玉名温泉 旅館。 玉名・山鹿・菊池のホテル・旅館

玉名温泉

玉名温泉 旅館

泉質 [ ]• 単純温泉• 含有量が多いとされる。 美人の湯で知られる。 温泉街 [ ] 繁根木川沿いに約20軒の、が存在する。 温泉街ではを発行している。 市営のは「玉の湯」の1軒のみ存在する。 玉の湯は(平成4年)に改築され、にも近い雰囲気となっている。 その他、日帰り立ち寄り温泉施設もある。 (平成16年)に誰でも無料で利用可能な「しらさぎの」が立願寺公園内にオープンした。 玉名温泉旅館 [ ]• 元湯 ひきの荘 旅荘• 黄金館• 司ロイヤルホテル• 里山リゾート さつき別荘• つかさの里• 玉名温泉 尚玄山荘• 玉名温泉 金峰園• 玉名の湯宿 竹水苑• 玉名温泉 ホテルしらさぎ• 玉名ファミリー温泉• 玉名温泉 山もみじの宿• 八芳園• 玉名温泉 立願寺温泉ホテル 歴史 [ ] 玉名温泉の始まりははっきりしません。 ただし、万延2年 1861 、当時立願寺村の庄屋であった赤松市郎平が記した『疋野温泉由来記の草稿』の中に、「疋野長者が夢に現れて、昔自分が仕立てた温泉が埋まってしまっているので、それを再び掘るように告げ、村人と一緒に掘ってみると温泉が湧き出た。 」ということが書かれています。 疋野長者は、18世紀に編纂された『肥後国誌』の中の「疋石野大明神由来」に登場する人物で、全国に伝わる、いわゆる「炭焼長者伝説」の主人公であり、炭焼長者伝説にお決まりの白鷺 水鳥 の説話などもミックスされた形で玉名温泉の由来として現在伝えられてきています。 大正期は立願寺温泉と呼ばれていました。 かつては、炭鉱で栄えた福岡県大牟田市から近いこともあり「三井の奥座敷」として栄えましたが、現在は衰退し温泉旅館もかつての半数以下となっています。 九州新幹線の全線開通と新玉名駅の開業を控えているため、観光の起爆剤として玉名温泉の活性化が検討されていいます。 アクセス [ ] 鉄道• JR玉名駅よりで約5分• 1・21・31・54系統に乗車し「玉名温泉」又は「玉名温泉街」バス停下車• JR新玉名駅より産交バスで約8分• 21・54系統に乗車し「玉名温泉」又は「玉名温泉街」バス停下車 外部リンク [ ]•

次の

玉名温泉

玉名温泉 旅館

温泉の特徴から探す• ちょっとお得なプランから探す• 季節のおすすめから探す• 食事のこだわりから探す• 温泉以外の宿の特徴・施設から探す• 誰と行くか、旅のスタイルから探す• 女性向けプランから探す• ご当地観光内容から探す• 冬の味覚王「カニ」の種類・ブランドから探す• 出張・ビジネスにおすすめから探す•

次の

熊本県 玉名温泉 湯宿 竹水苑

玉名温泉 旅館

玉名・山鹿温泉の人気おすすめ宿 玉名温泉は、1300余年の歴史ある温泉。 かつては立願寺温泉と呼ばれ、白鷺が傷を癒したという伝説があります。 無色透明、ややツルっとしたすべりのよい泉質で、神経痛などに効き、湯冷めしない温泉と言われています。 また、山鹿温泉は、「山鹿千軒たらいなし(洗濯の際に「たらい」を使わず、かけ流しの湯で洗っていた)」と唄われるほど湯量豊富な温泉。 保元2(1157)年、保元の乱に敗れた宇野親治が、鹿が湯浴みで傷を癒しているのを見て発見したといわれています。 平安時代に書かれた文献にも「湯泉郷(ゆのごう)」としてその名が残っており、歴史の古さが感じられます。 まろやかな肌ざわりの湯は「飲んで胃によし、腸によし」といわれ、飲用水としても人気です。 送迎 送迎サービスは致しておりません。 ご了承くださいませ。 新幹線をご利用のお客様はJR新玉名駅よりタクシーをご利用下さいませ。 還暦祝いなどの記念日旅行やみんなとワイワイ女子会などにも! お子様と一緒でもゆったりとお過ごしいただけます。 <お食事について> ・御夕食の時間 18:00・19:00となります。 ・御朝食の時間 7:30・8:30となります。 御予約の際に、御希望のお時間をお知らせください。 とお使いいただける和室14畳のお部屋です。 御予約の際に、御希望のお時間をお知らせください。

次の