下関 看護 リハビリテーション 学校。 下関看護リハビリテーション学校の口コミ|みんなの専門学校情報

学生寮

下関 看護 リハビリテーション 学校

下関看護リハビリテーション学校 下関駅から徒歩5分!患者さんを大切にする「人間愛」を第一に、技術を高める 患者さんを家族のように大切にし、気遣いのできる医療実践者を育成。 コミュニケーション力を磨き、自分自身も成長していける理学療法士・看護師をめざします。 関連病院が多数あり、現場実習に強いのも特徴です。 学生寮も完備! 国家試験受験資格を得るために必要なカリキュラムを3年間で学習。 4年制の医療系大学と同じ内容を3年間に集約しているので、学費・生活費を抑えることができます。 カリキュラムは理学療法・看護のスペシャリストによる授業をはじめ、 下関リハビリテーション病院、新小文字病院など関連病院での実習など、高度な専門知識・技術が磨ける充実の内容。 もちろん、国家試験対策も万全です。 (写真)新小文字病院 また、 学生寮を完備しており、家賃は1万2500円/月(2人部屋利用の場合・別途共益費3000円)で遠方出身者の経済的な負担も軽減できます。 1年次からきめ細かな就職サポートを実施。 高い就職実績を誇る 理学療法学科・看護学科では学生一人ひとりが希望に沿った就職を実現できるよう、1年次から就職相談を実施。 3年次には2回の就職説明会を開催し、直接相談ができる場を提供しています。 2017年3月卒業生も、理学療法学科・看護学科ともに就職率100%を達成(就職希望者数111名)。 学生の多くが希望の仕事に就職し、地域の福祉ニーズに応えて活躍しています。 理学療法士、看護師ともニーズが高く、病院や施設など多くの医療機関で必要とされている職種です。 本校グループ病院をはじめ下関市内、九州、また地元へのUターン就職など、全国各地での活躍が期待されています。 勉強も遊びもとことん楽しむ!下リハの学生は何でも一生懸命 学校行事以外でも、学生が主体となって取り組むイベントを豊富に用意。 新入生歓迎イベント、馬関祭り、海峡ウォーク、バーベキューなど、クラスが一丸となって取り組み、チームワークが深まるきっかけにもなっています。 みんなが同じ目標に向かって取り組んでいるという一体感も抜群。 勉強するときはしっかり勉強し、遊ぶときはとことん遊ぶ、そんなメリハリのある雰囲気がお互い刺激になっているようです。 また、学生自ら、野球チームやフットサルチーム、バスケットボールチームを作って活動中。 フットサルチームは地区大会に出場、野球チームは、下関リハビリテーション病院の職員チームと対戦するなど、活動の場を広げています。 豊富な実習を通して、現場で使えるスキルを習得 臨床経験・教育経験豊富な教員が、学生の主体性、人を大切にする心を育み、医療看護部門で活躍する「看護師」を養成します。 最新の設備や、社会の変化に対応した講義、演習、実習、教科外活動など、充実のカリキュラムで看護について学習。 併設の理学療法学科教員から直接リハビリについても授業を受けられます。 学外での実習は関連病院でも行うので安心。 実習先に就職というケースも! 本校では学生が安心して実習に臨める環境を整えるため、連携体制が万全な関連病院でも実習を行っています。 卒業生も多く就職しており相談しやすいのが特長です。 実習での経験をいかして、関連病院に就職を決める学生も。 就職に有利な点も関連病院をもつ本校の魅力です。 下関駅から近く通学に便利。 北九州市から通学する学生も。 下関駅から徒歩5分と通学しやすいのが本校の特色。 駅から近いので、テスト前など学校に残って勉強しやすい環境です。 先生も親身になって質問を受け付けてくれます。 わからないところがあれば納得がいくまで確認することができ、国家資格取得に向けて徹底的に勉強できる環境が整っています。 快適でリーズナブルな学生寮を完備! 自宅からの通学が困難な学生のために、エアコン、照明器具、ベッド、机、洋服ダンスなどを設置した、学生寮を完備。 寮費も家賃1万2500円、共益費3000円とリーズナブル(水道・光熱費含む/2人部屋)!入寮者たちは、先輩に勉強を教えてもらったり、悩みを友だちに相談したり、人間関係を深めながら寮生活を楽しんでいます。 学科を超えた交流で、幅広い視野を持った人材を育成。 リハビリの知識・技術も専門家から学べる 本校では看護学科と理学療法学科が同じ建物内で学習。 クラスマッチなどのイベントや、8階のサロンでは学科を超えて学生同士が交流しています。 また、実習で感じた職種の違いや患者との接し方、技術などの意見も交換。 理学療法学科の先生による授業もあり、リハビリの知識も得やすい環境です。 海外の看護環境を知るカンボジア研修旅行を実施。 異文化体験は大きな経験に! 2年次12月頃には、国際看護の授業の一環として海外で活躍できる看護師を育成するため、希望者はカンボジアのアンコール小児病院に見学に行きます。 HIVがなぜ多いのか、母子保健がなぜうまくいかないのかなど、海外での看護をとりまく環境に直接ふれることで、看護師としての視野を広げます。

次の

下関看護リハビリテーション学校の情報満載 (口コミ・就職など)|みんなの専門学校情報

下関 看護 リハビリテーション 学校

良い 学校内が綺麗で過ごしやすく、機材が揃っているので細かい説明や最新機器の使い方がわかります!また、先輩たちも優しいので良き!質問にもしっかり答えてくれます!休み時間もわいわい話をしていました!1年では解剖生理学を中心に、脳血管障害や整形学などをまなんでいきます。 3年になるにつれて医学に詳しくなれます!国家試験受験に対してのサポートが手厚いです。 この専門に入ってよかったとおもっています!先生も、クラスメイトにも恵まれていたので頑張れた!合格率が高い!国家試験近くになったら朝から晩まで勉強しましたが、友達や、先生をはじめ、先輩から国家試験のアドバイスやおはなしをきけたので安心してうけることができました!系列の病院もあるから就職もしやすい先生からいろんなアドバイスもしてもらえます!就職率はかなり高いです。 みんなすぐ決まるぐらいです!• 普通 勉強は大変だが友達に恵まれていて、みんなで頑張ろう!と国家試験に向けて頑張っている。 だが技術試験やテストで追われる毎日もあった。 課題も出された。 これから実習も始まってくるから想像以上に大変になってくると思う。 でも先生は質問したら丁寧に答えてくれて、自分たちがダメなところはしっかり叱ってくれるが、いい所はたくさん褒めてくれる。 とてもやる気が出る。 入学してからたくさん支払いがあるが、今この学校で頑張って看護師になれば、すぐ返せると思う。 あとは自分のやる気次第だと思う。 本気で看護師を目指したていてどこの学校に通うか迷っている人は是非ここも考えてほしい。 入ってみて、ここじゃない違ったっていうこともあると思うが、私はここに入って良かったと思っている。 看護師になる夢を叶えるために3年間頑張ろうと思う。 先輩方曰く、2、3年になったらもっと大変らしい。 だが看護学校はどこもそうだと思う。 最後に決めるのはあなたです。

次の

下関看護リハビリテーション学校 下関看護リハビリテーション学校

下関 看護 リハビリテーション 学校

良い 学校内が綺麗で過ごしやすく、機材が揃っているので細かい説明や最新機器の使い方がわかります!また、先輩たちも優しいので良き!質問にもしっかり答えてくれます!休み時間もわいわい話をしていました!1年では解剖生理学を中心に、脳血管障害や整形学などをまなんでいきます。 3年になるにつれて医学に詳しくなれます!国家試験受験に対してのサポートが手厚いです。 この専門に入ってよかったとおもっています!先生も、クラスメイトにも恵まれていたので頑張れた!合格率が高い!国家試験近くになったら朝から晩まで勉強しましたが、友達や、先生をはじめ、先輩から国家試験のアドバイスやおはなしをきけたので安心してうけることができました!系列の病院もあるから就職もしやすい先生からいろんなアドバイスもしてもらえます!就職率はかなり高いです。 みんなすぐ決まるぐらいです!• 【注意事項】• ・正確な金額や詳細は資料請求の上、ご確認ください• ・各学科ごとの学費情報は各学科の基本情報をご確認ください• ・小数点以下は切り捨てとなります• ・「その他」は入学金と授業料以外の卒業までにかかる学費すべて(教科書代や教材費など)です 奨学金 以下の学科は日本学生支援機構 独立行政法人 の奨学金制度の対象です。 ・看護学科•

次の