星野みなみ ヒット祈願。 【星野みなみ】【悲報】星野みなみ、ヒット祈願での態度が悪すぎる

星野みなみ

星野みなみ ヒット祈願

前おき 最近のみなみちゃんが面白い。 最近というか、数年くらい前から、おそらくは高校を卒業したあたりから、みなみちゃんのバラエティにおける活躍っぷりがどう考えても一段向上している気がしてならない。 単に爆発力のある言動をするだけではなく、積み重ねた経験を感じる、コクのあるセンスを表に出し始めている。 いや、既に熟成されて、一定の完成度を保っている。 今回は、そんなみなみちゃんの活躍をまとめてみた。 みなみのボヤき こちらは堀ちゃん、飛鳥との3人旅(『乃木坂46 春の1万円ツアー』)。 可愛らしいスリーショットに乗せたみなみちゃんのワードチョイスが実に良い。 「この3人でロケというのがそもそもの間違い」と言わんばかりの、キレがありつつ悲哀も感じる秀逸な言い回しである。 こんな風に、近年のみなみちゃんのバラエティセンスの高まりは、発するそのコメントにも大いに現れている。 まずは、そんな秀逸なコメントを見ていこう。 みなみのテロップになるコメント これはお汁粉が食べられない言い訳として放った一言。 言っている事が明後日の方向すぎて笑うほかない。 テロップでも強調せざるを得ないというものである。 何かしらの言い損ないだとは察せれるものの、本当はどういうことが言いたかったのか、いっくら考えてもわからないのにちゃんと面白いという、素晴らしくぶっ飛んだコメントである。 こちらは19枚目シングル『いつかできるから今日できる』ヒット祈願にて。 「自分も一生懸命がんばってるけど、真夏に持っていかれる」という趣旨の一言である。 これなんかも得意のボヤきで、かつ(真夏さんへの)イジリという一度で二度美味しい名コメント。 みなみちゃんだって何かと苦労している、ということがありありとわかる。 こちらは年始の『軍団対抗バトル』にて、設楽さんに「負けたのは星野が原因じゃないの?(要約)」と言われたときのコメント。 一見ただただ可愛いああ可愛いリアクションのように見えるが、一度「やってないよ…」と否定しながら、最終的には折れて受け入れ、「みなみのせい」というオチにまとめたシャープなコメントである。 やり取りをテンポ良く進めつつ、可愛さを以てオトすという彼女ならではのひとくだりだ。 さて、みなみちゃんは単に面白いことが言えるようになったわけではない。 ここからはそんな一面を見ていこう。 みなみのメタ発言 こちらは、『ファンが選ぶ乃木坂ベストヒット歌謡祭』において過去のヒット祈願に触れたトーク。 非常に愛らしい表情を浮かべ愛らしいポーズを見せているものの、言っていることは「何時間もかけてしんどい想いをしても、放送されるのはほんのちょっと」という、タレントとしての世知辛さを吐露している一幕である。 そんな感性が育っているあたり、彼女はもう立派な『職業:アイドル』である。 こちらは19thヒット祈願にて、上まで運ばなきゃいけない桶の水を階段中盤で零してしまったという名場面。 痛恨のミスを犯した自分に対し、咄嗟に発したボヤきがこれである。 「努力している姿を見せるはずのヒット祈願ロケに、そういう見せ場はいらない」「そういう(テレビ的な)活躍は私の担当じゃない」という、自らへの苦い想いがサクッとまとまっている。 「作りたいVTRはそういうのではない」という意味もこもった、制作側の立場に立ったコメントでもある。 ) さて、続いては上に記した諸々が集約した、ここ最近でも特に秀逸な一言。 ある意味、このエントリを書くきっかけになったとても面白いコメントを紹介したい。 みなみのヒット祈願に対する認識 これは生駒ちゃんが参加する最後のシングル『シンクロニシティ』のヒット祈願にて、3期生とともに何故か自分も参加していることへの疑問。 みなみちゃんが、明らかに人より多くヒット祈願に参加していることに関してどう受け入れているかが現れている。 まず「許して頂ける」という言葉のチョイスから、「(何かしらに対する)罰としてヒット祈願をやらされている」と彼女が捉えていることがわかる。 つまりは「みなみちゃんのヒット祈願連続登板の理由は『やりたくな~い』発言への罰である」という風に繋がり、みなみちゃんは、あれが原因で今までヒット祈願やらされてると思ってたのかよ、と気付かされる。 さらに言うと、「みなみちゃん自身は『まだ許してもらえていない(それほど重い罪を負っている)』と認識しているために、何度呼び出されようと甘んじて受け入れている」と考えたら、彼女の過去の自分への後悔の念が感じ取れるようで、なおのこと可哀想やら面白いやら。 以上のように紐解くと、あれは何重にも層が仕込まれた、実に深みのあるコメントであることがわかる。 しかし、あの場面は、決して辛い思いをアピールしているだけではない。 そうすることで全体的にポップに映り、後輩である三期生4人に不安を与え過ぎない、という効果をもたらしている(実際、この回ではみなみちゃんの先輩としての姿勢がたびたび見られる)。 そこまで含め、あの一連の流れは、ベテランヒット祈願師としての経験とそれによって培った技術が多分に現れた名場面なのだ。 みなみの繋ぎ 最後に、面白いコメントとは少し異なっていながら、彼女の技術が垣間見えた一幕。 記憶に新しい『乃木坂46グルメ食イーン決定戦』での「オムライスを残り46グラムになるように食べよう」という趣旨の種目で、みなみちゃんが地味ながら重要な働きを見せた。 設楽さんがみさ先輩に「衛藤は普段料理とかするの?」と問いかけた。 それに対し「します!」とみさ先輩。 追って、設楽さんが「どれくらいのご飯が何グラムかわかるの?」と問いかけた。 しかしこの時、みさ先輩は競技に夢中(というか真剣。 これも素敵な姿勢)だったため、設楽さんへ返事をすぐに返せず、一瞬間が空いてしまった。 そこに、みなみちゃんの「ご飯?」である。 あのくだりは、一見みなみちゃんのテキトー発言のように見えるが、実際はそうじゃない。 さらにすごいのは、この流れによって設楽さんが振った「星野わかるの?」「分かりません!」のやり取り。 自身の披露した技術によって、自らのキャラクターをブレさせることをも見事に回避したわけである。 まとめ 以上のように、みなみちゃんはとっても面白いのである。 最近では単独でバラエティ番組に出演する姿も見られ始めた。 既に地力は付いている彼女が勢いに乗ったとき、どれだけ活躍してしまうのか、どれだけベテランMCに頭をハタかれてしまうのか、それがもう楽しみで仕方ないってなもんだ。

次の

乃木坂46ヒット祈願まとめ!過酷さ&見どころ俺的ベスト7

星野みなみ ヒット祈願

[目次]• ヒット祈願見どころランキングを作ってみよう! 17thのヒット祈願は3月25日に最終回があるということで、現時点でこのヒット祈願を語ることはできません。 そこで、今回は、過去に行われたヒット祈願の面白かったランキングを作ってみたいと思います! ルールとしましては、1st~16thの乃木坂工事中で行われたヒット祈願から、テレビ映えしていた過酷さ&見どころが特にあった7つを独断でランキングにしてまとめてみたいと思います! ランキング発表と一緒に、ヒット祈願の内容なども振り返っていきたいと思うので、こんなことあったなぁ~みたいに、ご気楽に見てくださいね。 html センター齋藤飛鳥さんの「裸足でsummer」のヒット祈願は、飛鳥ちゃんが一人で母親の故郷、ミャンマーへ赴き、ゴールデンロックで参拝しよう!というものでした。 予備知識として、飛鳥ちゃんは一人ではなにも身の回りの様々なことができないんじゃない?というフィーチャーから、朝ごはんを母親に作ってもらってる、缶ジュースが開けられない、チャーハンが違う食べ物になるなど、たくさんのヘッポコエピソードが公開されてしまいました。 15thのヒット祈願では、そんな飛鳥ちゃんが一人でなんでもこなしてみよう!という試みも、含まれています。 まずこのロケは、8月8日と、真夏の全国ツアーin名古屋が行った次の日でして、まずこの時点でかなりハード笑 しかも、一人旅ということは、タクシーの予約やごはんの注文なども積極的に自分でやる必要があります(しかも英語で)。 様々なことをこなし、飛鳥ちゃんが立派な乃木坂46のセンターになっていく・・・。 と、ヒット祈願の中ではストーリーがあり、成長が目に見えるものではないでしょうか。 html? sp センター生田絵梨花の「何度目の青空か?」は、富士山を登頂しようというもの。 クジで選ばれた富士山選抜は、秋元真夏、生駒里奈、星野みなみ、桜井玲香、堀未央奈、松村沙友里の6人でした。 今見ると、全員ポンコツキャラを持ってますね笑 この6人で富士山を登って(坂を上って)登頂したら縁起がいいよね!という風な解釈で、ヒット祈願企画は進みます。 また、途中でセンターの生田さんも合流しますよ! 上の写真にある通り、早朝から頂上を目指したり、登れば登るほど酸素が薄くなってきたりと、みなみちゃんも愚痴を言うのもよくわかります(笑ってるけどね)。 やっぱりヒット祈願は、そのキャンペーンに誰が参加するか、みんなが罰ゲームを受けるようなスタンスなのが見どころですよね笑 僕は、富士登山したい派なので、リアルタイムで見たときは羨ましかった記憶があります。 関連記事 関連記事 この回は、めちゃくちゃ印象があったというよりかは、17thの登山部の発足が生まれた起源だったなぁという認識がとても強いので、3月36日の放送に向けての思い出しもかねて選んでみました。 blog. fc2. html Wセンター西野七瀬&白石麻衣の、「今、話したい誰かがいる」のヒット祈願は、メンバーが企画したヒット祈願をいくつかやってみよう!ということで、日本一過酷な神社に行こう、縁起の良いもの(出世魚)を船に乗って釣ろう、13か所の坂道ダッシュの3つが行われました。 メンバーは、それぞれ神社が深川麻衣、西野七瀬、秋元真夏、生田絵梨花、出世魚が高山一実、白石麻衣、衛藤美彩、橋本奈々未、坂道ダッシュが齋藤飛鳥、星野みなみですね。 3つのヒット祈願を深く掘り下げていると、キリがないので、ザックリと個人の感想を。 神社組に関しては足を踏み外したら即死のような山道をジャージとリュックで登らせるとか、かなり鬼畜感が強い運営だなぁと思った記憶があります。 あとは、スタジオでの、西野さんのリュックに付いていたどいやさんは何の意味合いもないのくだりとか面白かったですね笑 出世魚組は、釣りのシーンは、白石さんが目標の種類じゃない魚を優しさでキャッチ&リリースしたら、即座に海鳥にとられたところがかなり笑いました。 こちらも船酔いとか朝が早かったとかで、ヒット祈願としては過酷なものでした。 あと、白石さんが作ってたアクアパッツァは美味しそうだったなぁ・・・。 関連記事 関連記事 関連記事 坂組に関しては、上の2つに比べるとかなり緩いですね笑 みなみちゃんと飛鳥ちゃんのグダグダな感じが永遠と続いたので過酷というよりかは、ほんわかしたヒット祈願でした。 スポンサーリンク 4位 11th東京メトロジャック センター西野七瀬の「命は美しい」は、東京メトロの全駅に11thのポスターを張っちゃおう!という大規模企画。 これは僕の中でとても印象的なヒット祈願です。 何故かと、僕も実際メトロ全駅ではないですが、全メンバーコンプリートのために電車に乗ったというエピソードがあります笑 番組では、メンバーが3チームに分かれて実際に電車に乗りながら各駅の駅長室に出向こう!という形で進行していきました。 まぁこれは今ではできないようなヒット祈願ですよね・・・。 東京メトロの許可も大変ですし、今の乃木坂では電車での移動はほぼ不可能な感じがしますね。 関連記事 関連記事 関連記事 なにより、11thは、ヒット祈願にしては珍しい、ファンが参加できるものでしたね! 〇〇ジャック系のヒット祈願はこれからもやったいいのになぁと感じました。 そして、過酷というよりかは、ある意味一番宣伝効果が高かったヒット祈願でした。 livedoor. html センター堀未央奈の「バレッタ」のヒット祈願は、3つの場所での滝行でした。 神奈川の滝郷の滝には、白石、橋本、生田、桜井、伊藤万理華、群馬の棚下不動の滝には、生駒・高山・松村・若月、沖縄のター滝には、西野・深川・堀・齋藤飛鳥、岩手の 平片の滝には、秋元・衛藤・中元・川後が参加しました。 神奈川組は、生田さんが小指に洗剤を落として骨折で不参加というハプニングと、それを嬉しそうに話す橋本さんから始まります。 ここらへんから橋本さんの人の不幸話が好きというキャラクターが付いてきたような気がします。 そして、噂のボロンですね!滝に入りながらボロンと言うのがルールであったこの滝ではみんなボロンボロン言ってます笑 あとはムキムキの住職さんのボロンシーンは見ごたえがありますよ! 群馬組は、高山の体調不良による欠席、生駒ちゃんの水恐怖症によるリタイヤがあり、滝行を行ったのは、松村と若月だけという謎の所業・・・。 ここの組も住職さんがすごかったですね。 というかこのヒット祈願は住職さんに助けられっぱなしでしたね笑 沖縄組は沖縄ということもあっては、上の2組よりはエンジョイした滝行でした。 沖縄の海を満喫したり、食レポをしたりといと、他の組からナメてる!という批評も出たほどでした笑。 この組は、特になぁちゃんの私服が垢抜ける前の感じでとても懐かしく感じました。 最後の岩手組は一番過酷だったのではないでしょうか・・・。 いかんせん寒いですし、滝の規模が比べものにならないほどでしたしね笑 川後さんが意識を失いかけてたという強烈エピソードもあります。 関連記事 関連記事 関連記事 というか真夏さん、いろんなヒット祈願に出てるなぁ・・・笑 2位 8thマカオバンジー さあここからの2つは、みなさん印象に残っているヒット祈願ではないでしょうか。 センター西野七瀬の「気づいたら片思い」のヒット祈願は、マカオでのロケを通してのマカオタワーからのバンジージャンプをしよう!というもの。 マカオでは、番組へ貢献したり、体を張ると設楽さんからもらえるマカオポイントを稼いでバンジージャンプを回避するのに奮闘するメンバーがとても面白いですね笑 ロケでのポイント制を設けるくだりは、設楽さんがよくやる手口なのですが、ポイントをもらうために、テレビ的に面白いことに積極的に挑戦するように仕向けていると考えると、やっぱ設楽さんすごいなぁ笑 一気にバラエティー番組になりますからね! そして、西野さんのマカオタワーからのバンジーはみなさん擦れるほど見てるものではないかと・・・。 あの高さから飛ぶものすごいですし、なぁちゃんが飛んだよ!という印象がとても強いですね。 西野さんのイメージが変わったロケでもありました。 関連記事 関連記事 関連記事 あとは、西野さんの稲川淳二のモノマネが生まれたのもマカオですね笑 本当に、西野さんがフィーチャーされまくったヒット祈願でした。 関連記事 関連記事 全部を取り上げるときりがないので、個人的に面白かった、見どころシーンを紹介していきます! グルグルバット競争は松村さんやみなみちゃんが海に突っ込んだりと、絵的にも一番グアムロケで面白かったのではないでしょうか。 日村さんもずっとこれやってればいいのにとか言ってましたしね笑 マカオロケでもあった、設楽さんのポイント合戦再びということで、体を張ってグアムポイント争奪戦が行われました。 その中でも、深川さんがパチンコのように飛び出すのアトラクションを設楽さんに2回連続で飛ばされたシーンはめちゃくちゃ面白かったですね!数少ない聖母が怒った顔が見れます。 そして、グアムロケの醍醐味である、ゲームを負け続けた生田さんのスカイダイビングは案外あっさりと放送されてしまうという謎采配でしたね笑 その前の取れ高が高いのは視聴者もよくわかってましたけど・・・。 こんなに番組に翻弄されている生田さんを見れるのはこのロケだけかもしれませんね。 今回のまとめ とても長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか? ランキングを作るのはもちろんのこと、それぞれのヒット祈願をまとめるのにも苦労しました。 これを作るにあたって、番組でバナナマンさんが過酷さを求めるのがよくわかりましたね笑 過酷であればあるほど番組的にも面白いですし、個々のメンバーのキャラも立ちやすいです。 17thのヒット祈願はどのような結果になるのか、今からとても楽しみです!.

次の

乃木坂46ヒット祈願まとめ!過酷さ&見どころ俺的ベスト7

星野みなみ ヒット祈願

『ジコチューで行こう!』 TYPE-A DVD付 乃木坂46による冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。 8月5日放送回では「21stシングルヒット祈願」の模様がオンエアされた。 今回参加したのはセンターを務める齋藤飛鳥、初選抜の岩本蓮加、梅澤美波で、同じく初選抜の鈴木絢音は体調不良のため欠席に。 岩本、梅澤とあまり喋ったことがないため、不安に思った齋藤はスペシャルゲストとしてヒット祈願常連の星野みなみを招集。 まずは「自転車に乗りたい」とリクエストし、「MTBダウンヒル体験」をすることに。 マウンテンバイクに乗った齋藤は「めっちゃ楽しい! どうしよう!」と珍しくハイテンションな様子だったが、ペダルを漕ぐのが異常に遅く、他メンバーに追い抜かれてしまった。 途中、星野がトンボを捕まえて「あしゅにプレゼント」と差し出し、「飽きちゃったちょっと、自転車……」とコメントしながらも、無事に自転車部分の撮影を終えた。 続く「バギー体験」には体調不良で欠席していた鈴木も参加。 星野は「結局やるじゃないですか私、何でもかんでも。 だいぶハードだったよ、みなみ的にもう疲れ切っちゃったよ」と不満を言いつつ、「免許欲しいから練習(のつもり)で……」とバギー体験にも参加した。 意外とスピードが出るバギーに驚きつつ、楽しむメンバーの映像に物足りなさを感じたスタッフ側はプランを変更。 梅澤は「全部楽しいです。 使える画が撮れてるのかなってくらい……」と語っていたが、次は自分の身体を使って渓谷を下る「キャニオニング体験」へ。

次の