へそ ごま 腹痛。 へそのゴマって取っていいの?お腹が痛くなる?下痢や便秘になるという話は本当?

へそのごまとは何?へその掃除で腹痛に!へその奥はどうなってるの?

へそ ごま 腹痛

へそのゴマの正体とは?くさいのは異常? へそのゴマとは、へその中にたまっているゴマのような丸い小さな塊をいいます。 誰でも一度は気になり触ったり取ろうとしたことがあると思いますが、実はへそのゴマはかなりくさいです。 へそのゴマの正体は、おへその中にたまった垢や衣類の繊維などが絡まってできたもの。 おへそは平ではなく凹んでいるため、構造上垢やほこりが溜まりやすいですし、誰にでもできるものです。 また垢やほこりなどがおへその中に何日もたまり続けるため、そこに雑菌が繁殖してニオイがきつくなります。 へそのゴマの正体が分かると、くさいのは異常ではないことが分かりますよね。 でもへそのゴマは衛生上良くないものだと分かったので、早急に取ってしまった方がいいのでしょうか? 取ると腹痛になるってホント? おへそは生まれた時に切るので、へそのゴマは血豆みたいな体の内部から発生するものだと思っていた人も多いのではないでしょうか? でも正体は垢や繊維だと分かったので、身体を洗う感覚で石鹸を使っておへそもキレイにした方がいいと思いますよね。 実は、 おへそをゴシゴシ擦ってへそのゴマを取ろうとすると、腹痛になる可能性があります。 むやみにへそを刺激する行為は腹膜に通っている神経を刺激するため、腹痛が起きる場合があるのです。 スポンサーリンク へそのゴマは取らない方が良い? へそを刺激すると腹痛になる可能性があるので、放置しておく方がいいのか…と思うかもしれません。 ただ、へそのゴマの正体が分かった今、放置するのは精神的に気持ち良いものではないですよね。 また へそのゴマは皮脂や垢、ほこりの塊なので、手入れを全くしないでいると雑菌が繁殖して、おへその炎症につながる恐れがあります。 へそのすぐ下に腹膜があることを知った上で、おへそに炎症が起きると考えると非常に怖いですよね… パートナーがいる方だとおへそのニオイを嗅がれるタイミングもあるかもしれないので、そんな時にくさいのは絶対にNGです。 そのため、へそのゴマは正しい取り方で取り除くことをおすすめします。 へそのゴマの正しい取り方 へそのゴマの正しい取り方について、まとめていきます。 準備するもの• オリーブオイル、ベビーオイルなどの肌に優しいオイル• 柔らかいガーゼやキレイな布 取り方• たっぷりオイルをしみこませた綿棒やガーゼでへそを覆い、垢やへそのゴマをふやかす• とにかくキレイにしたいからといっておへそをイジりすぎたり、ゴシゴシ擦って取ると腹痛の原因になる場合もあります。 お手入れの頻度も多くても月1回までにして、とにかくおへそを傷つけないように気をつけて手入れしましょう。 ちなみに今まで自己流でへそのゴマを取り除いていた人からすると、「腹膜を刺激すると内臓に悪い影響があるの?」なんて思うかもしれません。 さすがにへそを擦るくらいで内臓がダメージを受けることはないので安心してほしいですが、今後は正しい取り方でへそのゴマを取り除くようにしましょう。 まとめ へそのゴマの正体は身体から出た垢や衣服についている繊維、ほこりが固まったものだと分かりました。 いくらへそのゴマが汚いものとはいえ、おへそは非常にデリケートなパーツなので、掃除のし過ぎは禁物です。 かといって放置すると炎症を起こす可能性もあるので、1~2カ月に一度の頻度でお手入れしてキレイな状態を保つようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の

へそのごまの正体が判明!!その取り方と臭いの原因も徹底解説!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

へそ ごま 腹痛

スポンサードリンク へそのごまの取り方は? おへその中はデコボコしているので、 体の垢やカスなどが溜まりやすくなっています。 その垢やカスなどがへその中で蓄積されて固まったのがへその中にあるごまというわけです。 つまりは、おへその中にあるものは垢ということになります。 垢なのでそのままにしていておいても特に支障はありませんが、場合により臭いが発生したり炎症がおきたりする場合もあります。 へその中のごま自体が気になったり、臭いが気になったりする場合は取ってしまっても大丈夫です。 ただし、 へその中はとてもデリケートにできていますので細心の注意を払って取るようにして下さい。 へその中のごまの取り方は簡単です。 オリーブオイル、もしくはベビーオイルをコットンや綿棒に湿らせそれでおへその中を優しく擦ると取れます。 お風呂上がりなどの少しふやけて柔らかくなった時にするとへそのごまが取れやすくなりますのでおすすめです。 また、昔ながらの 馬油を使う方法もあります。 馬油を使う場合は、直接おへその中に塗るのは避け、おへその周りに少し多めの馬油を塗り馬油が溶けて柔らかくなって自然とへその中に入っていくのを待ちましょう。 これを数日続けて入れば自然とおへその中にあるゴミやごまが浮いてくるはずですので、その浮いてきたごまを綿棒やコットンなどで優しく丁寧に除去しましょう。 へその中を1度キレイにすれば、あとはお風呂に入った時にでも柔らかいタオルで軽くへその中を拭いておけばキレイになりへその中にごまが溜まる事がなくなります。 また、 へそのごまを取る為だけの専用のグッズもあります。 スポンサードリンク その状態のまましばらく置き、へそのごまをふやかしておきます。 へそのごまがふやけてきたら、綿棒でへそのごまを取り除くように掃除をします。 小さめの塊であればすぐに取れるはずです。 しかし、大きな塊ですとへその皮膚と繋がるように根っこが生えている感じになっているのでなかなか取れません。 そんな時は、 綿棒を円を描くように大きめに動かすと取れやすくなりますのでやってみて下さい。 これでも取れない場合は、2、3日置きにこの掃除を続けていると 数週間後くらいにはキレイに取れるようになっているはずです。 根気強く続けてみて下さい。 でも、 おへそは先程も言った通りデリケートな部分ですのであまり神経質にならずにほどほどに掃除をするようにして下さいね。 へその中のごまがなかなか取れないからと行って力ずくでむしり取るような事はしないでくださいね。 どうしても取れなくて気になる場合は、皮膚科へ行って相談してみましょう。 へそのごまを取ると腹痛が起きる? へそのごまを取るとお腹が痛くなるのであまり触らない方がいい、とよく親やお婆ちゃんおじいちゃんに言われた事があるという人も多いと思います。 小さい頃にそのように言われると怖くてへそのごまを掃除できなくなりますよね。 ですが、実際には へそのごまを取るだけでお腹が痛くなる可能性は低いと考えられています。 しかし、 おへその下には皮下脂肪も腹筋もなく、おへそのすぐ内側にはお腹の臓器を包んでいる腹膜という膜があります。 この腹膜を傷つけて感染を起こしてしまうと 臍炎という病気になってしまう場合もあります。 臍炎とまではいかなくても、化膿したり出血してしまったりする場合もあるのでおへそを掃除する時にはへその中を強く擦ったり引っかいたりせず優しく丁寧にお手入れをするように気をつけて下さいね。 まとめ お医者様によっても考えが違うようですが、ほとんどのお医者様はおへそのゴマは無理に除去しなくても大丈夫という意見が多いようです。 おへそから悪臭がして困る、などという時は話は別ですが、無理に除去して出血したり化膿してしまうと余計大変になってしまうので無理矢理取る必要はないようです。 でも、気になる人は気になるものです。 そんな、おへそのごまが気になる人は今回紹介したような方法で優しく丁寧にへそのごまを取ってみてくださいね。 あくまで優しく丁寧に、ということを忘れないようにしながらおへそを掃除して下さいね。 コメントをどうぞ メールアドレスが公開されることはありません。 (スパム対策).

次の

取ってもいい? 取ったら腹痛? 「へそのごま」の正体と適切なケア方法

へそ ごま 腹痛

「へそのごまを取るとお腹が痛くなるんだって」 寝る前に娘が言いました。 「へそのごまって言うけどごまじゃないからね」 「じゃあ何?」 へそのごまの正体を聞かれてもはっきり答えられませんでした ・・; ただの垢なのか? それとも何かの役割があるのでしょうか? へそのごまを取るとお腹が痛くなるって本当かしら? 今回は、• へそのごまの正体• へそのゴマの役割は?• へそのごまを取ると腹痛になる理由は?• へそのごまの簡単な取り方は?• へそのごまの正体は? へそのごまの正体は 「垢」です。 へそのごまは垢の塊で、不潔なものなので綺麗にしておく必要があります。 引用: へそのゴマの正体は 垢の塊・・・。 どうしてゴマって言われているんだろう? 普通にへその「垢」って言ったほうがわかりやすいですよね。 「垢」より「ごま」のほうが可愛らしくはありますが。 へそに垢がたまりやすいのは、窪んでいるので普通に洗っても汚れが取りにくいからです。 「へそのごまを放置すると?」 放置すると、 細菌が繁殖して炎症を起こす可能性があります。 「耳垢と同じような成分ならへそのごまにも何か役割があるんじゃないの?」 耳垢は、細菌の繁殖を抑えるなどの役割を持っています。 へそのごまにも役割はあるのでしょうか? スポンサーリンク へそのゴマを取ると腹痛になるの?理由は? へそのごまを取っても腹痛になりませんが、 間違った取り方をした場合は腹痛になる可能性があります。 腹痛になる理由は、 腹膜を刺激するからです。 へその下には腹膜があるので、これが刺激を受けると痛みを感じます。 へそのゴマを取るとお腹が痛くなるのはこのためです。 引用: へその奥、うすい皮の下には腸などの内臓を包んでいる 「腹膜」があり、 痛みを感じる神経が集中しています。 腹膜を刺激するのがへそのごまを取ると腹痛になる原因だったなんて・・・。 では、へそのごまを取る時はどのようにすればいいのでしょうか? へそのごまの簡単な取り方は? 日常のケア お風呂に入った時に、濡れたタオルを指に巻いておへそをクルリと回しながら拭きましょう。 ナイロンタオルは刺激が強いので、綿のタオルやガーゼを使います。 なかなか取れない場合 タオルを使っても取れないへそのごまは、オイル(ベビーオイル・クレンジングオイル・オリーブオイル)に浸した綿棒で取ります。 お風呂に入った後の、へそのごまがふやけた状態の時がおすすめです。 それでも取れない場合は、クリームを塗ったおへそにラップをして一晩おいてください。 翌朝、クリームを拭き取ってからオイルをつけた綿棒で取りましょう。 へそのごまの正体は「垢」• へそのごまを取るとお腹が痛くなるのは腹膜を刺激するから• へそのごまは優しく取る(濡れタオルやオイルに浸した綿棒を使う)• きつい服やお腹周りの毛は、へそのごまが多くなる原因になる可能性がある 私は若くないけれど、へそのごまは見当たりませんでした。 ワンピース(締め付けない服)を着ることが多いからかもしれません。 そういえば、私は妊娠中に期間限定でおへそ周りが毛深くなっています。

次の