ご 留意 いただけ ます と 幸い です。 「ご留意ください」の意味は?目上の人への正しい使い方と例文集

「ご留意ください」の意味は?目上の人への正しい使い方と例文集

ご 留意 いただけ ます と 幸い です

留意(読み:りゅうい)のそもそもの意味は… 「ある物事に心をとどめて、気をつけること。 ちなみに敬語は「留意」に尊敬語or謙譲語「お(ご)」で「ご留意」というようになります。 「自分がご留意する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご留意くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 ご留意 = 留意すること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「ご留意いただければ幸いです」の意味は… 「留意してもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 「~してもらえたらと嬉しいです」としているため、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご留意いただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「留意」• 仮定「たら・れば」で 「ご留意いただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご留意していただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「留意していただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご留意いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】留意の依頼・お願いビジネスメール 「ご留意いただければ幸いです」の使い方 何かしら留意をお願いするときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】ご留意いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご留意いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「留意してもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「ご留意 をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 さて首記の件、4月10日に予定しております予算会議につき、各担当の報告資料を下記の要領で作成いただきたく存じます。 ・数字の正確性 ・昨年の予算との変化点を明確に ご多忙のところ大変お手数ではございますが、 お取り計らいの程よろしくお願い致します。 総務部・野間湖と申します。 このたび人事労務部では残業時間の申請と実質の乖離を防ぐため、残業時間に関するアンケート調査を実施する運びとなりました。 添付エクセルのとおり質問フォームを作成いたしましたので、ご記入いただければと存じます。 なおご記入にあたり下記の点にご留意いただけましたら幸いです。 お忙しいところ大変お手数ではございますが、お力添えのほど何卒よろしくお願い致します。 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。 そこで活躍するのが「ご留意 のほど~」です。 使い方にはたとえば• 可能形にして「ご留意いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご留意」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「ご留意いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】ご留意いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご留意いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】ご留意いただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「ご留意」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうか 例文「 どうかご留意くださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかご留意くださいますようお願い致します」 例文「 どうかご留意いただければ幸いです」 例文「 どうかご留意いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます」• 何卒=どうか 例文「 何卒ご留意くださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒ご留意くださいますようお願い致します」 例文「 何卒ご留意いただければ幸いです」 例文「 何卒ご留意いただければと存じます。 よろしくお願い申し上げます」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご留意ください• ご留意くださいませ• ご留意いただけますか?• ご留意ください• ご留意くださいませ• ご留意いただけますか• ご留意いただけますでしょうか• ご留意をお願い致します• ご留意いただきたく、お願い致します• ご留意いただきたく存じます• ご留意いただければと存じます• ご留意のほどお願い申し上げます• ご留意くださいますようお願い申し上げます• ご留意いただきますようお願い申し上げます• ご留意くださいませ• ご留意をお願い致します• ご留意いただきたく、お願い致します• ご留意いただきたく存じます• ご留意いただければと存じます• ご留意いただきますようお願い申し上げます• ご留意いただけますようお願い申し上げます• ご留意くださいますようお願い申し上げます• ご留意いただければ幸いです• ご留意いただければ幸甚に存じます• ご留意いただけましたら幸いです• ご留意いただけますと幸いです• ご留意いただけますと幸甚に存じます• ご留意いただけましたら幸甚でございます• ご留意いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご留意 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご留意賜りますようお願い申し上げます• ご留意いただければ幸いです• ご留意いただければ幸甚に存じます• ご留意いただけましたら幸いです• ご留意いただけましたら幸甚でございます• ご留意いただけましたら幸甚に存じます• ご留意賜りますと幸いです• ご留意賜れますと幸いです• ご留意賜りましたら幸いです• ご留意賜れましたら幸いです• ご留意賜りますと幸甚に存じます• ご留意賜れますと幸甚に存じます• ご留意賜りましたら幸甚に存じます• ご留意賜れましたら幸甚に存じます なお「ご留意 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

ご 留意 いただけ ます と 幸い です

ビジネスシーンでは、良好な人間関係を築くために「ご連絡いただければ幸いです」の表現は欠かせません。 一般的にビジネスシーンでは頻繁に使われる表現です。 上司、同僚、取引先などあらゆる関係性の間で重宝される表現ですが、どういった表現方法があるのか紹介します。 ビジネスでの一般的な例文とは? ビジネスではよく使われる表現として、「ご連絡いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」「ご連絡いただければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします」などが一般的です。 連絡をする際に相手に確認作業が発生して返事が必要な場合に使われる表現です。 相手が気持ちよく返事ができるように、急かさないソフトな表現として「ご連絡いただければ幸いです」はビジネスで重宝されています。 メールで「ご連絡いただければ幸いです」とは? 社内で社員からの返事を催促する際に、「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても役立ちます。 年下、目上関係なく催促する場合に、どの人も不快にならない便利な表現です。 どういった使い方があるのか紹介します。 どうぞよろしくお願いいたします」が一般的です。 「ご連絡いただければ幸いです」の敬語とは? 相手に威圧感を与えないようお願いする方法として「ご連絡いただければ幸いです」といった表現はとても重宝されますが、ときに表現がソフトすぎて相手に緊急度が伝わりづらい場合があります。 せっかく相手を配慮する表現を使っているのに、本当は急ぎで返事が必要な場合でもなかなか返事をもらえずに困った経験がある人もいるでしょう。 返事の緊急度が高い場合にはどういった表現が適切なのか紹介しましょう。 相手によってはソフトな表現では伝わらない場合があるので、送る相手や状況に応じて使い分けるといいでしょう。 「幸いです」を含めた他の表現方法は? 立て続けにおなじ相手に確認依頼をする際に、「ご連絡いただければ幸いです」と伝えると少しおなじ表現を使いすぎと気にする人も多いでしょう。 おなじ表現を重複すると、人によってはソフトな表現を使っていても威圧感として受け止める場合があります。 「ご連絡いただければ幸いです」とおなじ意味として他にどんな表現方法があるのか紹介します。 「ご連絡いただければ助かります」 「幸いです」の代わりに「助かります」を使う「ご連絡いただければ助かります」といった表現があります。 意味合いはおなじで、「助かります」を使うことで相手に「返事をしてあげたいな」というサポートしたくなる表現として重宝されています。 「ご連絡いただければ幸甚です」 「幸いです」の代わりに「幸甚です」を使う「ご連絡いただければ幸甚です」といった表現があります。 「幸甚」とは「こうじん」と読みます。 「非常に幸いなこと」を意味するもので、一般にいう幸せよりはるかに幸せ度合が高いことを示します。 「幸甚」を含めた表現は、口頭よりかはメールや手紙で使われるのが一般的です。 やや堅い表現なので、ビジネスシーンで活用することをおすすめします。 「ご連絡いただければ幸いです」を英語でいうと?.

次の

「ご留意いただければ幸いです」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご 留意 いただけ ます と 幸い です

「ご留意ください」の読み方・意味 「ご留意」の読み方は「ごりゅうい」 「ご留意」は「 ごりゅうい」と読みます。 「ご留意ください」は、 「留意」という言葉に「ご~ください」をつけて尊敬を表す敬語にしている言葉です。 「留」は音読みだと「リュウ」、訓読みだと「とめる」「とまる」と読みます。 「留」は、「その場所にとめておく」「その位置から動かない」「とどまる」という意味になります。 「意」は、音読みで「い」と読みます。 「意」は、「思い」「考え」「おもむき」という意味です。 「ご留意」は「御留意」とも 「ご留意」は「御留意」と書いてもよいです。 接頭語の「ご」は「御」でも構いません。 しかし、「御留意」は「ご留意」と書いた方が、柔らかい印象になりますし「留意」という漢字に目がいくのでベターです。 「ご留意ください」の意味は「心にとどめてください 」 「ご留意ください」の「留意」は、「 ある物事に心をとどめること」「 気をつけること」という意味があり、「 ある物事を心にとどめておき、常にそのことに気をつけること」というニュアンスがあります。 「ご留意ください」は、 「留意」という言葉に「ご~ください」をつけて尊敬を表す敬語にしている言葉なので、「心に留めて、気にかけておいてください」という意味になります。 相手に「気に留めておいてほしい・配慮してほしい」と依頼する場面で使用する言葉です。 口語でも使用され、ビジネスメールなどビジネス文書でも使用することができます。 「ご留意ください」の使い方 「ご留意ください」は目上の人には失礼 「ご留意ください」という言い回しは、 目上の人に使用すると失礼だを思われてしまう可能性があります。 「ください」という表現は 「くれ」の尊敬語である為、「相手になにかを請求する」というような意味合いが含まれています。 したがって、「ご留意ください」は上から目線に感じてしまう人もいる為、目上の人には避けたほうがいい言い回しです。 「ご留意ください」は「気にしてください・心に溜めてください」という意味合いで、 同僚や部下には使用することができます。 例文 「時間におくれるなど先方に失礼のないようご留意ください」 「作業の効率をあげる為にも早寝早起きをして、健康にご留意ください」 「無礼のないよう、くれぐれも複勝にご留意くださいね」 「ご留意くださいませ」は丁寧だが目上の人には不適切 「ご留意くださいませ」「という言い回しは、「ませ」がついて柔らかい印象になるが、 くださいが命令形には変わりない為、丁寧ではありますが目上の人に使用するには不適切とされています。 「ご留意ください」の「ませ」は、 「ます」の命令形です。 「ご留意ください」と同じく命令形の言い回しですが、「ご留意ください」ほどの強い口調ではありません。 「ご留意くださいませ」はどちらかというと、やわらかいニュアンスになります。 例文 「大変滑りやすく、危険であるということをご留意くださいませ」 「大変恐れいりますが、時間変更の可能性があることをご留意くださいませ」 「数量限定商品であることを、どうかご留意くださいませ」 「ご留意くださいますようお願い申し上げます」は上司など目上の相手に使える 「ご留意度くださいますようお願い申し上げます」は、 上司など目上の相手に使用することができる言い回しです。 「ご留意くださいますようお願い申し上げます」は、 「してくれる」の尊敬語である「お~くださる」という言葉に、丁寧語の「ます」と「よう 様 」を組み合わせた「くださいますよう~」という敬語を使用しています。 さらに、 「お願い申し上げます」は「お~申し上げる」という謙譲語を組み合わせている為とても丁寧な言葉となっています。 したがって、上司や目上の相手にも使用できる言い回しであると言えます。 例文 「書き間違えのないよう、ご留意くださいますようお願い申し上げます」 「使用方法を間違えるを正しい効果が出ませんので、ご留意くださいますようお願い申し上げます」 「安心できる状態ではないので、状態の変化にご留意くださいますようお願い申しあげます」 「くれぐれもお体にご留意ください」は相手の身体を気遣う言葉 「くれぐれもお体にご留意ください」という言葉は、「 身体を壊さないように気を付けてください」というようなニュアンスのある「 健康をきづかった言葉」です。 「体」と「身体」はどちらも使ってもいいですが、「体」は物理的な「からだ」を指すのに対し「身体」は心や精神状態を含めた「からだ」を指します。 なので、「お身体」を使った方がよいでしょう。 文頭に「くれぐれも」「どうか」などと付けると丁寧な表現になります。 例文 ・寒い日が続きますので、どうかお身体にご留意くださいませ。 ・ 「留意点」「留意事項」などとも使う 「留意」という言葉は「留意点」「留意事項」などの形で使うこともあります。 「留意点」は文字通り「心を留める必要がある点」という意味になります。 「留意事項」も同じ意味になります。 例文 ・業務をする上での留意点は何でしょうか。 ・本サービスを利用するにあたっての留意点を掲載しておりますので、必ずお読みください。 「ご承知おきください」は、「〜の前に知っておいてください」というニュアンスがあります。 「 ご留意ください」は 「注意してください」といったニュアンスが強い言葉ですが、「 ご承知おきください」は、「 理解してください・わかっておいてください」というニュアンスの強い言葉です。 「ご承知おきください」の意味は「あらかじめ知っておいてください」 「ご承知おきください」の意味は「 あらかじめ知っておいてください・理解しておいてください」です。 「承知」という言葉には 「事情を知ること」「依頼を聞き入れること」「相手の事情を理解して許すこと」という意味があります。 「ご承知おきください」は、「(その事を)知っておいてほしいとお願いをする場合」と「(その事を)すでに知っているということを示す場合」に使用する言葉で、「 知っておいてください」というニュアンスになります。 目上の人に対して、目下の者が「知っておいて」というのは 上から一方的に物を決めるような響きがあり、上から目線な印象を与えてしまう可能性がある為、 目上の人へ使うのは避けた方が無難と考えられます。 ご承知おきください」 「返信にお時間をいただく場合がございますのでご承知おきください」 「ご留意ください」の類語・言い換え ご配慮ください 「ご配慮ください」は「 ごはいりょください」と読みます。 「ご配慮ください」は、 「配慮」という言葉に、尊敬語を表す「ご」と「くださる」の「命令形」である「ください」をつけた言葉です。 「配慮」は「 他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「ご配慮」は、尊敬を表す「ご」をつけた言葉で、「相手が自分のためにしてくれた心配り」の丁寧な言い方です。 また、相手の心遣いの感謝だけでなく、 相手に対して「気をつけてもらうこと」がある場合にも使用できる言葉です。 「ご配慮ください」という言い回しで、 注意したい事項に対して配慮をお願いすることができます。 例文 「ご配慮のほど何卒よろしくお願いいたします」 「大変壊れやすくなっていりますので、お手を触れぬようご配慮願います」 「より多くの方が会場に入れるようにご配慮賜れますと幸いです」 ご考慮ください 「ご考慮ください」は「 ごこうりょください」と読みます。 「ご考慮ください」は、「考慮」に尊敬を表す接頭語「ご」を付けて、「ご考慮」としています。 「考慮」は「 考えをめぐらすこと。 よく考え合わせること」という意味があり、 物事を色々な要素を含めて考えること・判断や行動の前に色々な要素を考え合わせることを表す言葉です。 つまり、尊敬を表す「ご考慮ください」は、 相手の行動に対して使用する言葉なので「考えてください」とお願いする言葉であることがわかります。 例文 「通勤時間は、渋滞する可能性があることをご考慮ください」 「勝手なお願いで誠に恐縮ではございますが、ご考慮くださるとありがたく存じます」 「まだまだ新人でございますので、時間がかかることをご考慮ください」 ご用心ください 「ご用心ください」は、「 ごようじんください」と読みます。 「ご用心」は、 「用心」という言葉に、接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「用心」の意味は「 心を用いること」「 困ったことにならないようにあらかじめ注意すること」です。 「火の用心」や「空き巣にご用心」といったように、「 家事にならないように 火に気をつける」「空き巣に気をつける」というような意味あいで使用されます。 「ご用心ください」は、尊敬を表す接頭語の「ご」をつけた言葉なので、相手に「 気をつけてください・注意してください」と伝える場合に使用される言葉です。 例文 「昨夜の降雪の影響で足元が大変滑りやすくなっておりますので、ご用心ください」 「満員電車では痴漢にご用心ください」 「海外では、貴重品は肌身離さずお持ちになり、置き引きやひったくりにご用心ください」 ご自愛ください 「ご自愛ください」は、「 ごじあいください」と読みます。 「自」は「自分」「自己」などでよく使われている漢字で、「愛」は「愛」や「愛情」などとよく使われています。 「ご自愛ください」は、「 あなた自身の体を大事にしてください」という意味です。 さらに 「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」「身体を大切にしてください」といったニュアンスが含まれます。 要するに「ご自愛ください」は、 相手の健康を気遣う、労りの言葉です。 例文 「寒さも厳しくなって参りましたので、風邪などひかれませんようご自愛ください」 「お忙しいことと存じますが、何卒ご自愛ください」 「風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください」 「ご留意ください」の英語 「keep... in mind」「pay special attention to... 」「give enough thought to... 」など 「ご留意ください」の英語は、 ・Please keep... in mind. ・Pleaes pay special attention to... ・Please give enough thought to... などになります。 「keep... in mind」は「心に留めておく」という意味です。 「pay special attention to... 」は「特別な注意を払う」という意味になります。 「give enough thought to... 」は「十分に思考する」といい意味です。

次の