メンソレータム リップ。 メンソレータムウォーターリップは塗り心地いいけど色つかない唇荒れる…泣

メンソレータムとメンタームの違いは何?メンタム軟膏両者徹底比較

メンソレータム リップ

リップクリームはメンソレータム派?メンターム派?そっくりなデザインだけど近江兄弟社とロート製薬の関係は? 冬場のリップクリームの定番リップクリームは「メンタム」。 ロート製薬のメンソレータムと、 近江兄弟社のメンターム、そっくりなデザインだけど、どっちかが本物で、どっちかが偽物(類似品)なの? ロート製薬は大手だから、真似してる近江兄弟社は類似品もしくは模倣品、俗に言うパチもんなの? この記事では、メンタームとメンソレータムのリップクリームの謎を解き明かし、徹底比較しています。 最後には300名以上に冬場のリップクリームアンケートにご協力いただき、メンソレータムとメンタームどっち派かを聞いてるよ〜。 近江兄弟社の「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」ロート製薬の「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」の見た目を比較 どちらもそっくりな、深いグリーンのプリントに白抜き文字で製品名を印字してあり、キャップは白。 dL-カンフル• L-メントール <指定成分>• 精製ラノリン• ミリスチン酸イソプロピル• ジブチルヒドロキシトルエン• トコフェロール 近江兄弟社の「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」ロート製薬の「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」の成分の効能をチェック どちらも主成分は、dL-カンフルとL-メントール。 dL-カンフルの効能は 下記疾患における局所刺激、血行の改善、消炎、鎮痛、鎮痒。 筋肉痛、挫傷、打撲、捻挫、凍傷(第1度)、凍瘡、皮膚そう痒症 L-メントールの効能は 芳香・矯味・矯臭の目的で調剤に用いる。 dL-カンフルが血行改善成分、L-メントールはハッカ油のことなのでスースーする成分。 成分は多い順に明記されているので、「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」の方が「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」よりも、ハッカ多めなので唇にのせるとスースーするのがわかると思います。 つまりはリップクリームには成分表示に書いてある以外の成分も入ってるかもしれないってことだよ。 「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」の指定成分を調べてみよう 「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」は 白色ワセリン 軟膏基剤として調剤に用いる。 また、皮膚保護剤として用いる。 精製ラノリン 軟膏基剤として調剤に用いる。 流動パラフィン 軟膏基剤として,調剤に用いる。 白色ワセリンを基調にして、それを固形オイルで固めてる感じなんかな… 「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」の指定成分を調べてみよう 「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」は 精製ラノリン 軟膏基剤として調剤に用いる ミリスチン酸イソプロピル 皮膚への浸透性に優れ、クレンジングオイルやハンドクリームなど化粧品の基剤、医薬品の乳化剤、賦形剤、溶解補助剤などに用いられる。 ジブチルヒドロキシトルエン 芳香族化合物の一種 トコフェロール ビタミンE 近江兄弟社の「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」ロート製薬の「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」はパッケージが似ているだけで基剤は違っていた! メンタームとメンソレータムのリップクリームは、販売メーカーが近江兄弟社かロート製薬かという違いだけで、製法などは同じなのではないかと予想していましたが、成分を確認してみたところ、両者のリップクリームはパッケージが似ているだけで中身は別物ということが判明! 超意外!! なんと、メンソレータムで一番配合されている白色ワセリンが、メンタームのリップクリームには入ってない… 以前記事にしたについて書いた記事を見ていただければわかると思うのですが、軟膏はほぼ同じレシピで製造されているんですよね。 理由はもともとメンソレータム社の製品である軟膏を、受託されて近江兄弟社が生産していたのを、ロート製薬がメンソレータム社を買収したため、近江兄弟社はメンソレータム名義で軟膏を作れなくなり、そのノウハウを活かしてメンターム軟膏を作っているため。 素人なりに調べたところ、多少の違いはあるものの、効能はほぼ同じでした。 本家のメンタム(軟膏)はほぼ同じ製法の商品を別会社が作っているという感じでしたが、メンタムのリップクリームは近江兄弟社とロート製薬が、別々に開発したんだな〜って感じ。 結論:近江兄弟社の「メンターム 薬用スティック」ロート製薬の「メンソレータム薬用リップスティック」はパッケージはそっくりだけど、中身はそこまでそっくりでもない 近江兄弟社は1975年にメンソレータムのノウハウと製造設備を利用してメンタームの軟膏の生産をはじめているため、軟膏の成分はかなり近いものの、リップクリームはそれ以降に開発されたから別物なんかな〜。 パッケージはそっくりだし主成分は一緒で、全くおなじような気がするけど、そっくりとかではなかったです。 近江兄弟社の「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」ロート製薬の「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」はどっちが安い? 答えは、ダントツで「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」が安いです。 オープン価格の商品なのでマツキヨの売価で比較してみたところ…• ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック 4. 5g(医薬部外品)は マツキヨ価格189円• 近江兄弟社 メンターム 薬用スティック 4g(医薬部外品)は マツキヨ価格98円 近江兄弟社が半額以下だけど、ロート製薬の方が0. 5g量が多いんだよ〜。 近江兄弟社の「近江兄弟社 メンターム 薬用スティック」ロート製薬の「ロート製薬 メンソレータム薬用リップスティック」の利用者比率 343名のみなさんにご協力いただき• メンソレータムのリップクリーム• メンタームのリップクリーム• その他のリップクリーム のどれを愛用しているかアンケートをとりました。 関西に住んでた頃はメンソレータムと同じくらいメンタームのリップクリームを見かけたのに、東京で暮らしてると近所のドラッグストアにメンタームのリップクリームおいてなかったりするんだよ。 私は今まで、個人的にはずっとメンタームを愛用してきましたが、今年の冬はメンソレータムを使用中(売ってなかったから)。 スースーしてしっとりして、私の唇にはメンソレータムのリップクリームの方が合ってるかもしんない。 軟膏は断然メンターム派だけど、リップはこれから浮気しちゃいそう。 関連記事 jikobukken.

次の

「メンソレータム」と「メンターム」の関係と「近江兄弟社」の“兄弟”とは誰なのか問題 : NewsACT

メンソレータム リップ

ロート製薬のメンソレータムと、近江兄弟社のメンタームの軟膏を徹底比較して、違いを調べました ロート製薬のメンソレータムと、近江兄弟社のメンタームの軟膏は、パッケージも似ているし、中身も似ている。 この記事では ・どのようにして、この2つの商品が生まれたのかについて紹介 ・ロート製薬のメンソレータムと、近江兄弟社のメンタームの軟膏の成分や効能の違いを調べました ・さらに、この2つの商品の通称である、メンタムの魅力について語ります• 昔はメジャーだったのにマイナーになったメンタム軟膏 メンタムってまだ使ってますか? リップクリームではなく軟膏の方のやつ。 昔はもっとメジャーだった気がするんですが、今やドラッグストアのはじっこに追いやられてます。 メンタム(メンタームとメンソレータムの総称)• オロナイン軟膏• 赤チン• マキロン 転んだら上のいずれかで手当てをしてもらったのではないかと思うんですが、いつの間にかどれも使わなくなりました。 「水で洗ってサランラップで湿潤を保つ」 が、今のケガの治療法になってきたことにより、第三類医薬品ズは肩身が狭そうな昨今。 でも私は使ってますメンターム。 メンタームいいですよ。 広めたいんだよう。 メンタムってワセリンにスースーする成分を混ぜたやつのこと ドラッグストアでヴァセリンがポールポジションに置いてあるのをたびたび見かけます。 メンタムっていうのは、ヴァセリンよりも不純物が少ないタイプのワセリンに、スースーする成分を混ぜた 軟膏です。 もう少し日の目をみても良いんじゃあないかと私は思うんです。 成分一覧を転記し、効果を自分で調べて成分の後の(かっこ)に書いています。 多い順に私が並べ替えてます】 白色ワセリン・・・66. 私は冬場のみお風呂上りに温熱じんましんが出ている患部と乾燥して粉ふいてる脚に塗るのに使っています。 きつい薬より効果は薄いものの 、ボディクリームを塗るよりかは多少は薬効( 抗炎症効果、鎮痒作用)が期待できる。 「ステロイドを塗るほどでもないんだけど、お風呂あがりは痒いんだよー」っていう私にとって「ちょーどええ」のがメンタームなのです。 創味シャンタンとウェイパーでも同じようなことがおこってますね。 今のウェイパーは過去のウェイパーと製造元が違うため、 過去のウェイパーと同じ味のものが欲しければ創味シャンタンを買わねばならない という超ややこしいことになっています。 メンソレータムとメンタームの違いはOEMがきっかけ ちょっと脱線しましたが、つまり! メンソレータムは30年程前まで近江兄弟社がメンソレータムの商標でOEMしていたところを、ロート製薬がメンソレータムをまるっと買収したので、 近江兄弟社はメンソレータム軟膏を作れなくなり、ちょこっとだけ成分を替えてメンタームを作って販売することになったっていうのが、メンソレータムとメンタームの因縁。 私は断然メンターム派!何故!?メンソレータムの成分の違いを調査 近江兄弟社が滋賀県の会社なので関西出身のよしみで応援したいっていうのもあります。 強大な組織(ロート)によって商品名を失った近江兄弟社への判官贔屓ってのもあります。 軟膏の成分が、メンソレータム(dl-カンフル 9. が、それだけではない。 メンタームはメンソレータムは価格が全然違う 近所のドラッグストアで価格を確認してきました。 メンソレータム12g 295円(グラムあたり24. 5円) メンソレータム35g 535円 (グラムあたり15. 3円) メンソレータム75g 795円 (グラムあたり10. 6円) メンターム15g 284円 (グラムあたり18. 9円) メンターム85g 495円 (グラムあたり5. 8円) 小さいサイズ同士で比較すると若干メンターム安いかな…程度ですが、大きいサイズのお得感すごい! メンソレータムよりもメンタームが断然安いです。 大きいサイズで比較すると、メンタームはメンソレータムより45%安い!! 黄色ワセリンより高級な白色ワセリンの含有量が66パーセントもあるのに!(有効成分のパーセンテージはどちらも同じ) 近江兄弟社に南朝時代の吉野と同じようなロマンを感じる メンタームを製造販売している近江兄弟社は製薬会社だけではないんです。 元々明治時代にキリスト教(プロテスタント)の布教に来たW・M・ヴォーリズ(通称ヴォーリズさん)という方が、キリスト教の布教と共に信者の人の生活のために、学校をつくったり、病院をつくったりいろんなものをつくった、その一環として製薬会社はスタートしています。 社名の「近江兄弟社」ていうのは 近江=滋賀県 兄弟=キリスト教の信徒たち ていうのを意味していて、おうみさんという名字の長男と次男が設立したわけではないのです。 ヴォーリズさん亡き今も、wiki曰く キリスト教の信仰に基づいた社業では、「近江兄弟社メンターム」など皮膚薬のトップメーカーとして着実な業績を挙げている一方、グループ各企業では、建築設計、病院、老人保健施設、学校なども経営している。 続いているみたい。 詳しく知りたい人はリンクを参照してください。 急に話が南北朝時代にさかのぼりますが、後醍醐天皇が吉野に逃げ延びて南朝を開いた時に、吉野の人々は朝廷を支えるために、吉野葛や陀羅尼助丸(胃腸薬)を行商したという話にロマンを感じます。 これと同じようなロマンを近江兄弟社には感じるのです。 同じ信仰を持つ人たち(兄弟)のために薬をつくり、その利益で高校や病院を維持していく。 今はどうなのかわからないんですけど、近江兄弟社という会社が社会貢献からはじまったところが好きなんです。 メンタームを製造している近江兄弟社のヴォーリズさんの建築物はかっこいい 近江兄弟社を興したヴォーリズさんは布教活動の一環として、いろんな建物をつくっています。 数年前にku:nelでヴォーリズさんのつくった民家の様子が特集されていて、細やかな工夫と独特のセンスにヴォーリズ建築のファンになりました。 西洋風日本家屋って感じで和洋折衷具合が絶妙です。 リンク先にざっと網羅されているのでチェックしてみてください。 メンソレータムとメンタームの違いは何?:まとめ ということで、思わぬ着地点になりましたが、メンソレータムとメンタームの違いについて、あと、私が近江兄弟社のメンタムをオススメする理由についてでした。 結局個人的には、メンソレータムとメンタームの違いは• メンソレータムとメンタームは製造会社がロート製薬と近江兄弟社で違う• 製造方法や効能、品質はほぼ同等、もしくはメンタムの方がちょっと良さそう• 価格はメンタムの方が安い っていう解釈です。 ただし、これはあくまで素人の私が個人的に成分を調べて導き出したこたえなので、専門家の判断ではないことをご理解ください。 メンタームとメンソレータム、リップクリームも比較してみたよ 私のブログの人気記事いろいろ jikobukken.

次の

MK メンソレータム 薬用リップスティック

メンソレータム リップ

これは、よほど成分が異なるに違いない、納得できたらこちらを買おうということで、普通のとXDとの違いを調べることにした。 「メンソレータム XD 違い」などのキーワードで検索すると、こちらの記事がヒット。 同記事では、成分や容量を比較し、大きな違いが無いとしたうえで、こう結論付けている。 答えはズバリ生産国だった。 メンソレータム薬用リップスティックXDは「Made in China」。 一方、メンソレータム薬用リップスティックRcは「Made in Japan」だったのだ。 なるほど、産地が違うだけなのか。 私は国産かどうかについては特にこだわりないので、そうであれば迷わず次もXDを購入しよう、ということで、地元のダイコクドラッグへ。 しかし、店頭で目にとまったのが、1本68円の近江兄弟社のメンターム薬用リップスティック。 2個入りメンソレータムXDより、1本あたりの値段がちょっと高いけれども、メンソレータムのパッケージに書かれている効能が「唇の荒れ・乾燥に」であるのに対し、メンタームのパッケージには「唇の、あれ・かわき・ひび割れに…」と。 ひび割れを何とかしたい私の心は、メンタームの方にぐぐっと傾いた。 なお、メンタームとメンソレータムの違いは、以前、ふと気になって調べたことがあり、決してパチモンではないということは把握済み。 ちなみに「メンターム」の商標は、1967年、まだ近江兄弟社がメンソレータムを手放す前に、メンソレータムの略称として登録済だったそう。 パッケージの色やデザインが酷似している点に、米メンソレータム社がツッコミを入れなかったのかという疑問はあるが、 少なくとも縁もゆかりもない会社が、勝手に真似した商品ではないことは確か。 パッケージには、近江兄弟社の名は「輸入販売元」として書かれてる。 ということで、もろもろ合点がいったので、メンターム薬用スティックを買って、メンソレータムXDの使用感と比較してみることにした。 XDよりちょっと高い分だけ、効果があるといいんだけどなあ。 追記:効果の違いは分からないが、メンタームの方がちょっとひんやり感が高い気がする。

次の