紫電改のタカ。 紫電改のタカ (1) (中公文庫―コミック版 (Cち1

零戦と紫電改と四式戦闘機を比較すると、どれが一番強買ったのですか? ...

紫電改のタカ

プロペラが回転する好評の翼コレクションEXの新製品にいよいよ 「紫電改のタカ」が登場です。 「紫電改のタカ」は、1963年7月から1965年1月まで、週刊少年マガジンに連載されました。 ちばてつや氏の唯一の航空戦記漫画で、太平洋戦争末期に登場した局地戦闘機「紫電改」に乗った主人公、滝 城太郎の活躍と苦悩を描いて、当時の多くの少年達の心をつかんだのです。 滝 城太郎は、逆タカ落とし戦法を得意とする若き撃墜王で、四国松山を基地とする源田 実大佐率いる第343海軍航空隊に所属していました。 アメリカ軍のジョージやトマスとの死闘、続くタイガー・モスキトンとの死闘を経て、戦争の無意味さを悟っていきました。 そして、戦争が終わったら学校の先生になって、子供たちに戦争というものがいかに恐ろしいものかを教えてやるんだ、二度とこんなあやまちを繰り返さないように教えてやるんだ、と決意するのでした。 しかし、そんな滝を待っていたのは、非情にも特攻出撃の命令だったのです。 滝は、自分の死が祖国日本を救うことになるのだということばを信じようと努力しながら、出撃していったのです。 モデルは、基地で発進を待つ滝 城太郎機をイメージしています。 プロペラ回転に必要なパーツはすべてセットされていますので気軽にプロペラ回転モデルの製作にチャレンジしていただけます。 15 selected entry.

次の

零戦と紫電改と四式戦闘機を比較すると、どれが一番強買ったのですか? ...

紫電改のタカ

ええっとですね、資料がどうにも見当たらないのですが、確か最初に特攻隊になった艦爆隊の隊長機は艦爆の世界で「神様」と呼ばれたエースだったそうです(名前がどうにも思い出せません)。 それで、その人はまあ当然爆弾を敵艦に当てて自分は生き残る自信は当然あったわけで、出撃の直前に「この俺がこんなものに出なければならないんだから、この戦争も終わりだ」というようなことを最後に残しているんだそうです。 なぜそんな非合理的なことをやったのかというと、まあ実に日本人的な話ですよ。 エースと呼ばれるパイロットでさえ特攻に出るんですから、他の奴が「特攻なんて嫌です」なんていえねーだろ、ということです。 「あの人さえ出たんだから!」というわけです。 んで、実際問題特攻つーのは大西瀧治郎をして「作戦の外道」といわしめるのですが、もう当時は特攻でも使わないとアメリカの軍艦を傷つけることができなかったんです。 またこれまた実に日本人的に発想すれば、こっちの部隊は特攻だけど、こっちの部隊は特攻じゃない、となると当然「そりゃ不公平だ」となると思います。 だから「みんな一緒に特攻しようぜ」となった部分もあると思いますよ。 エースといわれるのは規定以上の敵機を撃墜した戦闘機乗りで、攻撃機(爆撃機)のパイロットではありません。 よって爆撃・雷撃・体当たりといった訓練はあまり受けていませんし、原則として特攻には使われません。 というのも戦争末期になるほど防空任務は拡大されるわけで、特攻任務より重大な任務で人手がすべて奪われます。 四発重爆の生産が後回しにされても、戦闘機生産は最優先で進められるわけですし。 優秀な爆撃機・攻撃機パイロットを特攻に使ったかといわれると、一部そういう事例はあったものの多くはありません。 ただ先導機はある程度の経験が必要なわけで、やむなく優秀な人材をあてがったケースはあります。 攻撃の主体が特攻に移っても、通常攻撃をしている部隊は存続しているわけですし、偵察や味方艦の護衛といった任務がより重要なわけです。 結果的には生き残り暫く最前線での戦闘から干されましたが、あの坂井三郎も特攻で出撃しています。 特攻作戦がまだ組織的かつある意味冷静に作成されていた時期は、もちろん質問にあるような論旨で特攻作戦に反対する声も少なくはありませんでした。 しかし確実に大きな戦果を上げるには、それなりに航法や操縦の技術に優れた者を選別することが当然と思われていたのでしょう。 個人的には特攻作戦を思いついた時期というのは、通常の航空作戦で出撃しても結局は全滅する確率が高かったのですから、敢えて攻撃を終えて静観することを考えるよりは、死を覚悟しての片道攻撃のほうがはるかに大きな戦果が立てられると考えたのでも、それなりに無理もなかったのかもしれないと考えたりもします。 しかし当然ですが攻撃を終えれば帰られると考えるのと、もう二度と帰れないと覚悟して出撃するのとでは、士気という戦闘で第一に必要な要素からみればやはり愚策であったというしかないのかもしれません。

次の

紫電改のタカで滝城太郎は最後に特攻に向かいますが、実際の太平洋戦争で、 【OKWAVE】

紫電改のタカ

プロペラが回転する好評の翼コレクションEXの新製品にいよいよ 「紫電改のタカ」が登場です。 「紫電改のタカ」は、1963年7月から1965年1月まで、週刊少年マガジンに連載されました。 ちばてつや氏の唯一の航空戦記漫画で、太平洋戦争末期に登場した局地戦闘機「紫電改」に乗った主人公、滝 城太郎の活躍と苦悩を描いて、当時の多くの少年達の心をつかんだのです。 滝 城太郎は、逆タカ落とし戦法を得意とする若き撃墜王で、四国松山を基地とする源田 実大佐率いる第343海軍航空隊に所属していました。 アメリカ軍のジョージやトマスとの死闘、続くタイガー・モスキトンとの死闘を経て、戦争の無意味さを悟っていきました。 そして、戦争が終わったら学校の先生になって、子供たちに戦争というものがいかに恐ろしいものかを教えてやるんだ、二度とこんなあやまちを繰り返さないように教えてやるんだ、と決意するのでした。 しかし、そんな滝を待っていたのは、非情にも特攻出撃の命令だったのです。 滝は、自分の死が祖国日本を救うことになるのだということばを信じようと努力しながら、出撃していったのです。 モデルは、基地で発進を待つ滝 城太郎機をイメージしています。 プロペラ回転に必要なパーツはすべてセットされていますので気軽にプロペラ回転モデルの製作にチャレンジしていただけます。 15 selected entry.

次の