ねい ば ー。 アリー・ハーメネイー

ケンカしないで仲良く。 おねいさんとの約束よ。

ねい ば ー

宗教指導者 [ ] 小学校卒業後、父に秘密で中学校に通った。 その後の勉学は、まずのでイスラーム諸学、特にに向けられた。 にのに赴き、2年間神学を学んだ。 その後、市に赴き、のもとでまでイスラーム法学を学んだ。 ハーメネイーは、の弟子かつ重要な同志であり、現在では大アーヤトッラーの称号を持つが、彼は最高指導者の地位につくまでは法学者として最高の位階にあったわけではないため(後述)、現在でも法学権威(模倣の源泉、)として最良であると見なされているわけではない。 ハーメネイーは、の広い知識を有しているが、ゴム市の一部の活動家は、彼の権威を認めていない。 この事実は、現政権の指導者の多くがゴム市の宗教学校出身であるのに対して、ハーメネイーは市で宗教教育を受けたことに一因がある。 ハーメネイーは、マシュハドおよびゴム市の宗教学校の学生中に多くの支持者を有する。 、商人、聖職者の大多数も、彼の支持者である。 反帝政闘争 [ ] 、ホメイニーの呼びかけにより、ゴム市が蜂起した。 この蜂起において、ハーメネイーは、ゴム市に滞在しつつ、マシュハド市の宗教・政治活動家と連絡を取った。 蜂起は鎮圧され、その後、ハーメネイーは数回投獄された。 その後、等の別組織と協力して、反帝政秘密組織の再建に取り組んだ。 この秘密組織は、で大きな役割を果たし、革命後はに再編された。 イラン革命 [ ] 最高指導者就任時期の公式画像(1989年) 1989年6月にハーメネイーが最高指導者に選出されたのは、保守派の 闘う法学者協会と改革派のの利害の一致のためだった。 彼は候補者の中で最も若く、当時大統領だったラフサンジャーニーは、改革推進において彼の協力を当てにしていた。 一方、保守派の宗教・政治指導者は、余り権威のないハーメネイーが自分達の影響下に入るものと予想していた。 そもそもの後継者として指名されていたが失脚してから時間がなく、ハーメネイーの最高指導者への選出は既定の路線ではなかった。 モンタゼリー失脚時点では、憲法に最高指導者はマルジャエ・タクリード(大アーヤトッラー)でなければならないという規定が存在したが、モンタゼリーにかわる、大アーヤトッラーの地位をもつ好ましい後継者が見つからなかった(当時イラン国内に存在した大アーヤトッラーは、ホメイニー、モンタゼリーを除き全て体制中枢から距離を置いていた)ため、ホメイニーは大アーヤトッラーでなくとも最高指導者の地位に就けるように憲法第109条の改正を行い、親体制派の聖職者たちに対して道を開いた。 ホメイニーはシーア派十二イマーム派のイスラム法学者の位階の最高位、マルジャエ・タクリード(大アーヤトッラー)であったが、ハーメネイーは長く(位階の第三位)にすぎず、この時昇格してもなおであり、マルジャエ・タクリードには届いていない。 当初、最高指導者はマルジャエ・タクリードでなければならないとされていたため、ハーメネイーの権威に傷が付くことになったのである。 最高指導者となったハーメネイーは、まで、政治の舞台では保守派の味方についた。 ハーメネイーは、1989年から1997年まで大統領だったラフサンジャーニーに目に見える支援を与えなかった。 このことは、「専門家会議」を支配するコム出身の宗教活動家側からの非難を懸念したからだとされる。 その外、ラフサンジャーニーは、ハーメネイーと自分を対等と考え、彼に圧力を加えようとすらした。 の議会選挙前日、闘う法学者協会の指導者、並びにラフサンジャーニーとの協議中、左派の勝利を許さないことが決定された。 その結果、左派の活動家は、議席を得ることができなかった。 議会の保守派は、強力な派閥を形成したが、ラフサンジャーニーの予想に反して、政府に協力しなかった。 ハーメネイーは、保守派の圧力の下、サウジアラビアとの協力、対米関係の一部正常化、創作従事者党の創設等で、大統領を再三批判した。 ハーメネイーとラフサンジャーニー間の不一致は、1997年の大統領選挙までに鮮明に現れた。 ハーメネイーは、闘う法学者協会から立候補したアブドッラー・ナーテグ=ヌーリーの支持を明言し、ラフサンジャーニーは、の勝利のため、闘う法学者協会の影響力低下に関するあらゆる措置を採った。 2千万人以上の国民が選出したハータミーの勝利は、ハーメネイーに自分の立場の再検討を余儀なくさせた。 彼は、新大統領の方針が客観的に社会の要求に応えているとの結論を下した。 保守派の宗教・政治運動支持者中には、国民中の人気の急激な低下によって引き起こされた重大な見解の相違が生じた。 若干の権威ある宗教活動家、学生及びイスラム革命防衛隊の代表は、過激な保守派の政策に不満を示した。 12月、マルジャエ・タクリード(大アーヤトッラー)であるモハンマド・アリー・アラキーが死去したのち、はハーメネイーをマルジャエ・タクリードとして認めると宣言した。 モハンマド・シーラーズィ、ホセイン・アリー・モンタゼリー、ハサン・タバータバーイー・ゴミーなど、何人かの反体制派およびイラン国外の大アーヤトッラー・アーヤトッラー達はハーメネイーを大アーヤトッラーとして認めることを拒否した。 また、政治経験は豊富であっても、法学における業績が乏しいハーメネイーを大アーヤトッラーとして認める慣例に反した決定にはイラン国内からの反発も強く、 ハーメネイーはみずから、12月18日には、イラン国内におけるマルジャエ・タクリードとしての役割を辞退する声明を発表した。 後半、情報省職員による改革派政治家の暗殺が暴露されたが、その組織者の中には、ハーメネイーが信任する情報省次官もいた。 1999年中盤までに、国内情勢は、危機的状況にまで悪化した。 ハーメネイーは、ハータミー等と協議し、左派・右派を問わず過激派の出現を許さないことに決めた。 彼は、法治主義、並びに憲法で規定された権利と自由の保障を志向した政府の方針への同意を表明した。 ハータミー政権との妥協の結果、デモ鎮圧時に職権を濫用した法秩序警備軍将校が刑事起訴され、情報相、司法権の長、貧民財団総裁等が解任された。 その一方で、1999年-中、20紙以上の新聞紙が閉鎖に追い込まれ、若干のジャーナリスト及び社会・政治活動家が処罰された。 ハーメネイーは、国際舞台でのハータミーの努力を支持した。 彼は、人企業家の釈放の指示を下し、のための行為で死刑判決を受けていたユダヤ系人に対する判決を差し戻した。 ハータミー政権において、ハーメネイーは、行政権の政策を支持することで国民中の人気をつなぎとめ、他の権威ある宗教活動家からの圧力をかわすことに力を注いでいる。 2000年 - 2010年代 [ ] で投票するハーメネイー に保守派に属するが圧倒的な勝利で大統領に再選されると、敗れた改革派候補で元首相の陣営が不正選挙を主張し、選挙のやり直しを求め、支持者らによる大規模なデモ・暴動に発展した。 ハーメネイーは2009年に金曜礼拝で「今、イランは冷静になることが必要だ」と演説し、イラン国民への自制の呼びかけと改革派のデモ終結を要求したが、それでも改革派市民によるデモ・騒乱は収まらなかった。 今回の騒乱により、をとるイランの現体制の権威が傷つくこととなった。 なお、ハーメネイーやイラン政府はこの事件の背後には欧米とは異なる新しい道を歩む現体制を転覆させようと再三イランを国際的、国内的に干渉している外国の影があると主張している。 2010年2月にハーメネイーは演説でこの選挙後の出来事は、一部の人々の誤った推測や無知から発生したとし、「(外国や共和国内部の体制の転覆を目論む)敵は、これらの出来事を利用することで、イランイスラム共和国を弱体化させようとしたが、これらの出来事は、体制の弱体化につながらなかったばかりか、これまで以上にイスラム体制が力をつける要因となった」と述べ、また、長年に渡る外国の干渉(と国際的な干渉)に今年も我々は勝利し、革命を守りぬいたとも述べている。 2010年1月にはイラン情報省海外担当次官が、大統領選挙後のデモの発生に何年も前からイランの政権の転覆を目的としてきたアメリカとの財団・機関などが関与していた事実があったとして「ソフトな戦争」(内政干渉など)を仕掛ける60の欧米団体の実名をイランのメディアに対して公表し、この侵略的な体制転覆計画は、の等がこれらの団体を使って行わせており、今までにかなり多くの予算が正式に割り当てられていると主張した。 また、これらの団体は表面上諜報機関とはわからないように装って活動しているとしている。 (詳細はの「イランに対するアメリカ合衆国の政策」、の「対イラン干渉2009年〜2010年」の項を参照。 「ハーメネイーの西側諸国への主張」に関してはの「イランの主張」の項または上記の脚注につけた公式のリンク先を参考) 人物 [ ] 市出身。 彼の父、セイイェド・ジャワードはマシュハド在住の大アーヤトッラー(高位)で、の出身で。 母は、同じくマシュハドの著名なウラマーであるセイイェド・ハーシェム・ナジャファーバーディーの娘で、の家系。 、、、、を話し、も理解する。 ペルシア文学と伝統的な民族音楽を趣味とする。 原稿の準備なしに長時間演説できる雄弁家である。 1981年に爆弾テロにあった後遺症で、右手が不自由である。 弟のは国会議員であり、改革派に属する。 また、ハーメネ出身の改革派の政治家とは従兄弟の関係にある。 出典 [ ] [].

次の

アリー・ハーメネイー

ねい ば ー

宗教指導者 [ ] 小学校卒業後、父に秘密で中学校に通った。 その後の勉学は、まずのでイスラーム諸学、特にに向けられた。 にのに赴き、2年間神学を学んだ。 その後、市に赴き、のもとでまでイスラーム法学を学んだ。 ハーメネイーは、の弟子かつ重要な同志であり、現在では大アーヤトッラーの称号を持つが、彼は最高指導者の地位につくまでは法学者として最高の位階にあったわけではないため(後述)、現在でも法学権威(模倣の源泉、)として最良であると見なされているわけではない。 ハーメネイーは、の広い知識を有しているが、ゴム市の一部の活動家は、彼の権威を認めていない。 この事実は、現政権の指導者の多くがゴム市の宗教学校出身であるのに対して、ハーメネイーは市で宗教教育を受けたことに一因がある。 ハーメネイーは、マシュハドおよびゴム市の宗教学校の学生中に多くの支持者を有する。 、商人、聖職者の大多数も、彼の支持者である。 反帝政闘争 [ ] 、ホメイニーの呼びかけにより、ゴム市が蜂起した。 この蜂起において、ハーメネイーは、ゴム市に滞在しつつ、マシュハド市の宗教・政治活動家と連絡を取った。 蜂起は鎮圧され、その後、ハーメネイーは数回投獄された。 その後、等の別組織と協力して、反帝政秘密組織の再建に取り組んだ。 この秘密組織は、で大きな役割を果たし、革命後はに再編された。 イラン革命 [ ] 最高指導者就任時期の公式画像(1989年) 1989年6月にハーメネイーが最高指導者に選出されたのは、保守派の 闘う法学者協会と改革派のの利害の一致のためだった。 彼は候補者の中で最も若く、当時大統領だったラフサンジャーニーは、改革推進において彼の協力を当てにしていた。 一方、保守派の宗教・政治指導者は、余り権威のないハーメネイーが自分達の影響下に入るものと予想していた。 そもそもの後継者として指名されていたが失脚してから時間がなく、ハーメネイーの最高指導者への選出は既定の路線ではなかった。 モンタゼリー失脚時点では、憲法に最高指導者はマルジャエ・タクリード(大アーヤトッラー)でなければならないという規定が存在したが、モンタゼリーにかわる、大アーヤトッラーの地位をもつ好ましい後継者が見つからなかった(当時イラン国内に存在した大アーヤトッラーは、ホメイニー、モンタゼリーを除き全て体制中枢から距離を置いていた)ため、ホメイニーは大アーヤトッラーでなくとも最高指導者の地位に就けるように憲法第109条の改正を行い、親体制派の聖職者たちに対して道を開いた。 ホメイニーはシーア派十二イマーム派のイスラム法学者の位階の最高位、マルジャエ・タクリード(大アーヤトッラー)であったが、ハーメネイーは長く(位階の第三位)にすぎず、この時昇格してもなおであり、マルジャエ・タクリードには届いていない。 当初、最高指導者はマルジャエ・タクリードでなければならないとされていたため、ハーメネイーの権威に傷が付くことになったのである。 最高指導者となったハーメネイーは、まで、政治の舞台では保守派の味方についた。 ハーメネイーは、1989年から1997年まで大統領だったラフサンジャーニーに目に見える支援を与えなかった。 このことは、「専門家会議」を支配するコム出身の宗教活動家側からの非難を懸念したからだとされる。 その外、ラフサンジャーニーは、ハーメネイーと自分を対等と考え、彼に圧力を加えようとすらした。 の議会選挙前日、闘う法学者協会の指導者、並びにラフサンジャーニーとの協議中、左派の勝利を許さないことが決定された。 その結果、左派の活動家は、議席を得ることができなかった。 議会の保守派は、強力な派閥を形成したが、ラフサンジャーニーの予想に反して、政府に協力しなかった。 ハーメネイーは、保守派の圧力の下、サウジアラビアとの協力、対米関係の一部正常化、創作従事者党の創設等で、大統領を再三批判した。 ハーメネイーとラフサンジャーニー間の不一致は、1997年の大統領選挙までに鮮明に現れた。 ハーメネイーは、闘う法学者協会から立候補したアブドッラー・ナーテグ=ヌーリーの支持を明言し、ラフサンジャーニーは、の勝利のため、闘う法学者協会の影響力低下に関するあらゆる措置を採った。 2千万人以上の国民が選出したハータミーの勝利は、ハーメネイーに自分の立場の再検討を余儀なくさせた。 彼は、新大統領の方針が客観的に社会の要求に応えているとの結論を下した。 保守派の宗教・政治運動支持者中には、国民中の人気の急激な低下によって引き起こされた重大な見解の相違が生じた。 若干の権威ある宗教活動家、学生及びイスラム革命防衛隊の代表は、過激な保守派の政策に不満を示した。 12月、マルジャエ・タクリード(大アーヤトッラー)であるモハンマド・アリー・アラキーが死去したのち、はハーメネイーをマルジャエ・タクリードとして認めると宣言した。 モハンマド・シーラーズィ、ホセイン・アリー・モンタゼリー、ハサン・タバータバーイー・ゴミーなど、何人かの反体制派およびイラン国外の大アーヤトッラー・アーヤトッラー達はハーメネイーを大アーヤトッラーとして認めることを拒否した。 また、政治経験は豊富であっても、法学における業績が乏しいハーメネイーを大アーヤトッラーとして認める慣例に反した決定にはイラン国内からの反発も強く、 ハーメネイーはみずから、12月18日には、イラン国内におけるマルジャエ・タクリードとしての役割を辞退する声明を発表した。 後半、情報省職員による改革派政治家の暗殺が暴露されたが、その組織者の中には、ハーメネイーが信任する情報省次官もいた。 1999年中盤までに、国内情勢は、危機的状況にまで悪化した。 ハーメネイーは、ハータミー等と協議し、左派・右派を問わず過激派の出現を許さないことに決めた。 彼は、法治主義、並びに憲法で規定された権利と自由の保障を志向した政府の方針への同意を表明した。 ハータミー政権との妥協の結果、デモ鎮圧時に職権を濫用した法秩序警備軍将校が刑事起訴され、情報相、司法権の長、貧民財団総裁等が解任された。 その一方で、1999年-中、20紙以上の新聞紙が閉鎖に追い込まれ、若干のジャーナリスト及び社会・政治活動家が処罰された。 ハーメネイーは、国際舞台でのハータミーの努力を支持した。 彼は、人企業家の釈放の指示を下し、のための行為で死刑判決を受けていたユダヤ系人に対する判決を差し戻した。 ハータミー政権において、ハーメネイーは、行政権の政策を支持することで国民中の人気をつなぎとめ、他の権威ある宗教活動家からの圧力をかわすことに力を注いでいる。 2000年 - 2010年代 [ ] で投票するハーメネイー に保守派に属するが圧倒的な勝利で大統領に再選されると、敗れた改革派候補で元首相の陣営が不正選挙を主張し、選挙のやり直しを求め、支持者らによる大規模なデモ・暴動に発展した。 ハーメネイーは2009年に金曜礼拝で「今、イランは冷静になることが必要だ」と演説し、イラン国民への自制の呼びかけと改革派のデモ終結を要求したが、それでも改革派市民によるデモ・騒乱は収まらなかった。 今回の騒乱により、をとるイランの現体制の権威が傷つくこととなった。 なお、ハーメネイーやイラン政府はこの事件の背後には欧米とは異なる新しい道を歩む現体制を転覆させようと再三イランを国際的、国内的に干渉している外国の影があると主張している。 2010年2月にハーメネイーは演説でこの選挙後の出来事は、一部の人々の誤った推測や無知から発生したとし、「(外国や共和国内部の体制の転覆を目論む)敵は、これらの出来事を利用することで、イランイスラム共和国を弱体化させようとしたが、これらの出来事は、体制の弱体化につながらなかったばかりか、これまで以上にイスラム体制が力をつける要因となった」と述べ、また、長年に渡る外国の干渉(と国際的な干渉)に今年も我々は勝利し、革命を守りぬいたとも述べている。 2010年1月にはイラン情報省海外担当次官が、大統領選挙後のデモの発生に何年も前からイランの政権の転覆を目的としてきたアメリカとの財団・機関などが関与していた事実があったとして「ソフトな戦争」(内政干渉など)を仕掛ける60の欧米団体の実名をイランのメディアに対して公表し、この侵略的な体制転覆計画は、の等がこれらの団体を使って行わせており、今までにかなり多くの予算が正式に割り当てられていると主張した。 また、これらの団体は表面上諜報機関とはわからないように装って活動しているとしている。 (詳細はの「イランに対するアメリカ合衆国の政策」、の「対イラン干渉2009年〜2010年」の項を参照。 「ハーメネイーの西側諸国への主張」に関してはの「イランの主張」の項または上記の脚注につけた公式のリンク先を参考) 人物 [ ] 市出身。 彼の父、セイイェド・ジャワードはマシュハド在住の大アーヤトッラー(高位)で、の出身で。 母は、同じくマシュハドの著名なウラマーであるセイイェド・ハーシェム・ナジャファーバーディーの娘で、の家系。 、、、、を話し、も理解する。 ペルシア文学と伝統的な民族音楽を趣味とする。 原稿の準備なしに長時間演説できる雄弁家である。 1981年に爆弾テロにあった後遺症で、右手が不自由である。 弟のは国会議員であり、改革派に属する。 また、ハーメネ出身の改革派の政治家とは従兄弟の関係にある。 出典 [ ] [].

次の

鳥獣保護センター;ねいの里

ねい ば ー

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2014年5月)() 西暦2292年。 地球には高度な技術が発達し、コンピューターが生活の大部分を担うようになっていた。 そんな地球に、二億六千万光年彼方の宇宙からの侵略者「イバリューダー」が迫る。 彼らの襲撃に巻き込まれた少年、真道トモルは「オーガン」と名乗る者と出会い、イバリューダーとの激しい戦いに身を投じていく。 登場人物 [ ] 真道トモル(しんどう トモル) - 23世紀の、地球の理想都市<CITY-NO. そのため懐古趣味的な面があり、博物館に通って20世紀の機械を眺めたり、古いジャケット(の制服)を好んで着たりといったシーンが見られる。 将来の目標を見出せず、睡眠時に見る夢を自在に操る装置(P. U)を使ってバーチャルリアリティの世界で遊ぶ毎日を送っており、その中で白い鎧の戦士の呼びかけを受けたが、最初は何の意味を持つ夢なのか解らなかった。 ある日、市街地でイバリューダーの襲撃に巻き込まれ、その場に居合わせた神先未知と共に危機に陥り、自分の無力さを痛感。 そこで初めて「力が欲しい」と望んだとき、夢の中に出てきた鎧の戦士・オーガンが出現。 彼と合身(リンク)し、イバリューダーの尖兵を退ける。 その後はオーガンから受け継いだ記憶のビジョンに恐怖し、リンクを拒否していたが、陽子の「守るべき対象が見つかった時が戦いの時」という言葉を受け、自分の守るべきものが何かを考える。 戦いの中で未知とは相思相愛の仲となっていき、最終決戦の前には互いに抱擁を交わして戦場に赴いた。 ラストシーンの博物館にてジャケットが飾られており、35歳の若さで亡くなったことが解っている(2295 - 2330と書かれている)。 オーガン 声 - 山寺宏一 イバリューダーの中でも勇者と称えられるほどのデトネイタークラスの戦士。 ミークの親衛隊長で次期ヘッド・デトネイターだったが、ある時イバリューダーを裏切り、地球に向かって脱走。 超光速で地球へ向けて脱走する最中に元同僚のデトネイター一人を倒している。 身長は2. 5メートル程と小型だが、2億6千万光年という途方も無い距離を一年で移動することすら可能とする、驚異のテクノロジーの結晶。 月で追っ手達と相打ちになって撃破されたかに思われたが、逃走中に自身の「設計図」を地球へ発信しており、その設計図を元に防衛組織E. F(エディフィ)の地下プラントで再成され、トモルに呼びかけを続けながら静かに復活の時を待っていた。 トモルとリンクし、イバリューダーの尖兵を退けた際に自らの記憶を彼に託し、自分が地球にやって来た理由や、イバリューダーのテクノロジーなどのデータを預けた。 神先未知(かんざき みち) 声 - E. Fに所属する天才科学者。 オーガン再成など重要プロジェクトに携わる。 によって優秀な人間を人為的に作り出す「コンプリペント計画」により生み出された。 戦いの中でトモルとは相思相愛となっていき、ゾアの邪念に取り込まれて精神を破壊されかけたトモルを命をかけて救おうとするなど、お互いに欠かせないパートナーとなる。 アイザック 声 - 未知とほぼ同じ時代に作られた有機スーパーコンピューター。 人格インターフェースを備えており、人間と同じように会話、思考する。 未知と同一のテーマについて推論する場合、その帰結は未知と同じものをみることが多い。 を意識したビジュアルになっている。 久見・ジェファーソン(くみ・ジェファーソン) 声 - シティNO. 5のアイドルのように祭り上げられている少女。 目が不自由だが予知能力があり、その予知は抽象的ではあるが、必ずといっていいほど的中する。 小説版では盲目である状態が医学的な欠陥に因るものでは無い事などが記されている。 他にもテレパシーのような能力を持ち合わせており、オーガンや敵と会話を行っている。 さらには強制的に時間を進ませ日の出を早める現象を起こしている。 最終決戦ではこの能力がオーガンに大きな力を与えることになった。 ノック 声 - トモルの友人。 俳優志望らしく、E. FのCMキャラクターに選ばれた際には嬉々としてトモルに自慢していた。 杉本麻里 声 - (ゲーム版のみ) 明貴ミヤビ 声 - (ゲーム版のみ) E. F(エディフィ) [ ] 地球統合国家ユニファの紛争鎮圧部隊。 オーガンの世界では、兵士の一人一人が強力な装備を身につける為、大規模な部隊を展開する必要が無いので、地域鎮圧には少数精鋭で事に当たる。 美剣陽子(みつるぎ ようこ) 声 - E. F戦闘機部隊・バード中隊のリーダーを務める、勝気で男勝りな女性。。 トモルに重要な助言を与える。 イバリューダーと2度交戦するも、乗機の力不足から2度とも撃墜されるなど不遇の目に遭っていたが、最終決戦では地球製ソリッドアーマーのパイロットに任命され、最後まで戦い抜いた。 ウェッジ 声 - 陽子の部下で、茶髪の男。 バージル 声 - 2巻でトモルに突き飛ばされた金髪の男。 小説版では ゴードンという名前になっている。 イバリューダー [ ] 宇宙を放浪する戦闘種族。 これまでに多くの星々の種族を滅ぼしてきた。 ブラックホールの重力にも耐える強靭な身体や、超光速での恒星間航行能力、一体で一つの惑星を壊滅させる程の火力、優れた探知能力など、単体でも驚異的な戦闘能力を誇る。 種族としての目的は、未知の敵と戦うことでより強い力を得て、次の戦いに勝利する事のみである。 その戦闘プロセスも一般的な軍隊とは異なり、ソリッドアーマーによる各個撃破、艦砲による打撃、要塞砲による殲滅という通常とは逆のプロセスであり、戦闘情報(経験)収集と勝利・敵殲滅のみに主眼が置かれている。 イバリューダーは全て、総統ミークの指示のもとで動いている。 彼らは総統ミークを頂点とする階級社会であり、また種の目的(戦闘・強化・殲滅)のために個々が奉仕する全体主義社会であるなど、アリやハチに似た社会構造を持つ。 総統ミークの命令=種の目的に逆らった者は抹殺される。 正体は、白鳥座付近の異常重力源を調査する計画「シグナライト計画」によって200年前に旅立った人間が、宇宙空間という過酷な環境に適応するために究極の進化を遂げた姿である。 オーガンがトモルをパートナーとして選んだのは、トモルがオーガンと共通のライフデータを持っている子孫だったからである。 (主演の山寺と、冬馬、笠原が二役を演じているが、彼らの演じたキャラクターは祖先と子孫の関係で繋がっている) この計画で旅立った人間は現在も行方不明とされていたが、実際は異常重力源に巻き込まれ、通常と違う時間の流れの中で急速に進化しながら生存していた。 人体は神経組織の一部を残し退化した状態となっておりソリッドアーマー内に取り込まれる様な形で存在している。 しかし地球での200年は彼らには数千年であり、ほとんどのメンバーはクローン技術で複製される中でかつての記憶を失い、行動原理は戦闘を繰り返し優れた技術を接収するだけになってしまった。 そのため地球にたどり着くまでに幾多の惑星や文明を滅ぼしている。 しかしオーガンは自分がかつて地球人だったことを思い出し、自らの失われた過去である地球を守るために逃亡した。 ラング 声 - リーブと同時期に地球にやって来たイバリューダーの戦士で、オーガンの元上官であるヘッド・デトネイター。 女子供であろうとも、目的のためなら容赦なく殺す冷酷な性格であり、地球では脱走した元部下であるオーガン抹殺を至上任務とする。 オーガンの思考を読んでの攻撃によって優位に立つが、リーブの助言によってそれを逆手に取られ、形勢はほぼ互角に。 相打ち覚悟で都市ごとオーガンを消滅させようとする。 リーブ 声 - 冬馬由美 オーガンを追って地球にやって来た斥候型(スカウト)イバリューダーの女戦士で、オーガンのかつてのパートナー。 未知の夢の中に現れ、オーガンの居場所を突き止めようとするが、そのやり取りの中でオーガンが地球を目指した理由を知り、イバリューダーのルーツに関するヒントを未知に教えて去っていく。 その後、同時期に地球にやって来たラングと戦うオーガンに助言を与えるなど、最終的にはイバリューダーの意に反した行動を取り最後は市街もろとも自爆しようとするラングを羽交い絞めにし安全な高高度まで上昇し共に爆散する。 なおこの際オーガンにイバリューダーの全構造データを転送している。 ミーク 声 - 笠原弘子 イバリューダーの総帥。 未来を予見する能力を持っているとされ、イバリューダーの行動はミークの予言によって決定される。 普段は顔しか見えないが、イバリューダーの中で唯一地球人と同様の肉体を持っている。 OVA本編では単なるコンプリペント計画のプロトタイプ体であるが、小説版ではシグナライト計画に参加していた超能力航海士(サイキックナビゲーター)の母が宇宙の環境で産んだ特殊な変異体である事が明かされている。 ゾア総司令 声 - イバリューダー達を統率する総司令にして最強の戦士。 そのマスクの下には生身の人間の顔を模した立体映像が覗く。 ミークを絶対者として崇めているが実際はその予知能力と信仰的な立場を統率の為に利用していただけであり実質的な思想統率は彼が行っていた。 僅かながら人間時代の記憶が残っているようであり地球からの支援が絶たれた事による憎悪の感情をオーガンにぶつけていた。 登場メカ [ ] ソリッドアーマー 外宇宙より飛来する、意思を持った鎧。 ウォーリアーズ(戦士)、デストロイヤー(重兵士)、デトネイター(突撃隊長)、スカウト(斥候)の各タイプが存在する。 ブラックホールの重力にも耐える強靭な身体や、超光速での恒星間航行能力、一体で一つの惑星を壊滅させる程の火力、優れた探知能力等、単体でも驚異的な戦闘能力を誇る。 地球の兵器では有効なダメージを与えられないため、地球製ソリッドアーマーが完成するまではオーガンに頼らざるを得ず、不利な戦いを強いられていた。 エイド イバリューダーでの一般的なデストロイヤークラスのソリッドアーマー。 1話では一体がオーガン抹殺の為地球に赴き、3話では大量に登場した。 武装は口部ビーム砲、両腕部ライトニードル発射器、身体各所のスリットを展開させて放つ多連装レーザー。 内部には機動性を高めた姿であるウォリアークラスのエイドIIが存在 し、そちらが本機の実体である。 外装であるエイドが損傷・戦闘不能になっても、脱出して高機動戦闘を行うことが出来る。 武装は両腕部の鉤爪型カッター、腕部プラズマキャノン。 ラング デトネイターを束ねるヘッド・デトネイター(突撃総長)。 対象の思念を読み取ることができる。 武装はハンドカッターと腕から放つビームはペクサーキャノン級の攻撃力を持つ上に発射体は純粋なエネルギーの衝撃波すら放てる。 最後は体内の反物質溶鉱炉の中身を曝し自爆しようと試みたがリーブの妨害により安全な上空で爆散する事となった。 ゾア イバリューダーの総司令であり最強の戦士。 設定資料では戦闘形態にハイパー・ゾアという表記が採用されている。 オーガンの拳を砕いたりオーガンの放ったP. Cキャノンを軽々と受け止め逆にPEC発射器を捥ぎ取り胴体の反物質溶鉱炉を抉り出し握り潰す等、極めて高い能力を持つ。 エクテアーマー 防衛隊エディフィの使用する兵装。 リンクマンと呼ばれるパイロットによって運用される、一種のパワードスーツである。 状況に応じて、人型形態と機動兵器形態に変形する事が出来る。 空戦用のバードマンや、陸戦用のタンクマン、戦闘ヘリと同様のフリーマン等、戦場に応じた各種のバリエーションが存在する。 イバリューダーの侵攻には、全く歯が立たなかった。 後にリンクマンは、イバリューダーを分析して造られた「ソリッドアーマー」を装備する事で、初めてイバリューダーと互角に渡り合えるようになる。 オーガン(地球製) イバリューダーを裏切って逃亡してきたソリッドアーマーの一つ、デトネイタークラスのオーガンが送ってきた彼自身のデータに基づき、地球の技術で解析・再成した姿。 オーガン本人の意志や記憶までそのまま持っている。 しかし地球側のテクノロジーの低さもあって元型 アーキタイプ に比べ若干性能が劣っている部分 巡航用推進機等 が在る。 自律駆動も限定的ながら可能だが、自らの意思で真道トモルをパートナーとして選び、彼と合身(リンク)することで稼動する。 このとき、トモルの身体は素粒子レベルにまで電子分解される形でオーガンと融合する。 その為、過度のリンクはトモルに生命の危険を及ぼすことになると劇中で語られている。 イバリューダーは皆反物質を利用した溶鉱炉(人間で言う心臓)を潰されると死ぬが、地球製オーガンはトモルをリンクして電気的に取り込んでいる為か溶鉱炉を潰されても死ななかった。 装甲材質はオーバリウム808とマグカーボンの複合積層材。 ただしこれも地球のテクノロジーで再現できる限界の代替物である。 武装は手首から飛び出るハンドカッター「オーガン・カッター」、手甲の発射口から連射するライトニードル、普段は腰に収納されている大型の槍「オーガン・ランサー」(液体金属を噴出、一瞬で硬化させて成形)、小説2巻31ページにて放ったビーム、頭部から発射される大口径のビーム砲「P. C(ペクサー:精神の高揚をエネルギーに変換して放ち、物質で出来ている物ならなんであろうと破壊できる)キャノン」を主な武装とする。 また、胸部装甲を展開し内部の重力ジェネレーターを使用しを最大出力で形成することによって太陽光エネルギーを一点に集中させる必殺技「グランドクルスアタック」が存在する(恒星の近くで太陽光がある程度の量が届く範囲でないと使えない)。 地球製ソリッドアーマー オーガンとリーブの記憶から得られたデータを元にエクテアーマーの発展型として開発された。 その為装着・操縦方法などはエクテアーマーのそれをほぼ引き継いだものとなっている。 イバリューダーの編成と同じく、ウォーリアー、デストロイヤー、デトネイター、スカウトの各タイプが製造されているが、イバリューダーのオリジナルとは異なる部分が散見される。 イバリューダーとの最終決戦直前に完成し、実戦投入された。 量産は「全地球の工業生産能力全てを、敵到達までの三ヶ月間フル稼働させる」という前代未聞の戦時量産体制によってなされ、ようやく最終決戦に間に合わされた。 単機では同クラスのイバリューダーに対し戦闘力で劣るので、地球側は徹底的に2機で1機の敵を倒す戦法で対抗した。 それまでの兵器では歯が立たなかった(上に物量と性能面で未だ不利であったにも拘らず)イバリューダーの兵器相手に互角以上に渡り合い、中でも美剣陽子率いるバード中隊は、敵戦闘惑星の中心部に潜入し、これを破壊するという実績を上げた(突入したバード中隊は4機だったが、相当の激戦だったらしくデストロイヤー(エイド)タイプ1機は敵司令室での戦闘にて撃破され、それ以外の機体にも損傷が見られた)。 P・A・S・F・U(パスフー) 地球で流行している精神検索記録用医療機器を娯楽用に機能限定・応用したものでソフトウェアを用いてソフトの内容に合わせた夢の中で楽しむ娯楽機器。 トモルはセイフティリミッターを外して使っている程その知識に精通したマニアである。 トモルはこれがきっかけでオーガンとコンタクトし、ある重大な事実を引き出す事にも成功した。 万能工作機ヴィルベルヴィント 設計図さえ入力すれば地球上全ての工場とリンクし、あらゆる物を製作させられるといわれる自動工場システム。 ある程度あいまいな情報でも製作可能と思われる。 オーガンのデータを解析した上で再成し、地球の最終決戦時のソリッドアーマー戦力のほとんどはこのシステムで3ヶ月の期間を要し準備された。 名称はドイツ語で「つむじ風」の意。 戦闘惑星ゾーマ イバリューダーの移動要塞で、月の四分の一の大きさを持つ小惑星。 主砲である反物質砲は地球を消滅させるほどの威力を持つ。 スタッフ [ ]• 原作・脚本 -• 監督 -• キャラクターデザイン -• オーガンベーシックデザイン -• プロダクションデザイン - 柿沼秀樹、、阿久津潤一(1)、(2・3)• ストーリーボード - 大張正己(1・3)、(2)• 作画監督 - 、松尾慎(1)、大張正己、(2・3)• 美術監督 - 南郷洋一• 撮影監督 - 小西一廣• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー - 石田登、• 制作 -• 制作協力 -• DETONATORオーガン1 誕生編(発売)• DETONATORオーガン2 追走編(1991年発売)• DETONATORオーガン3 決戦編(発売) DVD [ ]• デトネイター・オーガン コンプリートDVD-BOX(2002年6月25日発売)• OVA版全3話に映像特典としてプロモーション映像「オーガン0」(30分)を収録。 限定生産品のため既に廃盤。 メディアミックス [ ] 書籍 [ ] 小説版 より発刊。 著者はOVA本編の原作・設定も務めた。 挿絵は。 物語の概要は同じだが、細部の差異(ゾア総司令との戦闘シーン等々)が見受けられる。 DETONATORオーガン1 誕生編• DETONATORオーガン2 追走編• DETONATORオーガン3 決戦編 ムック B-CLUB SPECIAL DETONATOR ORGUN より発刊。 CD [ ]• デトネイター・オーガン【触発編】• 1991年6月25日発売。 誕生編以前のストーリーの。 本編より先駆けて発売された。 新作ソフト誌上ロケーションテストでは75、60、55、65の255点。 レビュアーはゲームというよりボタン操作で読み進める漫画やプレイヤーが参加するアニメ番組といえるCDの特徴を上手に使った作品で、原作に劣らないビジュアル、意地悪な謎もなく操作性も良くサクサク進む、一方で淡々と進むためより盛り上がるはずなゲームであり、戦闘はテンポが悪く今一つノリも悪くもっとスピーディーであって欲しかった、キャラは喋り方が話し言葉になっておらず性格にも共感しない、世界に入り込むまでいかずマニア向けであるとした他、ストーリーはわかりやすいとした者と疑問符がつくとした者で分かれ、演出は肯定的だった者とメカニックものにしては格好悪いとした者で分かれた。 クロスオーバー [ ] バンプレストより発売。 共演した『』および『』、そして『』とは設定レベルでのクロスオーバーを果たしている。 また、ゲーム独自のアレンジとしてゾアとラングの武装に反物質砲を採用している。 (バンプレストレーベル)より発売。 ニンテンドーDS用アドベンチャー仮想バトル。 ゲーム内に登場する戦闘シミュレーター「スパロボバトル」に、キャラクターと機体のみが登場する。 脚注 [ ]• 小説版ではエイドIIの内蔵はあくまで格上であるデトネイターへの対抗の都合上特例的に内蔵していたかの様に記述されている• 小説版では元型(アーキタイプ)の対義語として再成(レプリカ)があてられている• ただし、その記憶容量は限界に達しておりリーブが機体データの転送を行った際、リンクしているトモルの脳に圧縮した形で収めるしかなかった• 1 119ページ.

次の