パワーポイント 音声 読み上げ。 自動音声読み上げツールを使った動画の作成方法

ナレーション作成ソフト 「かんたん!AITalk3」|ソースネクスト

パワーポイント 音声 読み上げ

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for the web PowerPoint 2019 PowerPoint 2019 for Mac PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2016 for Mac PowerPoint内でプレゼンテーションのナレーションを録音することができます。 サウンドを録音して再生するには、コンピューターにサウンドカード、マイク、およびスピーカーが必要です。 記録するときは、音声認識などの他の録音アプリケーションを実行しないでください。 注: オーディオを録音するには、デバイスにマイクが必要です。 レコーディングを確認するには、[ の 停止] を選択し、[ の 再生] を選択します。 クリップを録音し直すには [ 録音] を選択します。 問題がなければ [ OK] を選択します。 クリップを移動するには、オーディオ アイコンを選択し、スライド上の目的の位置にドラッグします。 1 つのスライドに複数のオーディオ ファイルを使用している場合は、スライド上のオーディオ ファイルと同じ場所にオーディオ アイコンを置くことをお勧めします。 [ 再生] を選択します。 再生オプションを設定する オーディオ アイコンを選択し、オーディオ ツールの [ 再生] タブを選択します。 使用するオプションを選択します。 オーディオをトリミングするには、[ オーディオのトリミング] を選択し、赤と緑のスライダーを使用してオーディオ ファイルを適切な長さにトリミングします。 オーディオをフェードインまたはフェードアウトするには、[ フェードの継続時間] の各ボックスの数値を変更します。 音量を調整するには、[ 音量] を選択し、希望する設定を選択します。 オーディオファイルの開始方法を選択するには、[ 開始] ドロップダウン矢印を選択し、オプションを選択します。 オプション 説明 一連のクリック動作 クリックすると、自動的にオーディオファイルが再生されます。 このオプションは PowerPoint for Microsoft 365 と PowerPoint 2019で使用できます。 また、 PowerPoint 2016 バージョン1709以降でも利用できます。 一連のクリック動作 オーディオファイルがオンになっているスライドに移動すると、自動的に再生されます。 クリック時 アイコンをクリックしたときにのみオーディオを再生します。 プレゼンテーションでオーディオを再生する方法を選択するには、次のいずれかのオプションを選択します。 [ スライド切り替え後も再生]: すべてのスライドで 1 つのオーディオ ファイルが再生されます。 すべてのスライドで継続してオーディオがバックグラウンドで再生されるようにするには、[ バックグラウンド再生] を選択します。 音声を録音してスライドに追加する• ナビゲーション ウィンドウで、サウンドを追加するスライドをクリックします。 [ サウンドの録音] ダイアログ ボックスが開きます。 記録を開始するには、[ レコード ] をクリックします。 完了したら、[ の 停止] をクリックします。 記録したサウンドを聞くには、[ の 再生] をクリックします。 [ 名前] ボックスにサウンドの名前を入力し、[ 挿入] をクリックします。 オーディオアイコンがスライドに表示されます。 再生オプションを設定する• スライドで、オーディオ クリップ アイコン を選びます。 PowerPoint リボンの [ 再生] タブで、必要に応じて次の手順を実行します。 オーディオ クリップの再生を開始するタイミングを決定します。 [ 開始] の一覧で、[ 自動] または [ クリック時] を選びます。 一度だけ再生するのではなく、停止するまでオーディオクリップを連続再生するには、[ 停止するまで繰り返す] を選択します。 このオプションを単独で使うということは、サウンドが存在するスライドが表示されている間は再生を繰り返し続けることを意味します。 [ 停止するまで繰り返す] を [ スライド切り替え後も再生] と一緒に使うと、プレゼンテーション全体を通してサウンドの再生が繰り返されます。 プレゼンテーションのスライドをクリックで移動するときにオーディオ クリップを再生するには、[ スライド切り替え後も再生] を選びます。 オーディオをプレビューする• オーディオ アイコンを非表示にする• オーディオ クリップ アイコンをクリックします。

次の

自動音声読み上げツールを使った動画の作成方法

パワーポイント 音声 読み上げ

PowerPointでプレゼンテーションを作っていたのですが、何度も繰り返しプレゼンするし、自分よりもプロのナレーターに頼んだ方がいいなと思い、ノートに台本を書きました。 ナレーターに依頼する時に、PowerPointで作成したものをそのまま渡すわけにもいきませんので、音声を読み上げてもらう原稿としてWordに書きだそうと思いました。 でも、ノート領域からいちいちWordに書きだすのは面倒でやりたくないので、まさかVBAまで組んでやることでもないと思って、PowerPointの標準機能で書き出す方法を探したらありましたので紹介します。 発行 その機能は発行という名前でした。 リボンには標準でないようです。 なので、クイックアクセスバーに「発行」と入力します。 すると、発行できるので、その中から、Microsoft Wordで配布資料を作成を選びます。 単純にWordに変換するならスライド下のノートがおすすめです。 OKします。 Wordが起動し、ちょっと時間がかかりますが、書きだしてくれます。 あとは、置換で空白にして、段落記号が二重になっているところを一つの段落記号に置き換えれば、台本の完成です。 Wordの音声合成に任せる Wordにも「読み上げ」機能があって、クイックアクセスツールバーに「読み上げ」と入力すればそれで読み上げてくれるので、それを録音して、PowerPointの各スライドに音声データとして貼り付けてもよいでしょう。 Microsoft Harukaさんのナレーションが一番技術的なものには向いていると個人的には思います。

次の

意外と奥が深い音声読み上げソフトの世界

パワーポイント 音声 読み上げ

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for the web PowerPoint 2019 PowerPoint 2019 for Mac PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2016 for Mac PowerPoint内でプレゼンテーションのナレーションを録音することができます。 サウンドを録音して再生するには、コンピューターにサウンドカード、マイク、およびスピーカーが必要です。 記録するときは、音声認識などの他の録音アプリケーションを実行しないでください。 注: オーディオを録音するには、デバイスにマイクが必要です。 レコーディングを確認するには、[ の 停止] を選択し、[ の 再生] を選択します。 クリップを録音し直すには [ 録音] を選択します。 問題がなければ [ OK] を選択します。 クリップを移動するには、オーディオ アイコンを選択し、スライド上の目的の位置にドラッグします。 1 つのスライドに複数のオーディオ ファイルを使用している場合は、スライド上のオーディオ ファイルと同じ場所にオーディオ アイコンを置くことをお勧めします。 [ 再生] を選択します。 再生オプションを設定する オーディオ アイコンを選択し、オーディオ ツールの [ 再生] タブを選択します。 使用するオプションを選択します。 オーディオをトリミングするには、[ オーディオのトリミング] を選択し、赤と緑のスライダーを使用してオーディオ ファイルを適切な長さにトリミングします。 オーディオをフェードインまたはフェードアウトするには、[ フェードの継続時間] の各ボックスの数値を変更します。 音量を調整するには、[ 音量] を選択し、希望する設定を選択します。 オーディオファイルの開始方法を選択するには、[ 開始] ドロップダウン矢印を選択し、オプションを選択します。 オプション 説明 一連のクリック動作 クリックすると、自動的にオーディオファイルが再生されます。 このオプションは PowerPoint for Microsoft 365 と PowerPoint 2019で使用できます。 また、 PowerPoint 2016 バージョン1709以降でも利用できます。 一連のクリック動作 オーディオファイルがオンになっているスライドに移動すると、自動的に再生されます。 クリック時 アイコンをクリックしたときにのみオーディオを再生します。 プレゼンテーションでオーディオを再生する方法を選択するには、次のいずれかのオプションを選択します。 [ スライド切り替え後も再生]: すべてのスライドで 1 つのオーディオ ファイルが再生されます。 すべてのスライドで継続してオーディオがバックグラウンドで再生されるようにするには、[ バックグラウンド再生] を選択します。 音声を録音してスライドに追加する• ナビゲーション ウィンドウで、サウンドを追加するスライドをクリックします。 [ サウンドの録音] ダイアログ ボックスが開きます。 記録を開始するには、[ レコード ] をクリックします。 完了したら、[ の 停止] をクリックします。 記録したサウンドを聞くには、[ の 再生] をクリックします。 [ 名前] ボックスにサウンドの名前を入力し、[ 挿入] をクリックします。 オーディオアイコンがスライドに表示されます。 再生オプションを設定する• スライドで、オーディオ クリップ アイコン を選びます。 PowerPoint リボンの [ 再生] タブで、必要に応じて次の手順を実行します。 オーディオ クリップの再生を開始するタイミングを決定します。 [ 開始] の一覧で、[ 自動] または [ クリック時] を選びます。 一度だけ再生するのではなく、停止するまでオーディオクリップを連続再生するには、[ 停止するまで繰り返す] を選択します。 このオプションを単独で使うということは、サウンドが存在するスライドが表示されている間は再生を繰り返し続けることを意味します。 [ 停止するまで繰り返す] を [ スライド切り替え後も再生] と一緒に使うと、プレゼンテーション全体を通してサウンドの再生が繰り返されます。 プレゼンテーションのスライドをクリックで移動するときにオーディオ クリップを再生するには、[ スライド切り替え後も再生] を選びます。 オーディオをプレビューする• オーディオ アイコンを非表示にする• オーディオ クリップ アイコンをクリックします。

次の