色〜茶色系の色がこくなります。 左右体側に斜めに走る太い暗褐色の線があり顔を正面から見ると「八」の字に見えます。 一方、 ハマチ(ブリ)は暗青色、腹は銀白色で、その境の体側には黄色の縦帯があります。 共通点 違いを述べてきましたが、意外なところで共通点があります。 それはどちらも赤身魚に分類される点です。 カンパチやハマチ(ブリ)はスズキ目であり、 色も白っぽいときがあるため白身魚として扱うことがありますが、 アジ科なのでアジ同様に赤身魚です。 回転寿司などでブリやハマチを食べたことがある人は 身が赤身なのを見たことがあるはずです。 そもそも赤身と白身の差は、その魚の身100gあたりのヘモグロビン、 もしくはミオグロビンの含有量によって分けられています。 ただし、刺し身の色使いで見ると、マグロやカツオのような赤さはないため、 カンパチやハマチ(ブリ)を「白身」と呼ぶことがあります。 食感 カンパチの味は、脂の味というよりは、独特の身の味が強い魚です。 コクがある感じです。 そして、どんなに脂が乗っていても、こってり感はないです。 ブリやハマチと比べて脂が少なめなので上品な感じ。 張りが強く、コリコリした食感。 舌触りや歯ごたえで刺身を楽しめます。 天然ものであれば、さらに脂はきつくないです。 ブリよりも脂や後味にクセがなく、さわやかな風味を好む方に愛されているのがカンパチといえます。 お寿司やお刺身が向いている魚ですが、それ以外でも照り焼きや西京焼きといった焼き物でもおいしく食べられます。 もしカンパチのアラなどが手に入った場合は、ちょっと贅沢ですが煮つけや潮汁にするとおいしく食べられます。 スポンサードリンク 値段 魚が違えば、値段も違います。 カンパチ、ハマチ(ブリ)とも旬の時期が異なるので、比較は難しいですが、 養殖のカンパチは1kg1200〜1500円が多く、年末に一時的に高くなっても1700円前後です。 これに対して、ハマチ(ブリ)は変動が激しいです。 寒ブリという天然の入荷もあるため、値の移動が多いです。 1kg250〜1300円が年末以外で、12月には最上物で1kg1万円もの値がつくことがあります。 こういった値段の成長の意味でも、カンパチよりもハマチのほうが 出世魚の印象を強くしていることでしょう。 養殖 ハマチの養殖は主に四国や九州といった西日本で行われていて、 養殖方法としては「筏式」と「フロート式」の2つがあります。 共にフロートを使っていますが、筏式の場合は枠をフロートで浮かしてから網を吊り下げますが、 フロート式は枠を使わない方法です。 鹿児島はカンパチもハマチも有名で、 養殖量ランキングで1位です。 hatena. 最大で40kg台になります。 一方カンパチの成魚は、最大で体重80kg台にもなります。 写真は、カンパチです。 どちらも一般的に市場に流通するのは、小型で2kg、大きくて10~15kg程度です。 それ以上になってくると、釣りでの水揚げでしょう。 カンパチには100g中にDHA ドコ サへキサエン酸 が730㎎、 EPA(エイコサぺンタエン酸)が190㎎含まれており、 これらの多価不飽和脂肪酸は脳を活性化させ学習・記憶能力の向上に役立つとされています。 また悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、逆に善玉コレステロールを増やす働きがあり、 動脈硬化・心筋梗塞 ・脳梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があるとされています。 そして、ナイアシンを多く含んでいて、これにはアルコールの分解に対する補酵素の働きをはじめ、 分解後に生じるアセトアルデヒトという二日酔いを起こす成分の分解を助ける補酵素の働きもあるので、 お酒を飲む人には優しい酒のあてとなります。 一方、ハマチ(ブリ)は青魚と呼ばれるなかでも、 とても栄養面で優れた魚の一つです。 良質なタンパク源であることはもちろんですが、 それ以外にも身体に必要な栄養成分がたくさん含まれているので、 美味しく食べて健康な体を維持するのに役立ってくれる魚です。 ブリにもDHA ドコ サへキサエン酸 とEPA(エイコサぺンタエン酸)が多く含まれています。 そして、特に水溶性のビタミンB1とB2がたくさん含まれている食材です。 カンパチ同様にナイアシンも豊富です。 下の表はハマチ(ブリ)のものです。

次の

ハマチとブリって何がどう違うの??素朴な疑問をおさかなのプロが解説します│めだか水産 広報部

ハマチ と ブリ の 違い

ヒラマサとブリの違い ブリ(鰤)について ブリは成長とともに呼び名が変わる出世魚です。 主な呼び方は、 ブリは、南から日本列島を北上していく魚です。 ブリの稚魚は、群れを作り、九州から日本海へ入る群れと、黒潮にのって相模湾に向かう群れがあります。 どちらも、北海道南部まで回遊し、冬に水温が下がると再び南の海に戻ります。 ブリの旬はこの時期、すなわち 「冬」です。 北陸(氷見など)のブリが美味しいと言われているのは、日本海側の方が太平洋側と比べて水温が低いため、脂の乗りが違うと言われているからです。 私は毎年1~2月に千葉県の外房にブリを釣りにいきますが、太平洋側のブリも美味ですよ。 また、成長過程でそれぞれ味わいが異なるとも言われています。 個人的には冬のブリを釣って食べてしまうと、比べものにならないと思っていますが、その年によって、脂の乗りが違い、イナダ・ワラサでも美味しいという漁師さんの話を聞いたことがあります。 ヒラマサ(平政)について ブリと違い出世魚ではないですが、地方によって呼び名が違います。 関西や九州では、ヒラスと呼ばれ、またヒラマサの子のことをヒラゴと呼んでいる地域もあります。 体型を比べると、ブリよりも紡錘形の姿形がより洗練されていて、スピードの出やすい体型になっています。 それだけ、速く泳ぐヒラマサだから、余分な脂肪が少なく、ブリよりも脂肪は少ないです。 また、生息区域も異なります。 ヒラマサはブリよりも温かい海域に生息し、ブリよりも深いところを泳いでいます。 その他、群れで泳ぐブリと違い、単独で泳ぐところもブリとの違いですね。 ヒラマサの旬は、 「夏」と言われています。 これは、普段からヒラマサを釣りに出かけている私からすると「?」ですね。 夏のヒラマサの身はパサパサで、個人的には秋から冬にかけてのヒラマサの方が適度に脂も乗っていて、お刺身や照り焼き、大根と一緒に煮ても美味しいと思います。 ヒラマサとブリの見分け方 世間では、口の形で違いを見分けたり、身体の中央のラインの黄色い色が濃い方がヒラマサと言ったりしますが、実際に釣りをやっている人でも、上記の部分だけでは、どちらもすぐには見分けがつきません。 私が、ヒラマサとブリの違いを見分ける方法は、(私が釣った)下の写真をご覧ください。 〇で囲った部分を見るだけです。 ヒラマサは 胸ヒレが中央の黄色い線の上に乗っていますね。 ヒラマサと違い、 胸ヒレが中央の黄色い線から外れているのがわかると思います。 上の写真のように胸ビレの位置なら、魚を船に上げる前でも誰にでも簡単に見分けることができます。 終わりに 如何でしたでしょうか?釣人や漁師さんは魚を船に上げる前に一発でヒラマサかブリかを見分けます。 それは、 胸ビレの位置を見ていたのですね。 魚屋さんに並んでいるところを見かけた方は是非、比べてみてください。 誰でも、簡単にヒラマサとブリの違いを見分けることができますよ^^.

次の

ブリとヒラマサとカンパチの違い!見分け方や特徴、出世魚は?

ハマチ と ブリ の 違い

それに擬(なぞら)えて、 魚にも稚魚から成魚に成長する過程で呼び名が変わっていくものがあり、その魚のことを『出世魚』といいます。 因みに、学術的な『標準和名』は、幾つかある呼び名の内で概ね『成魚』としての呼び名になっています。 ブリ、ハマチ、カンパチの違いは何?見分け方は? 『ブリ』は、スズキ目アジ科に分類される海水魚です。 これまで捕獲された大きさでは、体長150cm、体重40kgの記録があるそうですが、通常体長100cmで体重は8kg程度といわれています。 また、他にも身が赤くて『ブリブリ』しているからという説もあります。 なお、カンパチは、目と目の間に漢数字の『八』のような模様が見えることから呼ばれるようになったものです。 ブリは、代表的な出世魚でその呼び方は、基本的には大きさにより変わりますが、地方によって下表の通り色々な呼び方があります。 地域 30cm未満 40cm未満 60cm未満 70cm未満 80cm未満 80cm以上 関東 ワカシ ワカシイナダ イナダ ワラサ ワラサ ブリ 関西 ワカナツバス ツバス ハマチ メジロ メジロ ブリ 北陸 コズクラ ハマチ フクラギ ガンドガンドブリ ブリ ブリ 三陸 フクラギフクラゲ アオブリ ハナジロ ガンド ブリ ブリ 四国 - ハマチ メジロ オオイオ スズナリ ブリ 九州 - ハマチ メジロ - ブリ ブリ スポンサードリンク ブリ、ハマチ、カンパチの各々の旬、食べごろはいつ? (1)ブリ ブリの旬は、産卵期を迎える前の冬の時期ですが、最も脂がのる時期のブリを特に『寒ブリ』と呼び、貴重な食材として珍重されています。 寒ブリは、同じ種属の『カンパチ』や『ヒラマサ』などより脂が多く含まれていて、その脂肪分と相まって独特の風味を醸し出します。 料理の方法については、刺身で食べることはもとより、『焼き物』や『煮物』としても幅広い人気があります。 (2)ハマチ ハマチは1年通して旬なのです。 (3)カンパチ カンパチの旬は、ブリと異なり春先から夏にかけてです。 カンパチはブリと同じスズキ目アジ科の魚で、『ヒラマサ』とも近い魚種です。 成魚は大きさが100cmくらいで、漁獲量が少なく且つ味も良いので、天然物は最高級魚として取引されます。 最近では鹿児島湾で養殖されるようになり、稚魚は中国からも輸入されています。 出世魚とは?ハマチ以外の出世魚まとめ 日本にはブリ以外にも『出世魚』といわれる魚がいますが、これも地域によって随分呼び名が異なります。 関東での呼び名を例に挙げてみます。 九州から北上したブリは北の海でたっぷり餌を食べ、11月頃になったら脂ののった状態で南下し、富山県沿岸までやってきます。 北陸新幹線も開通しているので、ぜひ一度お出かけになったら如何でしょうか。

次の