米寿 プレゼント。 米寿(88歳)のお祝いに喜ばれるプレゼント30選【2020年版】

米寿(88歳)のお祝いに喜ばれるプレゼント30選【2020年版】

米寿 プレゼント

Contents• 1、米寿の女性に喜ばれるのはどんなプレゼント? 米寿(べいじゅ)祝いは、還暦、古希、喜寿、傘寿に続く長寿祝いです。 そもそも、還暦や古希は中国から伝わった長寿祝いですが、喜寿以降は漢字の成り立ちがきっかけの長寿祝いであることが多いです。 米寿もそのひとつで、米の祝いといわれることもあります。 88歳の長寿祝いであること、そして日本人が古来から愛してきたお米にまつわる祝いであること、どちらをとっても素晴らしい祝いです。 そんな米寿祝いのテーマカラーは黄色や金茶です。 黄系の色は華やかで品があるので米寿祝いに適した色合いといえます。 米寿祝いのプレゼントを選ぶ際は、 黄系の色がワンポイント入ったプレゼントを意識しましょう。 ・米寿祝いの予算 米寿祝いのプレゼントで気になるのは予算です。 一般的な長寿祝いの予算は 5,000円から3万円ほどといわれています。 もちろん、人によってはこれ以上になることもあるので、あくまで参考程度に把握しておいてください。 ただ、予算より高すぎると相手に気を遣わせてしまう場合がありますので、目安として意識しておきましょう。 また、小さいお孫さんから米寿祝いをする場合には、この予算よりも低くなって構いません。 お祝いしたいというお孫さんの気持ちだけで嬉しく思ってもらえるはずです。 ちなみに、本記事のおすすめの予算は1〜2万円ほどです。 この価格帯なら米寿祝いに関するあらゆるプレゼントが贈れます。 特に長寿祝いで人気のある 花束や洋服、アクセサリーはこの価格帯で十分購入可能です。 また複数人で米寿祝いを贈る場合は、数千円程度の予算感を考えておきましょう。 複数でお金を出すので十分長寿祝いの予算に達します。 米寿祝いの予算を把握してプレゼントを購入しましょう。 ・米寿祝いの注意点 米寿祝いのプレゼントを贈る際に注意点があります。 それは現金を贈っていいのか?ということ。 米寿を迎えた方に欲しいものがなかったり、遠くに住んでいたりする場合、現金を贈りたいと考えている方は多いです。 基本的に目上の人に現金を贈るのはNGですが、どうしても事情があるなら贈っても構いません。 これまでも現金を贈ったことがある場合や家族の米寿祝いを贈る場合には問題はありません。 ただし、贈る場合は のし袋に入れて感謝の言葉を添えましょう。 現金をそのまま贈るのは失礼にあたるので、のし袋に入れて渡してください。 また、現金を贈る場合の注意点以外でも、 米寿祝いでは「苦」「老」「死」を連想させるようなアイテムは贈らないように注意しましょう。 例えば、香典返しに使われることが多いお茶や、「苦」と「死」が両方入っている櫛(くし)など。 お祝いのプレゼントが相手を傷つけてしまう場合もありますので気を付ける必要があります。 せっかくのおめでたいお祝いなので、気持ちが明るくなるようなプレゼントを米寿の女性に贈りましょう。 2、米寿の女性に喜ばれる!とっておきのプレゼント10選! 88歳の長寿祝いにふさわしいプレゼントにはどういったものがあるのでしょうか。 これからおばあちゃんやお母さんなど身近な方が米寿を迎える場合、どのような物を贈れば喜んでもらえるか悩んでいる人もいるでしょう。 それでは米寿の女性に喜ばれる!とっておきのプレゼントを紹介します。 今回はプレゼントの中でもおすすめを10個まとめたので、ぜひ参考にしてみてください! ・花束 花束はさまざまな記念日の定番プレゼントです。 誕生日や結婚記念日、入学式や卒業式などあらゆるイベントに欠かせないプレゼントになります。 長寿祝いである米寿でも花束のプレゼントは人気が高いです。 花束は米寿祝いの会を盛り上げてくれるとともに癒しの効果もあります。 もし花束をプレゼントするなら、米寿祝いのテーマカラーに合った 黄系の花束がおすすめ。 黄系の花束は華やかでプレゼントに最適です。 花束を贈る際はすでに花が決まっているオンラインショップで注文するか、花屋に依頼して作ってもらうかに分かれます。 オンラインショップは手軽な反面、使われる花が限られている上に、実際の花束とイメージが違うことがあります。 一方、花屋の場合は米寿祝いに予算〇〇円で作りたいと伝えるだけで作ってもらえるので楽チンです。 その季節に合わせた花を中心に花束を作ってくれます。 お花にメッセージカードや手紙などを添えるとより一層喜んでもらえるでしょう。 ・健康グッズ 米寿を迎える年齢になると体のあちこちに違和感があります。 体の不調が続くと運動する気も起きなくなり、より体の不調が出る悪循環に陥ることも。 健康的に長寿を目指してもらうためにも、体をサポートするようなアイテムを贈りたいところ。 そこで米寿祝いのプレゼントに体の健康を維持するグッズを贈りましょう。 自宅で使える健康グッズなら体の負担を最小限にして筋肉を鍛えられます。 おすすめの健康グッズは 踏み台昇降が行える健康グッズ。 簡単に健康維持できる運動として階段昇降が注目されています。 階段昇降とはその名の通り階段を登ったり降りたりすること。 安定した踏み台に登ったり降りたりを繰り返すことで健康を維持できます。 雑誌や箱を重ねた踏み台でも代用できますが転倒の危険性もあがります。 重さがしっかりしていてずれにくい踏み台昇降のグッズをプレゼントしましょう。 また、体が固まりやすい、凝りやすいという方には コンパクトサイズのマッサージ器もおすすめです。 マッサージチェアを贈るとなると費用が高く、置く場所にも困る場合がありますが、コンパクトなマッサージチェアなどであれば持ち運びに便利でどこでも好きな時に使ってもらえます。 最近ではリーズナブルな値段で購入できるものも増えているので、この機会に贈って日頃の健康管理に役立ててもらいましょう。 ・洋服、アクセサリー 長寿祝いのプレゼントとして洋服やアクセサリーも喜ばれます。 洋服はどの季節でも問題ない上に実用的なプレゼントです。 春や夏はシャツ系のアイテム、秋や冬はセーターやマフラーなどが贈れます。 ユニクロやGUなどのファストファッションをはじめ、好きなブランドがあるならそのブランドのアイテムを贈ってください。 米寿祝いなので黄色の入ったアイテムがおすすめです。 予算はブランドによって異なりますが、相場と同じくらいの価格に収まります。 また アクセサリーもおすすめです。 黄系の指輪やネックレス、ブレスレットをプレゼントしていつでも身につけてもらいましょう。 そして米寿祝い用の黄色いちゃんちゃんこも贈るといいでしょう。 ちゃんちゃんこといえば、還暦の赤いちゃんちゃんこが有名ですが、実は米寿祝いにもちゃんちゃんこが用意されています。 一緒にプレゼントして素敵な米寿祝いを迎えましょう。 ・お酒 米寿祝いにお酒をプレゼントして、一緒にお酒を酌み交わすなんて素敵ですよね。 米寿祝いをはじめとする長寿祝いにお酒をプレゼントする方は増えています。 普段そこまでお酒を飲まない方でも記念日には飲む場合は多いです。 そこで一緒に楽しめる日本酒やワイン、焼酎を好みに合わせてプレゼントしましょう。 インターネットでしか手に入らないレアなお酒や地酒をプレゼントするのも良いですが、いつまでも記念に残るお酒というのも人気があります。 お酒の中でおすすめなのが名入れ酒です。 一般的なお酒と違って名入れ酒ではラベルの部分に文字が入れられます。 感謝の言葉や相手の名前などを名入れすれば、 世界にひとつだけのお酒をプレゼントできます。 名入れ酒には相手の名前やオリジナルのメッセージのほかにも、贈り主の名前や記念日を自由自在に入れることが可能です。 名入れ酒は 2万円前後で手に入るのでリーズナブルです。 普段伝えられない感謝の気持ちを名入れ酒を通して伝えてみてはいかがでしょうか? ・湯呑み、マグカップ 普段からお茶やコーヒー、紅茶を飲んでいる方におすすめなのが湯呑みやマグカップのプレゼント。 食事のシーンなどで毎日使うアイテムですが、意外と湯呑みやマグカップにこだわっていない方は多いですよね。 そこで米寿祝いでは ワンランク上の湯呑みやマグカップをプレゼントしましょう。 少し高めの湯呑みやマグカップをプレゼントすれば、何気ないティータイムも特別なものとなります。 もし湯呑みやマグカップをプレゼントするなら、お茶やコーヒー、紅茶もプレゼントするといいでしょう。 米寿祝いの食事会の最後にプレゼントした湯呑みやマグカップでティータイムを楽しめば喜ばれます。 セットで購入した場合でも 1万円以下程度で収まるので経済的にも優しいプレゼントです。 また特別感や限定感を演出したい場合には、名入れの湯呑みやマグカップを検討しましょう。 名前やお祝いの言葉を入れるだけで特別な記念品になりますので、予算を見ながら検討してみましょう。 ・似顔絵 米寿祝いの思い出を形にして残したいなら似顔絵がおすすめです。 似顔絵といえばデパートやイベントなどでよく見かけますよね。 普段見かけるけど実際に似顔絵を描いてもらった方は少ないです。 そこで米寿祝いのプレゼントとして似顔絵を贈りましょう。 米寿祝いをはじめとする長寿祝いの似顔絵は、あらかじめ写真を贈って似顔絵を描いてもらいます。 その場で描くわけではないので負担がかかりません。 完成した似顔絵は額縁などに入れて贈られてくるので、そのままプレゼントしてください。 似顔絵のいいところは写真嫌いな方にも喜んでもらえるところ。 写真が気恥ずかしい方でも問題なくプレゼントが贈れます。 額縁に入った似顔絵を見るたびに、米寿祝いのことを思い出してもらえる素敵なプレゼントです。 ・フォトフレーム 米寿祝い当日に撮影した写真は、後日フォトフレームに入れてプレゼントしましょう。 長寿祝いのプレゼントとしてフォトフレームの人気は高いです。 似顔絵と同じくフォトフレームを見るたびに米寿祝いを思い出せます。 フォトフレームは大きさや素材によって価格が変わるので都度確認しましょう。 基本的にリビングや寝室などに置くことを想定すると、 そこまで大きなサイズでなくて構いません。 素材はどんなフォトフレームを贈りたいかによって変わってきます。 また最近ではただのフォトフレームではなく、デジタルフォトフレームが流行っていることを知っていますか?その名の通りデジタル化されたフォトフレームのことで、写真データを送って表示させられます。 電源を繋ぐだけでスライドショーとして流せるので、 たくさんの写真をフォトフレームに表示できますよ。 通常のフォトフレームは1枚までしか表示できませんが、デジタルフォトフレームなら容量内でたくさんの写真を見せられます。 ・バッグ 米寿を迎えた方が普段からよく外出するなら、 使いやすいバッグをプレゼントしましょう。 持って行く荷物が多いほど腕や肩に負担のかかるバッグは健康にも影響を及ぼします。 最近では体への負担を軽減させるバッグも登場しているので、いつも荷物が多くて大変そうならプレゼントしましょう。 リュックの場合は軽くて負担の少ないものがおすすめ。 ショルダーバッグやトートバッグもモノがたくさん入る上に、使いやすいバッグをプレゼントしてください。 バッグの相場は5,000円から1万円ほど。 素材やブランドにこだわるとさらに高くなるので、予算と相談しながらプレゼントするバッグを決めてください。 現在使っているバッグの不満な部分を聞いてからプレゼントすると喜ばれますよ。 ・ケーキ 米寿祝いに贈られた本人だけでなく周りも楽しめるプレゼントがケーキです。 ケーキは食事会の後にみんなで食べられるので、孫や子供達が喜びます。 みんなの笑顔を見れば米寿を迎えた方も嬉しいですよね。 ケーキは米寿を迎えた方の好みで選びましょう。 これまでどんなケーキが好きだったか思い出すといいです。 また最近では 長寿祝い用のデコレーションケーキが流行っています。 ケーキの表面に大きく「88」と描かれたものや、米寿を迎えた方の笑顔が表面になっているものまでバラエティ豊かです。 こうした長寿祝い用のケーキを作っているかどうかは最寄りのケーキ屋さんに聞いてみてください。 対応していなくても数字の形にしたケーキを作って欲しいと相談すれば作ってもらえる可能性があります。 ・オーダーメイド枕 米寿の女性の健康を気遣い、良質な寝具のプレゼントを贈るのも良いでしょう。 健康の維持に良質な睡眠は欠かせません。 米寿を迎える年齢になると眠りが浅くなってしまい、夜中や早朝になんども目覚める方が多いです。 そこで普段の睡眠を良質なものにする オーダーメイド枕がおすすめ。 実は良質な睡眠の鍵を握っているのは自分にあった枕です。 米寿を迎える年齢だからこそ、深い睡眠で健康を維持してもらいましょう。 オーダーメイド枕の予算は 数万円程度です。 本人をお店に連れて行ってその場でオーダーメイド枕を作ります。 最近眠りが浅くなったなど悩みを抱えている場合はオーダーメイド枕をプレゼントして喜んでもらいましょう。 とっておきのプレゼントで米寿の女性を喜ばせよう 米寿の女性に喜ばれる!とっておきのプレゼントを紹介しました。 米寿祝いのプレゼントは悩みやすいですが、本記事を参考にして喜ばれるプレゼントを贈りましょう! とっておきのプレゼントを贈って、お母さんやおばあちゃんなど米寿の女性を喜ばせましょう。

次の

米寿のお祝いのプレゼント、贈り物に|センス良く贈りたいならギフト オンリーワン

米寿 プレゼント

米寿祝いとは? 米寿祝いとは、数え年で88歳を迎える年に行う長寿祝いのことです。 米寿という名は、「米」の文字が「八十八」を組み合わせた形であることに由来します。 八十八は、末広がりの漢字がふたつも並ぶ、非常に縁起がよい齢。 そのため、室町時代以降、米寿を盛大に祝うようになったといわれています。 かつては、長寿にあやかれるようにという意味合いを込めて、米寿祝いの宴の参加者へ「米」にちなんだ斗掻(桝に盛った米を平にならすための棒)を贈っていました。 現在では、米寿祝いでは日頃の感謝の気持ちを伝えるとともに、さらに長生きができるよう、願いを込めてプレゼントを贈る習慣があります。 なお、本来米寿祝いは数え年で祝うものとされてきましたが、徐々に満年齢で祝うことも増えてきました。 米寿を迎えた本人の健康状態を踏まえながら、家族や親族一同が揃って元気な顔を見せられるタイミングで米寿を祝いましょう。 米寿祝いのプレゼントの金額相場 米寿祝いの相場は、地域や祝う相手の立場によって異なります。 一般的には、両親には2~3万円程度、叔父や叔母などの親戚には5000~2万円程度、祖父母には1~3万円程度が相場と言われています。 相場以上のプレゼントを贈ると、相手も受け取りにくくなってしまうもの。 周りの親族とのバランスも考慮したうえで、相場に合わせた素敵なプレゼントを選んでみましょう。 米寿祝いのプレゼントの選び方 黄色いカラーのプレゼントが定番 By: 米寿祝いは、収穫を迎える稲や太陽の色である、黄色いカラーの贈りモノが定番とされています。 黄色や金のちゃんちゃんこや座布団、扇子を贈るのが一般的です。 しかし、最近では黄色の小物やお花、普段の生活で使えるモノなど工夫を凝らしたプレゼントも増えています。 相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、黄色をキーワードにして自由に選んでみましょう。 相手のライフスタイルを考えて選ぶ 88歳ともなると、自宅で静かに過ごすことが多くなるもの。 そのため、湯飲みなどの普段自宅でよく使うモノや、部屋に飾って楽しめるモノがおすすめです。 夫婦揃ってご健在の場合には、お揃いの茶碗や箸なども人気があります。 また、思い出のアルバムや家族からの寄せ書きなど、ゆっくりと人生を振り返りながら楽しめる記念品もおすすめです。 なお、体調面に問題がなく元気な方の場合には、近場への家族旅行や食事会に招待するのも喜ばれます。 相手のライフスタイルや趣味嗜好を踏まえたうえで選ぶことが大切です。 食べ物やお酒をチョイスするのもおすすめ 食べ物や飲み物も、喜んでもらえる米寿祝いの贈りモノのひとつ。 ラベルに名前を入れたお酒やメッセージ入りのお菓子など、さまざまなタイプが販売されています。 しかし、年齢を重ねると食が細くなるものなので、なるべく賞味期限が長く少しずつ食べられるモノを贈りましょう。 また、米寿祝いの名にかけて、お米が贈られることも多く、味にこだわったブランド米に佃煮・海苔などをセットにしたモノもあります。 贈る相手の嗜好に合わせて選んでみてください。 プレゼントとしてふさわしくないモノ 米寿祝いのプレゼントに「櫛」はふさわしくありません。 その理由は、「苦」や「死」を連想させるためで、お祝いにはふさわしくないと言われています。 また、お葬式の香典返しに使われることが多い「お茶」も避けましょう。 米寿祝いに熨斗(のし)は必要? 一般的に、お祝いごとの贈りモノには熨斗(のし)を添えます。 米寿祝いの贈りモノにも、忘れずに熨斗紙を掛けましょう。 熨斗紙を掛けることで、「改まって米寿祝いの贈りモノを渡す」という意思表示ができます。 また、米寿祝いの水引には「花結び(蝶結び)」を使用しましょう。 花結びは、何度も結び直しができることから「何度あってもよいこと」という意味が込められており、お祝いごとに適しています。 なお、表書きは「祝米寿」「感謝」「米寿御祝」と書くのが一般的です。 さらに、米寿にちなんで数本の稲穂を熨斗に挟んでおくと粋な演出として喜ばれます。 米寿祝いのおすすめプレゼント 日本ロイヤルガストロ倶楽部 名入れどら焼き10個セット 親戚や友人へのちょっとしたプレゼントとしておすすめのどら焼きセットです。 どら焼きには「祝米寿」の文字のほか、10字以内のオリジナル文章が食用インクで印字可能。 個包装は中身が見える透明タイプなので、どら焼きを出さなくてもメッセージの内容が楽しめます。 小麦粉も国産のモノを使い、熟練の職人が手焼きで仕上げています。 お祝いに集まったみんなで食べれば、米寿祝いの場を盛り上げられるプレゼントです。

次の

米寿のお祝いのプレゼント、贈り物に|センス良く贈りたいならギフト オンリーワン

米寿 プレゼント

Contents• 1、米寿祝いを迎えた男性にはどんなプレゼントを贈ればいいの? 米寿は還暦(60歳)、古希(70歳)、喜寿(77歳)、傘寿(80歳)に続く長寿祝いのひとつです。 現在の日本の平均寿命を考えると傘寿や米寿が 長寿祝いの始まりといえるでしょう。 米寿という名前が付いた由来には漢字の成り立ちがあります。 還暦や古希は中国発祥の長寿祝いですが、 喜寿以降は日本で生まれた長寿祝いなので、基本的に漢字の成り立ちが由来となっています。 そんな米寿に何を贈ればいいのか悩んでいる方は多いです。 特に米寿を迎えた男性に贈るものを悩みがちですよね。 そこで今回は米寿を迎えた男性に喜ばれる素敵なプレゼントを紹介します。 米寿祝いについてしっかり理解した上で、米寿のプレゼントを選びましょう。 ・米寿はいつ祝う? 米寿をはじめとする長寿祝いはいつ祝うのか?具体的な日にちの前に気になるのが、数え年か、満年齢かという点。 日本では明治頃から年齢計算を数え年ではなく満年齢で行うことを推奨していました。 実際に日本で満年齢が根付いたのが1950年1月1日に施行された法律からです。 数え年は生まれた年を1歳としてカウントする数え方。 そのため数え年なら米寿祝いは87歳の年に祝います。 一方、満年齢は生まれた年を0歳としてカウントする数え方なので、従来通り88歳の年に祝うことになります。 現在、 多くの方が満年齢で長寿祝いを行なっているので、特別な事情がない限り米寿祝いは88歳の年に行いましょう。 そして米寿を祝う日にちに関してですが、特に決まりはありません。 家族や親戚の都合のいい時間帯に行なってください。 一般的には誕生日、お正月、敬老の日、ゴールデンウィークなどが多いようです。 誕生日はわかりやすく家族も忘れにくいというメリットがありますが、集まれない場合には他のお休みや連休を使ってお祝いする場合も増えています。 現代の長寿祝いの場合、家族や親戚の時間が合わせにくいので、みんなが集まるイベントに重ねて行うといいでしょう。 ・米寿の色は? 還暦は赤、古希は紫など長寿祝いにはテーマカラーが用意されており、米寿の色も存在します。 米寿のテーマカラーは黄色または金色、金茶色です。 黄系がテーマカラーになっているので、プレゼントには黄色が入ったものを贈りましょう。 黄色は昔から紫と同じく高貴な色として位置付けられていました。 還暦、古希、喜寿、傘寿に続いて、米寿も長寿を迎えた方を敬う祝いなので、こうした色が定着しました。 ・プレゼントの相場・予算は? 米寿祝いのプレゼントを選ぶ際の予算についても知っておきましょう。 どれくらいの価格のプレゼントを購入すればいいのか悩んでいる方は相場を把握しておくと役に立ちます。 米寿祝いの相場は 1万から3万ほどです。 ただ米寿祝いの相場に決まりはなく、ほとんどの方は米寿に出せる範囲で予算を出しています。 例えば、小さいお孫さんやひ孫さんから贈る場合には、相場より低くても構いません。 あまりにも高額なプレゼントを選んでしまうと、米寿の方に気を遣わせてしまう場合もあります。 そのため、相場はあくまで目安としながら、経済的な状況を考えてプレゼントを買いましょう。 米寿祝いに大切なのは金額ではなくて気持ちです。 無理してプレゼントを購入せず、出せる範囲で購入するのをおすすめします。 2、米寿祝いを迎えた男性におすすめしたいプレゼント7選! 88歳を無事に迎えられたおじいちゃんやお父さん、身近な男性の方へ。 どういったプレゼントを贈ったら喜んでもらえるのでしょうか。 それでは米寿を迎えた男性におすすめしたいプレゼントを紹介します。 現在米寿祝いのプレゼントに悩んでいる方は参考にしてください。 また、おすすめ度もまとめたので購入を検討してみましょう。 米寿祝いのテーマカラーである黄色の花をメインにした花束を贈れば喜ばれること間違いなしです。 花束は女性に喜んでもらえるイメージがありますが、男性にももちろん喜んでもらえるプレゼントです。 美しい花束を見ながら元気をもらったり、今後の活力につなげたりしてもらえるでしょう。 ただ生花はすぐに枯れてしまうため、ずっと花束の美しさを堪能できません。 そこでおすすめしたいのがプリザーブドフラワーです。 生花と違って特殊な加工を行なっているプリザーブドフラワーは、 水やりなどのお世話をする必要がありません。 また加工できるため通常の花にはない色も手に入ります。 プリザーブドフラワーの相場は3,000円から1万円程度。 サイズが大きくなければ数千円で手に入るので予算が少ない方にもおすすめです。 米寿祝いなので黄色をメインにしたプリザーブドフラワーをプレゼントしましょう。 生花を贈るにしても、プリザーブドフラワーを贈るにしても、プレゼントする際にはメッセージカードなどを添えるとより気持ちが伝わります。 家族が描いてプレゼントしても喜ばれますが、絵が苦手な場合にはネットから気軽に注文することが可能です。 米寿を迎えた方の顔をイラスト化してもらい、額縁などに入れてプレゼントできます。 一般的に思い出を残すものといえば写真ですが、似顔絵は 写真が苦手な方にも喜んでもらえるプレゼントです。 自宅に自分の顔写真を飾るのは少々恥ずかしいけど似顔絵なら大丈夫という方も多いです。 米寿祝いの似顔絵はどこの会社に依頼するかによって価格が異なります。 相場的には1万円から3万円程度と考えておいてください。 依頼する会社によって似顔絵のタッチやオプションなどが変わります。 商品ページでは似顔絵の完成例を見ることができますので、いくつか比較しながら好みのタッチを選んでください。 リアルなタッチがいいのか?それとも漫画的なタッチがいいのか?好みに合わせて似顔絵を依頼しましょう。 額縁に入れられた自分の似顔絵は素敵なプレゼントになりますよ。 相手の名前が書いてあるケーキは誰もが喜ぶプレゼントですよね。 そんな中、米寿祝いにもケーキを贈る方が増えています。 誕生日に米寿祝いを開催する場合におすすめのプレゼントになります。 ケーキのプレゼントは、米寿の方だけでなく米寿祝いに集まった家族みんなでワイワイ食べられるという魅力があります。 お孫さんやお子さんが協力して作る手作りのケーキというのも喜ばれますが、米寿祝い用のケーキというのも人気があります。 米寿祝いのケーキは通常のケーキと違って見て楽しいアイデアが満載です。 数字が大きく書かれたケーキはインパクトがあり、贈られた方も嬉しいプレゼントです。 ほかにも、似顔絵が描かれたケーキや表彰状型のケーキを贈る方もいます。 こうした特殊なケーキは普通の相場よりも価格が高いですが、インスタ映えもするので人気が上がっています。 価格は5,000円から数万円程度。 昔に比べて体の不調が多くなる年齢でもあるため、外出が億劫になる方も多いです。 そこでおすすめなのが 自宅で手軽に使える健康グッズです。 米寿を迎えた方の多くが屋外で激しい運動などができません。 自宅で運動することを考えると負担の軽いものに絞られます。 自宅で簡単に使える健康グッズなら、少ない負担で大きな効果をもたらしてくれます。 マッサージチェアなどの大型のものではなく、最近では小型の健康グッズも多いので、上手に利用して健康を維持しましょう。 健康グッズの中でもおすすめしたいのがマッサージクッションです。 マッサージチェアとは違いクッションの形をしたグッズで、体の一部分に押し当てるだけでコリをほぐしてくれます。 価格も5,000円から1万円ほどなので、ほかのプレゼントに比べて安い価格で購入できます。 最近体の不調をよく訴えるようになったなら、健康グッズのひとつであるマッサージチェアをプレゼントしてあげてください。 長寿祝いをはじめとする記念日には、普段から楽しめる定番のプレゼントが人気です。 食事のシーンやちょっとお茶を飲む時など、 湯呑みなら毎日の生活の中で使えるので喜ばれます。 米寿を迎える方が使いやすいよう滑り落ちにくいザラっとした質感の物を選ぶようにしましょう。 米寿祝いにはただの湯呑みではなく、文字が入れられる湯呑みが人気です。 「米寿 おめでとう」や「祝 米寿」または相手の名前を入れた湯呑は、 世界でたったひとつだけの湯呑みになります。 価格帯は普通の湯呑み比べると少し高いですがおすすめです。 文字を入れて贈れば、見るたび使うたびに米寿祝いの日のことを思い出してもらえるでしょう。 さらに湯呑みと一緒に普段飲まないようなワンランク上のお茶をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?食事会終わりにちょっとリッチな時間を過ごしたいなら、湯呑みと少し豪華なお茶をプレゼントしてあげてください。 お茶と一緒にお菓子を好んで食べられる場合には、食べやすく飲み込みやすいお茶菓子を添えるのも良いでしょう。 もともと、長寿祝いにちゃんちゃんこや帽子をプレゼントするのが定番となっていますよね。 その流れで季節にあった洋服を贈る方が増えています。 春や夏ならポロシャツやストール、秋や冬ならセーターやマフラーなどとにかく選びやすいです。 洋服は米寿祝いからすぐに着用してもらいやすいので、米寿の方も贈った側も満足できる贈り物になるでしょう。 洋服の色は米寿祝いのテーマカラーである黄色系の色にしましょう。 ビビッドな色合いの黄色はプレゼントしにくいですが、落ち着いたマスタードカラーはシックで上品なイメージがあります。 米寿という年齢を迎えたからこそ、落ち着いた色合いのおしゃれな洋服をプレゼントしてあげてください。 洋服の価格帯は数千円から数万円ほどですが、ブランド品になると価格が上がります。 もし米寿を迎えた方に好きなブランドあるなら、そのブランドの洋服を購入してあげましょう。 米寿祝いにプレゼントする洋服はできるだけベーシックで使いやすいデザインがおすすめですよ!好みのブランドや洋服のサイズがわからない場合には米寿の方と一緒に買い物に行って選ぶのも一つの手です。 ほどほどのお酒は体の血行をほぐして健康にもいいと言われています。 もし米寿を迎えた方がお酒好きなら名入れ酒のプレゼントがおすすめです。 名入れ酒とはラベルの部分に文字が入れられるお酒のこと。 先ほど紹介した湯呑みと同じように、 感謝の言葉や相手の名前の入ったお酒がプレゼントできるので、世界でひとつだけのプレゼントが可能です。 当サイトでは名入れ日本酒、焼酎、ワインを提供しています。 どれも新潟県産のオリジナル日本酒、焼酎、ワインでお酒好きの方の舌も唸らせる出来栄えです。 各ラベルには日本語や英語の文字が入るので、ラベルを通じて思いを伝えましょう。 また各セットの中には ちゃんちゃんこがセットになっているものもあります。 ちゃんちゃんこは売っている場所が限られているので、プレゼントと一緒に手に入れて渡すのがおすすめです。 食事会の最中にプレゼントの日本酒や焼酎、ワインを開けて一緒にお酒を酌み交わすなんて素敵な時間ですよね。 お酒をプレゼントすることは決まっているけど、どれがいいのか迷っている方は当サイトの日本酒、焼酎、ワインのどれかをプレゼントしましょう。 米寿祝いを迎えた男性に喜ばれるステキなプレゼントを贈ろう 米寿祝いを迎えた男性に贈りたいプレゼント7選を紹介しました。 これから米寿を迎える方がいるなら本記事を参考にプレゼントを選んでみてください。 どのプレゼントも癖がないので万人におすすめできますよ。 これから米寿祝いを迎えた男性にプレゼントを選ぶ方は参考にしましょう。 米寿祝いのプレゼントをすぐに決めて素敵な祝いを迎えてください。

次の