肩 から 腕 にかけて の 痛み。 【右肩から腕の痺れ】原因は末梢神経を圧迫する首の凝りと歪み。

肩から首、腕にかけての痛みの原因となる3つの要素

肩 から 腕 にかけて の 痛み

原因 [ ] 広義の頸肩腕症候群は、首(頸部)から肩・腕・背部などにかけての・異常感覚(しびれ感など)を訴える全ての症例を含む。 この中で、他の整形外科的疾患(たとえば、、など)を除外した、検査などで病因が確定できないものを(狭義の)頸肩腕症候群と呼ぶ。 狭義の頸肩腕症候群は座業労働やストレスを原因とする場合が多い。 かつてキーパンチャー病と呼ばれたものもこの一種であり、現在OA病あるいはパソコン症候群と呼ばれる一連の症状もこの範疇に入る。 若年層から起こり、男性より女性のほうがかかりやすいとされている。 職業によって罹患した際は、頸肩腕障害と呼応され、比較的軽度の人から重度の人まで幅広い。 頸肩腕症候群であることではなく、その重症度が問題の疾患である。 最近の研究で、重症難治化した頸肩腕症候群の多くはの容態を示すことが多いことも分かってきた。 出現しやすい症状・障害 [ ] 首筋(や)、肩、上背部、腕にかけてのこりや痛み、しびれなどで 、感覚障害や運動障害を伴うこともある。 目の痛みや疲れ、風邪や花粉症などによる鼻の異常、むし歯や歯周病などが、引き金になったり症状を増長させたりすることもある。 また、頭痛・めまい・耳鳴りなどの一般症状をはじめ 、集中困難・思考減退・情緒不安定・抑うつ症状、睡眠障害等の精神症状 、レイノー現象 や冷え等の末梢循環障害、倦怠感、最大握力・維持筋力の低下、動悸、微熱ドライマウス等 、胃腸障害、月経困難、半身感覚障害、天候による症状の増悪など多岐にわたる事もあり、必ずしも症状が上肢だけに限定されるものではない。 治療法 [ ] 西洋医学による治療 [ ] 広義の頸肩腕症候群のうち、他の病名で説明できるものは、それぞれの疾患の項目を参照のこと。 狭義の頸肩腕症候群に対しては、基本的にはが行われる。 - 、、ノイロトロピン、精神的要因が強い場合はなど。 筋弛緩と抗不安の両方の作用を持つが使われることがある。 - 、など。 東洋医学による治療 [ ] 脈が浮、実であれば、が効くことがある。 も効果があることが認められており、、、などとともに疾患の一つになっている。 治療には、、、、、抔の首から腕にかけてのが多く用いられるが、全身症状や五臓六腑の虚実を確かめながら、取穴しなければならない。 頸肩腕症候群の患者を診察する医療機関 [ ] 頸肩腕症候群は、整形外科の病気であるのにも関わらず、心療内科へ紹介されるケースが非常に多い。 この病気を理解している、経験豊富な医師がいないクリニックでは、この病気の診察は難しい。 精神安定剤などの処方を伴い、長い期間、患者と向き合うことができるのは、本当にこの病気を理解している医師だけである。 また、この病気の患者の多くは、医療機関をたらい回しにされ医療不信になっていたりする。 たらい回しにされる理由は、医療者におけるそもそもの病気の認知度の低さに加え、 MRIやレントゲン検査では発見出来ず、検査所見が少なく診断や立証の困難さにある。 近似疾患の慢性疲労症候群や繊維筋痛症、膠原病を疑い検査に行った過程で頚肩腕症候群であることが判明する事もある。 近年では、数年以上の療養を余儀なくされる重症罹患者の存在もあり、中枢神経系を介して症状が全身に広がり、 慢性疲労や疼痛、筋力低下が引き起こさせるのではないかと考えられるため、脳からの神経伝達の異常によって生じる筋疾患とそれに付随する全身症状を診断する神経内科の方が専門性が強いと思われる。 つまり、過度の脳疲労の蓄積によって生じる病気とも考えられる。 脚注 [ ].

次の

肩から首、腕にかけての痛みの原因となる3つの要素

肩 から 腕 にかけて の 痛み

肩甲骨から腕にかけての痛み。 何の病が疑われますか? 父65歳、ここ数日、肩甲骨~腕全体が痛み、夜も眠れないほどです。 筋肉注射をあちこちにうたれているような感じだといいます。 しびれは今のところ無いようです。 先日整形外科でCTやレントゲンを撮り、頸椎の圧迫からくるものではないかか? ということで、リハビリと痛み止めの薬をもらいました。 しかし、夜中に痛み止めの薬を飲んでも効かないくらいの痛みが襲い、 救急で近くの病院へ駆け込みました。 そこではMRI撮影をしてもらいましたが、 頸椎には特に異常がないとのことでした。。。 痛み止めの座薬でどうにか痛みを抑えているようですが、 痛みが出るときは、以下の条件のときのようです。 ・お風呂に入って体が温まったとき。 ・夜布団に横になってしばらくすると痛くなる。 (体が温まる?首の角度?) 痛みの原因がわからないので、治すにもどうしたら良いのかわからず、 何科の病院へ行けば良いのかもわからずに困っています。 どのような病気が疑われ、何科の病院へ行けばよいのでしょうか? 詳しい方、よろしくお願いします。 凝りの原因となる箇所です 痛みは首や肩だけではありません 病名は頸椎椎間関節症です 関節はX線にもMRIにも写りません そのため椎間関節の痛みは見逃され、原因不明あるいは筋肉痛にされてしまいます 問題は腕の痛みです これが肘までなら椎間関節の痛みが響いているせいとなりますが、肘から下では神経の問題です つまり図1Bの神経根からの痛みの可能性が出て来ます 頸椎は猫背などの悪い姿勢、頚椎への衝撃(咳• 肩甲骨周囲の凝り」をご覧ください 参考になれば幸いです.

次の

【右肩から腕の痺れ】原因は末梢神経を圧迫する首の凝りと歪み。

肩 から 腕 にかけて の 痛み

スポンサーリンク 肩が痛いし腕がだるいのはどんな病気がありますか 頚・肩・腕の痛みはいろいろな原因でおこります。 首の痛みや強いこりなどを訴える人は、国内に1千万人程度とされています。 原因としては変形性頚椎症、椎間板ヘルニア、椎間関節症といった首の骨(脊柱)に関連しておこるものと、五十肩など肩関節に由来しておこるものがあります。 また、その原因は実に様々で、肩や首のこりによるものから、頚椎の変成が原因になるもの、また、腕自体の疾患のケースや、もちろん脳に原因がある場合もあります。 「心筋梗塞=胸が痛い」とは限らない 心臓からの放散痛により、実際痛むのは心臓なのに、神経の信号が左首や左肩に走り、首が回らない、左肩や背中、左腕から小指にかけてが痛いという症状が起きます。 「心筋梗塞は死ぬ程胸が痛くてつらいんでしょ?」と思っているとそれは間違いです。 心筋梗塞の痛みは、叩かれたり刺されたりするような鋭い痛みというより、鈍い痛みで圧迫感や喉が詰まった感じ、象が胸にのっかった感じと表現されています。 特に女性の心筋梗塞の43%は胸痛を訴えないから医者泣かせだといわれています。 心筋梗塞の症状には、放散痛と言い、胃や肩、腕、喉、背中、時には歯が痛いという人までいます。 「Dr・林の30cmの法則」といい、心臓を中心に半径30cmの範囲で痛みがあり、冷や汗が出ている場合は心筋梗塞も考えないといけません。 冷や汗は体が戦闘態勢に入っているという証拠であり、危険な徴候なのです。 肩を通る太い血管の圧迫が原因で起こっている肩こり・痛みとは? つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じたときには、「胸郭出口症候群」を疑います。 胸郭出口症候群とは? 肩を通る太い血管が圧迫される症状を「胸郭出口症候群」と呼びます。 普段なかなか意識することのない「胸の動き」が主な原因です。 なで肩の女性に多いといわれているのが 『胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)』です。 血管や神経を圧迫しているしている部位によって、 A:斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん) B:過外転症候群(かがいてんしょうこうぐん) その他、などに分類されることがあります。 20代~30代の女性に多く、教師や美容師など腕を上げた状態で仕事をする人が症状を訴えることが多い病です。 胸郭出口とは肋骨、鎖骨、そして肩甲骨に囲まれた空間をいい、神 経と血管の通り道での圧迫により、様々な症状が出てきます。 胸郭出口症候群の症状の特徴は、肩こりよりも腕のだるさ! 主な症状は「腕のだるさ」です。 「肩や首のコリや痛み」もあります。 また、つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を上げたり、重い荷物をもったりするとしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。 スポンサーリンク 胸の動きが悪く、肋骨や鎖骨がうまく動かず血管や神経が圧迫されると、腕のだるさや血行障害による冷感、あるいは血のもどりが悪くなり青紫色になることもあります。 胸郭出口症候群の治療法 鎖骨と第一肋骨の間の空間を広げてあげれば症状は改善します。 症状が軽度の場合は、保存療法で経過をみます。 胸郭出口症候群を引き起こしている原因の腕や鎖骨、肩甲骨の筋肉のストレッチや筋力トレーニングをする事で症状の緩和を図ります。 痛みや炎症を抑える抗炎症薬や鎮痛剤などを服用したり、血流をよくする血流改善剤、ビタミンB1などを服用することもあります。 胸郭出口症候群の予防法 胸郭出口症候群にならないようにするためには、姿勢に注意をしてください。 胸郭出口症候群は猫背で肩甲骨が前に倒れている姿勢だと起こりやすくなります。 猫背にならないように姿勢に気をつけましょう。 頸肩腕症候群 手をよく使う作業を続けていると、手やうで、肩、くびなどがちょっとだるかったり疲れを感じたりしてきます。 頚肩腕症候群とは、首から肩、腕にかけての痛みやこり、しびれ、といった不快な症状を引き起こす病気を総称したものをいいます。 これは、筋肉の疲労による症状と考えられており、だれでも一度は経験することでしょう。 頸肩腕障害の症状 手の指、手関節、上肢、肩こりやだるさからはじまります。 はじめはだるいとか、疲れやすいものだったものがだんだん進んで痛みや、うずきとなって苦痛が強くなっていきます。 首筋(僧帽筋や胸鎖乳突筋)、肩、上背部、腕にかけてのこりや痛 み、しびれなどで[2]、感覚障害や運動障害を伴うこともあります。 肩が凝る、首筋が凝る、前腕がだるい、背中が痛い、腰が痛い、手が冷たい、、脚が冷える、手にハンドバッグなど下げているのがつらい、電話の受話器を持っているのがつらい、不眠、頭痛等で頸肩腕の疲労と自律神経の失調が目立ちます。 病気がひどくなったり、長びいたりすると、頭が重かったり痛かったり、耳鳴りがしたりすることもあり、さらにいらいら、物忘れ、めまいなどのいわゆる自律神経症状を伴う場合も、時にみられます。 頸肩腕障害はどうして治すか 先ず安静です。 疲労した筋肉、靱帯、筋腱付着部、腱、自律神経を休ませることです。 仕事の負担が大きくておこった病気ですから、まずこれを軽くすることが第一であることは、言うまでもありません。 全身の疲れと心の疲れをまずとることから治療が始まります。 充分な睡眠と規則正しい生活が早く改善できると思います。 しかし何といってもケイワンの治療の主流は、理学療法、物理療法になります。 筋肉の疲れがケイワンの主な病態だとすると、それをとるためにいろんな工夫がされています。 体を温める治療が、これはその部分をあたため、血液の流れをよくする効果があり、コリや痛み、しびれを軽くします。 マッサージ、これも筋肉をもんだり、さすったりすることで、筋肉の緊張をほぐし、適当な刺激をあたえて、血流をよくします。 ケイワンの発病を考える上で、もう一つ忘れてはいけないことがあります。 精神的な疲れ、気づかれが、健康に影響を及ぼしますが、ケイワンの場合とくにこのことが無視できない要因となっていることが多いようです。 少しでもストレスを解消することが大切な改善策になります。 まとめ どんな病気でも、そのおこる原因をたしかめ、原因をなくしてゆくのが、病気の治療の大原則です。 原因をとりのぞきさえすれば、たいていの病気はその体に備わっている自然治ゆ力で治ってゆくものです。 まさにマッサージや鍼治療は、自然治癒力を助ける治療であります。

次の