アセンション 意味。 あなたのアセンション(次元上昇)に起こる症状8の特徴とは?【スピリチュアル解説】

アセンションをする時に見るエンジェルナンバーは?

アセンション 意味

アセンションは次元上昇とも訳されていますが、次元上昇とはどのようなことなのでしょうか。 今回は アセンションの意味についてわかりやすくまとめてみました! アセンションとは? アセンション(次元上昇)とは、自分自身がもつ波動(周波数)を高めることで、三次元から五次元の世界に移行することです。 私たちがいる世界は三次元または四次元と言われています。 縦・横・高さのある空間を三次元、それに時間の概念を加えたものが四次元になります。 そしてその上にある五次元は時間や空間に縛られず自由に移動できる意識の空間であると言われています。 つまりアセンションをすることで、時間や空間を超越した多次元の空間に存在することができるのです。 アセンションはどうして起こるの? 生命体のもつ周波数が上がることで、次元は上がっていくと考えられています。 私たちの存在は霊体であり、徳を積むことでそのレベルが上がると言われています。 このような周波数の上昇が世界的に起こっており、その影響によって地球が宇宙的な周期の終わりに向かっているようです。 何百万年に1回の確率で起こるイベントであるため、霊界の全ての存在がこの次元上昇を注目しているそうです。 《スポンサーリンク》 アセンションはみんな一斉に起こるの? アセンションをするかしないか、そしてどのタイミングでアセンションが起こるかは個人個人で異なるようです。 次元は、自身がどの範囲まで感じることができるかという能力のレベルのことです。 そのため、地球が爆発したりするようなことが起こるワケではなく、自分の内側や世界の見え方が変わるようです。 しかしアセンションはできる人とできない人もいます。 地球は一つですが、アセンションによって精神的な意味で2つに分かれていくようです。 一つはポジティブな地球、もう一つはネガティブな地球です。 アセンションに成功する人はこのポジティブな地球へ行けるそうです。 ポジティブな地球とネガティブな地球とは? ポジティブな地球は、政治や官僚システム、貨幣制度など人を支配するものが一切ない世界のようです。 愛と調和に溢れた幸せな世界です。 アセンションはどうやったらできるの? アセンションは、自己意識から共存意識へと切り替えていくことで達成できるようです。 つまりお金や物質などの私欲から自分を解放し、自己から利他へ関心をおくことが大切です。 ポジティブな地球へ行くためには、魂の質の向上と他者への貢献の意識を高めると良いでしょう。

次の

アセンションするとどうなる?次元上昇する人の特徴や症状は?

アセンション 意味

アセンションとは? アセンションとはスピリチュアル用語で、「次元上昇」の意味を持っています。 今私たちが生きている次元は縦、横、奥行で構成された3次元です。 しかし、ここにアセンションが起こると、その次元は4次元、4. 5次元、5次元へと上がり、人類や地球は新次元へ移動していくこととなるのです。 つまりアセンションとは、3次元から4次元、4. 5次元、5次元などに移動するという意味を持っています。 次元が変われば時間や重力などはありません。 もしかすると私たちが考える4次元、4. 5次元、5次元などには宇宙人がいたり、パラレルワールドがあるかもしれません。 しかし、次元が違うと物理的な法則はなく、可視化することはできないので、実際に宇宙人やパラレルワールドは存在としてあるだけで目にすることはできません。 アセンションする方法 では、どのような方法でアセンションつまり次元上昇ができるのでしょうか。 ここでアセンションの方法をご紹介しますね。 アセンションは自分に正直になり、本来の自分を取り戻すことで成立します。 自分がなにをしたいのか、自分は一体なにが好きなのかを追及すればアセンションはできます。 バシャールの思想の1つである「ワクワクする気持ちに従って生きる」にも共通していますね。 ただ、人によってアセンションの方法は異なります。 例えば、自分らしく生きる、好きなことだけをして生きるなど、アセンションの方法は人それぞれなので、一概に方法をご紹介することはできませんが、アセンションで大切なことは自分の中に隠されたものに気づく、自分を追及するということです。 意外と本来の自分を知ることは難しいですよね。 しかし、その難しい壁を乗り越えて本当の自分に気づけたとき、アセンションすることはできますよ。 アセンションした人の体の変化・症状 ではアセンションした人の体はどのような変化が起こるのでしょうか。 変化や症状をご紹介いたしますね。 耳鳴りや頭痛 周波数の違う次元に移動するため、アセンションすると耳鳴りや頭痛を引き起こす可能性があります。 飛行機に乗った時、電車でトンネルを通過した時など、気圧の変化によって耳鳴りがするといった経験をした人は多いのではないでしょうか。 気圧の変化による耳鳴りと似ており、アセンションによる耳鳴りや頭痛も次元の移動に慣れることで自然と治まります。 眠気 周波数の違う次元に移動する際、たくさんのエネルギーを消費します。 エネルギーは気づかないうちにどんどんと消費されていくため、眠気を感じることがあるのです。 食事の変化 アセンションをした人は、これまで好きだった食べ物が嫌いになる、これまで嫌いだった食べ物が好きになるなど、食事の変化が見られるとされています。 1人を好むようになる これまで社交的だった人も、交友関係が広かった人もアセンションの最中は1人の時間を好むようになります。 これは、無意識のうちに自分自身を見直そうという心が働き、自然と他人と距離を取ろうとするのです。 ですがアセンションが終わると、また社交的な自分に戻ることができるので心配はいりません。 涙が出やすくなる アセンションが開始されるとデトックスによって体内の不要なものは排出されるようになります。 そのデトックスは体内の毒素を排出するだけではなく、ストレスも涙として排出してくれます。 アセンション中に涙もろくなるのは、心のデトックスが行われているということです。 様々な症状 他にも皮膚の発疹やかゆみ、うつ病、風邪、動悸の異変などさまざまな症状が現れます。 しかし、これらの症状や変化はアセンションが行われている時だけですので、心配はいりません。 アセンションの時代考察 今までの推移 アメリカを中心とした資本主義の論理で私たちは生きています。 資本を持つ資本家に雇われ労働する人がいる一方で、労働者を雇い安い賃金で働かせる資本家がいます。 このような資本家と労働者の間には必ず貧富の差があります。 資本主義の論理の中で生きる私たちは自然と誰よりも稼ぎたい、誰よりも利益を得たいという競争心が植えつけられました。 競争社会の中で生きる私たちは社会で生き残ろうと必死に全てのことを一生懸命に取り組んできました。 しかし、自分の意志を押し殺して物事に取り組んだ結果、本来の自分を見失ってしまったという人が多いでしょう。 これからの変化 このような資本主義、競争社会の中で必死に生きてきた私たちですが、ある時期からその見直しが始まりました。 その時期とは2011年3月11日です。 この日、何が起こったのか知らない人はいないことでしょう。 そう東日本大震災です。 この大震災の被害は日本のみならず、世界中に報道されました。 その報道には、自分の家族を亡くしたにも関わらず、同じく心を痛めた被災者を勇気付けようとする人、見ず知らずの人に手を差し伸べる人などが映し出されました。 そこに映し出されていた人々は、心に傷を負いながらも平常心を保ち続けていたのです。 東日本大震災の報道を目にした世界中の人々は、助け合う日本人を見て、いかなる状況でも平常心を保つことの重要性を理解しました。 東日本大震災のみならず、世界各地で大きな災害や人災、またテロや紛争などが相次いで起きています。 しかし、次第に世界中の人々は競争することの意味のなさ、社会的弱者の人権を尊重する必要性などに気づくことでしょう。 その結果、世界は平等で公正な社会となっていきます。 宇宙からのメッセージ 台風や地震、津波などの災害は宇宙からのメッセージとされています。 地球温暖化や酸性雨、オゾン層の破壊など人の手によって生み出された異変に地球は耐えきれなくなっています。 この傷ついた地球を、本来の美しい姿に戻すには災害を経験しなくてはいけません。 この災害で、多くの人々は心を傷付けてしまうかもしれませんが、この災害を経験しなければ地球は本来の姿を取り戻すことができないのです。 宇宙は地球に生きる全ての生き物に試練を与えようとします。 しかし、その試練は地球の本来の美しい姿を取り戻すためのものなのです。 2020年のアセンション 2020年のキーワード 2020年のキーワードは「適応」です。 宇宙からのメッセージ 2020年は5次元へのアセンションがピークを迎える1年とされています。 人類や地球が新次元へ移動するに伴い、大きな災害や事件、事故、またテロといった出来事が世界中で起こります。 バシャールは2020年、どこかの国で大きな放射能漏れ事故が高い確率で起こると予言しています。 この大きな放射能漏れ事故もアセンションによる影響でしょう。 この放射能漏れ事故によって各国の政府や企業は新しいエネルギー開発に乗り出し、そして食料や住居、医療といった様々なジャンルにおいて改革が起こるとも予言しています。 2020年は人類において変化の多い1年です。 そんな中で私たちは冷静にその変化に適応していかなければなりません。 正しい情報、偽りの情報をしっかり見極め、2020年の変化に適応していくようにしましょう。 リリー様こんばんは。 3月から今に渡り唐突に3度アセンションを迎えました。 その結果なのかはよく分かりませんが、「すべては愛である」「肉体は他人と繋がるためのツール」という結論に辿り着きました。 なんだか、「すべては愛である」という言葉はアセンデッドマスターや天使様の領域の考え方に近い気がして、なぜその段階まで急激に押し上げられたのか(おそらくすべての意味は後で解ることになるんでしょうね…)分からず、 ただ別のライトワーカーさんによる「世界はライトワーカーを必要としていて、覚醒できそうな人を順に覚醒させている」という意見が一番自分の中に落ち着いた言葉でした。 愛だけではコロナはどうすることもできませんが、地球の危機に力を貸せるような存在になれるよう、瞑想などは怠らないつもりです。 「肉体は他人と繋がるツール」というのは恐らく普通の方とのコミュニケーションのツールなのだという解釈をしております。 ある種悟った方にとっては「自分」という魂が本体だと気付いているでしょうし、魂でさえ宇宙の一部であるというワンネスに近いものを感じているので、人間には魂(スピリット体?)と肉体両方が必要なんだな、と思いました。 ある程度まで上がると宇宙の情報?の様なものが流れ込んできますね。 使命感も増します。 やっと自分の人生を生きているという実感が湧いてきました。

次の

アセンションとは? アセンションに向かうと起きる変化

アセンション 意味

アセンション アセンションとは? アセンションとは本来「上昇」を意味する言葉であり、スピリチュアルの世界で頻繁に使われる概念です。 一般的にはあまり知られていない言葉でしたが、2012年に地球規模での次元上昇が発生する可能性がメディアで取り上げられ、アセンションという言葉は広く知られるようになりました。 画像:pixabay アセンションは一般的にあまり使われることのない「概念」であるため、その内容は抽象的で非常にわかりにくいものになっています。 ここではアセンションの発生方法から影響までをできるだけわかりやすくご紹介していきます。 アセンションの原因フォトンベルトとは? アセンションを理解するためには「フォトンベルト」というものの存在を知らなくてはなりません。 宇宙には膨大な量の「光の粒子」が存在していますが、太陽系が存在する私たちの銀河には長大な光の粒子の帯が存在しているという説があります。 これがフォトンベルト(光の粒子の帯)です。 画像:pixabay フォトンベルトはハレー彗星を発見したイギリスの天文学者エドムンド・ハレーが発見したといわれていますが、現在では科学的根拠に乏しいとされ、その存在を疑問視する意見がほとんどです。 アセンションはどのように起きるのか? アセンションはこのフォトンベルトが地球に衝突することで発生するといわれています。 太陽系は銀河の中を移動しているため、フォトンベルトが実在していると仮定すればいずれ両者は衝突することになります。 画像:pixabay 膨大な光の粒子の塊であるフォトンベルトはとても強いエネルギーを帯びているといわれているため、スピリチュアルの世界ではその衝突時に「何か」が起こると考えられています。 彼らはその起こり得る「何か」のことをアセンションと呼んでいるのです。 物理的に見たアセンションの影響 ここではアセンションが発生した際に起こるといわれている物理的な影響をご紹介します。 フォトンベルトやアセンションは科学的に認められていないため、物理的と言っていいのかはわかりませんが。 これと同じことは過去の地球で何度も起こっており、地磁気を失った地球には宇宙から有害な宇宙線が降り注ぐことになりました。 画像:pixabay これは地球全体を巨大な電子レンジにかけるようなものであり、オルドビス紀後期に起こった地磁気の消滅では全生物種のおよそ85%が絶滅しました。 もっともオルドビス紀に起こった大量絶滅の原因は太陽系近くの恒星が超新星爆発したことによる「ガンマ線バースト」であり、アセンションではありません。 ガンマ線バーストによる大量絶滅については関連記事の中でもふれています。 通信や交通は遮断され、人類は混乱の中で滅亡することになるでしょう。 画像:pixabay もっとも機械文明が維持できたとしても有害な宇宙線により人類が生き残ることはありません。 考えられる人類滅亡のシナリオについては関連記事にまとめています。 また、火山活動の活発化により巻き上げられた火山灰はやがて地球全体を覆い尽くし、氷河期のような状態にしてしまうかも知れません。 地球は生物が暮らすには過酷すぎる死の星となってしまいます。 画像:pixabay 現在の地球は生物が生きていく環境が整った奇跡の惑星であるといえます。 奇跡の地球環境については関連記事にまとめています。 関連記事: 精神的に見たアセンションの影響 スピリチュアルの世界ではアセンションによって起こる物理的な問題よりも、精神的な影響に焦点を当てています。 彼らの中でアセンションは良いものであるとされ、積極的にアセンションを取り入れようとする動きまで存在します。 ここではアセンションによって起こる精神面の影響についてご紹介します。 現在、私たちが暮らす世界は立体で構成される3次元の世界です。 これに時間を加えた概念を四次元と呼びますが、スピリチュアルの世界では時間や場所を超越する「五次元世界」という考え方が存在します。 画像:pixabay 五次元世界では時間や場所の境界が存在しないため、行きたいと思った時代や場所にいつでも移動することが可能になります。 彼らはこれらを「魂」や「気」という言葉で説明し、フォトンベルトに含まれる膨大な光の粒子エネルギーがこれを可能にするとしています。 そのため人の意識は体という境界に縛られることなく、他人の意識と共有されることになります。 意識が共有されることで戦争などの争い事はなくなり、世界は平和になるといわれています。 画像:pixabay 人類における集合意識発生の可能性については関連記事の中でもふれています。 意識を共有することでテレパシー(精神感応)を使うことができますし、空間を超えることでテレポーテーション(瞬間移動)も可能になります。 しかし、残念なことにアセンションが起こることで地球は天変地異に見舞われ、私たちの肉体は死滅してしまいます。 画像:pixabay 世界の様々な超能力とその能力者については関連記事にまとめています。 関連記事: アセンションは個人単位でも起こる? スピリチュアルの世界ではフォトンベルトに衝突しなくても、精神力(波長)を高めることで個人単位でアセンションを起こすことが可能であるとされています。 この方法であれば地球が滅亡することなく、超常的な力を手に入れることができるというわけです。 画像:pixabay しかし、膨大な光の粒子と衝突するに等しいエネルギーを個人単位で生み出すことは容易ではありません。 そのため個人単位でのアセンションは誰にでもできるわけではなく、選ばれた一部の人間のみが到達できる領域であるとされているようです。 5次元によるオカルト課題の解決 アセンションはスピリチュアル上の単なるひとつの考え方に過ぎず、科学的には全く根拠のない概念です。 しかし、アセンションの存在を認めることよって、これまで謎とされてきた超常現象の謎が解けるということもまた事実です。 ここではアセンションによって解決できる世界の超常現象をご紹介します。 スピリチュアルの世界ではアセンションは個人単位で起きるともいわれています。 デジャブの原因は脳の混乱であるとされていますが、時空を超えた別の意識からの干渉がその原因であるともいわれています。 アセンションが実在すると仮定するならば、それがデジャブを引き起こしていてもおかしくはありません。 画像:pixabay 突然感じる謎の既視感デジャブについては関連記事にまとめています。 睡眠中に意識が未来の時空に到達していれば、それを予知夢として見ることが可能だからです。 画像:pixabay 眠りながら未来の出来事を体験する予知夢については関連記事にまとめています。 世界にはパラレルワールドに干渉したと考えられる事例が数多く存在していますが、アセンションによって世界の境界線が曖昧になったと考えることも可能です。 画像:pixabay パラレルワールドに行った人の体験談は関連記事にまとめています。 アセンションを意図的に起こす装置が存在すれば、それはタイムマシンと呼ばれるのかも知れません。 画像:pixabay 不思議なタイムスリップの実例については関連記事にまとめています。 関連記事: アセンションはすでに起こっていた? メディアに注目された2012年にアセンションが起こらなかったため、世間一般ではアセンションは空想の一種であるとされるようになりました。 しかし、アセンションの影響を受けるとされた2000年代には、それ以前と比べると明らかな異常が見受けられるという意見も存在します。 画像:pixabay 事実、2000年代はそれ以前に比べて地震の発生回数が世界的に見ても著しく上昇しています。 また、火山活動も異常なほど活性化しており、自然災害の発生件数は4倍にも増加していることがわかっています。 これらは単なる偶然なのでしょうか?それとも私たちの知らないところでアセンションは起こっていたのでしょうか? 出典: 画像: いかがでしたか?次元上昇を意味する不思議な概念、アセンションについてご紹介しました。 フォトンベルトやアセンションは果たして実在するのでしょうか?.

次の