南海 トラフ 地震 確率。 南海トラフ津波予測、どう考える 「確率」で現実的に:朝日新聞デジタル

【 南海トラフ地震分析 】南海トラフ地震が起きたら?日本のリスクとは?|AI TRUST

南海 トラフ 地震 確率

南海トラフ地震とは? 南海トラフ地震とは分かりやすく言うと、 上の画像の赤枠の部分が「南海トラフ」と呼ばれています。 もう少し詳しく言うと、• フィリピン海プレート• ユーラシアプレート が接する海底の溝状の地形となります。 この範囲が震源地となる地震が 「南海トラフ地震」と呼ばれているのです。 また、「南海トラフ地震」は過去100~150年間隔で起こってきた大地震であり、 前回の昭和南海地震(1946年)から70年以上が経っています。 このことから、次の南海トラフ地震を恐れられているということです。 南海トラフ地震の被害想定(震度・津波) 政府の中央防災会議では、 「南海トラフ地震」が発生した際の被害想定が出しています。 被害想定は、• 静岡県から宮崎県にかけて一部で震度7の可能性• それに隣接する周辺の広い地域では震度6強から6弱• 関東地方から九州地方にかけての太平洋沿岸で10mを超える大津波 となっています。 また、生活に及ぶ被害想定は、 国の被害想定によりますと、津波と建物の倒壊、火災などで、最悪の場合、全国でおよそ32万3,000人が死亡し、238万棟余りの建物が全壊や焼失するおそれがあるほか、避難者の数は、地震発生から1週間で最大950万人に上るなど影響が長期化するとしています。 nhk. html) と、非常にネガティブな予想がされています。 南海トラフ地震はいつ起こるのか? 南海トラフ地震の発生時期には様々な説があります。 「ひずみが生じている」という理由は、 地殻に力が加わって圧迫されてきている証拠です。 そして圧迫され続けた地殻はいつか破壊し、 破壊されたときに放出するエネルギーが地震になります。 他にも、• 2020年~2022年の間に起きる• 30年以内に起きる といった予言や予想があります。 また、地震の発生時期については、過去の「南海トラフ地震」は7月〜2月の夏から冬にかけて発生きたので、 この時期に発生する確率が高いと言われています。 南海トラフ地震が起こる前兆について 南海トラフ地震は突然起こるのではなく、 ある程度「前兆」が起きるとも言われています。 今現在で言われている前兆については、• 紀伊水道付近の地震• 日向灘付近の地震• ニュージーランドの地震• サクラエビの不漁 の4つが言われています。 その前兆について分かりやすく解説した動画があったので、 是非とも参考にしてみてください。 南海トラフ地震が起こる確率は? 結論から先に言うと、南海トラフ地震が今後30年以内で起こる確率は、 2020年時点で「80%」と政府の地震調査委員会より公表されています。 南海トラフ地震は100~150年の周期で起こる大地震となり、 少しずつ発生確率は上がってきているのです。 過去のデータを見てみましょう。 684年:白鳳地震• 887年:仁和地震• 1096年:永長地震• 1099年:康和地震• 1361年:正平地震• 1498年:明応地震• 1605年:慶長地震• 1707年:宝永地震• 1854年:安政地震• 1944年:昭和地震• 1946年:昭和地震 このように、最後に起こったのは1946年の「昭和地震」であり、 ここから70年以上たった現在は 「南海トラフ地震」の確率が年々上昇しております。 その証拠に政府の地震調査委員会は2018年2月に、 今後30年以内に南海トラフ地震が起こる確率を「70%から80%」に引き上げました。 南海トラフ地震の発生確率は過去に比べて上がってきています。 2002年・・・40%• 2005年・・・50%• 2009年・・・50~60%• 2010年・・・60%• 2013年・・・60~70%• 2014年・・・70%• 2018年・・・70~80%• 2019年・・・70~80% 2002年からの情報ですが、これを見ると本当に恐ろしいです。 また、南海トラフ地震の確率は、• 今後40年以内で「80%から90%」• 今後50年以内で「90%程度もしくはそれ以上」 とも言われております。 実際のところ、地震に関する研究はまだ分かっていないことも多いのですが、 この数値を見せられるとタダゴトではないですよね。 まとめ 南海トラフ地震は自然現象の一部なので、 実際にいつ起こるのかの確証は100%は分かりません。 ただ、年々確率は増加してきており、 2020年時点では今後30年以内に起こる確率は「80%」となっています。 大きな災害が起きた場合は回りじゃどうにもできないこともあるので、 そのときに備えて、自分がどう行動して切り抜けるのかが大事です。 起こらないのが一番ですが、自分の身を守ることは考えていきたいですね。

次の

南海トラフ地震対策 : 防災情報のページ

南海 トラフ 地震 確率

発生時期の予言や予想:「2020年〜2022年の間説」と「30年以内説」に分かれる 発生場所 :南海トラフの赤い枠線で囲まれたどこかで発生 発生月:過去の南海トラフ地震の多くは、7月〜2月の夏から冬にかけて発生 ただし、これはあくまで予測ですし、最終的には地震がいつどこに来るのか正確に当てることは誰もできません。 地震は、地球の自然現象です。 南海トラフ地震はいつか、どこかで、起こることは間違いありません。 そのためにも、地震が起きた時にどうするのかを事前に、「個人でシュミレーション」しておくことが最も重要だと思います。 南海トラフ地震の予想は出来ませんが、起きた時にどうするかは自分次第です。 南海トラフ巨大地震の確率は? 南海トラフ地震は、100年~200年以内の周期で繰り返しています。 684年:白鳳地震• 887年:仁和地震• 1096年:永長地震• 1099年:康和地震• 1361年:正平地震• 1498年:明応地震• 1605年:慶長地震• 1707年:宝永地震• 1854年:安政地震• 1944年と1946年:昭和地震 前回の南海トラフ地震の昭和地震から70年が経ちました。 そして、 2018年1月に南海トラフ地震が起こる確率予想が改定され、今後30年以内に南海トラフ地震(マグニチュード8~9)が起きる確率は、70%程度から70〜80%に引き上げられました。 周期的にも、7〜8割の割合で地震が起こるという予想なんでしょう。 南海トラフ巨大地震の被害想定と原発 地震や津波で、人口の多い静岡県が最も被害が大きくなり、静岡県と高知県では津波が30メートル以上になると予想されています。 また、死者は30万人以上、家は200万棟の建物が全壊や焼失すると言われています。 更に、 問題なのは東日本大震災でもあった原発です。 南海トラフのエリア内には、 【発表内容のまとめ】 南海トラフ巨大地震後、20年の被害総額が1,410兆円。 これは東京の首都直下型地震778兆円の2倍。 南海トラフ巨大地震と津波によって、道路や港など交通インフラの破壊と寸断、工場などの生産施設の火災や倒壊などにより、長期に渡り国民所得が減少し、国民の生活水準が低下する。 あえて「 国難」という言葉を使っていました。 土木学会の大石久和会長のコメントで、 「これだけの経済被害が出ると予想していなかった。 南海トラフ巨大地震が起きたら想像もつかない。 日本が東アジアの最貧国の1つにもなりかねない。 」と話していました。 今回、初めて南海トラフ巨大地震後20年の被害想定をした結果、想像以上に日本経済にダメージを与えることがわかったようですね。 海溝型地震の発生確率ランクは最高の3 政府の地震対策推進本部は、今までの地震確率の発生確率を「4段階のランク」に分けて発表することを決めました。 なぜ、4段階に分けるかと言うと、「南海トラフ巨大地震が30年以内に起きる確率が70〜80%」と言われても危険度がよくわからないという理由からです。 4段階にしたら余計に分かりづらくなりそうな気がしますが…。 【海溝型地震の発生確率ランク図と表】 ランク 今後30年以内の発生確率 3 危険度高い 26%以上 2 やや高い 3%以上〜26%未満 1 0%以上〜3%未満 X エックス データ不足で不明 発生確率ランクで最高の3になったのは、• 南海トラフ巨大地震(マグニチュード8〜9クラス)• 北海道根室半島付近の千島海溝の巨大地震• 東北から関東沖に続く連動型の津波地震 となっています。 東京・関東付近の海溝型地震の発生確率ランクは2となっているので、首都直下型地震への備えも大切ですね。 地震の前兆は? いくつか地震の前兆のサインを紹介します。 異常な鳴き声。 地震の前触れに敏感なのは、やはり動物!家に動物を飼っている方は、変化を観察すると良いかもしれません。 おすすめ防災グッズ 地震が発生した時に、すぐに持って逃げられるリュック型の防災グッズのセットを以下に紹介させて頂きます。 現状地震についての予知は、不可能だと思っておいたほうが良いと思います。 わからないからこそ、地震が起きた時にどうするかの準備をしておくことが大切です。 南海トラフ巨大地震が起きた場合は、1週間程度の備蓄が推奨されています。 普段からある程度の備蓄をしておくと良いかもしれません。 まとめ Jアラート(全国瞬時警報システム)など地震速報は昔よりも進歩しました。 しかし、いつどこで地震が起きるか予測はできますが確実ではありません。 そのため、南海トラフ地震が起きた場合にどのようにするのかを考えておきましょう。 南海トラフ地震が起きた直後は、国にもどうしようもありません。 その時に自分でどうやって生き抜くのか考えておくことが大切です。 備蓄、逃げ場としての田舎、地震ではぐれたらどこに集まるか、など家族や知り合い、地域での協力体制が欠かせません。 最後は、地震じゃなくても人はいつ死ぬかわからないので、いつ死んでもいいような生き方を日々することが大切ですね!.

次の

30年以内の発生確率は約80% 南海トラフ地震のメカニズムとは

南海 トラフ 地震 確率

史上最高の預言者といわれるジュセリーノ氏とは? ジュセリーノ氏とはどんな人物なのでしょうか?フルネームは、ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースと言い、1960年3月に産まれの58歳の男性です。 スポンサーリンク スポンサーリンク ここまで当てたら本物なんじゃないの? ジュセリーノ氏の予言的中率は90%と一部では言われていますが、彼が 過去に当てたとされる予言のほとんどが、事後に公開された予言であり、その信憑性を疑う声もあります !! スマトラ沖大地震などは事前に送付したとなっていますが、ジュセリーノ氏自身が送ったと主張しているのであって、実際に手紙を受け取ったことが確認されているわけではありません。 また予言通知によって何らかの大事故や悲劇が回避された事実もないようです。 2(震度4)微妙 2011年7月26日 東アジアでM6. そんな中、 昨年の8月中に日本で強い地震が起きるという予言は、6日ずれるニアピン(9月6日に発生)でした。 そう、北海道の胆振地方で起きた震度7の地震ですね!! スポンサーリンク スポンサーリンク ジュセリーノ氏の予言は的中率10%?90%? ここまで見て貰えれば分かるかと思いますが、 ジュセリーノ氏の予言は事前に予言したらさっぱり当たらない、事後に予言を公表したらバッチリ当たっていますね。 事前予言なら10%・事後なら90%となると、これは疑いたくなるのも分からなくはないですよね。 2018年6月に日本の東海でM10. 6の地震が起きると予言も外れる! そんな事前予言がさっぱりと当たらないと思われる ジュセリーノ氏が2018年6月21日に日本の東海でM10. 6の地震が起きると予言しましたが、見事に外れてしまいました。 2つ目は、 強い台風が中国、日本、フィリピン、香港に向かっており、問題や深刻な被害を引き起こす可能性があります。 3つ目が 日本のコロナウイルスは、いくつかの場所で減少し、他の地域では深刻であり、日本では100社以上が倒産し、全国で何千人もの失業者がいる。 政府は失業者を支援します。 スポンサーリンク スポンサーリンク 強い地震となると、南海トラフ・千島海溝沿い超巨大地震・日向灘辺りか!? 強い地震が日本を襲い多くの犠牲者の可能性がありますは、M7クラス以上の地震を指すのでしょうか。 8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。 地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられています。 南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!? 立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、 2019年5月 10日の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

次の