ファミリープール 広島。 広島のプールと言えばここ!中央公園ファミリープールの楽しみ方をガイド

広島市のプールは「ファミリープール」しかない?その他近場のプールも紹介

ファミリープール 広島

日中はまだ汗ばむこともありますが、朝晩はすっかり涼しくなって来ました。 今年の夏も終わりなんですね。 少しセンチメンタルになって、こんな曲が聴きたくなる。 そんなタイミングで、プールの紹介! 「これは、キャンプ場紹介のブログじゃなかったのか?」 ごめんなさい。 確かに、我が家も「中央公園ファミリープール」に初めて行く時に、ここの情報があまりなかったので、少し困ったんですよね。 レーズンと渋滞が苦手な私。 一方、「ファミリープール」に専用駐車場はないので、近隣の有料駐車場を利用することになります。 とは言っても、広島市街の中心部にあるので、公共交通機関を利用すれば、かなり便利な場所にあると言えます。 どちらを選ばれるかは、ご自宅からのアクセスが判断材料になるかもしれませんね。 また、「ファミリープール」にはスライダーのような遊具はないので、こちらは主に幼児~小学生を対象にしたプール、と言えるかもしれません。 ーーーーーシュッパーーーツ!ーーーーー 路線バスやアストラムライン、路面電車などで、まずは紙屋町へ。 我が家からはバスで約30分。 広島バスセンターから、涼しい地下街のシャレオを通って、旧市民球場前で地上に。 【県外の方へ】 右側の空地が、旧広島市民球場跡地です。 昨年3連覇を果たした時、どこに刻印されるのだろうと気になっていましたが、隣に追加されました。 これで10連覇まで大丈夫ですね! さて、球場跡地を右手に見ながら少し歩くと、タージ・マハルがあります。 そしてその先、こちらが「中央公園ファミリープール」です。 着替えを済ませたら、早速園内に! 政令指定都市の中心部とは思えないほど、広い敷地で気持ちがイイ! 緑丸のところが「総合案内」。 これなら手ぶらで来れますね! グランピングのプール版w 浮き輪を持参した人は、ここの反対側にあるコンプレッサーを無料で利用出来ます。 でも、浮き輪の準備より急ぎたいのは「場所取り」。 大小様々な無料の日除けテントがたくさんありますので、サンシェードなどを持ち込む必要はほぼありません。 それより、場所を明確にするレジャーシートはあった方が便利です。 ただ、土日は多くの方が利用されるので、できるだけコンパクトなもので。 午前10時くらいなら、じゅうぶんに余裕があります(午前9時開園)。 所々にチェアや4人掛けのパラソルセットもあるので、お好みで! 場所が確保出来たら、浮き輪の準備をして、早速プールへGO! プールは3種類。 まずは「こどもプール」。 扇型の滑り台があります。 ここの水深は20~40cm程度なので、「泳ぐ」と言うより「水遊び」。 滑り台の周りは広いので、幼児でも安心して水遊びが出来ます。 ボクも2歳の時から、ここでじゃぶじゃぶしていましたw 滝もあるので、精神を鍛えることも出来る。 わんぱくでもいい。 たくましく育って欲しい。 2つ目は、50m(多目的)プール。 泳いだりビーチボール遊びをしたり、なんでもOK! 水深は100㎝。 姫様とボクは小さい頃から、ライフジャケットを着てここでも遊んでいました。 こどもは少し溺れただけでも、それがトラウマになったりするものです(私の実体験w)。 だから、小さいうちはプールでもライフジャケットの着用がおすすめです。 最後の3つ目は、流れるプール。 2ヶ所ある水の吹き出し口がアクセントになって、盛り上がる! 確か以前は、大型の浮き具(イルカなど)は持込み禁止だったはず。 今は禁止されていませんが、それでもあまり見掛けません。 確かに、土日は特に混雑しているので、持ち込まれない方が良いかもしれませんね。 なお、園内は土足禁止。 人工芝が敷かれているので裸足でも歩けますけど、園内用のサンダルは持参された方が動きやすいと思います。 タイル部分を歩くと、「アチチアチチ」とヒロミ郷の歌を披露することになります。 なお、監視員は小走り程度でも、「園内を走る」ことを非常に厳しく注意されています。 確かに非常に危ないのでお気を付けください。 ーファミリープールニ オヒルガヤッテキター さて、そろそろお腹が空いてきました。 黄丸がこちら。 みんな捨て難い。 ということで、11時頃にはこんな感じにw ひと通り食べたら、シャレオのセブンイレブンで買って持ち込みも有り。 最近のボクは、ざる蕎麦ブーム。 赤丸のこちらは「売店」。 軽食の他に、ビーチボールや日除け止めクリームなども売られているので、忘れた場合にも助かります。 また、飲料の自動販売機や喫煙コーナーもあります。 救護室もあるので、ご安心ください。 開園時間は午後6時まで。 名残惜しいのですが、我が家はいつも午後3時頃にプールを出て、帰り支度。 そして、奥に見えるタージ・マハルに向かいます。 実は、ここはムムターズ・マハルの墓廟ではなく、こども文化科学館+こども図書館です。 ここではプラネタリウムの観覧ができます。 黄丸のところ。 毎日いろんな番組が上映されており、最終の午後4時からは「リフレタリウム」という、オーソドックスに星空を眺められる番組があるのです。 この上映に間に合うように、プールを切り上げたという訳です。 チケット(高校生以上¥200。 中学生以下、無料)を貰ったら、上映時間まで遊びの時間。 このスターウォーズのセットようなものは、体験装置付きの迷路。 隣の部屋は、電気や音の共鳴を利用した、色々な実験装置で遊べるようになっており、こども達はどれも夢中になって遊んでいます。 他に「アポロホール」もあって、演奏会が開催されることもあります。 プラネタリウムの観覧以外は、入館料を含めすべて無料です。 さぁ、4時の10分前になったら、4階へ。 ふかふかのチェアをいっぱいまでリクライニングさせると、目の前に広がる満天の夜空に輝く無数の星。 涼しい空調が、泳ぎ疲れた身体を優しくクールダウンしてくれる。 20分という上映時間も丁度良いリフレッシュタイム。 大人でも不思議で面白い遊びがいっぱい。 午後5時の閉館を迎えて、外に出る。 旧市民球場跡地の道路向かいには、世界遺産「原爆ドーム」。 また凄い場所で泳いでいたものだ。 さぁ、ご飯を食べて帰ろう! これもいつも同じコース。 「松屋」か「松のや」の二択w 少し時間があれば、赤丸のモンベルショップに寄ってみる。 ギアに目移りしながら、次のキャンプに想いを馳せる。 そんな夏の終わりのひと時。 ーーーーーートコロデーーーーーー 我が家の夏に欠かせない「中央公園ファミリープール」ですが、今年の営業は9月1日まで。 さて、この記事が今年、誰かのお役に立つことはあるのでしょうか? あっ、そう言えば! 次回は「プール付きのキャンプ場」のご紹介予定なんですけど、更新は9月。

次の

利用のご案内

ファミリープール 広島

日中はまだ汗ばむこともありますが、朝晩はすっかり涼しくなって来ました。 今年の夏も終わりなんですね。 少しセンチメンタルになって、こんな曲が聴きたくなる。 そんなタイミングで、プールの紹介! 「これは、キャンプ場紹介のブログじゃなかったのか?」 ごめんなさい。 確かに、我が家も「中央公園ファミリープール」に初めて行く時に、ここの情報があまりなかったので、少し困ったんですよね。 レーズンと渋滞が苦手な私。 一方、「ファミリープール」に専用駐車場はないので、近隣の有料駐車場を利用することになります。 とは言っても、広島市街の中心部にあるので、公共交通機関を利用すれば、かなり便利な場所にあると言えます。 どちらを選ばれるかは、ご自宅からのアクセスが判断材料になるかもしれませんね。 また、「ファミリープール」にはスライダーのような遊具はないので、こちらは主に幼児~小学生を対象にしたプール、と言えるかもしれません。 ーーーーーシュッパーーーツ!ーーーーー 路線バスやアストラムライン、路面電車などで、まずは紙屋町へ。 我が家からはバスで約30分。 広島バスセンターから、涼しい地下街のシャレオを通って、旧市民球場前で地上に。 【県外の方へ】 右側の空地が、旧広島市民球場跡地です。 昨年3連覇を果たした時、どこに刻印されるのだろうと気になっていましたが、隣に追加されました。 これで10連覇まで大丈夫ですね! さて、球場跡地を右手に見ながら少し歩くと、タージ・マハルがあります。 そしてその先、こちらが「中央公園ファミリープール」です。 着替えを済ませたら、早速園内に! 政令指定都市の中心部とは思えないほど、広い敷地で気持ちがイイ! 緑丸のところが「総合案内」。 これなら手ぶらで来れますね! グランピングのプール版w 浮き輪を持参した人は、ここの反対側にあるコンプレッサーを無料で利用出来ます。 でも、浮き輪の準備より急ぎたいのは「場所取り」。 大小様々な無料の日除けテントがたくさんありますので、サンシェードなどを持ち込む必要はほぼありません。 それより、場所を明確にするレジャーシートはあった方が便利です。 ただ、土日は多くの方が利用されるので、できるだけコンパクトなもので。 午前10時くらいなら、じゅうぶんに余裕があります(午前9時開園)。 所々にチェアや4人掛けのパラソルセットもあるので、お好みで! 場所が確保出来たら、浮き輪の準備をして、早速プールへGO! プールは3種類。 まずは「こどもプール」。 扇型の滑り台があります。 ここの水深は20~40cm程度なので、「泳ぐ」と言うより「水遊び」。 滑り台の周りは広いので、幼児でも安心して水遊びが出来ます。 ボクも2歳の時から、ここでじゃぶじゃぶしていましたw 滝もあるので、精神を鍛えることも出来る。 わんぱくでもいい。 たくましく育って欲しい。 2つ目は、50m(多目的)プール。 泳いだりビーチボール遊びをしたり、なんでもOK! 水深は100㎝。 姫様とボクは小さい頃から、ライフジャケットを着てここでも遊んでいました。 こどもは少し溺れただけでも、それがトラウマになったりするものです(私の実体験w)。 だから、小さいうちはプールでもライフジャケットの着用がおすすめです。 最後の3つ目は、流れるプール。 2ヶ所ある水の吹き出し口がアクセントになって、盛り上がる! 確か以前は、大型の浮き具(イルカなど)は持込み禁止だったはず。 今は禁止されていませんが、それでもあまり見掛けません。 確かに、土日は特に混雑しているので、持ち込まれない方が良いかもしれませんね。 なお、園内は土足禁止。 人工芝が敷かれているので裸足でも歩けますけど、園内用のサンダルは持参された方が動きやすいと思います。 タイル部分を歩くと、「アチチアチチ」とヒロミ郷の歌を披露することになります。 なお、監視員は小走り程度でも、「園内を走る」ことを非常に厳しく注意されています。 確かに非常に危ないのでお気を付けください。 ーファミリープールニ オヒルガヤッテキター さて、そろそろお腹が空いてきました。 黄丸がこちら。 みんな捨て難い。 ということで、11時頃にはこんな感じにw ひと通り食べたら、シャレオのセブンイレブンで買って持ち込みも有り。 最近のボクは、ざる蕎麦ブーム。 赤丸のこちらは「売店」。 軽食の他に、ビーチボールや日除け止めクリームなども売られているので、忘れた場合にも助かります。 また、飲料の自動販売機や喫煙コーナーもあります。 救護室もあるので、ご安心ください。 開園時間は午後6時まで。 名残惜しいのですが、我が家はいつも午後3時頃にプールを出て、帰り支度。 そして、奥に見えるタージ・マハルに向かいます。 実は、ここはムムターズ・マハルの墓廟ではなく、こども文化科学館+こども図書館です。 ここではプラネタリウムの観覧ができます。 黄丸のところ。 毎日いろんな番組が上映されており、最終の午後4時からは「リフレタリウム」という、オーソドックスに星空を眺められる番組があるのです。 この上映に間に合うように、プールを切り上げたという訳です。 チケット(高校生以上¥200。 中学生以下、無料)を貰ったら、上映時間まで遊びの時間。 このスターウォーズのセットようなものは、体験装置付きの迷路。 隣の部屋は、電気や音の共鳴を利用した、色々な実験装置で遊べるようになっており、こども達はどれも夢中になって遊んでいます。 他に「アポロホール」もあって、演奏会が開催されることもあります。 プラネタリウムの観覧以外は、入館料を含めすべて無料です。 さぁ、4時の10分前になったら、4階へ。 ふかふかのチェアをいっぱいまでリクライニングさせると、目の前に広がる満天の夜空に輝く無数の星。 涼しい空調が、泳ぎ疲れた身体を優しくクールダウンしてくれる。 20分という上映時間も丁度良いリフレッシュタイム。 大人でも不思議で面白い遊びがいっぱい。 午後5時の閉館を迎えて、外に出る。 旧市民球場跡地の道路向かいには、世界遺産「原爆ドーム」。 また凄い場所で泳いでいたものだ。 さぁ、ご飯を食べて帰ろう! これもいつも同じコース。 「松屋」か「松のや」の二択w 少し時間があれば、赤丸のモンベルショップに寄ってみる。 ギアに目移りしながら、次のキャンプに想いを馳せる。 そんな夏の終わりのひと時。 ーーーーーートコロデーーーーーー 我が家の夏に欠かせない「中央公園ファミリープール」ですが、今年の営業は9月1日まで。 さて、この記事が今年、誰かのお役に立つことはあるのでしょうか? あっ、そう言えば! 次回は「プール付きのキャンプ場」のご紹介予定なんですけど、更新は9月。

次の

広島市のプールは「ファミリープール」しかない?その他近場のプールも紹介

ファミリープール 広島

プール 広島市民なら誰でも知ってる話。 広島市ファミリープールのマルとバツをまとめてみた グリーンピアせとうちに続き、広島市ファミリープールのマルとバツをまとめてみました。 広島市ファミリープール概要 所在地 広島市中区基町4番41号 中央公園ファミリープール内 電話番号 082-211-0063 プール料金 大人 18歳以上65歳未満 780円、小人 4小・中・高校生及び18歳未満 340円 プール営業時間 9時00分~18時00分 駐車場 無し 桟敷料金 無し 日よけ、テント 無料 ロッカー代 100円 貸し浮き輪 100円 プール数 3(流れるプール、幼児プール、多目的プール) ウォータースライダー 無し(幼児向けすべり台有り) トイレ 4ヵ所 割引、クーポン 無し 広島市ファミリープールのここがバツ 幼児向け、ファミリー向けのプールです。 大きな不満はありません。 お盆期間中や夏休み真っ只中の日曜日の流れるプールは文字通り芋を洗う状態です。 お昼の時間をずらすのがおすすめです。 広島市ファミリープールのここがフツウ ファミリープールは普通のプールです。 味も値段も普通。 これも普通なのですが、日差しが強い日は鉄板並みに熱くなっているのでビーチサンダルが必須。 トイレに行ってから並ばないとエライ目に合うかも知れません。 広島市ファミリープールのここがマル 広島市を代表するプールだけに、魅力的なポイントがたくさん。 大人1,000円でも行きます。 大人1,500円に値上げされても(他に行くところがないので)しぶしぶ行くと思います。 小学生未満は無料もありがたい。 駐車場は有りませんが、車で行く場合はパセーラや基町のパーキングが利用できます。 3歳以下の幼児を連れて行くならまず満足できると思います。 幼児のみで入水、プールサイドを走る、飛び込み、投げ込みなど、危険なケースは直ぐにチェックが入ります。 素晴らしいと思います。 水も見た目はキレイです。 水の勢いもザーザーです。 入場料も無料です。

次の