ガンダムseed 感想。 「機動戦士ガンダムSEED」感想

機動戦士ガンダムSEED DESTINYネタバレ解説!辛口評価の理由は?

ガンダムseed 感想

カガリの前でオーブが大嫌いであることを隠そうともせず、命令を平気で無視したり、果ては戦果を挙げたんだから決まりを破ってもいいだろうと言い張ったり。 子供っぽいのですが、一方でそれが年相応で良くもあります。 家族を殺された主人公が恨みを持ってまだ少年なのに戦場に出ることとなって、大人のような分別が付いた行動ができるわけもありません。 ガンダムUCのバナージのようにその原因が心の優しさであるという訳ではなく、オーブの艦隊を殲滅するような強さ、残酷さをちゃんと持っていることもダークヒーローらしく惹かれる点です。 前作登場人物の扱いに非常に苦心している どうしても人気の出すぎた作品の続編というのは、前作のキャラクターをどう扱えばいいのかで悩みます。 色々苦しいと思う部分もありますが、前作のキャラを冷遇せずにその強さなども急に弱体化してしまうようなことのないいい塩梅を目指して、かなり頑張っていると感じました。 真の悪役が誰なのか中々見えてこない 分かりやすい小悪党は出てくるのですが、誰がラスボスなのか、全く分からなくてドキドキしながら見たものです。 一話で分かっているような単純明快な作品も好きですが、こういう工夫がある作品は大好きです。 モビルスーツのデザインや動きが相変わらず良い 重田さんというロボットアニメやメカアニメの作画の達人が参加しており、一話のエクスカリバーをサンライズパースで構えるシーンを始め、重厚で躍動感のある動きがたっぷり楽しめます。 フリーダム対インパルスというガンダム史上に残る名戦闘がある 私がガンダムSEED DESTINYが好きな何より一番の理由がこれになります。 この戦闘と地球上全てのロボアニメの戦闘を合わせたものを天秤にかけたら、僅差でこっちが勝つ、それぐらい大好きです。 まずインパルスガンダムがフリーダムガンダムに対し明らかに劣っていること、搭乗者の技量としても、前作主人公として戦闘経験豊富なキラに比べ明らかにシンは劣ることなど、戦闘の背景から盛り上がる要素が満載です。 さらにインパルスにはフリーダムにはない換装機能という一芸があること、キラは基本的にコックピットを狙わないという隠れた弱点を持っていることをシンが戦友であるレイに教えられ二人で作戦を練るシーンなど、戦況が絶望的なほど片方に有利ではないといった情報なども場を盛り上げます。 そして戦闘開始。 序盤からインパルスは押していきますが、フリーダムはやはり強く、そう簡単には攻撃に当たりません。 ここでシンのSEEDが発動し、インパルスが頭部のわずかな動きでこれを回避、ここからも紙一重のしかしどこか安定感のある回避を続け、フリーダムにプレッシャーをかけていきます。 盾を投げそれにビームライフルを反射させることにより初めてフリーダムにインパルスが被害を与えます。 ここからが滅茶苦茶熱いんです。 そんな小細工をしたところで機体性能もパイロットの腕も基本的にはフリーダムの方が上、近接戦に入ったインパルスはたちまちビームサーベルで切断されてしまいます。 普通のMSならここまでですがここでインパルスの換装機能が生き、戦闘を継続するだけでなく損傷した機体のレッグフライヤーをフリーダムに押しつけコアスプレンダーの機銃により爆破させるという奇策をし、フリーダムに大きなダメージを与えます。 そうしてフリーダムは落下し、インパルスはその隙に新しい各部で機体を再構成する。 この一連の流れは、他のどんなガンダムシリーズでも見ることのできない独特で素晴らしい展開でした。 一番熱いシーンはここですが、戦闘はまだ続きます。 次第に追い詰められるフリーダムは不殺の縛りを解き、インパルスのコックピットを直接狙いに来ます。 ここもキラがシンの強さを認め本気になったということで、熱いシーンです。 しかしその攻撃をまたしてもインパルスの分離機構を生かし回避、逆に攻撃に転じてフリーダムを損傷させこの勝負の趨勢は決しました。 そして最後の非常に有名なシーン、インパルスがソードシルエットのエクスカリバーを握って突撃するのに対し、フリーダムも盾を構えビームサーベルを向けて応戦、互いの機体を刺し合います。 激しい光の直後に爆発、後には、電力が切れフェイズシフトがダウンした頭部が無く足や腕もボロボロなインパルスが浮かんでいるというシーンが移りエンディングとなります。 何度見ても、フリーダムもインパルスもキラもシンも持てる力を出し切った素晴らしい戦闘だと思えて泣いてしまうのです。 まだまだ言い足りないこともありますがひとまずは以上になります。 お付き合いいただきありがとうございました。 皆さんにも自分が好きと思った作品は周りの人がどう言おうと大好きと言い続けられる、そんな気持ちを持っていただけると良いなと思います。

次の

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 〜独断的アニメ感想・批評の部屋〜

ガンダムseed 感想

ガンダムSEED感想 2003年07月のSEED やっぱり話合いが大事な39話。 やっぱ話合い大事。 よそよそしいやりとりから徐々に打ち解けて話始める流れが良かったです。 また「あんなに一緒だったのに」をアレンジしたBGMが良かった。 密度のある会話でした。 主人公二人視点の物語軸にとってターニングポイントとなる一話でした。 この対話を通してアスランの心も決まってきた模様。 チームワークは悪いですが、人間性は類似しているような気がします。 やはり涼平さんは声優も上手と判明。 今度のニュータイプには涼平デザインフリーダムガンダムデガールなるものが付録で付くらしく、正にいま涼平が旬です。 調子乗りすぎです。 SEED持ちコーディネーター(キラ、アスラン、ラクス?)>強化人間ナチュラル(クルーゼ、オルガ、クロト、シャニ)>優秀なコーディネーター(イザーク、ディアッカ)>優秀なナチュラル(カガリ?、アサギ、ジュリ、マユラ)=普通のコーディネーター(その他大勢)>普通のナチュラル(その他大勢)。 フラガはどこに入るかなぁ。 メビウスゼロでディアッカと互角ぐらいだったから奴らよりは素の力はあるんだよな。 無難にクルーゼと互角くらいかな。 分かった。 買うよ。 ジャスティスガンダム。 OPも変わって楽しめるといいなぁ。 1クールごとに書いてたからピコ真面目に書いてみようと思う。 作中テーマが明確に描かれ、またその思想が自分として共感できるものだったのでぐっと主人公達に感情移入して観られるようになった。 ここに来るまでには共感指数直下降だった2クール目も必要だったのかも知れない。 作中テーマ?という人はなんか先に読んでくれても嬉しい。 印象的なのは監督インタビュー。 前に12話「フレイの選択」の感想を書いたとき、僕は学生達がアークエンジェルに残る決意をするシーンにどうしても違和感を感じると書いたのだけれど、そこの所が解説されていて、監督からすれば意図的にそう描いていたということらしい。 要するにあのシーンはキラ及び学生達が戦争に関わるという重大な決断を「皆がそうするなら僕も」というカテゴリー依存型思考のまま下してしまうという、作中ではかなりネガティブな場面だったのだ。 僕自身がかなり個人的に生きてる人間なせいか、そのシーンを観た時は自分の主観のフィルターが強く、オイオイ、そんな人に合わせてこんな決断するか?仲間思いのいい場面なのかもしれないけどなんか違うなぁ…と思ってたわけだけど、全ては34話以降明確に描かれる個人への昇華という作中テーマを際だたせるためのタメにタメた伏線的演出だったのだ。 だとすれば中々素晴らしい構成力だと思う。 あの時点ではそこまで考えなかったなぁ。 うわー熱すぎる。 あとコレ自慢だけど「2クール目を終えて」で書いたラクスがSEED収束の鍵を握る最重要人物という僕の予想は怖いくらい当たってたのねん。 よって死に様予想も楽しい。 僕の予想は敵勢力(クルーゼ、三人衆)他としてフラガ、ディアッカ、イザーク、ナタルが死亡と予想しておる。 理由は無いです。 絶対作り手も気合い入れて描いている。 エマの亡骸に敬礼して出撃するZのカミーユ、リリーナの制止に対して「俺を信じろ…」と言い残してリリーナを今までに無い優しい表情でそっとコックピットから突き放すWのヒイロは良かった。 作中の最重要ヒロインが絡むという法則があるような気がする。 だとしたらSEEDはラクス以外考えられない。 でも主人公二人だからカガリもか、むしろアスランの出撃の方がカッコ良さそうだ。 ここ、ラスト2話くらい絶対見逃せない。 一つのテーマをメッセージ性を持って描いたんで、あとは詰め込まずにスマートな収束を迎えて欲しい。 コロニー落としとか核攻撃とか。 ガンダムの醍醐味よね。 ディアッカ大好き40話。 俺にはキラしか見えねェェ。 しかしディアッカとアスランの会話良かった。 ザフトにいる間はせいぜいエリートロードのライバルとしてディアッカの方から皮肉を飛ばすくらいだったのに、状況が大分変わって何を守りたいかなんて密な話してる。 後半キラ、アスラン、ディアッカが自然に会話してるシーンは感慨深い。 盲目的にカテゴリーに従うことに疑問を向けてしまった者同士の淡い連帯。 ディアッカもすっかり作中正義に回ったなぁ。 自分も一緒に脱出して空中からリモコンでマスドライバーを爆破するわけにはいかなかったんでしょうか。 「私には私の、お前にはお前の役目がある!」…って脱出した国民にもまだまだウズミ様は必要でしょうに。 ここは目立たなかったカガリ叔父あたりがウズミ様の変わりに自爆を引き受けて欲しかった> 叔父さんに失礼。 でもあの脱出シーンに「暁の車」フルコーラスはやり過ぎなくらいマッチしていて感動曲線が振り切れた。 カガリのテーマ+離別(おそらく死別)の歌だからなぁ。 またキサカがプチカッコいい。 愛娘を最後に預けられるほど信頼されてるんだよなぁ。 今の所の情報から推測できるポイントとしてはフレイは広告塔に成り得るくらい反コーディネーター陣営には影響力があるってあたりかなぁ。 抗戦の演説とかさせる気なのかもしれない。 でもこれが物語が幸せな方向に進むことを暗示しているかと言うとそんなに甘くはない気がする。 まずミゲル、トール、ニコル、虎、ビビアンがいるんだけど、やっぱ死者が生き返るというのはあり得ないワケで、そう考えると今回は「こうだったら良かったのにね」という理想を表現したEDなんじゃないだろうか。 フリーダムとジャスティス以外のMSが壊れてるのも武器が無い理想の世界って感じです。 本編はコレとは逆に過酷な方に進みそうで僕は返って不安になりました。 細かい点でスッゲー『無限のリヴァイアス』のEDと似てると感じました。 下からスクロールでキャラが流れていくあたり。 となると超越者のネーヤポジションにラクスか?と思ったんですが、実際はキラと同格。 ちょっと不満。 しかしラクス衣装はエターナル搭乗用の戦闘ヴァージョンでしょうか。 今回でウズミ様が死んで統率者ポジションがいなくなった主人公サイドに颯爽と現れるんでしょうか。 今から燃え。 果たしてラクス、及び主人公二人は何と戦うのか? 前にSEEDの最終戦の構図は独立個人共同体VSカテゴリー依存型他者否定集団だと書いたけど、36話で自分に銃を向ける黒服が射殺されるのを見て平然としているラクスを見たとき、ラクスはカテゴリーに依存して(この時はザフト)他者を否定(殺す)している連中には厳しいのかと思ったんだけど、今回虎に向かってキラと同様に敵機のコックピットを外して狙撃するように命じるシーンが見られた。 どうやらラクスも真に戦うべき相手は、カテゴリー型の他者否定に乗せられてしまっている現場の人間ではないと考えているらしい。 となるとラクスの真の敵は誰なのか?ということなのだけれど、戦場の兵士ではないとなると、それはかなり局所的な悪ということになるのではないだろうか。 これは今月のニュータイプの受け売りなのだけれど、どうやらそれは「意図的にすり替えを行っている者」のようだ。 安寧を求めて始まったはずの戦争が、いつの間にか相手を全て滅ぼすことに目的がすり替わり始めている。 そのすり替えを意図的に行っている者、他者 全否定を意図的に浸透させようとしている者、それがこの作品の真の作中悪。 さらに僕の考えを付け加えると、それは部分と全体の論理的誤謬に陥ってる者のような気がする。 アスランパパはかなりヤバイ。 作中悪候補。 前回ラクスの平和放送に対する反論としてパパが掲げたのは「ユニウスセブンを忘れてはならない。 ナチュラルは核を使うヤツだから排除しなければならない」というモノなんだけど、やはり全体と部分の誤謬がある。 マリュー、フラガを始め第一クールに軍人でありながらユニウスセブンに追悼の意を示し、核攻撃は間違いとする者がいるように、決してナチュラル全員=核攻撃するヤツではないのだ。 それを意図的にプロパガンダで持ってナチュラル全員=逆切れして核攻撃するような遅れた種族…というイメージを刷り込もうとしているアスランパパはかなりの作中悪候補。 それに伴い地球側にはそれこそカテゴリー依存全否定(虐殺)である核攻撃を行ったスーパー悪が存在している。 どういう経緯でユニウスセブンに至ったのかまだはっきりと語られていないような気がするんだけど、ユニウスセブンを実行した者というのはかなりの重さで真に討つべき者のように思う。 これから語られるのかもしれないが、民主的にナチュラルの総意で行ったわけでは絶対にないのだろう。 前描いたヤツもアップしちゃえ。 さて問題のラクスの涙シーン。 ラクス=作中で唯一本心を見せないキャラ…だったのですが、遂にキラの前で本音を……最終回前ラスト3くらいまで涙は温存するものと思ってたんだけどなぁ……今回の涙でついに全てを知る者的超越者ポジションから、普通の群像劇に盛り込まれるキャラへと移行してしまった感じ。 やっぱ恋愛劇にも組み込まれるのかぁ。 それにしても二人を見つめるカガリとアスラン、やっぱしカガリもキラを好きだったのね、アスランもまだラクスを好きだったのね……でもこの恋愛劇の終結にはキラとカガリの出生、そしてアスランとラクスの出生が絡むと予想、もしかしたらフラガとクルーゼの出生も絡むかもしれない。 でもその辺りの予想は今はまだやめておこう。 とりあえず今回は髪束ねたラクスがキラの胸に飛び込むまでの表情 最高ということで。

次の

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 感想(LAST

ガンダムseed 感想

ガンダムシードストーリーの紹介(感想スレ)第一話 偽りの平和 > ガンダムSEED> ガンダムSEEDストーリー ガンダムSEED(ガンダムシード)ストーリーの紹介をしている記事になります。 ネタバレもありますので、その点は注意してください。 ガンダムSEED(ガンダムシード)ストーリー スポンサードリンク コズミックイラー(CE)70年、血のバレンタインの悲劇から、地球、プランの間の衝突は一気に武力闘争にまで発展した。 そして、だれもが疑わなかった数で勝る地球軍の勝利、だか・・・・・当初の期待をおおきく裏切り、お互いに疲弊したまま、開戦から11ヶ月が過ぎようとしていた。 遺伝子操作を受けた人類(コーディネーター)と地球(ナチュラル)が激しく対立していくなか、キラとアスラン、そしてカガリをとりまく、状況と「何のために戦うのか」をテーマにしてガンダムを巡り、戦い抜いていく様を描いていく作品。 ガンダムの新シリーズとして、ファーストガンダム系ではない、新しいガンダムとしての作品として、発展しており、続編に、 SEEDデスティニーや、その裏側を描いたアストレイシリーズ、MSVが続々と発展していく起点ともいえる作品である。 ガンダムSEED PHASE-01 「偽りの平和」 ザフトと連合の開戦から11ヵ月余りが過ぎた、L5に浮かぶ中立国オーブの資源衛星ヘリオポリス。 そこの工業カレッジに通う学生キラ・ヤマトは、いつものようにゼミを訪れ、平和な時をすごしていた。 オーブは中立であり、戦争とは全く無縁であると、人々に信じられていたが・・・・・・ 突如、コロニーに侵入したザフト軍によるガンダム奪取作戦に遭遇してしまう。 工場各所で起こる爆発と、プラント内に侵入してくるMSジンにより混乱に陥るヘリオポリス。 奇襲は成功し、秘密裏に建造されていた連合初のMS・ガンダムは4機のうち3機までがザフトの手に落ちた 避難場所を探していたキラは、逃げ遅れた一人の少女を追って工場区画に迷い込み、そこで偶然に残る2機のガンダムを目撃する。 なぜか、それを見て絶叫する少女。 キラは何とか彼女を避難させるが、キラ自身の行く場がない。 偶然居合わせていた連合士官マリュー・ラミアスは、彼を残されていたMS・ストライクの中へ案内しようとする。 が、そこにザフト兵の襲撃が!…それはかつてのキラの親友、アスラン・ザラだった。 第1話の見所とツボ 謎の少女(カガリ)とキラの絡みは、後に非常に重要なキーワードとなっていますので、必見です。 ガンダム製造は、この時点でオーブのモルゲンレーテ社が製作しているとセリフ等から伺えます。 (でもアストレイって本当にどこにあったのでしょうか?^^;) SEED当初では、ザフトのMSジンが既に主力機として、ザフト軍の中核となっていたがOSは、コーディネータ用のかなり複雑なシステムになっていた(大半が手動で動作させるOS)のに対し、連合は、オート化したOSを開発しようとしていたが、機体完成には間に合っていない。 しかし、当時のMSとしてはほぼ最高峰のスペックを誇るMSを連合+オーブで開発されていることからも、ザフトの技術がオーブに流出していたことが伺えるのではないかと推測される。 しかし、ここに矛盾を生じてしまう。 OSが出来ないにも関わらず、機体設計が通常は行うことが出来ないという大いなる矛盾がある。 ちょっとここが、まだ未解決な部分なんですけどね。 参考記事:() へGO スポンサードリンク ガンダムSEED ストーリ一覧 ガンダムSEED.

次の