韓国 経済 コロナ。 「地獄が始まった韓国経済」通貨大暴落! 頼み綱の日韓スワップも締結至らず そんな隣人、あなたならどうする?

またも韓国か。コロナ後の経済と秩序の回復を阻むこれだけの要因

韓国 経済 コロナ

韓国政府は、危機に陥っている企業のために約8兆8000億円(100兆ウォン)規模の金融支援を表明したほか、韓国銀行(中央銀行)は基準金利を0. 5ポイント引き下げて0. 75%に変更することを決定しました。 それほど今回の韓国経済の不振は深刻なもので、地獄のような大不況に陥る可能性もあります。 なぜでしょうか。 一つは、韓国が貿易依存度の高い経済構造であるため。 韓国はGDPの40%強を輸出が占めるほど貿易依存度が高い国。 グローバルレベルでの往来ができない今、輸出が落ち込むだけではなく、サムスンやヒュンダイなどは売り上げの半分以上が米国と欧州であるため、大きな打撃となっています。 この状況を受け、韓国の株安とウォン安が急速に進行し、一時は対ドルで1290ウォン台と、ウォンは約10年ぶりの安値となりました。 これを受けて、韓国銀行は3月19日、米国FRBと約6兆6600億円(600億ドル)規模の通貨スワップ協定を締結しました。 これで韓国の準備高は約4600億ドルとなっていますが、それでも外国人投資家による韓国市場からの資本逃避がさらに本格化してもおかしくありません。 朝鮮日報は、社説で「米国との通貨スワップが直ちに韓国の金融市場を安定させる効果をもたらした」と報道していますが、事態はさらなる悪化が懸念されます。

次の

新型コロナ:崖っぷちの韓国航空業界、コロナが「とどめ」 (写真=ロイター) :日本経済新聞

韓国 経済 コロナ

さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 127,661件のビュー• 76,200件のビュー• 63,900件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ひふみ より• に ひふみ より• に たろうちゃ より• に 退職者 より• に しぐなる より 人気の記事〔1日〕• 1,300件のビュー• 1,200件のビュー• 800件のビュー• 700件のビュー• 500件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

またも韓国か。コロナ後の経済と秩序の回復を阻むこれだけの要因

韓国 経済 コロナ

こんな文言が並ぶ「LCC共同緊急建議文」がLCC6社の社長連名で発表されたのは2月27日だった。 当時はコロナの感染は中国と韓国が中心で世界的な拡散には至っていなかった。 日本での話題の中心はクルーズ船での感染で、経済への深刻な影響はまだ議論されていなかった。 それでも既に韓国LCC各社の苦境は鮮明だった。 その要因は複合的だ。 国内には大韓航空とアシアナ航空の大手のほかに、済州(チェジュ)航空やジンエアーなどLCCを含めて航空会社が8社ひしめく。 規制緩和の名の下に19年秋には新たに1社のLCCが参入し、さらに2社が新規就航を控えている。 元来の供給過多が背景にある。 アジア有数のハブ空港、仁川国際空港も出発便は激減した 国土面積が日本の3割弱と小さい韓国では、国内線は南西部の済州島とソウルや釜山を結ぶ便が主流で、LCC各社も近距離国際線の売上高が大半を占める。 19年夏までLCCの売上高の3割前後を占めていたのが日本便だった。 しかし日韓対立に伴う「ボイコットジャパン」運動によって訪日韓国人が激減し、日本便は大幅に縮小された。 日本便の回復が遅れたため各社は中国便を拡充した。 だが今度は感染症で中国便の旅客が落ち込み、2本柱だった日本便と中国便での旅客需要が見込めなくなった。 もともとLCCは航空機リース費用など固定費が重く、旅客が減れば資金流出が続く。 財務基盤の脆弱な企業も多く、社長連名での政府への建議文の公表につながった。 韓国政府はLCCに対して政府系銀行を通じた最大3000億ウォン(約260億円)の緊急融資のほか、空港施設使用料の支払い猶予などの支援策を用意した。 だが、2月末時点で政府は「大手は社債発行などを通じて自前で資金調達を」との姿勢を示していた。 2月末時点ではLCC支援を静観していた大韓航空とアシアナ航空の大手2社。 ただ3月以降、経営環境は悪化の一途をたどる。 収益源となっていた欧米路線の旅客数が目に見えて減り始めたのだ。 さらに各国政府が次々と外国人の入国制限を実施したことで、世界の航空便の往来が強制的に停止。 大手2社の運行便数も週を追うごとに減っていった。 韓国航空協会によると、4月第1週の国際線旅客数は前年同期比で97. 大韓航空は3割の勤務者で業務を賄って全社員1万9000人が循環休業に入る。 アシアナ航空は月の半分を無給休業としてコスト削減に努めてきたが、旅客の減少は個社の企業努力の限界を超えていた。 韓国政府は4月22日にこれまでの方針を転換し、大企業を対象とした7つの基幹産業への総額40兆ウォン(約3兆5000億円)の支援策を発表した。 その2日後の24日には政府系銀行が大韓航空とアシアナ航空の2社に計2兆9000億ウォン(約2500億円)を金融支援すると表明した。 現在のところ、政府支援で一息ついた形だが危機の出口は全く見えない。 感染症は収まる気配はなく、各国政府も入国制限の緩和には消極的だ。 そのため航空各社の運休路線の再開時期は見通せない。 元来の供給過多もあって韓国航空業の淘汰・再編は避けられそうにない。 新型コロナウイルスのために前代未聞の苦境下にある航空各社。 その意味を実感したのは広報部署への問い合わせの時だった。 いつもは素早く対応してくれていた広報部署も閉鎖中で、メディア対応もできない企業も多い。

次の