分割払い と リボ 払い の 違い。 クレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」は手数料以外に何が違う?

リボ払いと分割払いの違いは?クレジットカードの支払い金額や回数・金利を比較した結果

分割払い と リボ 払い の 違い

クレジットカードの支払い方法には、大きく分けて 「一括払い」「分割払い」「リボルビング払い」「2回払い」「ボーナス一括払い」があります。 それぞれの特徴を確認しておきましょう。 一括払い 最も代表的な支払い方法が、買い物をした翌月または翌々月の支払日に一括で支払う「一括払い」です。 無利子で支払いが一回で済むので管理しやすく、利用する人が多く見られます。 利子がつかないので、現金と同じと考えることができます。 分割払い 分割払いとは、「2ヶ月以上に渡り、3回以上に分割して支払う」方法です。 通常、3回払い、6回払い、12回払いなどがあります。 カードを利用するごとに支払い回数を決めるので、支払い終了時期を決めることができます。 ただ、分割払いの買い物を増やしてしまうと、毎月の負担額が思ったより多くなって苦しむということもあります。 常に支払額を確認し、負担にならないようチェックする管理能力が必要とされます。 リボルビング払い リボルビング払いは、「毎月の支払い金額が一定」に決められています。 いくら借りても、何度借りても分割払いのように月の負担額が増えるということがありません。 家計管理がしやすいというメリットがあります。 ただ金利は残高に対してかかるので、支払い回数が増える分、金利負担も増えます。 月々の負担額が少ないからと買い物を重ね、いつまで経っても返済が終わらないという人も多くいらっしゃいます。 リボルビング払いには、さらに細かく分けて、「定額リボルビング」と、「定率リボルビング」があります。 「定額リボルビング」は、毎月の支払額を予め利用者が指定しておきます。 「定率リボルビング」は前月の利用残高により支払額が決まり、毎月の返済額が変動します。 現在は「定額リボルビング」の方が主流となっています。 2回払い 2回払いは、その名の通り2回で支払いを終了する方法です。 分割払いと同じと思われる方もいますが、2回払いには金利がつきません。 ボーナス一括払い ボーナス一括払いとは、その名の通り夏と冬のボーナス時に一括返済をする方法です。 一括払いなので、無利子です。 家電など、高額な買い物をしたときに利用する人が見受けられます。 支払い時期が自分で決められる場合と、会社で決まっている場合もありますので、事前に確認しておきましょう。 支払いが長くて半年後になりますので、買ったことを忘れないことが重要です。 他にも「ボーナス二回払い」がありますが、二回になると利子がつきます。 自分に合った支払い方法を選ぼう 支払い方法を5つ確認しましたが、それぞれの支払い方法にメリット・デメリットがあります。 小額の買い物は一括払いですみますが、高額な買い物となると支払い方法を迷われると思います。 自分の性格に合わせた支払い方法を選び、返済できないということのないように自己管理をしましょう。

次の

クレジットカードの分割払いとリボ払いはどちらがお得?

分割払い と リボ 払い の 違い

「リボ払い」とは? 「リボ払い」とは、リボルビングローンとも言いますが、クレジットカードなどにおいて、月の利用限度金額を決めておきます。 その枠内でいくら買い物しても、返済額は一定の金額となるものを言います。 例えば限度額が50万、返済額が5万と設定しておけば、月に49万利用したとしても、返済額は5万なのです。 このように返済額が一定の為、借金をしているという感覚が薄れてしまいがちですが、金利はしっかり増えていきます。 金利が多くなり、いつまでも返済が終わらないといったリスクもあります。 「分割払い」とは? 「分割払い」とは、最初にある物やサービスを購入した際に 「何回払いで払います」と決めることを言います。 6回払い、12回払い、36回払いと自分で回数を決めることができます。 お店によっては指定回数がある場合もあります 「分割払い」には分割手数料がかかりますので、できるだけ回数が少ない方が、総支払額が少なくてすみます。 「リボ払い」と「分割払い」の違い! 「リボ払い」と 「分割払い」の違いを、分かりやすく解説します。 この二つは似ているようでまったく違うものですので、しっかり区別をつけることが必要です。 「リボ払い」とは月々の支払額が一定になるというメリットがあります。 リボ設定にしておくことで家計管理がしやすく、急に支出が増えるなどがありません。 ただし、沢山使えばそれだけ金利が増えていくことになりますので、月々の支払額がほとんど金利の返済だけで終わってしまうというリスクもあります。 クレジットカードローン地獄などにはまるのは大体このケースがエスカレートしたものです。 一方の 「分割払い」ですが、これは最初に 「何回で全額払う」と決めておくものです。 もちろん、支払い回数が少なければ少ないほど金利が少なくてすみますので、できればこちらの方法で支払う方がおすすめです。 まとめ いかかでしたか。 「リボ払い」と 「分割払い」の違いを説明しました。 それぞれの特徴、メリット、デメリットを理解した上で賢く使い分けるようにしましょう。

次の

クレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」は手数料以外に何が違う?

分割払い と リボ 払い の 違い

分割払いとリボ払いの違いってなに? クレジットカードの支払方法には、1回で支払う一括払いと、複数回に分けて支払う「分割払い」と「リボ払い」があります。 分割払いとリボ払いは、どのような違いがあるのでしょうか。 今回は分割払いとリボ払いの特徴を解説し、それぞれの支払方法の違いについて分かりやすく紹介します。 分割払いの特徴について 分割払いとは、ショッピングで使用したご利用金額の支払回数を指定するお支払方法です。 6万円のジュエリーと3万円のバッグを購入し、それぞれ3回の分割払いとした場合、月々の支払金額は、2万円(6万円のジュエリーの分割分)+1万円(3万円のバッグの分割分)+手数料となります。 支払回数は、2、3、6、10、12、15、18、20、24回などから選択できます。 支払期間が明確で、支払いが終了する時期も把握できるというメリットはありますが、複数の買い物で分割払いを使用すると支払金額が増加し管理しにくくなるでしょう。 なお、毎月の支払金額は、支払回数が多いほど低くなりますが、その分手数料は高くなります。 リボ払いの特徴について リボ払いとは、リボルビング払いの略称で、クレジットカードのご利用件数やご利用金額に関係なく、毎月の支払金額をほぼ一定にすることです。 例えば、定額方式で毎月1万円のリボ払いと設定した場合、6万円のジュエリーを購入した後に、3万円のバッグを購入しても月々の支払金額は1万円です。 この支払金額1万円の内訳には元金と手数料が含まれます。 この後にリボ払いで別の買い物をしたとしても、毎月の支払金額は設定した金額となります。 このように毎月の支払金額をほぼ一定にできるため、家計の支出管理がしやすいというメリットがあります。 分割払いとリボ払いの違いとは? 「リボ払い」と「分割払い」では、クレジットカードでご利用した金額を複数回に分けて支払するという点は同じですが、手数料や支払期間に違いがあります。 違い(1)手数料 分割払い、リボ払いのどちらも手数料がかかりますが、計算方法は異なります。 分割払いの手数料は商品代金に対して算出されますが、リボ払いの手数料は、クレジットカードの利用残高に対して算出されます。 例えば、6万円のジュエリーを購入し、その後に3万円のバッグを購入した場合で比較すると、分割払いでは、ジュエリーの6万円とバッグの3万円のそれぞれの商品代金に対して手数料がかかります。 一方、リボ払いではジュエリーとバッグの商品代金を足した9万円が利用残高となりそれに対して手数料がかかります。 リボ払いの手数料の仕組みについては「」をご覧ください。 違い(2)支払期間 クレジットカードのご利用残高を、毎月ほぼ定額で支払うリボ払いに対して、分割払いは支払回数を指定して支払います。 そのため、リボ払いと分割払いでは支払期間も異なります。 分割払いは、支払回数を予め指定するため、例えば5回払いの場合は5ヵ月間で支払いが終了します。 一方、リボ払いは、ご利用残高と予め設定したリボ払いの支払金額により支払期間が変動します。 リボ払いにおいては、ご利用残高が増えても、毎月の支払金額は設定したほぼ一定の金額となるため、毎月の支払金額の設定を調整することで支払期間を調整することができます。 ショッピングの分割払いのご利用分をリボ払いに変更できる「あとリボ」 オリコカードの「あとリボ」はショッピングの分割払い(1回払い・2回払い)を、あとからリボ払いに変更することができるサービスです。 「あとリボ」は支払日までの支払いが難しい場合、リボ払いに変更することで月々の支払金額をほぼ定額にし、支出を抑えて家計のやりくりをサポートします。 安心して買い物ができる便利な付帯サービスがついたオリコカードを検討してみてはいかがでしょうか。 「あとリボ」のしくみ(お支払い例) ご利用代金の支払方法は、月々のショッピングの状況に応じてを決めることをおすすめします。 例えば、高い金額の買い物をした際に、支払方法を1回払いにしたものの、月末の請求額を見て「やっぱり支払いが難しいかも…」という場合には、リボ払いに変更し支出を抑えることも可能です。 前倒しでお支払いができるときは、支払金額の増額をおこなうなど支払方法を使い分けてお支払いを行っていきましょう。 クレジットカードの基礎知識• 付帯サービス• 電子マネー• 追加カード• ご利用可能枠 10万円〜300万円• 付帯サービス• 電子マネー• 追加カード• ご利用可能枠 10万円〜300万円• 0倍 ブランド• 付帯サービス• 電子マネー• 追加カード• ご利用可能枠 最高300万円 当社の審査基準によりご利用可能枠を決定させていただきます。

次の