ピクスタ。 PIXTA・ベクター(EPS)素材アップロード前にリジェクトされないためのチェック項目と手順

写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

ピクスタ

竹内さんは自宅スタジオで奥さんの協力も得ながら「売れる写真」を徹底追求 東証1部上場の金融会社に勤めていた竹内正人さん(40)が、本格的なデジタル一眼レフカメラを初めて買ったのは2006年だ。 それから約8年。 竹内さんは今、「写真を売って」生計を立てている。 直近の月収は約80万円にも上る。 年収1000万円プレーヤーとほぼ同等だ。 驚くのは竹内さんがつい最近まで会社員だったこと。 アマチュアカメラマンながら、一流企業サラリーマン並みの収入を副業で得てきたのである。 今年10月、竹内さんは19年勤めていた会社を辞めた。 いわゆる脱サラだ。 「写真は好きじゃない」 ところが竹内さんに聞くと「私はもともと写真好きでもなんでもなくて、今もそう」。 つまり、写真好きが高じたワケではないという。 そんな竹内さんが、どうやって月収80万円を稼ぐようになったのか。 始まりは2007年5月。 写真投稿サイト「PIXTA」(ピクスタ)にクリエイターとして登録したのがきっかけとなる。 当時のピクスタは2006年に産声を上げたばかりのベンチャー企業。 プロ、アマ、本業、副業を問わず一般から広く写真の素材を集め、それを一般に公開して商用目的で利用したい企業などに販売するというネットサービスである。 風景や個人、動物など写真の内容はさまざま。 たとえば旅行会社がパンフレットに使う風景写真として買う、求人サイトが募集職種のイメージカットとして利用する、フリーペーパーのワンカットで掲載する、などといったような使われ方をされている。 写真の素材をピクスタに投稿するのがクリエイター。 クリエイターはピクスタが販売した売り上げのうち一定分を報酬として受け取る。 竹内さんは2013年に1214万円分の写真をピクスタ経由で売り、報酬は年収換算で約700万円に上った。 現在、ピクスタに登録する約14万人のクリエイターの中で4位。 1~3位は本業のプロカメラマンなので、副業でやっているアマチュアカメラマンとしてはトップの実績となった。 ピクスタにはクリエイターから集まった約900万点の写真が投稿されている。 竹内さんはこれまでに3万8000点の写真を投稿。 登録当初の報酬は月7000円だったが2年後には月10万円程度まで増え、それから順調に伸ばしてきた。

次の

PIXTA(ピクスタ)を使って写真販売で稼げるか試してみた!評判や審査、写真販売のやり方も徹底解説!

ピクスタ

ピクスタはこれまで、クリエイター向け、購入者向けのワークショップやセミナーを開催してきました。 しかしこのご時世で、オフラインの施策(直接対面して実施するイベント)は2月下旬から軒並み中止に。 オンラインへの切り替えを余儀なくされました。 本シリーズでは、各部署がオンライン施策を行う上で工夫したことや、オンラインならではの良さなどについてご紹介したいと思います。 シリーズ第1弾は、クリエイターの継続的な活動や活躍を支援しているコンテンツ部です。 コンテンツ部のセミナーの強みは、クリエイターが撮影に関するアドバイスを受講し、その場で実践できること。 オンラインへの切り替えで、その強みが活かし難い状況の中、どのような工夫をしているのでしょうか。 ピクスタのオンラインセミナーのパイオニア、コンテンツ部の川西に訊いてみました。 pixtablog 在宅勤務の課題のひとつが「社内コミュニケーション」。 仕事を進める上で円滑な社内コミュニケーションは必要不可欠です。 とはいえ、在宅勤務中はオフィスで働いていたときのように、ちょっと話しかけて聞いてみるといったことはできませんし、空気を察するということもオンラインでは難しいのも事実。 [調査概要] 調査名称:在宅勤務に関する従業員アンケート2 実施期間:2020年4月14日〜4月20日 回答対象:ピクスタ株式会社の全従業員 有効回答:63名 pixtablog.

次の

写真販売副業でPIXTAを勧めない理由はアップロード制限とスマホ不可

ピクスタ

ストックフォトPIXTAとAdobestockではPNG・JPEG以外に、ベクターイラスト素材(ESPファイル)も販売できます。 ここでいう ベクター素材(ESPファイル)とは Adobe Illustratorソフトで作られたものになります。 Adobe Illustrator以外のEPSファイル作成ソフトでは作れません。 Illustratorでベクターイラストが作れても、素材としてPIXTA・Adobestockにアップロードして審査に通らなければ販売できません。 アップロード用のベクター素材の作り方は最初は少しややこしいですが慣れると簡単です。 ここでは私がやっているPIXTAアップロード用のベクター(ESPファイル)素材の作り方・リジェクトされないためのチェック項目と手順をまとめています。 透過の不備はリジェクト理由の一つになります。 背景にレイヤーを分けてカラーボードを引いておくとわかりやすいですね。 (最後は削除する) これ素材拡大前にもやっていますが今一度チェック。 画像が入っているとリジェクトになります。 ベクター素材だとPhotoshopで作った画像なんかが使えないのが残念ですね。 💦 こちらも同じく拡大前にもチェック済みですが再度確認。 ついでにグループ化。 (これもリジェクトにはならないと思いますが) 私はここで一旦保存します。 (aiデーターとして) なぜなら次でアピランスの分割とパスのアウトライン化を行うため。

次の