ハリー ハウゼン。 レイ・ハリーハウゼンの映画作品

レイ・ハリーハウゼン

ハリー ハウゼン

ストーリー [ ] 1912年頃、メキシコの・ カルロスは、兄が麻袋を握ったまま、"禁断の谷"と呼ばれる渓谷の入り口で死んでいるのを発見した。 麻袋の中には見知らぬ動物が生け捕られ暴れており、興味を引かれたカルロスは、女占い師 ティア・ゾリアの警告も聞かず、 テレサのサーカス団にその動物を売り込み、自身も加わる。 そこへ、テレサの元恋人で同じくサーカス団を経営する タックが訪れ、テレサはその動物を今度のショーの売り物として披露する。 タックが荒野でたまたま出会った英国人の古生物学者 ブロムリー教授にその動物の特長を話すと、教授は「それは有史以前に死に絶えた古代の馬・だ」と断定した。 興味を引かれたタックと教授は ロペ少年を道案内に、占い師ティアにエオヒプスが発見されたという渓谷の場所を尋ねるが、ティアはそれを断り、「馬を戻さなければ"グワンジ"の呪いを受ける」と警告する。 教授は一計を案じ、わざとエオヒプスの在り処を教え、それを持ち出して渓谷に戻そうとするジプシーたちの後を、ロペ少年と共に追跡する。 更にそれを追うタックと、やはり後を追うテレサとそのサーカス一座。 やがてジプシーたちは、谷にエオヒプスを放し立ち去るが、他の一同は谷の奥深くに侵入、彼らの前に有史以前に滅んだはずの恐竜たちが現れるのだった。 スタッフ [ ]• 監督:• 原案:• 脚本:• 製作:• 共同製作:• 撮影:• 特殊効果:• 音楽:• 編集: キャスト [ ]• タック・カービー:• テレサ・ファニタ・ブレッケンリッジ:• チャンプ:• ホース・ブロムリー教授:• ティア・ゾリナ:• カルロス・ドス・オルソス:• ビーン:• ロペ少年: 解説 [ ]• 本作は、ウィリス・H・オブライエンが長年に渡って映画化を企図しながら果たせなかったものを、レイ・ハリーハウゼンが引き継いで実現させたものである。 英語版DVD特典のインタビューでハリーハウゼンはグワンジはであると発言した が造形物はをモデルとしている [ ]。 劇中に登場する古生物はグワンジ 人形と実物大頭部モデルが製作された 、 撮影に使われた人形は『』のの改造 、 アップ用とロング用の人形が製作された 、 アップ用とロング用の人形と実物大モデルが製作された 、。 外部リンク [ ]•

次の

ハリーハウゼン(はりーはうぜん)とは

ハリー ハウゼン

巨星堕つ! 驚異的な特殊撮影で一世を風靡した「ストップモーションアニメの魔術師」 レイ・ハリーハウゼンが、5月7日にこの世を去った(享年92歳)。 関節可動する人形にポーズを付け、1コマ1コマ撮影してパラパラ漫画の原理で動かし、それを人間の動きとシンクロさせるという、気の遠くなるような作業の果てに完成する映像「ダイナメーション」はまさにマジック! 『アルゴ探検隊の大冒険』('63)での 骸骨兵士、または『シンドバット黄金の航海』('73)での 6本腕の仏像カーリーと、人間と人形の剣が合成で正確にぶつかり合うチャンバラは、全人類必見! 着ぐるみ特撮しか知らなかったガキンチョ時の私は、劇場で観た『恐竜100万年』('66)のドクンドクンと腹部が鼓動している恐竜が 本物にしか見えなくて、「な、なんで?」と本当に不思議だった。 ということで今回はハリーハウゼン追悼特集! と行きたいところだが、DVDかBDで鑑賞可能な作品は置いといて、80年代に「にっかつ」からビデオ化されたきり未だDVD化されない「ハリーハウゼン絡み」の作品を紹介したい。 それは『猿の惑星』ならぬ『恐竜の惑星』だ。 そのビデオジャケットの解説に「見事にアニメートされた多数の恐竜たちに交じり、SF映画の古典的傑作 『原子怪獣現わる』に登場したリドサウルスが友情出演」と書いてある。 『原子怪獣現わる』('53)とはハリーハウゼンのデビュー作で、水爆実験で蘇った氷漬けの巨大恐竜がニューヨークで大暴れするというプロットが、『ゴジラ』('54)の製作に影響を与えたとしても知られているのだ。 また、低予算の自主映画レベルの作品にしてはスタッフの面子がすごい。 ストップモーションアニメは、その後『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』('80)や『ターミネーター』('84)などで同技法を発揮する ダグ・ベズウィック。 ほか、ハリーハウゼンの後継者 ジム・ダンフォースや、ルーカス、スピルバーグ作品常連の視覚効果担当 デニス・ミューレンと、錚々たる特撮マンたちが参加している。 宇宙船が故障し、脱出した9人の男女が乗るシャトルが未知の惑星に不時着する。 シャトルが海に着水し沈んでいく『猿の惑星』で観たようなシーン。 闇夜に動物の唸り声がすると、メンバーの1人が「あれは何だ? 動物だ。 霧笛じゃない」(『原子怪獣現わる』の原案になったレイ・ブラッドベリの小説『霧笛』を用いたセリフ遊び)...... といった感じの序盤を経て、一行の行く手を巨大生物が阻んでいく。 長い首をもつアパトサウルス、角竜セントロサウルス、剣竜ステゴサウルスなどの恐竜、ワサワサと歩く 中型犬くらいの大グモ(ぎゃ~)。 さすがダグ・ベズウィック、どれもよく動いている。 そう、そこは恐竜が支配する星だったのだ。 でも地球の恐竜とまったく同じ動物が、地球とは別の星にいるっていうのは科学的にどうなの? 宇宙と恐竜の双方に詳しい専門家に聞いてみると、やはり「可能性は限りなくゼロに近い」と。 そうか! 『猿惑』とは逆に、過去の地球に来てしまったのか? さて、最終的に4人が恐竜に殺され、生存者5人とラスボス・ティラノサウルスのサバイバルマッチを迎える。 これまで間違いだらけの状況判断で数名を死なせたバカ船長は、通信用の手鏡でティラノの目に陽の光をピカピカッと反射させる、 小学生並みの作戦で名誉挽回を図る(いったい何の効果が)。 怒ったティラノは船長を追い回すが、ここで別の恐竜が出現。 待ってました、 リドサウルスだ! と思いきや、『原子怪獣現わる』で20メートルあったリドサウルスだが、そいつは ティラノの半分しかない。 恐竜というより、単なる大トカゲだ。 体格にハンディありすぎのリドサウルスは、ティラノに首根っこを咬まれ「メキメキ」と首の骨を折られてあっさり死亡(泣)。 ビデオジャケットには「レイ・ハリーハウゼン自らがアニメート」とあるが、これは誇大表示というマニア間の定説が正しそうだ。 彼が「自分の子」に、そんな恥をかかせないと思うし。 結局5人は見事ティラノを退治し、その後は子供を作って幸せに暮らしたとさ......。 期待した『猿惑』のようなオチもなく、その星に地球の恐竜がいることに関しては、一切説明なし! 『恐竜の惑星』は、単にアニメートした恐竜をたくさん出したかっただけの映画だったのだ。 レイ・ハリーハウゼン、そしてリドサウルスに合掌。 村本大輔が、まさにここだけの秘密の話を、テキストではなく、音声コンテンツや映像メインでお届けします。 女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。 芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。 メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。 メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。 完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。 ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。 「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。 メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。 他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。 マジで。 かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。 エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。 元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。

次の

レイ・ハリーハウゼン

ハリー ハウゼン

生涯 [編集 ] 生い立ち [編集 ] にて、からの移民である父・フレデリックと、母・マーサの子として生まれる。 なお、時代の家名は ヘレンハウゼン(: Herrenhausen)と綴られていたが、アメリカに移住した際に現在の名であるハリーハウゼンに改められた。 1933年公開の『』におけるに影響され、映画の仕事に就くことを志すようになる。 学生時代から自主制作でストップ・モーション映像を作り始め、高校生の時に友人の紹介でオブライエンと面識を得て、彼からグラフィックアートと彫刻の授業を受けて技術を磨くようにアドバイスされる。 また、この頃にと友人になる。 二人は1939年にが結成した サイエンス・フィクション連盟 ()に参加し、三人は終生の友情を交わした。 映画業界への参加 [編集 ] の夜間部に通い映画技術を学んだ後、のスタジオで「パペトーン」のアニメーション・スタッフとなる。 中にはの下での映画撮影班に属し、映画技術の基礎を習得した。 ストップモーション・アニメーションの技術を用いた「戦場での架橋工程を示した軍用教育映画」など当時の作品が残っている。 この間、ととも仕事をしている。 戦後、ハリーハウゼンは捨てられていたを拾い、短編のおとぎ話を製作している。 また、『』を題材に、火星人が地球に降り立つシーンを独自に撮影している。 1949年にアシスタント・アニメーターとして雇われ、『』の製作に参加し、オブライエンからアニメーション製作の大部分を任された。 1960年にに移住し、晩年まで同地で過ごした。 1962年10月にダイアナ・リビングストン・ブルースと結婚し、娘ヴァネッサをもうける。 に永年の功績により特別賞を受賞した。 授賞式では、高校時代からの盟友であるの手からオスカー像が手渡された。 晩年 [編集 ] 1994年の映画『』ではカメオ出演し、1998年には『猿人ジョー・ヤング』のリメイク作品『』に、『猿人ジョー・ヤング』で主演を務めた テリー・ムーア ()と共にカメオ出演し、2003年公開の『』にもカメオ出演した。 2010年には『』にもカメオ出演している。 2013年5月7日、5か月間の闘病の末に92歳で死去したことが、家族によってTwitterとFacebookで公表された。 はハリーハウゼンのウェブサイトを引用して、「ハリーハウゼンは、、、、、など多くの映画製作者に多大な影響を与えた」とコメントを発表した。 業績 [編集 ] ダイナメーション [編集 ] 『恐竜100万年』のアロサウルスと『アルゴ探検隊の大冒険』のタロス( 国立科学・メディア博物館 ()) 内部にアーマチュア(可動式骨格)を仕込んだ人形を1コマずつ撮影するの分野で評価されており、リアルな動きで作り出された映像は世界の人々を驚嘆させた。 特に評価が高いのは、「ダイナメーション」と呼ばれる手法で、これは俳優の演技をでコマ送りで投影しながらそれに合わせて人形を動かすものである。 従来、俳優と人形のカラーでの合成には、人形の撮影時にライトの熱で色温度が変化してしまい、実際に映写した際に俳優に対して人形の色が目まぐるしく変わってしまうという難点があったが、ハリーハウゼンは人形の撮影の際、コマ毎に色温度を修正するフィルタを入れる技術を生み出し、この問題を解決した。 これにより人形と人間の同時演技(例えばミニチュアと人間の格闘シーン)がなしで可能となり、後のハリウッド映画の特撮人気を爆発させた。 ハリーハウゼンは映画の脚本、デザイン、コンセプトなど多くの部分に参加しており、プロデューサーはハリーハウゼンのやり方に常に同意することを求められていた。 しかし、の製作組合の規則の問題から監督になることはできず、ほとんどの映画では別の役職でクレジットされていた。 彼の作品には両親も参加しており、父フレデリックは息子のデザインに基づき金属加工を行い、母マーサはミニチュアの衣装を担当していたが、1973年にフレデリックが死去した後は、他の職人に金属加工を依頼するようになった。 製作 [編集 ] コロンビア映画作品 [編集 ] 『地球へ2千万マイル』のイーマ 本格的なデビュー作となったのは、ブラッドベリの短編『』を原作として1953年に製作された『』であり、特撮部分の製作を全面的に担当した。 元々は「 Monster From the Sea」というオリジナル作品として製作が進められていたが、ハリーハウゼンが描いた「海から現れた怪獣が灯台によじ登る」というシーンが『霧笛』にも描かれていることを知った製作側が、法的問題を避けるために同作の映画化の権利を買い取って製作が続けられた。 実験でよみがえった怪獣がを破壊するというこの作品は、日本の特撮映画『』にも大きな影響を与えた。 1955年の『』は、を巨大なが破壊するというストーリーであったが、予算不足から巨大蛸の触腕は6本となっている。 本作では「橋の強度に対して不安感を与える」との理由から市当局の撮影許可が下りず、ゲリラ的な撮影が敢行された。 この作品以降、の チャールズ・H・シニア ()と盟友関係を結ぶことになった。 1956年の『』では、の特撮に挑戦している。 この映画では崩れ落ちるビルの瓦礫までもモデルアニメで処理されたが、実は予算の関係でミニチュア爆破のような大規模な特撮が出来なかったため、この方式がとられている。 の『』に登場するUFOはこの作品のである。 1957年の『』では、初めてロケを行っている。 この作品ではの遺跡での生物「イーマ(Ymir)」が暴れまわる。 人間によって地球に連れて来られ、モンスターとして人間によって殺されてしまうイミーアは『』へのオマージュでもある。 1958年の『』(公開当時の題名は「シンバッド7回目の航海」)は、ハリーハウゼンの初のカラー作品となった。 ハリーハウゼンはカラー映画への転換をシニアに求められ、ダイナメーションをカラーでも通用するように技術開発を行い、製作に挑んでいる。 1つ目巨人のや、双頭の巨大鷲の、ドラゴンなど様々な怪物が登場する。 中でも骸骨戦士との剣戟シーンは有名である。 この後、ハリーハウゼンはコロンビア映画との間に、4本のカラー映画の製作契約を結んでいる。 1963年の『』では、7体の骸骨戦士との集団剣戟や、空を飛び回る怪鳥ハーピー、重厚な動きを見せる青銅の巨人など、さらに磨きのかかった特撮技術が見られる。 特に、7首の竜の登場シーンでは、「それぞれの首が自然で滑らかな動作をしているように見せるため大変な苦労をした」とハリーハウゼンは語っている。 1960年に『 H・G・ウェルズのSF月世界探検 ()』が公開された後、コロンビア映画との契約が終了し、ハリーハウゼンは新規の映画会社の業界参入に伴い、フリーランスとして他の映画会社の元で製作を続けることになる。 コロンビア映画との契約終了後の作品 [編集 ] 『アルゴ探検隊の大冒険』のヒドラ コロンビア映画との契約終了後の初作品は、と契約した『』である。 1969年には再びシニアとタッグを組み、と契約して『』を製作した。 この作品はオブライエンが映画化を企画したものの実現しなかった企画であり、ハリーハウゼンが長年製作を希望していた作品だった。 ハリーハウゼンとシニアはコロンビア映画にシンドバッドの続編企画を持ち込み、1973年に15年ぶりの続編『』を製作した。 この映画では、6本腕の陰母神像のダンスとシンドバッド達との剣戟が有名である。 他に空を飛ぶ小悪魔のようなホムンクルス、動き出す船首女神像、1つ目のケンタウロスとグリフォンの死闘などの特撮も見られる。 続く『』(1977年)は、1本角の原始人やサーベルタイガー、巨大セイウチ、金色の人造ミノタウロスなどが登場するシンドバッドシリーズ最終作となり、3つで「シンドバッド3部作」と呼ばれる。 最後の作品となった1981年の『』では、円熟した特撮技術が見られる。 実際の馬に対する綿密な観察に基づき造形された天馬は、大変リアルな動きを見せる。 海の巨大怪物クラーケンや、獣人カリボス、双頭犬ディオスキロス、大サソリなども登場し、特に蛇女の髪の毛だけでなく下半身も蛇の胴体で恐ろしい顔つきの悪魔的な独自の造形は、ハリーハウゼンの創造したモンスターの中でも高い評価を得ている。 この造形のメドゥーサは世間に浸透し後の映像・ゲーム等ファンタジー作品にも使われている。 同作は興行的に成功したが、これ以降はコンピューター技術の発展により、ハリーハウゼンのアナログな手法は相手にされなくなり、彼とシニアは事実上映画業界から引退することになった。 特撮映画への影響 [編集 ] ジョージ・ルーカス、ジェームズ・キャメロン、、、らとハリーハウゼン 20世紀の特撮映画界を創造・牽引してきた巨匠ハリーハウゼンの映画は、『』や、、など後の特撮映画の巨匠にも多くの影響を与えた。 ピクサーが製作した『』及び『』には、「ハリーハウゼン」という名前の寿司屋が登場する。 訃報を受けたルーカスは「僕たちのほとんどが子供のころから彼(ハリーハウゼン)の影響を受けてきた。 その存在なくして『』は生まれなかった」とコメントした。 キャメロンも「SFとファンタジー映画の実践者である私たちの全てが、巨人(ハリーハウゼン)の肩の上に乗っていると感じています。 もしレイが存在していなかったら、私たちも存在していなかったでしょう」とコメントしている。 の ピーター・ロード ()もTwitterで「一人の産業、一人のジャンル」と彼の業績を称賛し、も「私たちはコンピューターでデジタル的に作ります。 しかし、ハリーハウゼンはコンピューターのない時代からデジタル的に作っていました」と述べた。 は「私はレイ・ハリーハウゼンのあらゆる映像を愛していました。 彼は、私にモンスターの存在を信じさせた存在でした」とコメントしている。 『』(1949年) - ジョー• 『』(1953年) - リドザウルス• 『』(1955年) - 6本足の大蛸• 『』(1956年) -• 『』(1957年) - イーマ、象• 『』(1958年) - 、四腕の蛇女、双頭の(親、雛)、、剣士、• 『 ガリバーの大冒険 ()』(1960年) - のリス、ブロブディンナグの小ワニ• 『』(1961年) - 巨大、、巨大蜂、巨大、• 『』(1963年) - 、、、7人の骸骨剣士• 『 H・G・ウェルズのSF月世界探検 ()』(1964年) - 月船、宇宙球面、ムーンカーフ、、グランドルナ• 『』(1966年) - 、、、、、、• 『』(1969年) - 、、プテラノドン、、グワンジ、象• 『』(1973年) - 、動く女神の船首像、、一つ目の、• 『』(1977年) - 3体の、となったカシム王子 全身カット 、、大蜂、巨大、一角の、• 『』(1981年) - 巨大、 全身カット 、、カリポス 全身カット 、双頭の番犬、、三匹の大、 脚注 [編集 ]• 2013年05月07日. 2013年05月08日 閲覧。 Mandell, Paul December 1992. American Cinematographer via Questia. com 73 12. 2013年5月10日閲覧。. The Harryhausen Chronicles, documentary written and directed by Richard Schickel, 1997. Love, Damien 2007年11月. Bright Lights Film Journal. 2009年8月22日閲覧。 Facebook. Retrieved 2013-06-07. Rankin, Ben May 7, 2013. Mirror. Retrieved 2013-06-07. Lyons, Patrick J. 2013年5月7日. 2016年8月27日閲覧。 DDN JAPAN livedoorニュース. 2013年5月8日. 2013年6月8日閲覧。 by Margalit Fox, The New York Times, January 27, 2009, p. A28 NY edition. Retrieved 2009-01-27. net. Retrieved 2013-05-08. Retrieved 2013-06-07. 参考文献 [編集 ]• Film Fantasy Scrapbook, by Ray Harryhausen, 1972• From the Land Beyond Beyond, by Jeff Rovin, 1977• Ray Harryhausen: An Animated Life, by Ray Harryhausen and Tony Dalton, foreword by Ray Bradbury, 2003• The Art of Ray Harryhausen, by Ray Harryhausen and Tony Dalton, foreword by Peter Jackson, 2005• Ray Harryhausen A Life in Pictures, by Tony Dalton, foreword by George Lucas, final word by Ray Bradbury, 2010• Ray Harryhausen's Fantasy Scrapbook, by Ray Harryhausen and Tony Dalton, foreword by John Landis, 2011• "Ray Harryhausen - Master of the Majicks", an exhaustive limited-edition three volume set of books edited by Ernest Farino showcasing Harryhausen and his films. Release of Volume 3 is currently pending. 外部リンク [編集 ]• - (英語).

次の