氷川きよしのブログ。 投稿したコメント一覧

: 氷川きよし ブログ氷川きよしについて

氷川きよしのブログ

2000年から演歌歌手としてデビューした 氷川きよし、本名山田清志は、福岡出身の今年で30歳を迎える超人気歌手です。 その氷川きよしのファンによる ブログがとても内容が充実していて、興味引かれるものばかりです。 氷川きよしに関連するブログはたくさんあり、中には、どう考えてもこれ事務所の人が管理人でしょ!?というブログも幾つかあります。 完全にファンによるブログだと分かる一つには、氷川きよしの「ズンドコ節」のコスチュームを自分でオーダーして作り、そのコスプレ写真を掲載しています。 帽子もかぶり、スーツもなかなか見事に作りこんでいました。 調べてみると、いろんな情報も入ってきますし、暇な時間がある方は是非氷川きよしのブログにアクセスしてみてはいかがでしょうか。 氷川きよしさんの氷川きよしさんによるファン ブログがあるのをご存知ですか? 「ファンのみなさまへ〜」から始まり日々の感謝をファンに向けてメッセージを書いてくれています。 なんて実直な人なんだろう、と感動しました。 ブログの中の、氷川きよしさんの愛犬ココアのアップ写真が本当に可愛らしいんですよ。 氷川きよしさんのブログは不定期更新になっていますから、度々見ても前回更新されてから一ヶ月近く同じだということはしばしばですが、忙しい氷川きよしさんですから、しょうがないですよね。 テレビにコンサートにと、日本在住の方で、氷川きよしさんを知らない方は今はいないでしょうね。 これからもちょくちょくきよメール(ブログ)をチェックさせてもらいます。 ファン層の厚い 氷川きよしくんですが、そんな氷川きよしくんのファンによる ブログが多数インターネット上にあります。 日記のようなブログが多いくて、日常の合間に氷川きよしくんを見たテレビの内容や、コンサートに出掛けた時の感想などが書かれています。 氷川きよしくんのファンなら、共感できるものが多いんじゃないでしょうか。 「氷川きよしファンブログ」というブログをご存知ですか?サブタイトルにクロマメココアと愛犬ココアの名前を入れているんですが、これ、氷川きよしくん本人によるブログなんですよね。 内容は、ファンに向けたメッセージが書かれています。 ファンの方にとっては、最高にうれしいブログですよね。 不定期更新なので、忙しい氷川きよしくんには、なかなか更新できないでしょうけど、これからも読ませていただきます! インターネット上では、 氷川きよしさんの ファンサイトがたくさん存在するのをご存知ですか? ファンサイトの中では、ファンのために氷川きよしさんのスケジュールを公表しているページや、氷川きよしさんのCDやDVDのショッピングができるページ、また、掲示板やチャットルームなども用意されています。 他にも、氷川きよしさんの数々の歌の中で、自分の一番好きな歌をコメント付きで投票出来るページもあります。 (まだそんなに投票数はありませんでしたけど・・・) 氷川きよしさんの多数あるファンサイトの内容は、それぞれに、少しずつ特色が違っているので、いろいろと覗いてみるのも結構おもしろいと思いますよ。 氷川きよしさんの画像が見れるファンサイトもあるので、ぜひ覗いてみてください。 日本コロンビアから演歌歌手としてデビューした 氷川きよしさんですが、2007年のこれまでに出したCD・ビデオはたくさんあります。 氷川きよしさん関連の ブログで調べたところ、シングルCDが、15枚。 アルバムが13枚。 DVD・ビデオが22本と2000年にデビューしてまだ7年というのに、これだけの量です! 他にも番組出演やコンサートにと、それはもう忙しい毎日を過ごしていらっしゃるんだと思いますが、インターネット上のファンブログには、毎月しっかりと氷川きよしさんからファンに向けてのメッセージが書かれています。 今年も紅白歌合戦に出場決定と、有線大賞受賞という快挙を成し遂げたとブログで知りました。 これからも氷川きよしさんの応援を続けていきたいと思います。 ブログをチェックしながらね。

次の

長良グループ

氷川きよしのブログ

過去のアーカイブ写真ときくと「全部撮り下ろしってわけじゃないんだね?」なんてオタクは思いがちですが、今回に限ってはそんなことを言ってはいけません。 だってこの写真集の醍醐味は、まさしくきーさまの20年間を網羅したところにあるからです。 いやいやいやいや本当に、相当なブツですよこれは!! その感想を無理やりひと言にまとめると、この写真集のきーさま、とにかく最初から最後まで完全に「王子様」でした。 ここで一つ告白、というか懺悔したいのですが、私、今まできーさまの見方を間違っていたのかもしれない。 だってページ開いてまずびっくりしたのが、若かりし頃のきーさまの壮絶な美少年っぷりですよ!!! 昭和のおっさん的表現を許していただけるなら、まじでピッチピチのピッカピカ!! 朝露したたるもぎたての果実ですよ!!! 「は? いまさら何をそんな『日本人の主食は米』ぐらい常識なことを」という声が長年のファンの皆さんから聞こえてきそうですが、いや面目ない、本当にそうなんです。 私は今まで何も分かっていなかった。 デビューしてすぐスターに昇りつめたきーさまですから、当時は特別ファンではなかった私だって、その活躍はTV などでさんざん観ていたつもりでした。 けれど、そうじゃなかった。 何も見れていなかった。 きーさまって、昔からこんなにかっこよかったんですね??? 思うに、「演歌界のプリンス」なる輝かしい称号が、ある意味で邪魔をしたのではないかと。 当時20代前半の私にとって、演歌ははっきり言って縁遠い存在でしたから、「演歌界の」という冠があることでフィルターがかかって、きーさまの魅力をまっすぐ見れていなかったんだと思うんですよね。 こんな美少年、そりゃあ人気出るわ。 出ないわけがないわ。 ここで中面の写真をお見せできないのが本当に心苦しい。。。。 それに現在のきーさまって、美少年とかイケメンとかいうよりはなんというか「美人」て感じじゃないですか(というか改めて考えると、美人って、きーさまを褒めるのにぴったりの言葉ですね。 美しい人) だからこそこの写真集、私みたいに、ここ最近の活躍からきーさまに興味を持ったという方は観たらびっくりすると思います。 もちろんいい意味で。 たぶん変な声出ますよ。 私は出ました。 続きは次週に!.

次の

氷川きよし|日本コロムビア

氷川きよしのブログ

めちゃくちゃご無沙汰してしまいました。 さちです。 さんのファンである母親ですが、相変わらず精力的に活動しようとしております。 しかし、年齢との勝負ということなのか、以前に比べると脚が重たくなっている感じはしています。 2020年が始まりました。 先日、毎年母親に頼まれる2019年のさんの出演されていたテレビ番組の録画データの編集も終わり、ようやく私の2020年が始まったという感じがします。 昨年末のでのさんは、素人目にみる私としてはいつもと違う感じがして、不思議な感じがしました。 昔の映像を観ると、さんの楽曲を歌っている映像や、ポップスの楽曲を歌うのを観たことがあるので、歌っているジャンルに対しての違和感ではなさそうです。 2019年リリースされた「」は人気アニメのテーマソングとして歌われたものなので、この楽曲はもちろん幅広い年齢層に受け入れられたものだと思います。 この雰囲気の違いについて母親と話していると、昔からさんはレスの噂や話はあったよ。 という話題に。 それからいろいろで調べてみると、下のの話や 思わず「あたし?」と言っちゃったさん 姐さんでもなんでもいいので、今後もロックなKIYOSHIを見せてほしい — Jill yurixanex のロングインタビューの話題が出てきました。 母親曰く、カミングアウトすることにも勇気が必要だったと思うけど、カミングアウトできないことも辛かったんじゃないかな?という話でした。 という神輿をどう担ぐのか。 ということがさん本人だけでは決めることができないので、バランスをうまくとりながらタイミングや内容についてコンしないといけないのだな。 という風に解釈している、ということのようです。 演歌一本で2020年は走っていくのか、1年に1曲程度は「」のような曲を挟んで活動していくのか。 それとも演歌歌手として専念するのか。 どういう一年になるのでしょうか。 先着300万名まで1年間無料で利用できます。 1年後の解約金も無し。 さんの2018年9月かな?でのディナーショーのDVDを観ました。 いいですね。 きよしさん。 ショーの部分はいつも通りの圧倒的な存在感が画面から伝わってきます。 個人的には今回のDVDの目玉は本編が終わった後でした。 きよしさんがディナーショーで出てきた食事を食べているではないですか。 料理番組などで食事をするシーンをテレビで拝見したことはありますが、コンサートのDVDなどで食事のシーンを観たことはなかったので新鮮な気持ちで画面に釘付けでした。 食事をしている時にホテルの人への気遣いなども普段の人柄が想像できるようで、とてもよかったです。 今まではこの手のDVDで食事のシーンというのはなかったと思うのですが、今回はじめての試みだったのでしょうか?それとも私が見落としていたのでしょうか。 どうなんだろう。 本編も含めて、何度も観ることになりそうです。 購入してよかったです。 1枚DVDを観てしまうと、過去の分もまとめて観てしまいたくなるので時間がいくらあっても足りなくなってしまいます。 良くも悪くも困ったものです。 hagiwaraovertime123.

次の