イクス アレス ソール 継承。 アトライクスの作り方と性能まとめ【星15武器】

迫真OP付け部~実践の匠技~

イクス アレス ソール 継承

先日発表された シュベルユニットですが、 S級特殊因子が付けれることが可能です。 ただし、どのS級特殊能力でもつけれるわけではなく、それぞれの部位によって、どのS級特殊能力が付けれるかは決まっています。 リアユニット:S6特殊能力• アームユニット:S7特殊能力• レッグユニット:S8特殊能力 この様に決まっており、一応武器同様に、受け渡しも可能となっているようですね。 ただし、このシュベルユニットの実装時期ですが、次回の報酬期間( 2019年9月25日~2019年10月2日)の後となっているため、非常に悩ましいところではあります。 そこで、 報酬期間でシュベルユニットへの準備をして、 実装後にS特殊能力を追加する。 という形で特殊能力付与を考えてみました。 6スロ汎用ユニットの作成 まず次の点を踏まえたうえで構成を考えていきます。 S特殊能力を付けるのは報酬期間外に行う。 S特殊能力のカプセルは 終の艦隊で手に入るプライズメダルと交換。 本体である クリシスユニットをシュベルユニットにアップグレードしてから最終合成を行う。 最終合成時にS特殊能力カプセルを使用する。 レシピはさんを利用させて作成し、次のような感じになります。 最終合成レシピ 図1:最終合成レシピ(クリックで拡大) 特殊能力とその性能 特殊能力リスト• S特殊能力(部位によって変わります)• イクスアレス・ソール• ペルソナ・レヴリー• アクス・フィーバー• アクス・MAX• 各素材の準備 ひとまず各素材を作っていきます。 クリシスユニットにイクスアレス・ソールを付与させる 図2:本体にイクスアレス・ソールを付与(クリックで拡大) 本体であるクリシスユニットにイクスアレス・ソールにを付けておかないとダメなので、ひとまずこれを付けます。 6スロットのイクスアレス・ソールを使ってもいいのですが、それなりに値段しますので、ここは冒険にはなりますが、 安めの5スロットのイクスアレス・ソールで6スロットに拡張する形で行きたいと思います。 これをリア・アーム・レッグの3部位用意します。 ペルソナ・レヴリーとイストリア・ソール、アクス・フィーバーなどを組み合わせる 図4:図1の素材5作成(クリックで拡大) 図1のレシピでいう素材5の所になりますが、この構成で一番メセタがかかるところです。 ペルソナ・レヴリーはそこまで高くないのですが、イストリア・ソールがそれなりのお値段がします。 低スロットから上げていくのもありなのですが、総コストを考えると、それぞれ6スロットを購入してもそこまで大きな差はないので、ここは6スロットを使うことを前提で行きたいと思います。 イクスアレス・ソールの6スロを用意する こちらは本体用ではなく、図1のレシピでは素材1と素材2にあたるところです。 こちらも本体同様に5スロから育てても良いですし、メセタに余裕がある場合ですと6スロを手に入れても良いかもしれません。 最低限必要素材 ここまでの作業にて必要最低限の素材はこちらとなります。 レシピは「 PSO2 能力追加シミュレーター MELODY鯖」さんで作成しておりますので、そのおきます。 簡易版の5スロ汎用ユニット 上記構成の場合、ペルソナ・レヴリーおよびイストリア・ソールがネックとなります。 これだと敷居が高い!!!という方に、ステータス系は6スロットのとは劣りますが、次のような構成もおすすめです。 簡易版5スロットの構成と性能 特殊能力のリスト• S特殊能力(部位によって変わります)• イクスアレス・ソール• アクス・フィーバー• アクス・MAX• まだ資金的に苦しいけれども、シュベルユニットで特殊能力を付けてみたい。 という方には、こちらもおすすめです。 簡易版のレシピ 図5:簡易版レシピ(クリックで拡大) になりますが、基本的には6スロの工程からペルソナ・レヴリーとイストリア・ソールを省いた形となります。 素材も6スロから5スロにかわり、必要最低限の素材はこちらとなりますので、資金的にもぐっと優しい感じですね。 まとめ 以上、シュベルユニットに実装する形で汎用型の6スロおよび5スロユニットを考えてみました。 どうせならシュベルユニット実装後に報酬期間が来てくれるか、もっと早く発表してほしい!!!という愚痴もありますが、今から準備しても十分間に合うと思いますので、頑張って用意してみてはいかがでしょうか? 追記 2019年9月20日発表の にて、交換品に関しての情報が出ましたので、記事を修正しました。 2019年9月25日:一部記事を修正いたしました。

次の

シュベルユニットへの能力付け

イクス アレス ソール 継承

特殊能力追加講座 本稿では、PSO2の装備強化において最も難しいとされる「特殊能力追加」について解説していきます。 主に 能力追加の初心者や踏ん切りがつかないプレイヤーを対象にした解説となるため、手慣れたプレイヤー向けの解説ではない事をご承知置き下さい。 失敗しても素晴らしく運が無かったと割り切って再挑戦するのが大切です。 以上の事を踏まえた上で読んでいただき、あなたの装備強化の参考にして頂ければ幸いです。 Good luck! 補足: EP5の現状、SH以下の難易度では特殊能力追加の重要性はそれほど高くありません。 まず、武器やユニットの強化、属性強化や潜在能力の解放を優先したほうが良いでしょう。 特殊能力追加とは 装備品の特殊能力 マークと共に表示される項目 を、他の装備品から移し替えたり新たに作り出したりして追加する事。 アイテム強化や属性強化で使われるような専用の消費アイテム グラインダー、シンセサイザーなど は不要だが、代わりに 素材となる装備品を消費するのが大きな違い。 なお、素材やベースとなる装備に「元々付いていた特殊能力」が必ずしも残るとは限らない。 素材やベースが持つ全ての特殊能力を一旦リセットして新たにベースの装備に付け直すという考え方に近い。 キーワード解説 詳しい解説はのページを参照。 特殊能力 武器やユニットに付属している能力の事。 マークで表される。 オプション Option に由来してOPと呼ばれる事がある。 特殊能力追加 文字通り特殊能力を追加する事。 オプション Option に由来してOP付けと呼ばれる事もある• 本体・素材 能力を追加したい装備品を本体 またはベース 、能力を追加するために消費する装備品を素材と呼ぶ。 素材は本体1個に対して 5個まで選択可能。 素材を上限数までフル活用しなければ完成しない特殊能力の組み合わせもあるため、「素材を作るための素材」を用意してから能力追加作業に入るプレイヤーもいる。 スロット数 装備品が持つ特殊能力の数。 最大8スロット。 特殊能力追加の時に選択する特殊能力の数は、 基本的に本体のスロット数と同じになるように選択する。 例えば本体のスロット数が3であれば、素材のスロット数は3~8スロットである必要がある それ未満の素材はそもそも選択できない。 報酬期間 運営イベントで一定の条件を達成した場合に行われる強化条件緩和期間のこと。 ほとんどのプレイヤーがこの期間にアイテムの強化を行うため素材が高騰する。 継承・合成ボーナス 触媒• 特殊能力の中には、素材や本体に入っていると他の特殊能力の継承または合成の成功率を上げるものがある。 ボーナスを持っている特殊能力を触媒と呼ぶこともある。 触媒は1つ入っているだけで機能し、付与候補に上げる必要すらない。 なお、1つの能力が同時に複数のボーナスを受けることは出来ない 合算になったりしない。 エクストラスロット 通常、付加したい能力を選択する時に選択する数は「本体の元々のスロット数と同じ」にするものだが、エクストラスロットを使用することで本体の元々のスロット数より1つだけ多く能力を選択して追加する事もできる。 これを使用する場合、 S級特殊能力を除く、全てのスロットの能力追加成功率が下がるので、各々の特殊能力で消失の恐れが増す。 スロット数が増えるほど成功率の低下も激しくなる。 なお、能力の1つに本体の因子を使っても因子の効果は消えない 再選択可。 スロットの拡張 穴あけ EXスロットの性質を利用し、能力追加を行う前に装備のスロット数を目標の数になるまで増やしておく事。 拡張を繰り返すことで、スロット数を最大8つまで増やすことができる。 この際、素材の数はできるだけ2個にしたほうがよい。 1個だと成功率が下がり、3個以上だと費用が跳ね上がるため• 同名ボーナス 本体と素材を全て 同名のアイテムのみにした場合、成功率が上昇する。 手間の割には効果が薄いため、基本的には狙う必要は無いが、一部ボスから共通でが落ちるようになったため狙える機会は増えた。 能力追加費用 素材の数が多いほど、費用も多くなる。 詳細は武器・ユニットごとに大きく異なるがおおよそ以下のとおり 素材数 費用 1つ 0. 7~0. 9倍 2つ 基準 1倍 3つ 6倍 4つ 8倍 5つ 16倍 素材数が3個以上になると一気に値段が上がる。 「素材が3つ以上使用されています。 」といった注意メッセージの類は一切ないので、右上のメセタ欄の表示や最終確認での消費メセタの項目に注意すること。 最後の仕上げや素材を5個を使ったほうが節約になるというケースでも無い限り乱用するものではない。 能力追加や4s以上へのスロット拡張を行う上で恐らく 最もお世話になる重要アイテム。 それなりに高価なので大事に使っていきたい。 主な入手方法 先に述べたエクスキューブとの交換が主流。 そのエクスキューブは主にで入手可能。 よって本格的な能力追加を考え始める時期は、星10~11武器の供給が安定してくる難易度VH以降になるだろう。 星10~11武器もマイショップで購入可能。 COなどでメセタを貯めてこれらの武器をマイショップで買い集め、エクスキューブに交換しても良い。 グル-プ 特殊能力のほとんどは以下に示す「グループ」のいずれかに分類できる。 ゲーム内では同系統と表記されている。 継承・合成成功率はグループごとに異なっており、同じグループ内の能力同士と同時にに継承できない排他的関係を持つものも存在している。 継承・合成成功率を確認したい場合はを参照。 ステータス上昇量を確認したい場合はを参照。 なお、これらの呼び方は当wiki独自のものなので注意。 ステータス上昇系2つ分と同等の上昇値を持つ。 継承成功率・供給量・上昇値のバランスがとれているため、能力追加の候補として最優先で付加したい。 合成・継承ボーナス ソール系の能力には、一部の特殊能力の合成・継承成功率を上げる効果がある。 どのソールがどの能力へのボーナス効果を持つのかはソールごとに全て決まっている。 を参照。 追加したいソールとは別のソールを1個だけ素材に含めてボーナス効果だけを利用する、といった使い道も。 アストラル・ソール ソール系の一種。 他のソール系を上回る性能だが、特殊な手順を踏んで合成しなければならないため 初心者にはおすすめできない。 詳細は。 「特定の大型ボスのソール」と「トウオウ or フルベガス or エスカード or ファーブラ or イストリア・ソール」を1つずつ用意するだけで合成できる特殊能力。 簡単に合成できる上に成功率も高くオススメ。 ソール系にするかジ・ソール系にするかは、素材の供給量や資金と相談して決めると良いだろう。 必要な合成素材はを参照。 単純に該当の能力値1つを上昇させる、最もありふれた特殊能力。 継承しやすく、供給も多いため扱いやすい。 防御系3種とレジスト系9種は、耐久力の底上げを狙う場合、現状HP上昇と比較して効果が薄くなりがち。 あまりお勧めはできない。 成功率は ステータス系より低い 共存 : 不可 1つのみ。 武器にのみ付与可能で、攻撃時に状態異常を付与できるようになる。 ランクが高いほど与える状態異常の効果が高くなるが、付与率自体は変わらない。 継承、ランクアップともに成功率は同ランクのステータス上昇系に比べかなり低い。 確実に追加したい場合はソール系の継承ボーナスの利用が必須。 他のランクを持つ能力と違い 複数用意してもランクアップできないので注意。 合成で作り出すのが一般的である。 合成方法 以下に示されている特殊能力のうち 同じランクのものを同時に素材 または本体 に含めることで合成できる 能力追加候補一覧に現れる。 ウィンクルム、モデュレイター、スティグマ、ファクター系、レヴリー系、アルター・フリクト系 入手方法 : 後述 ランク : なし 継承 : 可 ウィンクルム・モデュレイター・スティグマ・ファクター・レヴリー系は2個から可、アルター系・フリクト系は3個から 特殊能力「エクストレセプター」があれば1個から 可。 詳細は後述 共存 : ウィンクルムとモデュレイターは共存不可、スティグマとアルター系とフリクト系は共存不可 特定のクエストの特定のエネミーからのみ入手可能な特殊能力。 付与難易度やコストの高さから熟練者向け。 アンガ・ソールの継承ボーナス対象。 アプレンティス・ソール、ダブル・ソールの継承ボーナス対象。 アンガ以外の世壊種ボスが持つソールの継承ボーナス対象。 地球のボスエネミーが持つソールの継承ボーナス対象。 オメガのボスエネミーが持つソールの継承ボーナス対象。 エクストレセプターで継承率上昇。 種類こそ多いが攻撃力の上昇値はどれも一長一短のため、PP上昇値の高いものが特に優秀とされる。 打撃はラブ 2月 、射撃はセント 12月~1月 、法撃はラタン 10月~11月 、全攻撃力はアクス 毎月2日 が該当する。 ラッキーライズ・EXPブースト・メセタフィーバーの3種類。 主にSWの鑑定時に付与される能力のため、ほぼ武器専用。 通常は継承もランクアップもできない。 ギフトレセプターという能力があれば2個以上から継承・ランクアップ可能。 能力値の上昇がない上に継承難度もかなり高いため、戦闘用武器で候補に選ばれることは稀。 ただし該当アイテムはそれなりに高額で、加えて能力追加に失敗すると取り返しがつかないという短所もあるため安易には使いにくい。 運営の設定ミスと考えられるが直接設定した物については制約が無視されるようだ。 特殊能力候補例 数多く存在する特殊能力だが、有力候補はある程度限られてくる。 ここでは多くのプレイヤーの経験に基づいて優先的に選択したい特殊能力をピックアップする。 優先的に付けたいもの• ソール系 能力の上昇幅が大きく、継承成功率にも優れ、他の能力への継承ボーナスもある最有力候補。 「トウオウ or フルベガス or エスカード or ファーブラ or イストリア」と特定のソールの合成で出現する「ジ・ソール」は効果も高い上付けやすい。 特に「アレス・ジ・ソール」は付与難易度が容易い割に非常に強力なため、特に理由がないならこれを選ぶとよい。 難易度UH以降のボスエネミーからは「イクス〇〇・ソール」がドロップし、こちらはHP・PP・各種攻撃力・各種防御力が一度に上げられるのでパフォーマンスはとても高い方。 パワー、シュート、テクニック 通称:ステータス、ステ• 入手しやすく継承も比較的楽で上昇量も高い。 スタミナ、スピリタ• 最大HPを上昇させるスタミナと、最大PPを上昇させるスピリタ。 どちらも効果が実感しやすい上、特殊能力による上昇量が多いため優先度は高い。 スピリタに関しては下記の「アクス・フィーバー」が実装されてからは優先度は下がった。 もちろん兼用するのもあり。 対応した装備にのみ付与可能。 詳細は該当ページを参照。 火力や防御、PP効率など各方面の倍率を直接アップさせる効果が多く、特に武器は通常の特殊能力より優先させて付与させたいところ。 火力系でも無条件発動かつ安価なS1~S3の「剛撃の志」だけでも付与しておくと効果がある。 特殊能力追加成功率が100%で固定されているため、最初につけておくとスロット拡張等も楽になる。 その他よく名前の挙がるもの• からのドロップ。 ドロップが期間限定のため価格変動が激しい。 アクス・フィーバーを2つ以上素材にすることでアクス・MAXが出現する。 ただしアクス・MAXはモデュレイターとウィンクルムとは排他関係。 「ブースト系」「ノーブル系」「エレガント系」「グレース系」「グランド系」• 素材枠を使わずに付けられ、上昇量が高い。 ACスクラッチ品であり、ビジフォンで買うとかなり高い。 素材の購入価格と釣り合うか要検討。 継承不可。 攻撃・PPが上昇する。 は地球のフリーフィールドで常時出現する可能性はあるが、出現頻度はそう高くない。 エンドレスクエストの特定マップに登場するラプラスの悪魔からドロップを狙う手もあるが、レア武器を落とさない関係上、入手できるのはほぼユニットに限られる。 エクストリームクエストの特定ステージで出現するラプラスの悪魔はドロップの仕様の違いから武器・ユニット自体ドロップしにくい。 期間限定の特別なクエストに登場する該当エネミーから大量にドゥームブレイク系が入手できる事もあるが、期間外だと該当エネミーが出現しなくなるといった関係もありで時期によって供給量の落差が激しい。 武器についてはザラシリーズの能力因子でも付与可能だが、そのための準備が割に合わないかもしれない。 オーブシリーズの能力因子による付与も可能だが、ピュラスシリーズといった交換材料として使うものもあるのでよく考えること。 「デウス・ファクター」• デウス・エスカ系統からのドロップ。 打撃力・HP・PPが上昇する。 入手しやすく、触媒となるソールも同時に付くため継承もしやすい。 緊急クエスト「創世導く母なる神」やトリガークエスト「輝光を砕く母なる神」でも入手できるため供給量はそこそこ。 「オメガ・レヴリー」• 魔物種ボスおよび デサント・ドラール からのドロップ。 攻撃力・HP・PPが上昇する。 数値は控えめだが入手しやすく、魔物種から落ちる際は触媒となるソールも同時に付くため継承もしやすい。 5スロット以上の供給量は「壊城に舞う紅き邪竜」の開催数に大きく左右される。 「ダブル・レヴリー」• およびからのドロップ。 攻撃力が減少する代わりに、HP・PPが大幅に上昇する。 HP・PP特化にしたい場合、非常に強力だが、上記のデウス、オメガと比べると、入手性が悪く、触媒となるソールも同時に付かない。 供給量はオメガ・ダランブルの出現するクエストや「悲劇を願う破滅の虚影」の開催数に大きく左右される。 「ペルソナ・レヴリー」• およびからのドロップ。 防御力が減少する代わりに、攻撃力が大幅に上昇する。 イクス系ソールと併用する事で、防御力の低下を相殺できる。 供給量は「悲劇を願う破滅の虚影」の開催数に大きく左右される。 「領域調査:異世界の残滓」でもドロップするが、5スロット以上は破滅の虚影と比べると少なめ。 打撃・射撃・法撃、及び全ての属性攻撃への耐性が上昇する。 供給量は 及びレア種のグリフォン・ゲルス、超化種のデオス・グリフォン の出現数に大きく左右される。 グレア系• 難易度UH以降は敵の攻撃倍率も大きく上昇しているため、防御力の蓄積が馬鹿にならない。 前述のペルソナ・レヴリーのデメリットが気になるのであれば打ち消す目的で使うのもアリ。 ファクター系、レヴリー系と比較すると、継承に必要な数が2つなのが利点か。 ただし触媒となるディバイン系がユニットに付与されないため、現状ユニットに対しては報酬期間外での継承率は50%が上限となってしまう。 武器向けの特殊能力と言える。 各種防御に加えHPとPPまで上昇する「フォードルス・グレア」「ヴァルナ・グレア」「ミトラ・グレア」はユニット用の特殊能力として非常に強力なため、報酬期間に向けてストックしておくのも悪くない。 閃機種及びフォトナーのボスエネミーからドロップするためEP6時点では入手する機会も多く、それなりに流通している。 「フレイズ・ウィーク」「フレイズ・ディケイ」• S級特殊能力と同じくダメージを割合で上昇させる効果で、ステータス増加系の能力よりも効果が大きい。 フォルニスシリーズは全武器種が「深遠に至りし巨なる躯」XH以上で、特定の武器種がL71以上の季節限定ラッピーや季節緊急クエストの特定のボスエネミーから入手できる。 特にバジリス系はEP6以降、閃機種が登場する高難度クエストから入手しやすくなっており8sでも安価。 発動条件の関係上、クラスによって選択を変える必要あり。 安定しない場合は選択肢から外すことも考慮を。 フレイズ・ウィークは法撃職や武器属性を一時変更する手段があるTeやBo向け。 それ以外のクラスではバジリス系武器やS級特殊能力の失力の蝕を使用しないと自力でジェルンを付与できないが、8人以上でのマルチプレイでは大抵Phが混ざってジェルンを付与してくれるので、マルチプレイ用と割り切れば悪くはない。 触媒 他能力の継承率アップ として使われるもの• 基本的に通常のソールを触媒とした時よりも効果が大きい。 攻撃力・HPも上昇するが、上昇量は各15と控えめ。 季節緊急限定の二つ名ボスからドロップするため、供給量は季節緊急の開催時期により、大きく左右される。 以前は期間限定クエストの特別な二つ名ボスからもドロップしていたが、該当クエストが配信停止している。 (2019年8月21日現在)• ディバイドクエストの高ステップでもドロップするが、かなり高難易度のクエストなので装備を整えた後の稼ぎ場になるだろう。 「ソールレセプター」• ソール系能力の継承率を大きく伸ばす。 6スロット以上になると途端に入手率が下がり高額となる。 通常ソールを入れてのスロット拡張に使うのが主になるか。 ユニットの場合は特殊能力保護と合わせてアストラル・ソールの継承を狙う場合もある。 「ファクターレセプター」• ファクター系能力の継承率を大きく伸ばす。 PSO2esのエターナルタワーでのドロップ品に付与されている。 やはり6スロット以上は貴重で値段が高い。 スロット拡張の他、エーテル・ファクターを無理やり継承したい時に使う場合がある。 「マークレセプター」「ディバインレセプター」• やりこみ派・上級者向け。 主にスクラッチの回数ボーナスやSGスクラッチ等で付与アイテムを入手可能。 SGスクラッチのアイテムはマイショップ出品やトレードが不可という仕様上 入手機会が非常に限られており、当然これが付いた装備も非常に高額なので、使い道はよく考えたい。 S級特殊能力「〇〇増幅」系の効果を伸ばすために使ったり、これでもかと上級特殊能力を詰め込みたい装備の最終素材に付与したり等…• これらの登場でマーク系・ディバイン系と各種ブースト系を一度につけることが可能になり、特殊能力の数値補正の上限が跳ね上がった。 ディバイン系能力では、当然上位かつ凄まじく強力なディバイン・オーダーを継承したいが、難易度UH以上で稀に登場する黒フォトナー侵食核を持った敵がたまに落とすのみと入手難易度が高くこれまた高額である。 特殊能力候補例 上級者・やり込み向け アストラル・ソール• DF系ソール5種で合成できるソール・カタリストの準備が必要となる能力の1つ。 オメガ系DF登場以後、DF系ソール5種の入手機会が大幅に増え、さらにではDFソールとダークネス・ソールが供給されるようになったため、総じて作りやすくなっている。 エーテル・ファクター• 地球系レイドボス系に付与されるファクター3種で合成できるファクター・カタリストと、地球系ソール2種で合成できるエーテル・ソールの準備が必要となる能力の1つ。 現物の特殊能力因子を持つ武器はないため、武器もユニットもファクター・カタリストとエーテル・ソールを一から作り出す必要がある。 上記2種を付与できる能力付与アイテムはあるものの、入手機会が限られており高額。 ファクター・カタリストは後に実装されたが因子を持つ。 マイショップ購入も可能。 ファクター3種は地球系レイドボスが絡むクエスト(「月駆ける幻想の母」「新世を成す幻創の造神」「威風堂々たる鋼鉄の進撃」「創世導く母なる神」等)のクリア回数に依存する。 時期によってはトリガーやランダム発生時の該当緊急クエストに積極的に参加しないとファクター系素材の確保が難しく、(最も作成しやすかった2017年7月の報酬期間と比べると)制作コストは大きく跳ね上がっている。 また「創世導く母なる神」(と常時入手できるソロトリガーの「輝光を砕く母なる神」)ではマザーとデウスのファクターは入手可能だが、レアドロップ率ブースト上昇しすぎると押し出しの関係でマザー・ファクターが付与されたユニットが逆に入手しづらくなるという問題もある。 EP6現在、「創世導く母なる神」(と常時入手できるソロトリガーの「輝光を砕く母なる神」)のUH追加により他のレア狙いついでにマザーとデウスのファクターは確保しやすくなった反面、基本的に「威風堂々たる鋼鉄の進撃」のランダム発生頼りになるヤマト・ファクターの確保が課題となっている。 「ワイルドイースター2020」では初の試みとしてクエスト固有でエーテル・ファクター制作に必要な特殊能力が付く事があった。 アストラル・ソール同様、事前準備が欠かせない能力となっている。 マナ・レヴリー• DF系レヴリー5種で合成できるレヴリー・カタリストと、オメガ系ソール2種+オメガ・レヴリーで合成できるオメガ・メモリアの準備が必要となる能力の1つ。 エーテル・ファクターと同じく、特殊能力因子を持つ武器はない。 しかし、レヴリー・カタリストについては、深遠シオン武器、星震シオン武器に因子として設定されている。 深遠シオン武器、星震シオン武器はといったダークファルス・ペルソナが出現するクエストで入手できる。 また「領域調査:異世界の残滓」を除くマルチパーティーエリアに登場するオメガ・マスカレーダでも、深遠シオンをドロップする。 ディバイドクエストの「討伐戦:???? 」ルートで確実に遭遇できるが、高ステップではレギュレーションやサプライズ効果も重なってかなりの強敵なので注意。 オメガ・メモリアの素材にに関しては主に異世界オメガに関するクエストで入手可能。 ファーブラ・ソールは異世界オメガでのエリアで出現するボスエネミー全種、エンペ・ラッピー、ダーク・エンペラッピー、タガミカヅチ、イザネカヅチでしか付与されないため、入手難易度が地味に高い。 イストリア・ソールは「壊城に舞う紅き邪竜」(「崩城に蘇る黒衣の邪竜」)で入手可能。 ファーブラ・ソール、イストリア・ソール共に「領域調査:異世界の残滓」でもドロップするが、5スロット以上は少なめ。 オメガ・レヴリーは一部のボスエネミーで付与される可能性もあるが「壊城に舞う紅き邪竜」(「崩城に蘇る黒衣の邪竜」)でイストリア・ソールと同時に付与されやすいものが入手しやすい。 総じてオメガ・メモリアの素材確保は「壊城に舞う紅き邪竜」(「崩城に蘇る黒衣の邪竜」)の発生回数に依存すると言っていい。 レヴリー・カタリストを作るのに必要な素材であるDFレヴリー5種はオメガ系DFやオメガファルスのレイドボス、ダークファルス・ペルソナから入手できる。 時期によってはDFレヴリー5種の供給量の変動が激しいのだが、エルダー・レヴリーに関しては常時供給量が少なく、これの確保が課題となる。 といったダークファルス・ペルソナが出現するクエストでは、多スロでのOFレヴリーが5種類共排出されるため、レヴリーの供給、及び多スロでの供給という点に関する問題は解消できるが、同クエストの開催数に比例して供給量は変動する点は変わらない。 マナ・レヴリーの素材を少しでも安定して入手するには常時受注できる「幻惑の森探索」以外にも(緊急含む)や(レベルアップクエスト)等、時間の余裕がある時に異世界オメガに関するクエストを受注する事を視野に入れる必要がる。 そのためメセタは全特殊能力で最も必要となる。 作成するのであれば 全Shipのマイショップでの買い付けも必須なので、シップ移動のためのリアルマネーもある程度必要になる。 特殊能力保護 4スロット以下 が実装されたため、4スロットまでであれば手を出しやすくなったがそれでも相当なメセタが掛かる。 触媒ソールが存在するため、スロットによるがEV系より作成難易度は低い ただし失敗したときの損失はこちらのほうが大きい。 制作難易度だけで言えば全特殊能力の中で最も難易度が高い。 なお共存 排他 についてはパワー系、シュート系、テクニック系で別れているためEV・パワーHP、EV・シュートHP、EV・テクニックHPといったように3つ同時に付与する事が可能。 武器に限ってはマナ・レヴリーなどとほぼ同等の製作難易度といえるだろう。 ただしひたすら試行回数が必要になるのも同じなので、決して楽ではない。 リーパー系・スレイヤー系• リーパー系は特定の弱点属性を持ったエネミーに、スレイヤー系は特定種族のエネミーに対して割合でダメージを上昇させる。 季節限定緊急でドロップする武器に付与される。 武器のレアリティによって大きく効果が上下するため、武装エクステンドした新世武器向けの能力。 リーパー系はエレメントウィークヒットやフレイズ・ウィークと同じく、敵の弱点情報に記載されている属性でないと効果を発揮しないため注意。 一見全属性に弱い部位でも全属性弱点ではない場合が大半となっている。 侵食核は目玉型やフォトナー侵食核を除けば全属性が弱点のため、全てのリーパーが発動する。 特殊能力追加実践例 EP4以降、ユニットであればストーリーボード等で入手するウェポンズバリア3つだけでSH初期まで十分対応可能。 ・などXH帯で通用するユニットを入手してから特殊能力をつけても十分間に合う。 EP5以降、各難易度の必要プレイヤーレベルが増加し、エネミーレベルも80だけでなく85のものも増えた。 また、スキルリングの実装に伴い、動きの幅が増えたほか、11以下のユニットと12ユニットを比較した場合、セット効果よりも12ユニットの単体性能の方が上になるものが多い。 入手難易度がそれほど高くないためXH以降では12ユニットをつける事を強く推奨する。 Lv75到達称号で貰える12ユニットのステラウォールは、素の性能も、付与されている特殊能力もある程度のラインに達しているため、まずはこれを装備すると良い。 高レアの武器・ユニットは特殊能力をつけようと素材を多数使うと多額のメセタを消費するので、 特殊能力をつけながら拡張するよりもあらかじめスロット数を拡張してからの目的の特殊能力をつけた方が安く上がることもある。 自分の所持メセタや所有素材と相談しながらより安く上がる方法を探すとよいだろう。 また、以前に比べ武器の攻撃力が上昇したため、特殊能力による攻撃ステータスの影響が小さくなっており、よりHPやPPを重視した構成も選択肢として十分あり得る。 素材も安く済み、比較的仕上げやすい。 黎明期から存在する組み合わせだが、現在では見劣りする。 能力を付ける基礎知識として覚えておけばよい程度だろう。 ヴォルをクォーツ、グワナと読み替え可能。 いずれの手順も利点・欠点があり、どれが最良かは相場と運次第。 出来れば全て読んだうえで判断してほしい。 全く小技を使わない例として示したが、現在では あまり良いやり方ではない。 同じソールを2つ用意する必要すらない。 複雑な合成になるほど便利な、触媒用の特殊能力だが、それだけに高値が付いていることも事もあるので、財布と相談の事。 ただし、運悪く連続で失敗することもあり得るので、過信は禁物。 エクストラスロットの使用時には成功率が下がってしまうが、構わずゴリ押す手もある。 一見、本体の枠を増やす手間をケチって成功率が落ちただけではあるが、この合成では1スロの 安い 素材を利用できる。 特に、ソールレセプター等は特殊能力数1つの違いで価格が桁違いなこともあるため、相場次第では敢えて拡張と同時に仕上げる方が安く上がる事もある。 素材費用をケチれる分、よく似たBの手順より成功率は落ちる。

次の

迫真OP付け部~実践の匠技~

イクス アレス ソール 継承

もくじ• 特殊能力付けを行うメリット HP、PP、攻撃力を増やすことにより自分が強くなれます。 HPを増やすと倒されにくくなり逃げ回る時間が減ります。 PPを増やすと攻撃できる回数が増え、爽快感が増します。 予算など用意する物 予算150万メセタほど(時期により大きく変動します。 価格調査は2019年6月24日)。 必要なもの イクスアレス・ソールが3スロットで付いたユニット(15万~35万メセタ) ソール・レセプター・スタミナ3・スピリタ3の付いたユニット(3~10万メセタ)を3つ アクスフィーバー1個(1~3スロットで安いものを。 最初に3スロットのユニットに2スロットの能力は付けることは 出来ない。 特殊能力付けは最初に選んだスロット数が同じか、それ以上でないと付けれない。 (3スロットのユニットは付加する能力のスロット数が3~8スロットのユニットでないと付けれない) 実際にやっていきましょう。 最初に特殊能力を付けたいユニット(以下作成ユニット)を3スロットにする。 作成ユニット0スロットから1スロットへ拡張 ゴミ能力1スロットを用意する。 ゴミ能力とは パワー1、シュート1、テクニック1、スタミナ1、スピリタ1、〇〇レジスト1、ボディ1、アーム1、リアクト1など1個で100%で付けれる能力の事です。 ここからゲーム内での操作です。 最初にアイテムラボ店員ドゥドゥ(モニカ)に話しかけ 【特殊能力追加】 を選択。 ユニットのタブから作成ユニットを選択(0スロットの場合) 素材となるゴミ能力の付いたユニットを1個選択して 【決定】 能力(必ず100%なるもの)を選んで【特殊能力追加開始】 次に【はい】を選択 これで0スロットから1スロットへの拡張が終わりました。 2スロットから3スロットへ拡張 2スロットの作成ユニットを選択、ゴミ能力が付いたユニットを1個選択して【特殊能力追加開始】 (アクスフィーバーが2スロットの場合ここで選択) 能力を選択して成功率が75%以上なら問題ないです。 成功率アップ系の下から能力追加成功率30%を選択して【はい】 これで2スロットから3スロットへ拡張できました。 番外編アクスフィーバー、作成ユニットが共に3スロットの場合 ここで作成ユニットにアクスフィーバーとゴミ能力を付けます。 アクスフィーバーと他2つが成功率100%なのを確認して【はい】 これで3スロットでアクスフィーバー付き作成ユニットができました。 ここで付けたい能力と成功率が100%になっているのを確認して【はい】 このページの記事は以上です。 このブログは雑記ブログですのでPSO2関連の記事はタグ、カテゴリー、サイトマップより見てください。 質問などあれば下のコメント欄よりどうぞ。 最後までお付き合い下さりありがとうございました。 これで完成です。 お疲れさまでした!.

次の