ハートシグナル ガンヨル。 【全文】「ハートシグナル3」出演者イム・ハンギョル、“チューリップ写真”に謝罪「誤解を招いた私の過ち」│韓国俳優・女優│wowKora(ワウコリア)

【即日更新】ハートシグナル3 第11話ネタバレとあらすじ【切ないガフン】|keko blog

ハートシグナル ガンヨル

ハートシグナル3 第9話「女性陣のデート」 ハートシグナル3第9話ネタバレしていきます! イヌの本音は イヌと ガンヨルがラウンジで一緒にお酒を飲んでいる。 イヌ「(最初から)すぐにメール送ってたよね」 ガン「あまり考えない。 最初に抱いた感情が合ってると思うんだ。 だからあまり心配しない。 」 イヌはそんな ガンヨルに 「お前みたいな人たちと仕事してきたからよくわかる」と話す。 緊張感のある2人。 ガンヨルとジヒョンのデート ガンヨルが選んだ「きみに読む物語」は ジヒョンだった。 顔を見ると言葉が出ない ガンヨル。 じっと ジヒョンを見つめる。 ガンヨルと ジヒョンは遊園地デートをする。 傘をそれぞれ差しているが、相合傘になる2人。 制服をレンタルして、お揃いの制服を着る。 照れている ガンヨル。 遊園地に着くと、お弁当を作ってきたと言う ジヒョン。 嬉しそうに食べる ガンヨル。 ジ「なんかいいね」 ガ「(遊園地は)映画と何の関係が?」 ジ「映画の主人公がヒロインに初めて会うのが遊園地なの。 主人公が彼女を好きになるシーンがある」 ガ「好きになれと」 ジ「そうじゃなくて」 笑う2人。 ジヒョンをじっと見つめる ガンヨル。 「ジェットコースターは苦手だけど、今日は何でも乗るよ」と言う ガンヨル。 ジヒョンとジェットコースターに乗って楽しむ。 メリーゴーランドの前で写真を撮る。 ジ「こうやって立って撮る?」 ガ「ポーズ?手を繋ぐ?」 ジ「手はちょっと…」 ガ「腕を組む?」 ジ「そうしよう」 ジヒョンが腕を組んだ後、 ガンヨルが肩に手を回す。 良い雰囲気の2人。 ハンギョルとガフンのデート ハンギョルの選んだ「猟奇的な彼女」は ガフンだった。 カフェに入り、 ガフンはプラモデルを組み立てようとを提案する。 ハ「子供の頃好きだった」 ガ「ハンギョルさんは幼稚だって思うと思った」 ハ「そう?」 組み立てながら色々な話をする2人。 ハ「最近ハウスではどう?」 ガ「なんかすごい辛い時がある」 ハ「本当?なんで?」 ガ「気持ちが固まってると思ってたけど、一瞬で気持ちがゼロになった時もあった」 以前2人でコインランドリーに行った時、 ガフンとのゲームに負けた ハンギョル。 負けたかわりに ガフンはプレゼントをリクエストしていた。 リップクリームをあげると喜ぶ ガフン。 (デートの相手を知らなかったが、持ってきていたのはガフンだと確信していたから?と話す予想団) ガフンの気持ち 次は、ローラースケートをする ガフンと ハンギョル。 競争をしたり、手を繋いで引っ張り合ったりと良い雰囲気の2人。 ハンギョルは 「これまでで一番楽しいよ」と話す。 2人はディナーへ。 ガ「ミンジェとはどう?」 ハ「末っ子っぽいと思ってたけど、思いやりもあるし大人な一面もある。 思ってたよりすごくいい。 性格がいいよね」 ハンギョルと ガフンは趣味が合うようで、音楽の話をしたことがあった。 思い出して嬉しそうな ガフン。 ハ「気持ちは固まった?」 ガ「車の中で話した通りだよ」 車の中で、 ガフンは イヌについて 「最初は不思議だなと思って惹かれた。 でも一時ゼロだった、失望したポイントがあったの」と話していた。 ハ「誰かと競いながら相手の心を奪うなんて…」 ガ「みんな初めてだよ」 ハ「そうだね、こういう状況は初めてだから、新しい自分を発見してる」 共感し合う ガフンと ハンギョル。 イドンとアンナのデート イドンと アンナは、2つ目のデートコース・テーマパークでイルミネーションを見る。 駄菓子をハウスのメンバーに買う2人。 カフェに入り、 イドンの仕事の話になる。 ア「作ったものの写真ある?」 イ「あるよ」 ア「見せて」 イ「隣に行くよ」 ア「うん」 アンナの隣に座る イドン。 イドンの模型の写真を見ながら、 イドンが写っているのを見つけると拡大してみる アンナ。 飼い猫の話でも盛り上がり、良い雰囲気の2人。 イ「すごく楽しかった」 ア「本当?」 イ「全部がよかった」 嬉しそうな アンナ。 イドンはデート中 アンナをよく見つめていた。 イヌとミンジェのデート イヌが選んだ「8月のクリスマス」は ミンジェだった。 デートでランチしてから、映画に出てくるモノクロ写真を撮りに写真館へ向かう。 ぎこちない雰囲気で、写真を撮る ミンジェと イヌ。 車の中で、本音タイムとそれぞれ気になることを聞く。 「これは同盟の証だから」と写真を指差して笑う ミンジェ。 2人はレストランへ。 イ「ハンギョルのどこが好きなの?」 ミ「急に?」 イ「顔が好み?」 ミ「違うわ、ハンギョルさんから私が持ってないオーラを感じる。 自分から笑わせる方が好きだから、相手は面白くなくてもいい」 イ「うまくいくように手伝って欲しい?」 ミ「ひとつずつ教えるのはどう?」 笑いながら、仲良く同盟を組んだ2人。 イ「次は誰とデートしたい?」 ミ「ハンギョルさん」 (即答するミンジェに予想団爆笑) ミ「イヌさんは?」 イ「ジヒョンとは一度もデートをしてない。 第一印象が良かったから、彼女のことをよく考える」 イヌは少しずつ本音を話す。 「気持ちを示されたら、目が行くし好意も持つ。 頭では本当に好きな人を選ぶべきだとわかってるけど、相手がどう思ってるか考えちゃう。 」と話す イヌ。 ミ「イヌさんは、ジヒョンがどう思ってるか気にしてる?」 イ「ジヒョンが僕をどう思ってるか知りたい。 積極的じゃないでしょ?」 ガンヨルのことは、 「他の人は気にしない」と言う イヌ。 ミンジェは 「もう少し表現してもいい。 存在感を示した方がいい」とアドバイスする。 一方で ミンジェは、 ジヒョンが壁だと言う。 イ「もっと表現してもいいよ」 ミ「私は結構表現してると思ってるけど、それを重いと思われちゃうかも。 相手は気持ちがないのに好意を示したら、負担に思うかどうか知りたい」 イ「今より積極的でもいい。 (ハンギョルは)楽しかったって言ってた」 ミ「じゃあもうちょっと頑張ってみる」 お互いにヒントを出し合った イヌと ミンジェだった。 ガンヨルとジヒョンのディナーデート 遊園地の後、フレンチレストランへ入る ガンヨルと ジヒョン。 ガンヨルが ジヒョンの写真を撮る。 堂々とポーズをとる ジヒョン。 嫌いなパクチーを食べて 「今日はおいしい」と言う ガンヨル。 ジヒョンは、デートの感想を 「すごく楽しかった、仲良くなった気がする」と嬉しそうに話す。 元恋人の話などをして、真剣な話になる。 「僕たちは話がよく通じるみたいだ」と笑う ガンヨル。 ジ「デート相手として誰が来て欲しかった?望んでた相手はいた?」 ガ「いるけど…言えないよ」 ジ「ダメ?」 ガ「…君が来たらいいなと思ってた」 照れる ジヒョン。 デートを終えた夜 ガンヨルと ジヒョン以外が集まってラウンジで話している。 ハンギョルと ガフンがデートの話をし、 ミンジェが切なそうに聞く。 ガンヨルと ジヒョンが後から帰宅。 ジヒョンが写真を見せ、盛り上がって見ているメンバー。 イヌはぎこちない笑顔を見せる。 ふざける ガンヨルを見て、 ミンジェ「1日こうだった?」 ジヒョン「ハウスとは違った」 と、違うガンヨルだったと話す ジヒョン。 ジヒョンがお弁当を作った話になると、照れる ガンヨル。 イヌの表情が曇り、それを見て ガフンの表情も曇っている。 (予想団の推理へ) ハートシグナル3 第9話のラブライン推理.

次の

「ハートシグナル3」出演のパク・ジヒョン、プロフィール写真を公開…清純な美しさで魅力をアピール(WoW!Korea)

ハートシグナル ガンヨル

「ミンジェの髪の毛に何かついてる…」と小声で アンナから ミンジェに教えてあげるように伝え、優しさをみせる。 ミンジェ& イドン、 アンナ& ハンギョルのチームに分かれてビリヤードが始まる。 ミンジェに教えてあげる イドン。 その様子が気になり、 イドンを見つめる アンナと、 ミンジェを見つめる ハンギョル。 アンナ& ハンギョルチームが勝つ。 ビリヤードを終え、ご飯を食べる。 イドンが アンナの分のご飯をよそって渡す。 ミンジェ「少ししかない卵をのせてくれた」 アンナ「もうない?本当?」 アンナは イドンがのせてくれた卵を半分に切り、 イドンの皿にのせる。 イドン「ありがとう」 見つめ合って笑う イドンと アンナ。 ビリヤードチームの本音大会 ハンギョル「アンナに聞きたいんだけど、来てすぐに映画のチケットを送った(デートの申し込みをした)だろ?相手を知る時間がなかった中で、どういう基準というか、なにを見て決めたの?」 アンナ「もともと1人には送るつもりだった、なんとなく私と合いそうだったから。 2枚目は悩んだけど…ただ面白そうだったから」 ミンジェ「男性陣は誰から届きそうだと予想してた?」 イドン「僕は、ガフンがイヌに関心があると思ってた。 でも最近は違うかな、誰かはわからないけど。 ジヒョンはイヌだと思ってたけど、ガンヨルとデートしてからわからない。 」 ハンギョル「ジヒョンはガンヨルと2回もデートしてるからね。 ガフンは、最初はイヌだと思ってたけど、今はわからない。 」 アンナ「私は気になる人がいたら表現できると思ってたけど、ここにきてからそうじゃないって思った」 イドンの顔が曇っている。 ミンジェ「私は最初いいなと思った人は、よく知ったあとでもいい人が多いの。 」 表情の暗い ハンギョル。 ボーリングチーム チーム決めをすることになると、 「ジヒョンと組みたいんじゃない?」と イヌに言う ガフン。 「いやいや」と苦笑いする イヌ。 ガフン& イヌ、 ジヒョン& ガンヨルのチームに分かれゲームを楽しむ。 ボーリングを終え、ワインバーへ。 ジヒョンと ガンヨルがトイレに行っている間、2人きりになるが気まずそうな ガフンと イヌ。 ガンヨルが入ってから10日が経ち、わかってきたことを話し始める。 ガンヨル「イドンがアンナに気がある、100%だと思う」 ガフン「アンナは?」 ガンヨル「それはわからない。 ハンギョルは、ガフンかミンジェだと思う。 イヌさんは?」 イヌ「イドンとアンナについては僕も同意する。 ハンギョルとミンジェは…相思相愛だと思うけど」 ガンヨル「僕はガフンもあり得ると思う」 黙っている イヌと ガフン。 ガフン「変わることもあるかな?」 ジヒョン「一度生まれた感情がなくなりはしないと思う」 ガフン「私はなくなることもある」 ガフンを見つめる イヌ。 胸キュンした瞬間は? ジヒョンが、入居してから胸キュンした瞬間はあるかと聞く。 全員があったと答え、いつ胸キュンしたか?という話に。 ジヒョン「私はあんまりドキドキしないけど」 ガフン「させた人がいるんだ」 イヌ「誰か気になるな」 笑う4人。 ガフン「私は、道を歩いてたらイヌさんにそっくりな人がいて、なんでここに?ってドキッとした」 イヌ「なんでドキッとするんだ」 (ストレート!すごい!と盛り上がる予想団) トイレに行った ガンヨルが戻ってくると、 ガンヨル「考えてみたけど(胸キュンしたのは)1人だ」 嬉しそうに笑う ジヒョン。 イヌ「2人だと思う」 何も言わない ジヒョンと ガフン。 ジヒョン「私は1人」 帰宅する両チーム。 明日の朝、誰にも気づかれないようにデートに誘ってください。 先約がある場合はデートできません。 秘密のデートなので、今後規則については言及できません。 デート日時:日曜午後1時から そわそわする男性陣。 アンナと ガフンが男性陣のところへくると、 「週末は何時に起きる?」 と情報収集する イヌ。 ガフン「起こされた時?」 イヌ「起こされた時?」 ガンヨル「そうだよね…なんて言えばいいんだ」 ガフン「なに?明日何かあるみたい」 ガフン「何人に胸キュンしたか話したんだ」 ハンギョル「僕たちも話す?僕は2人、些細なことだったと思う」 イヌ「僕は1階ラウンジが1回で、2回目は高速ターミナルで食事した時」 考え込む ガフン。 作戦会議 イヌと イドンが、キッチンでどうするか作戦会議をしている。 部屋では男性メンバーが、それぞれ悩んでいる。 ハンギョル「早起きして朝食でも食べようって言っておけばよかった」 ガンヨル「運命に任せることにした、考えても答えは出ない」 眠れずに話している イドンと ハンギョル。 ハ「アンナはどう?」 イ「他の人も気になるだろうね。 僕としかデートしてないし。 だから他の人も知りたいと思う」 ハ「デートコースを考えてあるんだろ?」 イ「僕のこういう行動がアンナには負担かも。 だからあまり積極的になれない」 ハ「昨日、アンナがチケットを送った基準の話で、1人は自分と合いそうだからって言ってた。 合いそうな人はイドンだ」 もう一度寝ることにする2人。 デートに誘うイヌvsガンヨル 翌朝、 イドンは、手紙を女子部屋の内側に貼った。 ガンヨル以外の男子メンバー3人は朝食を食べながら、女子メンバーをいつ起こそうかと話している。 誰が起こすかじゃんけんをする3人。 ジヒョンが起きてくる。 気を利かせてその場を離れる イドンと ハンギョル。 イヌ「ちょっと話せる?」 ジ「うん」 イヌ「今日は予定ないんだね?」 ジ「今日は…予定はあるの」 (まさか!と絶叫する予想団) ジ「先約だから…ごめん」 実は、3人が朝食を食べている間、 ガンヨルは起きて ジヒョンの枕元に手紙を置いていた。 遊園地デートの写真の裏に、 「今日はデートだよ 日曜午後1時」と書いてあった。 それを見て嬉しそうな ジヒョンだった。 デートに誘うハンギョルとイドン 部屋にいる ミンジェを呼び、話そうと言う ハンギョル。 ハ「今日予定ある?」 ミ「特にないよ」 ハ「デートコースを準備したんだ」 嬉しそうな ミンジェ。 キッチンにいた アンナを飛び出す イドン。 イ「今日の午後ドライブに行かない?好きな場所があるんだ」 ア「どこ?」 残されたイヌとガフン 残った イヌと ガフンは、話すこともなくそれぞれ部屋で1人で過ごしている。 女子部屋をノックする イヌ。 イ「何してる?」 ガ「つまらないから読書」 イ「今日…出かける?」 ガ「私たちも?何時に行く?」 準備をして出かける イヌと ガフン。 車の中で、初デートの話を始める。 ガ「もうすぐカップが出来上がるね」 イ「もう3週間もすぎたか」 ガ「感情のアップダウンがすごいの」 イ「僕も、やろうと言ったのにできてないことが多い」 ガ「私たち?なんだっけ」 イ「市場に行くことと散歩しようとも話した。 ずっと考えてた」 ガ「何も言わないから、私も言わなかった。 忘れてると思ってた」 イ「ずっと考えてたよ、ただ色々考えてたから」 イ「昨日の胸キュンの話、すごく恥ずかしかったよ」 ガ「高速ターミナルの話は私でしょ?」 イ「あってるよ、当てられるかな」 少しずつ表情が和らいで、楽しそうに話す2人。 「第一印象とか、初めてのデートの印象が強く残ってる」と話す イヌ。 夜景を見ながら歩く2人。 イ「橋があるんだ」 ガ「ここは告白スポットだよ」 笑う イヌ。 ガ「告白なんてしないよ」 イ「そうじゃなくて…」 楽しそうに話している。 思い出のカップ イ「(作ったカップを)取りに行かないと」 ガ「まさか1人で行く?」 イ「メールが来たら教えようか?」 ガ「うん、割っちゃうかもしれないから」 イ「前に撮った写真は?」 ガ「持ってるよ、飾っておけないからしまってある」 イ「なんで?」 ガ「ジヒョンが気にするかもしれないから」 イ「色々考えてるね」 考え込む イヌ。 今日の日記につまらないとすでに書いていた ガフンだったが、付け足さないと、と笑う。 ハートシグナル3 第11話感想&第12話予想 ハートシグナル3の11話、今回はかなり切なさ全開でしたね… ガフンがまだイヌを忘れきれず、でも好きでいるのは辛いからという姿勢がとても切なくて泣きそうでした。 それでも笑ってるガフンはかっこいい…。 デートに誘う際、実はガンヨルが1番にジヒョンを誘っていたというのは、かなり驚きましたね! イヌもかわいそうですが、ガンヨルの行動力はさすがだなと。 あと誘い方もキュンキュンしました…写真の裏にメッセージなんて可愛すぎません?笑 無事イドン&アンナとハンギョル&ミンジェのデート成立は嬉しかったですが、残された2人はみてられませんでした…でもちょっとは仲直りしたのかな… 来週は3カップルのデート、そして予告でなにか紙をみて驚いている感じでしたが…ついにジョーカーの正体判明かもですね。

次の

【ハートシグナル3】「じゃあね」パク・ジヒョンを完全に送ったチョン・イヌ

ハートシグナル ガンヨル

イム・ハンギョルは18日、自身のインスタグラムに「先日私がインスタグラムにしばらくチューリップの写真を掲載していた点、私が運営する売場にチューリップを差し込んでいたことに対して謝罪申し上げようとこの文を書いた」と長文をアップした。 これに先立ちイム・ハンギョルは「ハートシグナルシーズン3」でソ・ミンジェと最終カップルになった。 チューリップはソ・ミンジェが一番好きな花であり、番組で2人の気持ちを繋いだアイテムだった。 しかしスペシャル番組でイム・ハンギョルとソ・ミンジェが現実のカップルとしてつながらなかった事実が明らかになり、一部ではイム・ハンギョルがチューリップの写真をアップしたことが、ファンたちの誤解をもたらす行動だったと指摘した。 一方、今月8日に終了した「ハートシグナル3」ではパク・ジヒョンとキム・ガンヨル、ソ・ミンジェとイム・ハンギョルが最終カップルになった。 その後、15日に放送されたスペシャル番組では3か月間連絡をやり取りしてきたキム・ガンヨルとパク・ジヒョンの近況、現実の恋愛に繋がらなかったイム・ハンギョルとソ・ミンジェ、、目撃談により注目を集めたチョン・イヌとイ・ガフンの近況などが公開された。 以下、イム・ハンギョルの謝罪文全文 こんにちは、皆さん。 イム・ハンギョルです。 「ハートシグナル」の放送をご本人の恋愛と同じくらいに共感してくださり、一緒に泣いて笑って楽しんで見てくださった方々、そして応援してくださった多くの方々に心から感謝申し上げております。 そのように応援していただき、愛してくださった皆さんに今日こうして丁重に文を書くようになりました。 先日、私がインスタグラムに少しチューリップの写真を掲載していた点、私が運営する売場にチューリップを差し込んでいたことに対して謝罪申し上げようとこの文を書きました。 また私は感情がないロボットのようで、「ハートシグナル」の中でも本気ではなかったとお思いになる方々にお詫び申し上げます。 実は私も番組を見ながらそう映し出されたと思い悔しかったので、その気持ちを少しでも理解しています。 最後のインタビューで私がカクテルを作っていたことに対して言及しことや、私が手紙を書いたことに対して言及していた理由も、その悔しさのためでした。 ハウスの中で感情を表現することに苦手ながらも暮らしていた私が、勇気を出して表現をして率直に一歩ずつ近づきながら本気で臨んだ気持ちが番組に現れなかったことに対して悔しかったです。 飲み物を作ってあげたり、料理を作ってあげたりしたのが私が生きてきた道で、してあげられるのがそれだけの人なので、私ができることで表現しました。 振り返るとチューリップに対しては私の誤りであったことは間違いないです。 私が運営する店のPRのためにチューリップを利用し、他の出演者を利用したと思わせた責任が私もあります。 実は、シグナルハウス内で私がどのようにチューリップを準備したのかは放映されませんでしたが、ハウス内でチューリップは、アプローチすることが苦手な人である私が誰かのために寒い冬に花屋をいろいろ探し回り、直々買い求めて気持ちを表現したい人に伝える、一歩本気で近付いた大きな意味でした。 相手にも、私も、お互いのそのようなささいな真心一つひとつをやりとりして、実を結んだのではないかと思います。 それで最終回の放送が終わった後、今はカップルではないけれど、お互いを応援し合う間柄で、それでもあの頃2人がお互いに心から努力し、逆境を乗り越えて成し遂げたその結果に対して少しでもお祝いをしたかったのです。 しかし、それが多くの方々に誤解と失望を与え、ある方にとっては傷になりうることもあるということを悟りました。 私の考えが短く、私がしばらく数分間掲載した文がこんなに影響力が大きいとは思わなかった私の過ちです。 謝罪文を掲載しようと思いましたが、まだ最終話が残っており、最後の放送内容をネタバレしうるようなお詫びの文章を先に公に掲載することができませんでしたので、頭を下げてご了承願います。 また、皆さんが心配している出演者の方とも(もし被害が及んだらと本名を取り上げることに慎重を期すためにこのように表現します)対話を通じて、うまく解決しようと努力したし、これからも被害がないように努力しようと思います。 いつも応援してくださる皆さん、そして大切な時間をともにしてきた出演者の方々に謝罪し、いつも反省して、私の行動の一つがこれからはより多くの方々に影響を与えかねないという点を再考して行動します。 天気が暑いです。 お体に気をつけて、長文を読んでくださり、ありがとうございます。

次の