ワクワクメール 引き継ぎ。 ワクワクメールでスマホの機種変更・電話番号変更する時の注意

ワクワクメールで複数アカウント(別垢・サブ垢)を作る方法

ワクワクメール 引き継ぎ

結論から言うと、ワクワクメールの場合、機種変のために何か手続きをする必要はありません。 というのも、新しい端末のログイン画面で 今までのログインID(登録してある電話番号orメールアドレス)とパスワードを入力すれば、これまで通り使えるため。 要は新しいスマホに変えても、ワクワクメールのログイン情報は変わらないってことです。 ドコモからソフトバンクのようにキャリアの乗り換えをともなう機種変でも、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用すれば電話番号は変わりません。 この場合も同じ考え方でOKです。 ですから、やることと言えば 機種変更の前に念のため今のログイン情報を確認し、忘れないよう控えておくことぐらいですね。 ただ、ワクワクメールの場合、新規登録時にがあるので、電話番号は必ず登録されていますが、メールアドレスは登録していない方もいると思います。 電話番号とパスワードがあれば新しい端末にログインしてアカウントを引き継げますが、 機種変するorしないに関わらず、メアドも登録しておくことをオススメします。 というのも、まずメアド登録を済ませると200円分のサービスポイント=20Sをもらえる、その後も毎月1回程度配信のサービスポイント付きメールを受け取れるというコスト面でのメリットがあります。 電話番号が変わる機種変更 スマホの電話番号が変わっても、実は今までのログイン情報(登録してある電話番号orメールアドレス、パスワード)でログインすれば、そのままアカウントを引き継げます。 そのため、電話番号が変わる機種変でも特に手続きしなくても使えることは使えます。 でも、やっぱり登録情報を新しい電話番号に変えるのがマナーかと。 というのも手放した番号がその後、電話会社の方で他の人に割り当てられる可能性がありますから。 サポートセンターに連絡して変えてもらう必要があります。 手続き方法を解説しますね。 まず、スマホでワクワクメールWEB版にログインしたら 「お問い合わせ」ページを開き、検索窓に「電話番号」と入力して検索して下さい。 下の画像のように、検索結果に 「電話番号を変更したい」という項目が表示されるのでタップします。 「電話番号を変更したい」に対する回答画面が開いたら、文章中の 「こちら」というリンクをタップして下さい。 自動でスマートフォンのメールが立ち上がります。 メールにはあらかじめ、題名・ワクワクメール会員No・必要な項目などが入力されています。 あとはこの内容に沿って、 現在登録してある携帯電話番号・現在の携帯番号を解約した時期・新しい携帯番号・新しい携帯番号を契約した時期・パスワードを記入し、送信すればOKです。 サポートが変更手続きを行い、完了するとログイン情報が新しい電話番号に更新されます。 これで新しい番号で現在のアカウント情報を引き継げますよ。 新しいアカウントを作る選択肢も.

次の

パソコンを買い替えてもメールアドレスは同じですよね?

ワクワクメール 引き継ぎ

目次はこちら! クリックすると好きなところに飛びます• ワクワクメールの再登録とは? ワクワクメールでは、 なんらかの理由でサイトを退会した方に向けて再登録と言う便利な機能が存在します。 何回でも使用できる機能なので同じ日に何度も退会したとしてもこの機能は使えます。 ただし、 他の出会い系とは違い特殊な部分がワクワクメールの再登録には存在します。 そちらは後程詳しく説明しますのでまずは再登録の方法から見ていきましょう。 ワクワクメールに再登録する方法 それでは、ワクワクメールの再登録の方法をスマホ版とPC版に分けて説明していきます。 再登録と聞くとめんどくさい手順を踏まされたりするのでは?と思う方もいると思いますが ワクワクメールの再登録はシンプルですぐに終わるので参考にして下さい。 スマホで再登録する方法• ログインボタンの下に 「再登録をする」のボタンがあるのでタップ• 登録してあった電話番号を入力• 登録してあった番号の端末向けにSMS認証のコードが送られてきます• 送られたコードを入力し、再登録完了 PCで再登録する方法• 「再入会はこちら」をクリック• 登録してあった電話番号を入力• 登録してあった番号の端末向けにSMS認証のコードが送られてきます• 送られたコードを入力し、再登録完了 どちらもほとんどやり方は変わらないのでスムーズに再登録する事ができます。 ワクワクメールの再登録で引き継がれる情報は? 再登録をすると便利なことに 過去のアカウント情報が残ります。 ポイントなどの料金が関わっていた情報なども残るのでとても便利です。 ではどんな情報が引き継がれ、逆にどんな情報引き継がれないのか見ていきましょう。 引き継がれる情報 下記が再登録時に引き継がれる情報です。 それぞれに 有効期限があり、期限が過ぎてしまうと失効してしまう情報もあるので注意しましょう。 性別 無期限• プロフィール 無期限• ポイント モバイラーズポイントも 1年間• サービスポイント 180日間• 無視リスト 無期限• 年齢確認 無期限• メール履歴 90日間• つぶやき 30日間• 掲示板の書き込み 60日間• マイリスト メモ 無期限 大体の情報が引き継がれるため退会する前のアカウントの状態からそのままワクワクメールを再開する事ができます。 無視リストに関しては自分がリストに入れた相手はもちろんリストに入ったまんまですが 逆に 自分がリストに入れられている状態も変わらないので注意しましょう。 再登録時に引き継がれない情報 下記が再登録をしても引き継がれない情報です。 スマイル• 足あと 正し、 相手につけた自分の足あとは残ります。 足あとをつけられた相手には 「退会済み」と あなたのプロフィールは表示されます。 足あともスマイルも特に重要な情報ではないので、気にしなくて大丈夫です。 一度登録した電話番号で新規登録できるの? できません。 一度登録した性別などの重要情報は新規登録時に登録した電話番号に紐付されており 再登録後もデータが引き継がれて変更不可能です。 理由は、成りすましや複数アカウントを作成して不正を行う業者の排除が考えられます。 ワクワクメールのセキュリティ対策がしっかりしている証拠です。 どうしても新規登録したい方は契約キャリアの専門店で電話番号を変更する手続きを踏む必要があります。 有料となっていますが新規登録で 1200円分 120S のサービスポイントが獲得できます。 ワクワクメールに再登録できない原因は? 過去に利用規約違反をして通報などを受けて運営に強制退会処分を受けたユーザーは再登録できません。 業者対策もしているので運営に問い合わせても再登録は不可能となっております。 そんな方は、 電話番号を変更するか 他の出会い系やマッチングアプリを利用するのがおすすめです。 まとめ 再登録は ユーザーに優しいとても便利な機能と言う事が分かりました。 今回話してきた事を改めてまとめるとこうなります。 再登録のやり方は超簡単!• ほとんどの情報が引き継がれる•

次の

パソコンを買い替えてもメールアドレスは同じですよね?

ワクワクメール 引き継ぎ

ワクワクメールのブロック「無視リスト」とは ワクワクメールの機能で 「無視リスト」というものがありますが、いわゆるSNSにおける 「ブロック機能」とおなじ効力を持つものになります。 相手と今後やり取りしたくない場合は無視リストに入れることによって今後その ユーザーとのやり取りが一切できなくなります。 例外として相手からの「最後の1通メール」だけはメッセージが届きます。 「無視リスト」の設定方法 相手を無視リストに入れる方法は、相手のプロフィール欄の下に「無視リストにいれる」というリンクがあるので、そこから手続きができます。 無視リスト解除も同じ手順で行えば、相手を無視リストから解除することが出来るので、相手から 「最後の1通メール」が届いて解除してもいいかなと思った場合は手軽に解除を行うことが出来ます。 無視リストは「やりとりすることができません」と表示される 無視リストに入れた相手には無視リストに入れたことは通知されませんが、相手が貴方にメッセージを送った時に「やりとりすることができません」という表示がされます。 この時点で相手には自分から無視リストに入れられたことは察せられるので、実質相手に知られない様に無視リストに追加することが出来ません。 もう 一つの特徴は無視リストと違い、相手に気づかれにくいところにあります。 掲示板自体も通常通り使えるままあなたの投稿だけが見えていないので気づかれにくいですが、貴方と出会うきっかけが掲示板で、貴方が投稿したメッセージを相手が逐一チェックしていた場合、途端にすべてが見えなくなるとバレる可能性は少なからずあります。 相手から無視リストに入れられたら 自分から無視リストに入れることもあればその逆で相手から無視リストに入れられることがあります。 自分の行いを振り返っても相手に不快な思いをさせた覚えがなく、その相手とまたやり取りをしたい場合はどうすればよいのでしょうか? 「最後の1通メール」でラストチャンスにかける! 知らぬ間に「無視リスト」に入れられたら、 相手が解除しない限り無視リストに入れられたままメッセージのやり取りもままならない詰み状態になってしまいます。 しかし、そんな相手に最後のお願いメッセージを送ることが出来る「最後の1通メール」という機能があります。 男性の場合は通常のメールとおなじ様に5P(50円分)がかかってしまいますが、 どうしてもやり取りを復活させたい場合は「最後の1通メール」を使って相手にお願いしてみるのも良いかもしれません。 【改定】自由入力から定型文へ 今まで「最後の1通メール」は送る側のユーザーが自由にメッセージを打てる様になっていましたが、最後の捨て台詞のように相手への罵倒、誹謗中傷を含まれたメッセージを打つユーザーが後を絶たず、最終的には2017年4月26日に自由入力から運営が用意している定型文へ機能が改定されました。 上記のように、一部の身勝手なユーザーの行いのために、自由入力の文章が打てなくなってしまったことにより、復縁出来る可能性はがくんと下がってしまいました。 結論:無視リストの表示はされないが、やり取りができなくなる しかし、ラストチャンスの「最後の1通メール」で無視リストから解除してもらう可能性がある。 という結論となりました。 一番望ましいのは相手から「無視リストに入れられないようにする」ことが一番です。 そして無視リストに入れられてしまったら、相手に罵声を浴びせたり誹謗中傷することなく「紳士的な対応」で相手との復縁を目指しましょう。 exports? module. document? b a,! 1;return! a "object"! type a a. nodeType n. isWindow a return! call a. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! ownFirst for b in a return k. i[j. eval. replace p,"ms-". nodeName. call v. childNodes ,v. childNodes ,E[v. childNodes. length]. length? apply a,I. a 1! ownerDocument b:v! getElementById f return d;if j. apply d,b. getElementsByClassName return H. apply d,b. nodeName. getAttribute "id"? test k? apply d,w. parentNode. length;while e-- d. nodeName. nodeName. ownerDocument a. documentElement;return!! ownerDocument a:v;return g! documentElement? top! addEventListener? addEventListener "unload",da,! 1 :e. attachEvent "onunload",da ,c. appendChild n. createComment "" ,! test n. getElementsByClassName ,c. appendChild a. getElementsByName! getElementsByName u. getById? find. getElementById a ;return c? filter. find. ID,d. filter. find. getElementsByTagName? getElementsByTagName? getElementsByTagName a :c. qsa? find. test n. appendChild a. querySelectorAll "[selected]". length q. length q. querySelectorAll ":checked". length q. push ":checked" ,a. length q. push ". createElement "input" ;b. setAttribute "type","hidden" ,a. appendChild b. setAttribute "name","D" ,a. querySelectorAll ":enabled". length q. push ":enabled",":disabled" ,a. push ",. matches o. webkitMatchesSelector o. mozMatchesSelector o. oMatchesSelector o. call a,"div" ,s. call a,"[s! push "! test o. test o. contains? nodeType? d 1! nodeType! contains? contains d :a. 0;return! compareDocumentPosition-! ownerDocument b? 1:k? 1:e? -1:f? 1:k? parentNode g. parentNode h. ownerDocument a! call a,b ;if d c. disconnectedMatch a. document. ownerDocument a! ownerDocument a! attrHandle[b. call d. attrHandle,b. toLowerCase? e a,b,! p :void 0;return void 0! f:c. attributes! specified? slice 0 ,a. push f ;while e-- a. textContent return a. slice 0,3? a[3] ea. CHILD. test a[0]? null: a[3]? indexOf " ",c. length-b -c. slice 0,b ,a. replace ba,ca. nodeName. className void 0! slice -c. slice 0,c. nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:q. uniqueID] l[m. uniqueID] l[m. pop if h? nodeName. uniqueID] l[m. pseudos[a] d. setFilters[a. toLowerCase ] ea. e b :e. setFilters. hasOwnProperty a. toLowerCase? textContent b. innerText e b. test a "" ea. replace ba,ca. lang:b. getAttribute "xml:lang" b. nodeType ;return! location. hasFocus n. type a. nodeName. parentNode. selectedIndex,! nextSibling if a. nodeType? slice 0,i-1. type? find. 1:Math. random. push f :e. slice 0 ,j. relative[j[1]. find. ID k. matches[0]. slice j. shift. value. needsContext. test a? 0:j. matches[0]. test j[0]. splice i,1 ,! p,e,! split "". sort B. l,m ,c. compareDocumentPosition n. firstChild. c return a. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase return a. c return! specified? selectors,n. expr. pseudos,n. uniqueSort,n. getText,n. isXML,n. is c break;d. expr. match. isFunction b return n. call a,d,a! nodeType return n. test b return n. nodeType? find. matchesSelector d,a? [d]:[]:n. find. matches a,n. length;if "string"! pushStack n a. unique c :c ,c. selector? this. pushStack z this,a [],! pushStack z this,a [],! test a? n a :a [],! charAt a. [null,a,null]:B. exec a! b b. jquery? b c. find a :this. constructor b. b[0]:b,n. merge this,n. nodeType? ownerDocument b:d,! 0 ,x. isPlainObject b for e in b n. isFunction this[e]? this[e] b[e] :this. find a ;this. nodeType? this. isFunction a? void 0! ready? ready a :a n : void 0! selector,this. context ,n. :parents prev? 0,contents:! 0,next:! 0,prev:! length;return this. find. pushStack f. inArray this[0],n a :n. inArray a. jquery? parentNode? this. first. prevAll. pushStack n. uniqueSort n. merge this. this. prevObject:this. prevObject. nodeType? nodeName a,"iframe"? contentDocument a. contentWindow. document:n. merge [],a. map this,b,c ;return"Until"! filter d,e ,this. uniqueSort e ,C. reverse ,this. each a. G a :n. 0;g. splice c,1 ,c-1:f. 0,c j. slice? slice :c],g. Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",n. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",n. done arguments. isFunction a. promise? promise. progress c. notify. done c. resolve. fail c. promise :this,g? then,n. disable,b[2][2]. isFunction a. promise? a:n. notifyWith b,c :--f g. resolveWith d,[n] ,n. triggerHandler "ready" ,n d. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. removeEventListener "load",J : d. detachEvent "onreadystatechange",J ,a. event. ready. readyState "loading"! documentElement. doScroll a. setTimeout n. ready ;else if d. addEventListener d. addEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. attachEvent "onreadystatechange",J ,a. ready. promise ;var K;for K in n l break;l. createElement "div" ,e. style. appendChild e. appendChild b ,void 0! style. style. style. createElement "div" ;l. noData[ a. test c? 1;return! data void 0! pop n. extend j[k],b :j[k]. extend j[k]. data g. data ,void 0! a[n. expando]:n. g[h]:g[h]. isArray b? concat n. map b,n. camelCase :b in d? [b]:b. length;while e-- delete d[b[e]];if c?! P d :! cleanData [a],! 0 :l. deleteExpando g! window? 0,"embed ":! nodeType? cache[a[n. expando]]:a[n. camelCase d. slice 5 ,O f,d,e[d] ;n. this. this. O f,a,n. d n. isArray c? makeArray c :d. unshift "inprogress" ,delete f. stop,e. call a,g,f ,! empty. Callbacks "once memory". length ",l. firstChild. nodeType,l. getElementsByTagName "tbody". length,l. getElementsByTagName "link". length,l. createElement "nav". cloneNode! outerHTML,c. 0,b. appendChild c ,l. checked,a. cloneNode! lastChild. defaultValue,b. createElement "input" ,c. setAttribute "type","radio" ,c. setAttribute "checked","checked" ,c. setAttribute "name","t" ,a. appendChild c ,l. cloneNode! cloneNode! lastChild. checked,l. addEventListener,a[n. getAttribute n. htmlSerialize? option,ca. thead,ca. getElementsByTagName? querySelectorAll? childNodes a;null! b n. nodeName d,b? push d :n. nodeName a,b? b n. contains g. test g. 0,change:! 0,focusin:! attributes[c]. off a ,g. guid g. event.

次の