家庭教師 明治大学。 【数学】明治大学の数学を徹底分析

明治大学(明治)の帰国子女枠受験対策|海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL

家庭教師 明治大学

自学自習による参考書学習で明治大学合格を目指すオンライン家庭教師サービス を手掛ける、MEI-PASS(代表:菅澤孝平)がこの度正式に開始されます。 「MEI-PASS」 【背景】 代表の菅澤は高校生時代に進研模試偏差値40の成績をたたき出しましたが、自学自習による参考書学習を極めた結果、独学で明治大学政治経済学部に逆転合格いたしました。 参考書学習を選んだきっかけは「効率」の良さです。 来週まで待たないと答え合わせができない。 これが予備校の現状です。 成績が悪いのに一律の授業を受けても成績は上がらないと感じました。 そのためまずは 目の前の苦手な分野を埋めていき、上記全てを対策できる参考書による自学自習に手を出したのです。 その参考書学習で代表の菅澤孝平は見る見るうちに成績が向上していきました。 この経験から、明治大学に行きたいけど明治大学に行く学力がない、そんな受験生を助けたいという思いがございます。 【製品・サービスの概要】 「参考書による自学自習」で「明治大学」合格を目指す「オンライン」「家庭教師」でございます。 <3つの特長> 1:予備校生よりも7倍速い「参考書による自学自習」の方法を教えます。 受験をクリアし何回も生徒を送り出しているプロの家庭教師に「やり方」を聞いた方が数倍効率が良いです。 2:「明治大学」への圧倒的な専門性 明治大学の対策や傾向を全て自分で調べぬくことも可能ですが、いかんせん 「時間」を無駄にします。 何故なら受験生は、初めての受験ですのでどこを重要視すべきか、どこを押さえるべきかが分からないからです。 それであれば明治大学を知り尽くした「プロの家庭教師」に聞いてしまうのが一番の合格への近道です。 3:一対一の「オンライン家庭教師」 全ての受験生が同等の教育機会を与えられるべきだと感じております。 オフラインだと予備校などがないと難しい反面、オンラインであればネットワークさえあれば日本のどこでも、そしていつでも繋がることが可能です。 時と場所の概念を壊した教育サービスがMEI-PASSであります。 「MEI-PASS」 【MEI-PASSについて】 代表者: 菅澤孝平 設立:2020年4月25日 Tel:090-6497-1325 URL: 事業内容:自学自習による参考書学習で明治大学を目指すオンライン家庭教師サービス メディア関係者の方はこちら• 東北地方• 関東地方• 中部地方• 近畿地方• 中国地方• 四国地方• 九州地方• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• その他.

次の

【数学】明治大学の数学を徹底分析

家庭教師 明治大学

入試対策のポイント 科 時間/ 配点 出題傾向 算数 50分/ 100点 例年大問5問の設定です。 後半にいくほど問題の難度が上がる傾向があります。 問題のレベルは付属校でも難度が高いものといえます。 動点に関する出題が近年多く見られます。 大問では答えのみでなく式や考え方を書く形式です。 国語 50分/ 100点 例年大問3問の設定で、長文読解、知識、漢字1題ずつの構成です。 読解問題では記述式の問題のウェイトが高い傾向にあります。 単に本文中の言葉を抜き出すというより、自分の言葉でまとめる力が要求されています。 知識や漢字の問題で30点分の出題があるのも他校に見られない特徴といえます。 理科 40分/ 75点 大問6~7問の構成で4分野からまんべんなく出題されていますが、物理化学分野のウェイトがやや大きい傾向にあります。 物理化学分野では難度の高い計算問題が例年出題されることが特徴的です。 解答形式は記号選択が中心ですが、記述や計算式を書かせるものもあります。 社会 40分/ 75点 例年大問3問の設定です。 分野的なバラつきは少ないですが、地理・歴史に時事問題を絡めた出題が多いという特徴があります。 地図や資料の読み取りの問題も多く出題されます。 幅広い知識に加えて、それらを結び付けて考えることができているかどうかが問われています。 明治大学付属明治中学校合格へのポイントは? 算数の問題難度が高く、差がつきやすい 元々男子校であったこともあるためか、明大明治中の算数の問題は付属校の中でも難度の高いものとなっています。 そのため後半の応用問題の出来不出来で、得点にかなりの差が出ているようです。 特に女子の受験生にとっては図形分野では相似、動点等女子が苦手にしがち問題が多いようで、ヘビーな内容となっています。 本格的な内容の理社、知識のみではない総合力が必要 明大明治中は明治大の付属であるとともに国公立大学への進学校としての性格も兼ね備えています。 そのためか、理科・社会でも男子進学校並みの本格的な問題が出題されます。 奇をてらうような出題ではありませんが、質量ともにボリュームがあり、知識の暗記だけでは対応できない思考力、総合力が問われます。 他の付属校と併願する場合でも十分な対策が必要な学校といえます。 国語は記述対策が必要、自分の言葉でまとめる練習を 明大明治中の長文は、説明文、論説文の出題が多い傾向にあります。 内容も、言語や文化、コミュニケーションといった抽象的な大人向けのものが多く、そういった文章に慣れておく必要があります。 記述問題に関しては、単純な書き抜きだけでは収まらない、自分の言葉で表現すること、論理的に説明することが要求されています。 新聞コラムや論説的なものを読んで、自分で要旨をまとめたり、感想を書いてみるといった訓練が必要です。 学校情報.

次の

明治大学(明治)の帰国子女枠受験対策|海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBAL

家庭教師 明治大学

情報力 帰国子女枠の受験情報は少ない為、情報を持っていればいるだけ優位に立てます。 経験 事前に学校独自の入試対策をする事や、帰国子女枠を受けた人から指導を受ける事が有効です。 学力 多種多様の試験内容であるため、普段の学習時から苦手を潰しておく事が非常に大切です。 この3点をクリアする為には、 実際に帰国子女教師に学習のサポートを行ってもらうことが得策です。 当サービスには 帰国子女枠受験で大学を受験し合格した経験のある教師が多数在籍しており、海外・日本に滞在する帰国子女の学習サポートを行っています。 お困りの事がございましたら、お気軽にください。 明治大学 明治 帰国子女枠受験対策 書類選考 IB、SAT、TOEFL、自己アピール等 ・学力試験・小論文・面接など 明治大学帰国子女枠の受験内容は下記のようになります。 事前に内容を理解して勉強をすることが合格への近道となります。 しっかりと内容を理解し対策しましょう。 [一例:海外就学者特別入学試験 法学部 ] 書類選考対策 一次 高校卒業後2年間出願ができます。 出願要件としての英語運用能力試験のスコアは、TOEFL iBT61点以上、Goethe-Institut B1レベル以上、DELF・DALF DELF B1レベル以上、TCF B1レベル以上となっていますが、スコアは高ければ高いほど有利でしょう。 日本語小論文 読解を含む 対策 二次 2015年度の入試では、日本の文化についての文章を読み、自分の意見を述べる形式だったようです。 文化研究に重点を置いた学部なので、小論文では文化のあり方や差異などをトピックとした文章が課題文となる可能性が高いです。 「異文化理解」などについての新書を読むなどして知識を蓄えましょう。 面接試問対策 二次 過去には、なぜ国際日本学部なのか、将来何をしたいのか、海外生活でなにを学んだのか、などについて聞かれたようです。 取りたい教授の授業が聞かれることもあるようなので事前のリサーチが必要です。 日本に帰ってきたときの逆カルチャーショックなど、文化研究に重点を置いた学部らしい質問にも対応できるようにしましょう。 統一試験 IB, SAT, TOEFL 対策 明治大学の帰国子女枠合格者の統一試験点数 EDUBALに在籍している明治大学の帰国子女枠合格者に統一試験の点数をインタビューしました。 以下がEDUBALに在籍している明治大学の帰国子女枠合格者の中での最低点ですので、合格基準として参考にしてください。 TOEFL点数 77点 TOEIC点数 885点 統一試験の点数は、成績の基準にばらつきがでてしまう学校の成績よりも、ライバルとの立ち位置を比較する上で重要な指標になります。 上記の点数に達しない場合は、他の人よりも厳しい状況に立たされる可能性があるということなので、筆記試験や面接で確実に挽回しなければならなくなります。 まずは統一試験で高い点数を取って周りに差をつけ、自信を持って明治大学の帰国枠受験に臨みましょう。 帰国子女枠 特別選考 って難しい? 帰国子女枠 特別選考 受験は、きちんと対策を行えば難しい試験ではありません。 国内の一般生とは全く異なる教育を受けてきた帰国子女の「キラリと光る何か」を探し、それを評価する受験であると言えるでしょう。 つまり、学生1人1人が海外生活で養ってきた言語力や学力に加え、その他 個性的なスキル、考え方、価値観といったものが重視されます。 オンライン家庭教師EDUBALには、 明治大学の帰国子女枠受験経験者や、 、、などの高得点所持者が多数在籍しています。 そのため、帰国子女特有の悩みを理解し、学習面のサポートを1対1で行うことで、志望校への合格に繋げることができます。 「インターネットを使ってIBのサポートを受けたい」「〇〇学校の帰国子女枠対策をしてほしい」「こんなことできますか?」など、お気軽にください。 ただし,本学入学前年度あるいは前々年度に卒業(修了)又は卒業(修了)見込みの者に限る。 イ 海外において外国の教育課程に基づく初等・中等教育を受けた期間が通算 4 年以上の者で,国内外 問わず通常の 12 年の学校教育課程を本学入学前年度に卒業(修了)又は 卒業(修了)見込みの者。 「権利自由、独立自治」 を建学の精神とし、「知の創造と人材の育成を通し、自由で平和、豊かな社会を実現する」 ことを大学の使命としている。 学問的な視野を広げ、問題発見能力や判断力を養うため、学部や文系理系の枠を越えた学際的な授業として「学部間共通総合講座」を設けている他、多くの学部で、1・2年次からゼミナール形式の講義がある。 学部 法学部、商学部、政治経済学部、文学部、理工学部、農学部、経営学部、情報コミュニケーション学部、国際日本学部、総合数理学部 EDUBALとは、帰国子女の方に向けて オンラインで学習サポートを行うサービスです。 また、歳の近い難関大生が指導を行うので、憧れのお兄さん、お姉さんのような存在として、生徒様に寄り添った指導を行うことができます。 2.全世界どこからでも指導を受けることが可能 オンラインで指導を行うため、世界中どこでも、自宅から指導を受けることができます。 3.帰国子女枠受験対策から学習サポート、統一試験まで幅広く対応 殆どの教師が帰国受験を経験しているので、自身の経験に基づいた指導を行うことが可能です。 統一試験(IB、SATなど)では満点をとった教師も在籍しており、多くの指導を行っています。 海外子女向けオンライン家庭教師のEDUBALは、 株式会社トモノカイが運営しています。 トモノカイは、成長を通じ、『次の時代の価値を創り出す人間を輩出』していくことを理念としています。 日本中の世界中の"成長したいと願っている人"や"学びたいと思っている人"に、たくさんの成長機会を創出していきます。 指導対応国例(順不同) アメリカ/イギリス/インド/インドネシア/エジプト/オーストラリア/カナダ/韓国/ケニア/シンガポール/スイス/スペイン/タイ/中国/チリ/ドイツ/ニュージーランド/フィリピン/フランス/マレーシア/ロシア• Copyright TOMONOKAI All Rights Reserved.

次の