ご 祝儀 名前 書き方。 ご祝儀袋に書く名前・書き方と包み方[個人・夫婦・団体別]

出産祝いのかわいい祝儀袋の書き方は?名前がフルネームで書けないなら名字だけでもいいの?

ご 祝儀 名前 書き方

筆記用具は何を使う? ご祝儀袋の表書きや中袋は、毛筆や筆ペンを使って書くのがマナーです。 ボールペンや万年筆は使わないようにしましょう。 「どうしても毛筆や筆ペンを使うのが苦手」という人は、サインペンでもマナー違反ではないよう。 でも、特に年配の人などは、「毛筆で書くのが当然」と思っている人も多いので、できれば筆ペンで丁寧に書いた方が無難です。 また、お祝いごとの場合は、濃い墨ではっきりと書きます。 薄い墨はお葬式などのお悔やみのときに使われるので、結婚祝いでは避けましょう。 市販の筆ペンには、濃い墨と薄い墨の両方が使えるものがありますので、間違えないように注意が必要です。 中袋(中包み)の書き方 では、お金を入れる中袋や中包みの書き方を見てみましょう。 「金」の後に少しスペースを開けてから金額を書くと、バランス良く書けますよ。 このとき、「漢数字」や「万」は旧字体を使うのが正式ですが、最近では普通の漢数字でも構わないとされているようです。 また、金額の最後に「也(なり)」をつけるというマナーを、聞いたことがある人もいるかもしれませんね。 一般的に、「也」は10万円以上を包む場合につけますので、10万円未満の場合はつけなくて大丈夫です。 中袋の裏側 裏側には、贈り主の「住所」と「氏名」を書きます。 新郎新婦がご祝儀を整理するとき、中袋に氏名がなかったら、上包みを外してしまうと誰からのご祝儀なのか分からなくなってしまいます。 新郎新婦への気遣いのために、中袋に住所と氏名を書くことになっているんですね。 郵便番号も書いておくと、より親切です。 住所・氏名の記入欄があらかじめ印刷されている中袋であれば、その欄に記入しましょう。 水引が印刷されているご祝儀袋の場合は、中袋を使いませんので、金額と住所はご祝儀袋の裏面左下に書きます。 次に、表書きの書き方について見ていきましょう。 表書きの書き方1【お祝いの名目】 上包みの水引より上の中央に、大き目の文字で「お祝いの名目」を書きます。 短冊がついているご祝儀袋の場合は、短冊に書きましょう。 結婚式当日に渡す場合は、「寿」もしくはより格調高くみえる、旧字体の「壽」が一般的です。 結婚式前にご祝儀を渡す場合には、「御結婚御祝」と書くことが多いようです。 市販のご祝儀袋には、ご祝儀袋や短冊に、あらかじめ名目が印刷されているものがあります。 一般的な「寿」や「壽」、「御結婚御祝」の他にも、「Happy Wedding」と印刷されているものなども。 「Happy Wedding」と印刷されているものは比較的カジュアルになりますので、使う場合は親しい友人宛にしましょう。 表書きの書き方2【贈り主の氏名】 水引の下には「贈り主の氏名」を書きます。 氏名は贈り主が個人か夫婦か、家族かなどによって書き方が違ってきますので、それぞれ紹介しますね。 個人名の場合 水引の下の中央部分に、「氏名」を書きます。 名目の「寿」より少し小さめに書くのがポイントです。 会社名や肩書を書く場合は、名前の右上に小さな文字で。 肩書が長い場合は、2行に分けて書いても構いません。 夫婦の場合 夫婦連名でご祝儀を渡す場合は、中央に夫、その左側に妻の名前を書きます。 名字は1つでもそれぞれにつけても、どちらでもOKです。 家族の場合 家族で結婚式に招待された場合は、以下の2つの方法があります。 ただし、名前を書く人数は、スペースの都合上、直接書く場合は3名まで。 短冊に書く場合なら、2名までにします。 そして、別の紙に家族の名前を書いて、中袋に入れましょう。 中袋に入れる別紙は、紙の中央、上に「寿」と書き、下に右から夫、妻、子供の順に名前を書きます。 外国人名や、外国語の社名などの場合 外国人の名前や、会社名・部署名が外国語やアルファベットの場合は、カタカナに直して書くのが基本です。 どうしてもカタカナに直せない場合は、アルファベットのまま、横書きではなく縦書きで書きましょう。 結婚祝いを家族以外の連名で渡す場合は? 結婚式に招待されていなくても、会社の部署や友人同士など、何人か連名でご祝儀を渡す場合もありますよね。 友人同士などで連名にする場合 友人同士などで連名にする場合は、右から地位や年齢が高い順番になるように、個人名を並べて書きます。 地位や年齢に差がない場合は、右から五十音順に書きましょう。 氏名は中央から書き始めますが、最近はバランスよく見えるように、連名全体を中央に配置する書き方も、多くなってきているようです。 名前を書く人数は、スペースの関係上、短冊であれば2名、直接書く場合でも3名まで。 それ以上の人数になる場合は、代表者の氏名だけを書いて、その横に「外一同」と小さめの字で添えます。 表書きと同様、右から順に地位や年齢が高い順に書きます。 地位や年齢に差がない場合は、五十音順に書きましょう。 宛名を書く場合は、ご祝儀袋の左上に新郎または新婦のフルネームを書きます。 このとき注意しなければならないのが、贈り主の名前を書く順番です。 宛名を書く場合は、宛名に近い位置が格上になります。 ですので、贈り主の名前は、左から順に、地位や年齢が上の人から並べて書きます。 通常の連名とは順番が逆なので、間違えないようにしましょう。 こちらも人数が多くなる場合は、別紙に名前を書き、中袋に入れましょう。 別紙には宛名を書かないので、通常の連名と同じように、右から順に地位や年齢が高い人から名前を書きます。 地位や年齢に差がない場合は五十音順でOKです。

次の

上棟式のお祝いお返しでのしや表書きの書き方は?祝儀返しの名前の書き方は?

ご 祝儀 名前 書き方

お見舞いは喜ばしい事ではないけれど、病気が良くなるという事を祈って紅白のご祝儀袋を使うよ。 どんなに危篤でも間違っても白黒のご祝儀袋を使ってはダメだよ! もちろん、名前を書く際も、薄墨じゃなくて濃くはっきりと書くよ。 御祝儀袋は、基本的に 表包みと中袋が2枚セットになっています。 最近では 略式化され、1枚のご祝儀袋も販売されています。 どちらを使用しても間違いではありませんが、 よりフォーマルを選ぶならば2枚セットのご祝儀袋を選ぶといいですよ。 表包みの書き方 表包みは、お金を入れている中袋を汚さないための袋です。 表包みには、表書きと氏名を書きます。 表書きとは、「贈る目的」すなわち、ここでは「お見舞」と記載します。 水引より上段・中央部に記載します。 中袋は、わざわざのりやテープで止める必要はありません。 もともと付属の場合は、そのまま使用しましょう。 表包みと中袋が別れていない場合 略式化された、1枚タイプのご祝儀袋。 その際は、白紙の表に金額を書き、裏に住所を記載しましょう。 最近では、金額や住所を書かずに表書きのみ記載して渡す人が多いね。 それは気の知れた仲間内だからこそ可能なことで、形式的に渡す場合はマナー違反になるので注意が必要だよ。 相手が目上・上司の書き方 お見舞い金を渡す相手が自分よりも目上や上司の場合、以下のような理由から 現金のお見舞いが失礼に当たる場合があります。 お金を贈る行為が、お金に困っていると受け取られてしまう可能性• 目上の人に対してのお見舞いは、 見舞う自分が優位に立ってしまうと受け取られる可能性 そんな場合は「お見舞」と記載せず、 連名の書き方 夫婦・会社など、連名でお見舞金を出す機会があります。 その場合は、向かって右側により目上の名前が来るように記載します。 夫婦の場合 夫の名前が中央に来る様に記載します。 妻の名前は、夫の左側に記載します。 その際、苗字は省きます。 3人まで・上下関係あり・連名の場合 一番目上の人が、右に来るように記載します。 (左に行くにつれ、身分の低い人になるように) 3人まで・上下関係なし・連名の場合 友人同士で贈る場合、 3人までなら横並びで名前を記載しても大丈夫です。 連名で代表者氏名のみ記載の場合 3人以上の合同になる場合は、代表者の氏名だけ記載し、その左側に「外一同」と記載します。 「外一同」の方の氏名は 別紙に記載して中袋と同封します。 別紙に記載する場合も、右側から目上の人の名前が来る様にします。 会社などで贈る場合 まずは 代表者氏名が中央に来る様に記載します。 向かって右側に会社名を、名前より小さめに記載します。 代表者に肩書きがある場合は、氏名の上に肩書きが来る様に記載します。 文字数・行数が多くなる場合が多いのでバランスよく記載することがポイントです。 まとめ• 御祝儀袋に記載する際は、濃くはっきり• 御祝儀袋の表書きは「御見舞」• 目上に贈る場合は「御伺」• 御祝儀袋の下段には贈り主の氏名• 中袋の表には旧字で金額• 中袋の裏には贈り主の氏名と住所• 連盟や会社の場合は、それぞれの書き方がある 御祝儀袋には、細かな気配りが施されています。 贈る相手への気配り、贈る者の立場や真心。 御祝儀袋を見るだけで、相手のことを知ることが出来ます。 包むという行為は、日本人ならではの手間のかけ方です。 正しいマナーを知って、気持ちよくお見舞いに行きましょう。 こんなときどうする?冠婚葬祭 伊勢丹の最新儀式110番(誠文堂新光社)• きちんと知っておきたい おつきあいのマナー新辞典 (朝日新聞出版)• 小笠原流礼法入門 見て学ぶ日本人のふるまい(淡交社).

次の

結婚式のご祝儀の名前の書き方!使うペンや夫婦連名の場合もどう書く?

ご 祝儀 名前 書き方

正しいご祝儀袋の選び方 金額とご祝儀袋の格はつり合うように ご祝儀袋は、包む金額によって種類が異なります。 例えば、都合上3万円以下を包むような場合に、「見た目は豪華にしたい!」とご祝儀袋だけ高価なものにしてしまうのはマナー違反となります。 逆に、大きな額を包む場合には、ご祝儀袋もそれに見合った格の高いものを選びましょう。 また、ご祝儀袋には「一度結んだらほどけない」 結び切りの水引きがついたものを使うのが マナーとされています。 蝶結びの水切りは「ほどいて何度でも結び直せる」ことから、結婚式ではNGです。 1万~3万円程度のご祝儀袋 紅白、または金銀の「結び切り水引」のご祝儀袋。 高級貝のあわびを模した「あわじ結び」が基本の形です。 3万~5万円程度のご祝儀袋 金銀の「結び切り水引」の基本の形に装飾を施したご祝儀袋。 表書きの部分が短冊ではなく、檀紙(波状に折り込まれているもの)は格の高いご祝儀袋です。 5万円以上のご祝儀袋 華やかな飾り結びの「結び切り水引」のご祝儀袋。 上質な和紙が使われているタイプ。 鶴や亀などの縁起物が描かれているご祝儀袋も適しています。 《関連記事》 友人や後輩へのご祝儀の場合 ご祝儀袋の色は「白」が基本ですが、最近のご祝儀袋はデザインや色もさまざま。 カラフルなものやデザイン性のあるご祝儀袋は、親しい友人や後輩の結婚式へのご祝儀を包む際に選ぶことができます。 贈り主の個性が表れたご祝儀だと、新郎新婦のために選んだということが伝わり喜ばれることでしょう。 ただし、先輩や上司へのご祝儀にはこういったご祝儀袋は好ましくないため、通常の「白」を貴重としたものを選びましょう。 ご祝儀袋はどこで買える? ご祝儀袋は文房具屋さんやスーパー、百貨店など幅広い場所で売られています。 近年はコンビニでも販売しているところが増えてきました。 冒頭で紹介した通り、金額に応じて選ぶご祝儀袋が変わってきます。 可愛いものや、華やかなものを選びたい時は百貨店や文房具屋さんで購入するのが良いでしょう。 また、ご祝儀袋の表書きに「寿」など名目があらかじめ印刷されているのを選ぶと便利です。 ご祝儀の金額相場 ご祝儀を包む金額にもマナーがあります。 割り切れない数字である 「奇数」がよしとされております。 これは、ふたりの仲が分かれないようにという意味が込められています。 万が一、千円札や五千円札を混ぜる場合も、奇数枚数にするようにしましょう。 1万円…結婚式に出席しない場合の相場、または未成年の子どもの相場• 3万円…友人・知人、会社の同僚の場合の相場• 5万円~10万円…兄弟・姉妹、親戚などの親族の場合の相場 子どもがいる場合のご祝儀 基本的に、未成年の子どもに関しては親が一緒にご祝儀を包む場合が多いです。 目安としては、小学生までの子どもがいる場合は1万円、中学生以上の子どもがいる場合は2万円となっています。 欠席の場合 事前に欠席 親戚以外の結婚式で、式自体に出席できない場合は、1万円を相場としてご祝儀を送ります。 送付方法は、現金をご祝儀袋に入れて、そのご祝儀袋をさらに現金書留の封筒に入れます。 包む金額も少ないため、ご祝儀袋もシンプルなものを選びましょう。 出席と返信したのに欠席 招待状に出席と返信していたのに、やむを得ず欠席する場合。 式の2~3週間前で、まだお料理や引き出物のキャンセルがきく時期であれば、出席する場合の金額の半分、もしくは3分の1(一人1万円前後)を目安にした現金かお祝いの品を渡すのが一般的です。 結婚式当日の欠席 当日急遽欠席する場合は、すでにお料理や引き出物の準備が完了したあとなので、当然「包む予定の金額」のご祝儀を渡しましょう。 披露宴後、新郎新婦の新生活が落ち着いた頃に、ご祝儀とともにお詫びとお祝いをすると良いでしょう。 《関連記事》 表書きの書き方 1名の場合 水引の下にフルネームで名前を記入します。 この時注意すべきことは、くっきりはっきり明記し、表書きの名目(「寿」など)よりも少し小さめに書くことです。 連名(2名)の場合 主に夫婦でご祝儀を渡す場合にはこの画像のように、ご祝儀袋の右側に夫の名前を、左側に妻の名前を記入します。 名字は両方につけてもかまいません。 会社の部のメンバー・同僚や友人などの複数人でご祝儀を包む場合は、先述の通り、中央に目上の人の名前を書き、そのあとは左へ順に連名にします。 連名(3名)の場合 3人でご祝儀を贈りたいという場合は、目上の人の名前を右に書きます。 そのあとは、左へ順に名前を書きます。 友人同士で贈る場合は、右から五十音順がスマートです。 連名(4名以上)の場合 連名は3名が限度です。 4名以上は代表者の名前を中央に書き、その左側に「外一同」と書き添えます。 また、別紙に全員の氏名を書いて中包みに同封します。 毛筆や筆ペンで書く ご祝儀袋の表書きは、毛筆や筆ペンで書きましょう。 誰でも読みやすいように、楷書体で濃くはっきりと記入します。 筆は軽くもち、筆の弾力を生かしてかきましょう。 ペンをもつ時よりも、少し立てて書くと、文字がつぶれません。 なお、「薄墨」の筆や、「ボールペン」「万年筆」はNGです。 名目の書く際の注意 名目は、すでにプリントされたご祝儀袋も多いですが、自分で書く場合には、「寿」「御祝」「御結婚御祝」等を書くのが適切です。 4文字は「死文字」と言われお祝いごとには不適切とされているため、「祝御結婚」などは避けるようにしましょう。 各漢数字に応じた、旧字をご紹介します。 新札を用意する お祝いごとはきちんとしたフォーマルな場ですから、包むお金には必ず 新札を用います。 また、お札はすべて向きをそろえて中袋に入れます。 上記の画像のように、中袋を開いたときに、 お札の表(肖像が印刷されている面)が上になるように入れましょう。 特に結婚式は、事前に予定を知らされているものですから、早めに銀行などに行ってきちんと新札を用意しておきましょう。 もしも、新札の用意を忘れていた場合は、以下の2つの方法がおすすめです。 アイロンでお札のしわをのばす• 会場のフロントで新札に替えてもらう 裏面:金額や住所はきちんと書く 新郎新婦が、あとでご祝儀を整理する際に、金額と住所が書かれていないと大変困ります。 受け取る側のことを考え、必ず金額と住所は記入しましょう。 中袋には、金額欄・住所欄が印刷されている場合が多いです。 「相手も自分のことを知っているし…」と、ご祝儀の中袋に何も書かないのはNGです。 本来は、ご祝儀袋と同じく中袋も筆文字が理想ですが、しっかりした濃い黒字であれば、サインペンなどでも大丈夫です。 また、筆で記入する場合でも、郵便番号の数字は読みやすいようにペン字で書くといいでしょう。 ご祝儀の包み方 お祝いごとは「上向きを表」に 上包みの裏側の折り上げ方は、特に気をつけたいマナーのひとつ。 結婚式のようなお祝いごとでは「喜びは天を向く」「幸せをもらい受ける」という意味で、 上向きに折り返されている方を表に重ねて水引きを通します。 ちなみに、下向きを表にするのはお悔やみごとの場合です。 注意しましょう。 短冊を重ねて表す「二重の喜び」 購入したご祝儀袋には、表書きの文字が入った短冊が複数枚と一緒に、無地の短冊が入っている場合があります。 これは失敗したときための予備ではなく、表書きの短冊の下に、重ねるためのものです。 こうして「喜びが重なるように」という意味を表しているのです。 同様に、表の包み紙(たとう紙)も二重に重ねてあるものが正式です。 ですが、現在はあまり気にされなくなっているマナーでもあるので、1枚だけはさんでも問題はありません。 ふくさ(袱紗)の包み方 包む手順 結婚式などのお祝いごとでの袱紗の包み方は、まず袱紗を広げて中央よりやや左にご祝儀を置きます。 ご祝儀袋はふくさで包むのがマナー。 ご祝儀袋をカバンやスーツのポケットからそのまま出したり、購入した時のセロハン袋ごと出したりして渡すのは、マナー上あまり好ましくありません。 もし、袱紗を持っていない場合は、小さなふろしきやハンカチで代用しましょう。 袱紗の色は暖色系の明るい色の袱紗に。 沈んだ色味のものは弔事用なので気を付けましょう。 ただし、紫色はどちらにも使えるとされています。 《関連記事》.

次の