竜王 戦 トーナメント。 佐藤康光九段が永瀬拓矢二冠を破って決勝トーナメント進出! 第33期竜王戦1組出場者決定戦

藤井聡太、今後の対局予定&勝ち進んでいる棋戦トーナメント表一覧

竜王 戦 トーナメント

現在進行中の第91期棋聖戦との「ダブルタイトル戦」も史上最年少で実現した。 藤井にとって次に挑戦権獲得の可能性があるのは竜王戦。 20日、師匠の杉本昌隆八段との3組ランキング戦決勝に勝利し史上初、ランキング戦での4期連続優勝を決めると同時に決勝トーナメント進出も果たした。 その1回戦では九段と対戦。 3連勝すれば挑戦者決定3番勝負へ進む。 続く王将戦では昨期、あと1勝で挑戦権獲得にまで迫った成績から、7人で構成する挑戦者決定リーグに残留。 名人・竜王や九段らと今秋、挑戦権を争う。 名人戦順位戦はB級2組に在籍。 今後B級1組、A級と順調に昇級しても名人挑戦は最短で23年になる。 「竜王戦」をもっと詳しく.

次の

竜王戦の仕組みまとめ~ランキング戦、決勝トーナメント、七番勝負~

竜王 戦 トーナメント

角換わりの激しい戦いを制する。 佐藤九段はこれで18回目の決勝トーナメント進出 第33期竜王戦(主催:読売新聞社)1組出場者決定戦の4位決定戦決勝が6月25日に東京・将棋会館で行われました。 永瀬拓矢二冠と佐藤康光九段との対決となった決勝戦。 勝利を収め、決勝トーナメントへの進出を決めたのは、佐藤九段でした。 竜王戦1組からは5名が決勝トーナメントに進むことができます。 本局はランキング戦の2回戦で敗れた4名によって争われる、出場者決定戦の4位決定戦の決勝です。 永瀬二冠と佐藤九段の今期戦ってきた相手は以下の通りです(段位は対戦時のもの)。 永瀬二冠 勝 斎藤慎太郎七段 負 久保利明九段 勝 山崎隆之八段 佐藤九段 勝 木村一基王位 負 羽生善治九段 勝 佐藤天彦九段 本局は振り駒で永瀬二冠が先手になり、角換わりの将棋になりました。 後手の佐藤陣に隙があるとみた永瀬二冠は序盤早々に桂を4五に跳ね、戦端を開きます。 佐藤九段も6筋から仕掛けていき、いきなりの全面戦争となりました。 激しい駒交換が行われた後、永瀬二冠は桂とと金の協力で、盤上右辺を突破して飛車を成り込みます。 佐藤九段は4二にいた玉を5一~6二~7一と逃がしつつ、8筋から永瀬陣を攻略していきます。 ともに玉が薄くなり、白熱の終盤戦。 一気に決着を付けようと、永瀬二冠が決断の攻めを決行します。 桂捨て、と金捨てで佐藤九段の駒の連結を崩し、馬を切り飛ばしていきます。 佐藤玉のすぐ近くに竜を侵入させ、攻めが決まったかと思われました。 しかし、佐藤九段の受けは正確無比でした。 自陣飛車の利きを生かしてギリギリのところで永瀬二冠の攻めを食い止めます。 永瀬二冠は上下から佐藤九段を攻めますが、次第に息切れ模様となっていきました。 自玉の安全を確保した佐藤九段は反撃に転じます。 先手玉に嫌味を付けてから、相手の竜に自陣の飛車をぶつけて、飛車交換を迫ったのが決め手。 飛車を敵陣に打ち込んでからは詰めろの連続で攻め、一気に永瀬玉を寄せ切ってしまいました。 この勝利で佐藤九段は18回目の決勝トーナメント進出を決めました。 33期の竜王戦で半数以上の期で、決勝トーナメントに出場しているとは驚異的です。 将棋連盟会長として多忙な日々を送りつつ、プレイヤーとしても大活躍の佐藤康光九段 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

竜王戦の賞金と対局料は? 総額で年収がいくらになるか試算した!

竜王 戦 トーナメント

藤井聡太七段(17)は20日、大阪の関西将棋会館で、八大タイトルの1つ竜王戦の予選にあたる「ランキング戦3組」の決勝で、師匠の杉本昌隆八段(51)と対局しました。 2人はおととし3月以来、2回目の対局で、このときは「千日手」による指し直しの末、藤井七段が勝っています。 午前10時から始まった対局は、終盤近くまで互角の戦いが続きましたが、それぞれの持ち時間が少なくなって攻め合いとなるなかで、先手の藤井七段が優勢になり、午後10時10分、95手までで杉本八段を投了に追い込みました。 この結果、藤井七段は「ランキング戦3組」で優勝し、竜王のタイトルをかけた七番勝負の挑戦者を決める決勝トーナメントに4期連続で進みました。 藤井七段はデビュー以来、4期連続でランキング戦で優勝して、1つ上の組に進むことになり、日本将棋連盟によりますと、4期連続の優勝は、竜王戦の歴史の中で初めてだということです。 対局のあと、藤井七段は「ランキング戦の決勝という大きな舞台での対局を非常に楽しみにしていたし、じっくり指すことができた」と師匠との対局を振り返ったうえで、「いままで、本戦で結果を残せていないので、結果を残したい」と決勝トーナメントへの意欲を語りました。 弟子に敗れた杉本八段は「大きい舞台で、相手が藤井七段という自分の中では最高の舞台なので、いい将棋を指したいという思いがあった。 負けたのは悔しいが、藤井七段の本戦を楽しみにしている」と話していました。 対局のあと、藤井七段と師匠の杉本八段はそろって会見に臨みました。 藤井七段は2年ぶりとなる師匠との対局について、「大きな舞台での対局を楽しみにしていました。 持ち時間が5時間と長く、一手一手じっくり指すことができました」と振り返りました。 そして、竜王戦の歴史で初めてとなる、4期連続でのランキング戦優勝を果たしたことについて、「一つの目標にしていたので、達成できたのはうれしいですが、これまで決勝トーナメントで活躍できていないので、今度こそ活躍できるように頑張りたい」と話しました。 一方、杉本八段は和服姿で対局に臨んだことについて、「きょうは非常に大きな一番で、自分にできる万全の状態で挑むのが藤井七段に対する礼儀かなと思いました」と述べたうえで、藤井七段について、「2年前も強かったですが、今回もどんな展開でも対応できる力を感じ、着実に成長しています。 将棋で指導することは、だいぶ前からないですが、あとで和服のたたみかたでもアドバイスしようかと思います」と話していました。

次の