プロフェッショナル ローストビーフ。 フライパンローストビーフ byコウケンテツさんの料理レシピ

【プロフェッショナル】タサン志麻さん「ローストビーフ」のレシピ・プロのおうちごはん第1弾(2020.4.21)

プロフェッショナル ローストビーフ

もくじ• ローストビーフ 材料• 牛もも肉(かたまり) 500g• 塩 適量• コショウ 適量• サラダ油 適量 ローストビーフ 作り方• 牛もも肉を1時間常温に戻し、水分を拭き取る• 塩胡椒を少し多めまぶす• 油をたっぷりしいたフライパンに強火で焼き色をつける• 思い切って30秒から1分は動かさないで焼き目をつける• 全面に焼き目をつけたらラップを2重にまく• 密閉袋に入れて湯煎• 沸騰したお湯で3分湯煎• 火を止めて15分そのままにしておく ローストビーフソース 材料• 赤ワイン 100cc• 水 50cc• バター 30g ソース作り• バターをフライパンで熱します• 赤ワイン・お水・コンソメを加えて完成です! 野菜スープ 材料• 玉ねぎ• ニンジン• キャベツ• 塩 ひとつまみ• コンソメ 野菜スープ 作り方• 玉ねぎをみじん切りにする• ニンジン・キャベツは食べすい大きさに切ります• コンソメスープを作る要領で野菜を煮詰めていきます• じゃがいもをキューブ型に切ります• ベーコンもキューブ型に切って• 軽く煮詰めて完成です! こちらの記事も•

次の

【プロフェッショナル】おうちレシピ!伝説の家政婦しまさんのローストビーフ、野菜スープ、デザート

プロフェッショナル ローストビーフ

レシピを知りたい• 2、肉の水分を拭き取ってから、塩・こしょうを全体にすりこむ。 (ポイント) 塩味が薄いと肉のうまみを感じにくくなるので、しっかりめにつける。 3、1面ずつ焼き色をつけていく。 なるべく肉を動かさず、強火で30秒~1分間ずつ全面きれいに焼き色をつける。 (ポイント) フライパンはソース作りに使うので、そのままおいておく。 4、焼き上がった肉をラップで2重にくるんでから密封袋に入れ、できるだけ空気を抜いて閉める。 5、大きめな鍋に(4)がかぶるくらいの湯を沸騰させ、(4)を入れる。 肉が湯から出ないように、鍋や皿でふたをする 6、3分たったら火を止めて、15分おく。 更に、湯から出して、さらに15分~20分おく。 7、冷めたら肉を袋から取りだしてそぎ切りにし、ソースを加える。 2、1/3くらいになるまで煮詰め、バターを加える。 <付け合わせ(番組では紹介していません)> 1、インゲン、ブロッコリー、アスパラの不要な部分を切り、ゆでる。 2、ゆで汁を少し残してバターを入れ、絡めるように軽く煮詰める。 3、仕上げにタマネギのみじん切りを加える。 5枚 コンソメキューブ 1~1. 5個 塩 適量 コショウ 適量 オリーブ油 適量 1、鍋に油をひき玉ねぎの角切りを入れ、軽く塩をしてじっくり炒める 2、炒めている間ににんじん、キャベツ(キャベツは少し大きめに切る)も切り炒める 3、しんなりしたらしっかりかぶるくらいの水を加え沸騰させ、あくを取ってからコンソメを加え、軽く沸騰するくらいの火加減で煮込む 4、にんじんが柔らかくなったらジャガイモの角切りを加え、火が通ったら仕上げにベーコンを加え1ひと煮立ちさせる (ポイント) ミックスビーンズを入れることもできる 【チョコレートムース(4人分)】 板チョコ(ブラック) 2枚(100g) 卵 3個 砂糖 大さじ1 1、鍋に湯を沸かす。 板チョコを適当な大きさに切って、ボウルに入れ、湯せんにかける (ポイント) ボウルの底が鍋の熱湯に当たるように重ねる 2、弱火でへらで時々チョコレートを混ぜながら、なめらかになるまで溶かす 3、卵を卵黄と卵白にわける。 その後、へらに持ちかえて、底からすくいあげるようにして混ぜる 6、残りの卵白を2回に分けて、今度は泡をつぶさないように大きくすくい上げて混ぜる 7、器に入れて冷やす (ポイント) 食べるときに、好みでココアパウダーを加える。 また、適切に温度管理されたものをお使いください。 2、包丁で豚肉の端に切れ目を入れ、肉はたきで叩き、繊維をほぐす。 3、塩・コショウを振りかけ、一口サイズに切る。 4、小麦粉と卵を絡ませ、パン粉をつける。 (ポイント) 小麦粉はまんべんなくつけることで、卵とパン粉が全体に絡む。 ひとくちサイズなので薄衣にすると、お肉と衣のバランスが保たれる! 5、フライパンに油を注ぎ、中火にする。 火加減を見て、4を入れる。 油の量は、カツが半分ほど表面から浮き出る程度を目安に。 6、2分くらいそのまま、泡の量や衣の色を見て、しばらく揚げる。 (ポイント) 火加減は変えない。 無理に温度を上げると焦げる可能性も。 7、泡が小さく(1cmくらい)なったら油から取り出す。 <付け合わせの脂身焼き(バラさき)> 1、切り分けた豚ロース肉の脂身を厚さ1cm程度に切っていく。 2、フライパンに油をしかずに火をつけすぐに1を入れ、弱火で焦がさないように焼く。 (ポイント) 脂身から油が出てくるので、キッチンペーパーでふき取りながらじっくり焼いていく。 3、火を止めて、フライパンから取り出す直前にしょうゆを小さじ1入れ、味をととのえる。 <キャベツの千切り> 1、キャベツの芯を取り除く。 2、一枚一枚丁寧にはがす。 (ポイント) 洗うと本来の香りや養分が損なわれてしまうため、汚れが付着していた時は、なるべく洗わずにキッチンペーパーなどでふき取る。 3、1枚についた芯を包丁で切り外し、葉脈を同じ方向にそろえて巻く。 (ポイント) 繊維に対して垂直に切る。 風味や甘みが損なわれず、触感が統一される。 4、(3)を千切りしていく。 (ポイント) キャベツは葉っぱが開き、芯の小さいものを選ぶ。 塩漬けすると小さくなるので、大きめにザクザクと切る。 2、春カブの葉先を切り、皮をむく。 大きめのボウルに春カブを入れる。 3、キュウリ・にんじんを切り、(2)のボウルに入れる。 4、野菜全体の重さの4%の塩を用意する。 例えば、野菜全体が2kgならあら塩は80g。 5、春カブ・キュウリ・にんじんが入ったボウルに塩の半分を入れ、もんでいく。 6、ボウルにキャベツの半分と、残った塩の半分を加え、再びもんでいく。 7、ある程度もんだら、残りのキャベツと塩を入れて、更にもんでいく。 8、ボウルにラップをかけ、4時間~5時間漬けおく。 (ポイント) 暑い季節は、野菜室に入れる。 (ポイント) 材料を均等にそろえると見た目もきれいになるだけでなく、子供も食べやすくなる。 2、ボウルにご飯と生卵を入れ、十分混ぜ合わせる。 3、チャーハンの種を作るため、ボウルにしょうゆ、塩、コショウを適量加える。 しょうゆは入れすぎると色が濃くなり、焦げやすくなるため少量に抑える。 4、チャーハンの種が入っているボウルに、切り終わった具材を入れる。 5、ホットプレートに少量の油をたらす。 火は強火から始める。 6、ボウルに入った具材を切るように炒めていく。 根気よく気長に炒める。 3、ヘラを使って卵の形を整えていく。 (ポイント) 半熟だと形が崩れやすくなるため、しっかりと焼く。 4、焼けた卵を完成しているチャーハンの上にのせ、ケチャップをかける。 (ポイント) 牛乳と卵を入れると、生地を伸ばしやすくなり、作りやすくなる。 2.キャベツの葉を1. 2cmに千切り。 芯は約7mmで千切りする。 (ポイント) 柔らかい葉は幅広く、固い芯は少し細めに切り、焼き上がりの食感を調整する。 (ポイント) キャベツとキャベツの間に隙間を作ることで蒸気の通り道ができ、早く焼ける。 さらにキャベツの甘みが引き出せる。 5.(4)に天かす、もやし、豚バラ肉をのせ、1分ほど焼く。 6.ヘラで5を盛るときと同じようにやさしく裏返し、5分ほど焼く。 (ポイント) 蒸気の通り道を維持するため、できるだけ触らないで待つこと。 周りのキャベツが焦げてきたら、それを生地の下に入れ込むか集めて、お好み焼きの真下に来るようにする。 7.ヘラの端で生地を上から押して抵抗感なく下がったら、キャベツが十分に蒸せている目安。 (ポイント) 春キャベツや寒玉などキャベツによって、最適な蒸し時間も変わる。 そのことを考慮せずに仕上がりを判断できる手段がこれ。 8.ホットプレートの空いているスペースに、ゆでた中華麺を置きサラダ油を少量たらし、軽く炒める。 9.(8)の上に、お好み焼きをのせる。 10.ホットプレートの空いているスペースに卵を割り、ヘラでお好み焼きと同じ大きさに広げ、お好み焼きをのせ、裏返す。 11.お好み焼き用ソースをかけ、青のり粉をふり、完成。

次の

タサン志麻のオーブンいらずのローストビーフ/NHKプロフェッショナル 仕事の流儀

プロフェッショナル ローストビーフ

ローストビーフは赤身の牛肉を使っているという点から、カロリーを低く抑えることができます。 100gあたりの他の肉のカロリーを比較してみると、牛サーロインで498キロカロリー、牛もも肉でも264キロカロリーあります。 牛肩ロースになると411キロカロリーと、牛サーロインに追いつく勢いとなっています。 全体的に牛肉はカロリーが高くなっていますが、そんな中でもロースは低カロリーな食品なのです。 ささみで105キロカロリー、鶏もも肉で116キロカロリーと鶏肉に近いカロリーになっているのが、ローストビーフです。 脂質はやはり牛サーロインや牛肩ロースが平均40gと、高い数字になっています。 また、肉類以外の食べ物ともローストビーフのカロリーや糖質を比較してみましょう。 たとえば、肉によく合うご飯、茶碗一杯だと約250キロカロリー前後となるため、ローストビーフを100g食べてもご飯一杯分にはなりません。 ちなみに糖質は茶碗一杯分で50g以上なので、ローストビーフが1gに満たないことを思うと糖質の量に大きな差があることがわかります。 低カロリーであるためダイエットの際にも活用しやすいローストビーフ、カロリーが低い以外にどんな栄養素が含まれているのでしょうか? 1 タンパク質が豊富 赤身の肉にはタンパク質が豊富と言いますが、ローストビーフにもたくさんのタンパク質が含まれています。 体を動かすエネルギー源になるタンパク質は、免疫力の向上や高血圧予防にもなるので、現代の私たちの健康を維持する上では欠かせない栄養素となっています。 さらに、筋肉や皮膚、内臓を作り上げる機能も持っているため、タンパク質なくしては私たちの体は成り立たないのです。 2 鉄分たっぷり ローストビーフには、鉄分もたっぷり含まれています。 ローストビーフに含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれる種類になり、体内に吸収されやすいという特徴があります。 そのため、血液を作る元となり、貧血予防にも効果が期待できます。 ダイエット中は食事制限によって栄養素がバランスよく摂取できない場合もあるので、そんな時にもローストビーフの鉄分は助かります。 3 ビタミンB12やビタミンB群 ローストビーフに含まれるビタミンB12は、葉酸と合わさることで血液中の赤血球を作ります。 鉄分と合わせて、貧血予防ができるのです。 さらに、ビタミンB群が豊富に含まれているため、二日酔い予防や粘膜や皮膚を健康に保つ役割も持っています。 ローストビーフを食べるだけでたくさんのビタミンBを摂取できるため、体はより健康的になっていきます。 ローストビーフはダイエットに向いている食品? ローストビーフは、それ自体ではダイエットに向いている食品と言えます。 牛肉の赤身を使用しているのでカロリーを抑えることができ、ビタミン類や鉄分も豊富に含むため貧血予防もできます。 油を使わずに調理されているため、他の肉料理よりも低カロリーなのです。 よって、ダイエットの際にお肉を食べたい、満足感を得られるものを食べたいというときにローストビーフはおすすめメニューと言えるのです。 腹持ちが良いのでダイエットにおすすめ ローストビーフはタンパク質が豊富な肉であるため、腹持ちが良いという特徴を持っています。 タンパク質は消化に時間がかかるので、一度食べるとしばらく空腹感は感じずに済みます。 しっかり噛んで食べないといけないという点から、ダイエット中に嬉しい満腹感を早い段階で得られるのです。 空腹感をいかに紛らわすかがダイエットでは課題となるため、ローストビーフのように腹持ちの良い食品は強い味方になってくれます。 ローストビーフでダイエットを行なうポイントや注意点について ローストビーフはそのままで食べるよりもソースをかけて、野菜と一緒に食べることが多いでしょう。 定番のソースといえばローストビーフを焼いたときに出る肉汁で作ったグレイビーソースですが、このソースを上手に選ぶことでより摂取カロリーを抑えることができます。 グレイビーソースは肉汁にバターを合わせているので、脂肪分も多く含みます。 そこで、こってりソースよりはさっぱりソースで食べてみましょう。 ポン酢やハーブソルトをかけるだけというシンプルな食べ方で食べると、また違ったローストビーフの美味しさを発見できます。 胃もたれもせずに食べられるので、ダイエット中にローストビーフを食べるのならソース選びにもこだわりましょう。 鉄分の吸収を高めてくれる食材を一緒に食べよう.

次の