グラブル ハデス 背水。 闇ハイランダー編成(片面神石背水)

【グラブル】ハデス(召喚石)の評価/入手方法|最終解放後の性能【グランブルーファンタジー】

グラブル ハデス 背水

4凸ハデスのダメージを、3凸時と比較して具体的にどれほど強くなったのかを紹介します。 また、強力になった両面神石編成についても合わせて解説します。 4凸ハデスの性能 攻撃ステータスは3315とかなり高め。 3凸Lv100の2350から965の上昇 加護効果• 「闇」「憎悪」「奈落」の効果が 140%UP 3凸時の120%UPから20%の上昇。 召喚効果• 敵全体に闇属性4倍ダメージ• 味方全体の奥義ゲージ上昇量UP 3ターン メインに4凸ハデスとする場合、3凸では不可能だった1ターン目からの召喚が可能になります。 召喚ダメージが超強化 4凸することで召喚のダメージが主人公のアビリティダメージ扱いになり、飛躍的にダメージ量が上昇します。 3凸時には数万程度しかダメージは出ませんでしたが、 例えば天司武器あり+デス5凸の状態では約144万ダメージが出ます。 奥義ゲージ上昇量は10%UP 奥義ゲージ上昇量は10%UPし、効果ターンは3ターン。 必要素材• 3凸時のダメージ• メイン:パラゾ二ウム• ブルトガング• 4凸終末武器• 麒麟弓• 虚空剣• オメガ武器 連撃• デスは5凸。 防御下限、バフなしで 主人公の通常攻撃のダメージは約64万。 ダメージ上限の約74万には10万ほど届いていません。 4凸時のダメージ 武器は同じ。 防御下限、バフなしで 主人公の通常攻撃のダメージは約69万。 ダメージ上限の約74万には5万ほど届いていません。 1倍になります。 上記の装備編成と多少異なっていても、基本的には1. 1倍ほどになります。 ただ召喚石を上限解放するだけで火力が1. 1倍になるのは非常に強力だと思います。 4凸時の素材も軽いので、神石編成を運用している場合は最優先で4凸させましょう。 単純火力以外の恩恵 上記のダメージ比較は単発のダメージで、非クリティカル時のもの。 単純な火力以外の強化点も見ていきます。 クリティカル率の上昇 ブルトガングはクリティカル率UPのスキル効果も持っており、1本で• 片面3凸=5. 28%• 片面4凸=5. 76%• 両面4凸=9. 12% のクリティカル率UPを得られます。 もともとの効果量が2. 4%と低いため、ハデスが4凸になったとしても上昇量はごくわずかで、火力期待値の上昇も誤差のようなものです。 連撃率の上昇 パラゾ二ウムは三手 小 による連撃率UPのスキル効果を持ち、1本で• 片面3凸=7. 片面4凸=8. 両面4凸=13. 3% のDATA率UP効果があります。 もともとの効果量が3. 5%と低いため、ハデスが4凸になったことによる恩恵も小さめです。 最大HPの上昇 終末武器や天司武器は「神威」スキルで最大HPを上げることができ、これももちろんハデスの加護が乗ります。 4凸終末武器• 4凸天司武器• 麒麟弓 HP10%ダウン の装備状況で3凸片面ハデス時のHPが約22000~28500の場合。 ハデスを4凸にすることで、最大HPは約1500前後上昇します。 背水するにしても渾身するにしても最大HPは多い方が良いので、単純に嬉しいですね。 また、ルシファーHLなど一定のHPを確保したい場合にもハードルが少し下がったと言えます。 英傑スキルの効果量 上記のダメージ比較では使用していませんが ウン・ハイルの英傑スキルの効果量UPの恩恵も見逃せません。 最も重要な奥義上限は、1本で• 片面3凸=14. 96%• 両面3凸=23. 12%• 片面4凸=16. 32%• 両面4凸=25. 84% 上昇します。 一応注意したいのは、 4凸ハデスの場合片面2本で32. 64%奥義上限が上昇しますが、奥義上限UPの上限値は30%なので、2. 64%は無駄になります。 ウン・ハイルを編成した場合のダメージ比較は別記事で扱う予定です。 両面神石が強力になった ハデスが3凸の状況では、 フォールンが5本以上ある場合を除き 基本的には両面ハデスは片面ハデスより火力で明確に劣っていました。 具体的にどれほどのダメージが出るようになったのか、片面と両面で比較していきます。 片面と両面のダメージ比較 装備は先ほどのものと同じ。 片面or両面以外は同じです。 では次は、戦いを進める中で自然と付与されるフェリの奥義バフ「闇属性攻撃30%UP」がある状態のダメージを見てみます。 しかし、ここで注意したいのは、"あくまで非クリティカル時の単発攻撃の火力"であるという点。 単発火力以外の差 連撃率 パラゾ二ウムの三手の分で、両面の方が4. 9%DATA率が高いです。 クリティカル率 ブルトガングの刹那の分で、両面の方が3. 36%クリティカル率が高いです。 最大HP 終末武器と天司武器の神威の分で、両面の方が6000~7000最大HPが多いです。 総合的な期待値では両面の方が上 属性攻撃UPバフがある場合、連撃率やクリティカル率を含めたより実践的な火力の期待値では、 紹介した編成では 片面ハデスよりも両面ハデスの方が上回ります。 属性攻撃30%UPあり HPが約75%以上あれば両面の方が火力期待値が高いことがわかります。 両面の方が渾身依存度が高いため、75%より減ると片面の方が上回る また、最大HPが7000も高ければそれだけ渾身も維持しやすいので、実質的な差はより開くと考えられます。 つまり、 神石4凸によって片面ハデスから両面ハデスへ移行しやすくなったということです。 ちなみに、フォールンが5本あれば属性バフなしでも両面の方が強力になります。 ただし非有利相手は相変わらず片面の方が上 光属性以外の敵を相手にする場合、有利属性に対する属性攻撃50%UPボーナスが失われるため、いくら140%に強化されたからと言っても両面にとっては非常に厳しい状況となります。 よって、非有利属性を相手にする場合は片面の方が明確に両面よりも火力が高くなります。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブル】ハデスに移行する人が目指すべき編成【※お手軽は何か】

グラブル ハデス 背水

しかし渾身において加護が乗る守護は価値が高く、今後のアプデにより運用に変化が起こった際の取り返しがつかないので方陣にするか通常にするかは個人の裁量で。 自分なら通常にしちゃうかな。 これファー武器は5凸出来たら何つけるんですかね?サプをグラシに捧げ続ければ誰でも作成可能。 背水に頼るハデスはブレグラでゲロを吐くと思う。 水ゾグラシ時代が長すぎた。 正直石油武器でもこれに勝るものは少ないレベルのガイジ武器。 攻刃量も多く普通に入れたい。 これを4本+水ゾでコンジャークションすれば3Tくらいは最強になれる。 一応1本程度なら火力の底が上がる効果はある。 複数入れるのは枠の無駄。 今後技巧の調整が入るので両面でブルト13本編成するとクリが確定するらしい。 というかルシ用。 1本あるとすごく便利。 そうなると上限upが抜けるので本末転倒。 本命は奥義特化のメイン持ち編成か。 費用対効果が悪い。 餌が勿体ないけど。 一本で奥義上限が9. 5%も上がる良武器。 4凸されたらAT時の廉価奥義編成のメインによさそう。 防御下限 天司1. 渾身編成 から最終的にこうします。 計算上はこんな感じです。 実ダメは上下に振れるので多少差があります。 75%はおまけで計測してみました。 ぶっちゃけ渾身と背水比べたら背水でも良くね?って感じします。 水ゾが絶対枠になりオメガが剣に縛られ、キャラまで制限されるガチガチパーティーになりますけど…。 キャラクター しょぼい。 他属性に比べ確実に世代落ちしているキャラが最前でデカイ顔をしている。 シスとかぶっちゃけ他属性だとスタメン取れんでしょ。 キャラは得意武器 剣・格闘が多く、最近短剣に新キャラが寄せられている。 キャラの修正が課金要素のため難しかったのか属性耐性や敵の無属性アタックとか訳わからん対策がクソ増えたためイベントの光ボスすらクソ化した。 背水編成においては水ゾがいないと話にならないレベル。 大したことない追撃の割りにデメリットでかい。 宵闇などは便利ではあるがそのうち恒常がひょっこり何かのついでに付与しそうなレベル。 他属性のリミに比べて弱すぎる。 TA確定にして2アビは二回攻撃にでもしたらいいよ。 4アビも再調整してネ。 単純に攻撃しか出来ないので超高難易度には席が無く、装備がそろってくると別にシスタソじゃなくても減衰叩けるし・・・みたいな空気になる。 初心者がなんかの弾みで手に入れたら余りの強さに失禁するだろう。 でも上級者の編成からは外れる可能性がある。 そんな感じの悲しみを背負った十天。 カットや属性バフなどキャラ調整で強化されているのでそれなりに強いけど、リミキャラにしては大したこと無い。 全体奥義強化や吸収や追撃付与が強い。 方天のお供に良いかと思ったけど、自傷効果でバリア即効消えたわwシスとオーキスに付与する分にはほぼ永続で強い。 闇の新生代キャラ。 昔のキャラに比べて驚くほどマルチタスクをこなす。 入手難易度が高い。 リンクスメイトに魂を売ろう。 合計3割の追撃が魅了無効の敵以外にはほぼ常時維持できる。 全体攻撃でポメるどこかの十天とは大違い。 まとめ 編成がガチガチに縛られる代わりばえのしない背水編成を継続するか、大量の投資をして渾身編成に移行するかは現状悩ましいですね。 終末5凸まで加えれば相当強い気がしますが、ダマが無限にあるわけでもありませんし。 キャラ性能が他属性に比べると一世代くらいしょぼいのでそこが改善されれば渾身>背水と言えそうです。

次の

【グラブル】ハデス(召喚石)の評価/入手方法|最終解放後の性能【グランブルーファンタジー】

グラブル ハデス 背水

誰もがグラン君(の中の人)になれるわけではない・・・ 毎日日課としてつよバハ、アルバハHLを自発しています。 つよバハは最初と最後が闇属性なのでデバフ的に光属性、アルバハの方は最初に参戦したのが当時参戦しやすいと言われていた光属性で慣れてしまったため今でも光属性とどちらも光属性での自発です。 ただ、現状の難易度高めのエンドコンテンツ、特に有利属性がないものは闇属性、特に闇背水の一強になっている模様・・・ つよバハの自発では闇属性の参戦者の方にトリプルスコア以上も付けられたこともありますし、一年前は殆ど見かけなかった共闘野良でのアルバハHL自発での闇属性参戦者も今では上位に名を連ねることが多いです。 流石に装備までは分かりかねますが、それでも流れるログなどから推察するとやはり背水編成なのだろうなーと予想しています。 要因としては一昔前にも闇背水の時代があったので闇背水の装備の要となるグラーシーザーを複数揃えている方がそれなりにいるのではないかということ。 そして、アビリティ1つで背水ガンギマリになる水着ゾーイの存在・・・ 今でもその2つの要因さえあれば短期戦においてはそれなりに戦えてしまうでしょう。 そして、おそらく闇背水の強化に拍車をかけたのは この2キャラの台頭。 そして支配の天秤の存在でしょうか。 コルルは言わずとしれた現状の背水の一角。 アビリティ構成自体背水よりのものになっていますが、特に強いと思われるのが奥義効果や瀕死時でのちぇすとの自動発動。 上手く背水状態を維持できれば毎ターン強力なアビリティダメージがもれなく付いてきます。 同黒騎士は最終上限解放されることで同様にHP50%以下の時に2アビの自動発動があります。 こちらはコルルのちぇすとの自動発動よりは発動条件が緩いので発動させやすいです。 で、どちらも自動発動があるところにアビリティダメージ上限アップの武器スキルがある支配の天秤の存在・・・ その上コルルの解放武器の宿無しも バッチリ噛み合ったスキル構成だったりします。 ここまでの環境があれば闇背水が強くても不思議はない気がしますが、実際極めるとなるとコルルと黒騎士の指輪ガチャを厳選したりと大変そうではあります。 それでも支配の天秤を活かしてハイランダー編成とすれば、一昔前のようにグラシを何本も並べなくともそれなりの背水編成になるのかなーと思います。 共闘連戦で本腰を入れてアーカーシャHLやグランデHLで青箱でのヒヒイロ掘りをするのでもなければ十分戦えている感じです。 おそらくその辺を気にせずに突っ込めるのが強者への近道なのでしょうが・・・ まぁ、闇属性が強いと言っても今の環境だと闇属性だけを強くすればいいというわけでもありません。 ハイランダー編成でもない。 敵の行動パターン把握とキャラ性能だけでもここまで戦えるんじゃ。 惰性の慣れている光編成もいいっすが日々変わる新しい編成をネットや動画見て勉強するんじゃよ。 背水に拍車をかけたのはコルルとあとニーアが強い。 ルシファーでもニーアの渇望効果があるだけで背水の安定感が違う。 黒騎士はつかわねぇのでシャレムを入れてくれ。 シャレムは化け物やで。 デバフなら高難易度マルチで味方がいっぱいつけてくれるしサポの追撃、奥義全て黒騎士以上。 シリウス50%はコルル1アビとシャレム2アビでコルルガード コルルサポアビでHP1耐えるのと渇望でほぼ生き残る。 あとは30%までひたすら殴りターン回して15%手前までに ニーア3アビをシャレムにつけつつ コルル1アビとシャレム2アビのコンボで完全破局カットを準備して テュポーン4凸召喚フルチェイン シャレムさんがおっそろしい奥義ダメと追加ダメ出してくれるんで終末アビダメつけてるんじゃよ。 適当に殴れば青箱まで行ける行ける。 ただルシファーはいまだに慣れないですけど、ここ最近は闇のみ参加して バレクラ、闇フェリ、ヴァンピィ、ニーア、シャレム+賢者呼び出し他属性SRでやっています。 昨日ルシHL動画見てましたが、グラシ4、マジェスタス2とゼノ槍 メイン 、黒麒麟弓、終末、ウンハイルで立ち回っていた人がいました。 グラシ強いですねぇ。 出たときからずっと強い。 ここまで腐らない武器があっただろうか。 同じ武器で風も出ましたがこちらは全く聞かない。 それはきっと、キーキャラが風にいないから・・・。 それぞれの属性でやれることが異なるのは願ったりかなったりなのですが、完成まで時間かかりますよね。 私も新しい風を自分に取り入れ、更なる研鑽を積まねば・・・。

次の