ゴルフ 前 傾 キープ。 ゴルフスイングは手首の角度を固定した方が良いのか!|ゴルニュー

前傾姿勢をキープしたまま身体を上手く回転させて打つコツとは?

ゴルフ 前 傾 キープ

ゴルフスイングにおける体の動きにおいて、普段の生活では絶対に行わない動作がある。 それは、前傾を保ったまま骨盤を回転させる、という動作だ。 ゴルフスイングが難しいのは、この動作のやり方を知らないという点にある。 正しいやり方を述べる。 ゴルフの難しさの最大の理由 野球やテニスでは、直立したまま体を回転させる。 そして、この動きは日常生活においても、ある程度存在する動きであるため、体の動かし方をイメージしやすい。 しかし、ゴルフの場合は違う。 前傾姿勢をとったまま、体と骨盤を回転させる必要があるのだ。 「」でも述べたが、これが、とてつもなく難しい。 なぜかというと、日常生活にないからだ。 ゆえに、どのように動かせば、前傾姿勢を保ったまま体と骨盤を回転させればよいかがわからないのだ。 しかし、「とてつもなく難しい」というのは、例えば100メートルを10秒台で走りなさい、といったような、「身体能力的に難しい」、という意味ではない。 単に、「知らない」から難しい、ということなのだ。 つまり、動かし方さえ知ってしまえば、誰でも正しい動きを取ることができる。 難しくないのだ。 前傾を保った骨盤の回転 では、どのように動かせばよいか。 正しい動きを体感することは実はたやすい。 やってみよう。 まずは直立した状態でテークバックの位置まで体と骨盤を右にひねる。 胸は90度右に回転し、骨盤は45度回転した状態となり、捻転差が生まれた状態だ。 次に、胸と骨盤の捻転差を保ったまま、左に45度回転させる。 胸が右45度、骨盤はちょうど正面を向いた状態だ。 そして、その状態で股関節から前傾姿勢を取る。 これは実際のスイングでは、インパクトの少し前の状態にあたるのだが、これが前傾を取って骨盤を回転させた正しい状態だ。 どうだろう。 普段行っている体の形と比べると、かなり違うのではないだろうか? ポイントは、股関節が折れ曲がった状態になっている点だ。 多くのアマチュアは、ダウンスイングを開始するときに骨盤の右側を正面方向に突き出すようにしながら回転させるような動きを取ってしまう。 この動きを取ってしまうと、股関節の折れ曲がりがなくなって伸びあがってしまい、前傾姿勢が崩れてしまう。 前傾が崩れると体が開き、フェースも開き、ボールとの距離は崩れ、トップ、スライス、プッシュアウトなど、いろいろな問題が発生してしまう。 正しい動きが取れているかは、飛球線後方や前方から、体の形を鏡に映して確認してみるとよくわかる。 普段の動かし方だと体が浮き上がっているが、先ほど試したやり方だと前傾を保った状態になっているのがわかると思う。 テークバックをとったら、この形になるように体を動かしていくことが大事なのだ。 コツとして、切り返しからダウンスイングにおいて、股関節を曲げたまま右ひざを左ひざに近づけるような動きを取ると、右の骨盤が正面方向につきだすことなく先ほどの形がとれるはずだ。 前傾姿勢を保った回転がもたらす夢のような世界 過去に行ってきた切り返しやダウンスイングの時の骨盤の動かし方と、今回述べた動かし方を交互に行って違いを確かめながら試行錯誤することで、きっと正しい動きがわかるはずだ。 そして、前傾姿勢を保ったまま体と骨盤の回転を行うことができたとき、トップ、スライス、プッシュアウトなどの問題は嘘のようになくなる。 なおひとつだけ注意点。 股関節が硬くなっていると、おそらくこの動きを行うことは難しい。 練習前はもちろん、普段からも股関節を柔らかくするようなストレッチや柔軟体操を欠かさないことも重要だ。 最近の投稿• カテゴリー• 7 アーカイブ• 14 人気記事• 80,454件のビュー• 71,608件のビュー• 49,131件のビュー• 35,410件のビュー• 33,929件のビュー• 25,935件のビュー• 25,147件のビュー• 25,003件のビュー• 23,274件のビュー• 21,729件のビュー 最近のコメント リンク.

次の

アドレスの前傾姿勢と前傾の角度。あごの位置と猫背についても

ゴルフ 前 傾 キープ

まずは重要性からお伝えします! アドレスでは前傾をした状態でクラブヘッドをボールにセットしています。 しかしスイング中に前傾姿勢を起こしてしまうとアドレス時にセットとした手元やクラブヘッドはインパクトでは同じところに戻ってきません。 ということは簡単に考えると空振りしてしまうということになります。 でもほとんどの人がそんなに空振りはしません。 なぜなら人間が素晴らしい感覚や反応する力を持っているからです。 では、なぜ前傾姿勢を崩す方が多いのに空振りする人はいないのか。 これは、前傾姿勢が崩れ届かなくなったクラブを腕を下に伸ばすことにより無意識の内にクラブヘッドをボールに届かせているのです。 お尻とお腹が前に出ますから手元の通り道もなくなり手元が前に出てシャンクの原因の1つにもなります。 そのほかもスライスの原因にもになったりします。 頭が上下しますからダフリやトップのミスも出てくると思います。 そうです、アマチュアの方の悩みの多くの要因をまねきます。 もちろんミスショットの原因はほかにもありますが、前傾姿勢をキープできるとミスの大きな原因を1つ潰せます。 ゴルフはボールが止まっているので、自分とボールとの距離や関係性をなるべく変えないことがとても重要です!前傾姿勢が崩れると、アドレス時とは左肩からボールの距離や目とボールの距離が変わってしまいます。 この2つは特にスイング中の自分とボールの関係性を感じておくための大切なポイントですから、注意していきましょう。 前傾キープの重要性がわかったところで前傾をキープできるドリルをご紹介します。 下の写真のような形をとります。 左腕を固定したまま、右腕でクラブを振っていきます。

次の

前傾のキープ(前編)重要性編

ゴルフ 前 傾 キープ

まずは重要性からお伝えします! アドレスでは前傾をした状態でクラブヘッドをボールにセットしています。 しかしスイング中に前傾姿勢を起こしてしまうとアドレス時にセットとした手元やクラブヘッドはインパクトでは同じところに戻ってきません。 ということは簡単に考えると空振りしてしまうということになります。 でもほとんどの人がそんなに空振りはしません。 なぜなら人間が素晴らしい感覚や反応する力を持っているからです。 では、なぜ前傾姿勢を崩す方が多いのに空振りする人はいないのか。 これは、前傾姿勢が崩れ届かなくなったクラブを腕を下に伸ばすことにより無意識の内にクラブヘッドをボールに届かせているのです。 お尻とお腹が前に出ますから手元の通り道もなくなり手元が前に出てシャンクの原因の1つにもなります。 そのほかもスライスの原因にもになったりします。 頭が上下しますからダフリやトップのミスも出てくると思います。 そうです、アマチュアの方の悩みの多くの要因をまねきます。 もちろんミスショットの原因はほかにもありますが、前傾姿勢をキープできるとミスの大きな原因を1つ潰せます。 ゴルフはボールが止まっているので、自分とボールとの距離や関係性をなるべく変えないことがとても重要です!前傾姿勢が崩れると、アドレス時とは左肩からボールの距離や目とボールの距離が変わってしまいます。 この2つは特にスイング中の自分とボールの関係性を感じておくための大切なポイントですから、注意していきましょう。 前傾キープの重要性がわかったところで前傾をキープできるドリルをご紹介します。 下の写真のような形をとります。 左腕を固定したまま、右腕でクラブを振っていきます。

次の