フジテレビ 入社。 フジテレビがまた「二世」採用で批判浴びるも“コネじゃない”意見が出た理由

フジテレビがまた「二世」採用で批判浴びるも“コネじゃない”意見が出た理由

フジテレビ 入社

フジテレビにコネ入社?一覧でわかる名前と人数!意外な有名人にビックリ 【藤井弘輝アナ】父親は藤井フミヤ 藤井弘輝アナの父親は、現在ソロ活動をしている歌手、藤井フミヤさんです。 昔はチェッカーズいうグループのボーカルをしていました。 藤井弘輝アナは長男で、2020年6月17日に、これまたフジテレビの30代の局員と入籍をして結婚発表をしています。 実は、この結婚に関してもいろいろと言われていて、 結婚したお嫁さんの父親がフジの関連会社の取締役相談役をされているんですよ。 もともとは、フジのディレクターで『夜のヒットスタジオ』など人気音楽番組を手がけた人なんですけど、昔からフミヤさんとは面識があるってことなんです。 父親のヒット曲になぞらえて、入社5年で「TRUE LOVE」を見つけたと茶化されています。 藤井フミヤさんのこんな記事もありますので、ご覧になってください。 浩永島昭浩さんは、1964年4月9日、兵庫県神戸市の生まれです。 元サッカー日本代表で、現在はサッカー解説者、スポーツキャスターなどで活躍しています。 【田淵裕章アナ】父親は田淵幸一 田淵裕章さんの父親は、元プロ野球選手の田淵幸一さんです。 田淵 幸一(たぶち こういち)さんは、1962年7月11日、東京都豊島区の生まれで、プロ野球選手現役時代は捕手、内野手として活躍されています。 監督も務めたこともあり、現在は野球解説や、野球評論家、タレントととしても活躍しています。 【生田竜聖アナ】兄は生田斗真 生田竜聖(いくた りゅうせい)さんのお兄さんは、俳優の生田斗真さんです。 兄の斗真さんが、あまりにも有名なので、フジテレビに入社した時は『七光り』や『コネ入社』とからかわれることになってしまいました。 生田竜聖アナは批判にもあまり動じていなかったそうです。 それが結果的に良かったようで斗真さんのファンからも好印象のまま現在に至っています。 【陣内太郎・ディレクター】父親は兄は陣内孝則 陣内太郎の父親はタレントの陣内孝則さんです。 2011年フジテレビにディレクターとして入社をしています。 入社当時、親バカぶりを発揮した陣内孝則さんがツイッターなどで、フジテレビ局の研修のことや、人事のやりとりなども調子に乗って書いてしまい、アピールし過ぎと批判されてしまいまい、フジテレビにはコネ入社なのでは?といった噂が立ってしまったそうです。 【元、高橋真麻アナ】父親は高橋英樹 高橋真麻さんの父親は、俳優の高橋英樹さんです。 高橋英樹(たかはし ひでき)さんは、1944年2月10日、千葉県木更津市の生まれです。 現在は、俳優、タレント、司会者の他にもアイウエオ企画の取締役も務めています。 【元、高島彩アナ】父親は竜崎勝 元、高島彩アナの父親は、元俳優の竜崎勝さんです。 竜崎勝(りゅうざき かつ)さんは、1940年3月25日、高知県の生まれで、俳優やグルメレポーターとして活躍しました。 高島彩アナは、2010年にフジテレビを退社して翌年2011年に、フォークデュオ「ゆず」の北川悠仁さんと結婚しています。 【中川真理子・報道局記者】母親は中川郁子 中川真理子さんの母親は政治家の中川郁子さんです。 中川郁子(なかがわ ゆうこ)さんは、1958年12月22日、新潟県のうまれで、自由民主党所属の元衆議院議員を2期、元農林水産大臣政務官も務めています。 夫も政治家で、農林水産政務次官、農林水産大臣、経済産業大臣、自由民主党政務調査会長、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)を歴任した中川昭一さんです。 【TAROかまやつ・経理局、事業局】父親はムッシュ・かまやつ TAROかまやつさんの父親はミュージシャンの「ムッシュ・かまやつ」さんです。 TAROかまやつさんは、慶應義塾大学を卒業して音楽家の道を考えたそうなのですが、「一般社会を一度は見た方がいい。 これからの時代は音楽は、小椋佳さんみたいに、サラリーマン兼アーティストとして活躍する方がいい」という父親のススメでフジテレビに入社しています。 経理局、事業局、広報局、ネットワーク局を経たあと、退職前は編成制作局に所属していた。 事業局時代は主にアーティストコンサート運営で活躍されたそうです。 現在は、実業家とシンガーソングライターとして活躍中です。 【岸信千世・気象庁担当】大甥は安倍晋三首相 岸信千世さんのお名前が、変わっていますね。 読みは(きしのぶちよ)というらしいです。 安倍晋三首相の甥っ子さんだそうです。 最後に凄い人登場です。 岸信千世さんは、慶応義塾高校から慶応義塾大学商学部へ進学し、同校の準硬式野球部に所属したスポーツマンだったそうです。 報道局社会部の宮内庁担当記者をした後に、気象庁担当に異動になったそうです。 と書かれている記事を多く見かけます。 コネ入社が多いと言われていることについて、元テレビプロデューサーの方が以下のようにいっておりました。 「何かと注目されるテレビ局は内部情報が表に出やすいので、他業種より目立つという事情もあると思います。 例えば、有名人の子供がメガバンクや大手商社など、テレビ局以外の人気就職先にコネで入っているケースだってあるかもしれません。 実際、広告代理店なんかには、有名人の二世がたくさんいます。 でも彼らがそこで働いているということは、ほとんど表には出てきません。 どの局も「公平・公正に入社試験を行った結果」と説明するのが普通だ。 しかし2013年、当時日本テレビの社員だったみのもんた(71)の次男が窃盗容疑で逮捕されて諭旨解雇された際に、みのはインタビューや手記などでコネ入社があったと発言した(当時、みのが語ったコネ入社ついて日本テレビの社長が否定)。 この時、「やっぱりコネ入社はあるのか」と思った人は少なくないだろう。 引用元:livedoor NEWS テレビ局の採用枠って例年10~20人程度なんだそうですよ。 なので、倍率は数百倍にもなるそうです。 そんな状態の中でコネ入社何ていうのがわかってしまった日にはかなり世間からブーイングが飛んでくると思うんですが… それでもコネ入社させるのは、メリットが大きいからだとこの記事は分析していました。 コネも何もない、つまりは使えない社員よりは局にとってはメリットが大きいのだとか… まあ、これ自体も憶測でしかないので、何とも言えないですが、確かに入社の競争倍率が凄いにも関わらず一覧を見ていくと有名人の子供や親戚がテレビ局に入社している人って多いなぁって感じますね。 おわり。 thank you for reading.

次の

フジテレビ・久慈暁子アナ、ガチガチで悩んだ入社当初 吹っ切れた先輩アナの言葉

フジテレビ 入社

4~からアナ) 国山ハセン 熊崎風斗 鷲見玲奈 野沢春日 内田嶺衣奈 三上真奈 木村拓也 2012 久野静香 杉野真実 安藤 翔 安村直樹 久冨慶子 <宇佐美佑果(~2017. 9)> <林 みなほ(~2019. 9)> 宮澤 智 久代萌美 酒主義久 2011 徳島えりか 山本紘之 <青山 愛(~2017. 7)> 斎藤康貴 古谷有美 <吉田明世(~2019. 1)> <紺野あさ美(~2017. 5)> <植田萌子> 竹内友佳 三田友梨佳 生田竜聖 2010 水卜麻美 森 葉子 菅原知弘 寺川俊平 <佐藤 渚> <小林 悠(~2016. 3)> 石井大裕 <白石小百合(~2017. 1)> 辻岡義堂 加藤真輝子 <宇賀なつみ(~2019. 3)> 板倉朋希 三上大樹 江藤 愛 <田中みな実(~2014. 9)> 加藤シルビア <枡田絵理奈(~2015. 2)> 山本匠晃 相内優香 秋元玲奈 椿原慶子 <加藤綾子(~2016. 4)> 榎並大二郎 2007 <夏目三久(~2011)> <小川彩佳(~2019. 4~7、ニッポン放送へ帰属) <松元真一郎><塚越 孝(1977)> 2005 <古閑陽子(~2010. 9)><宮瀬茉祐子(~2011. 7)> 田淵裕章 2004 <脊山麻理子(~2010. 3)> 高畑百合子 <小林麻耶> 高野貴裕 前田真理子 矢内雄一郎 石本沙織 戸部洋子 <長野 翼> <田中大貴(~2018. 1)> 森本さやか <高島 彩(~2010. 7~1998. 3)> 初田啓介 <宮澤祐介(~2000. 10)><野口(須賀)雅子(~1990. 6)><三雲孝江><神津(浅井)栄子> <桜井郁子><益田由美><城ヶ崎祐子> 1976 <鈴木 順><高橋 進><生島 博(生島ヒロシ、1976. 1~1989. 3)> <松宮一彦(~1998. 4~2018. 3)> 2015 玉巻映美 藤林温子 森本尚太 福井治人 竹上萌奈 <竹崎由佳(~2017. 3)> 2013 <豊崎由里絵(~2019. 2~) 八塚彩美 横山太一 高橋真理恵 立田恭三 2008 <斎藤裕美(~2014. 10)><八木早希(~2011. 12)> 赤木 誠 楠 淳生 1982. 10~2014. 7~2014. 6)> 2010 <清水亜里沙(~2019. 3)><関根和歌香(元NHK山形、~2015. 3)> 小川健太 <佐藤幹朗(~2011. 10~2013. 9~2016. 3)> 永岡 歩 <塩尻奈都子(~2018. 10~)> 高木大介 2000 鶴木陽子 青木まな 石井亮次 <加藤 歩><清水泰子> <山田泰三> 1999 <本多小百合(~2012. 10開局 1980 冨田和音 1979 1978 1977 1976 1975 1974 1973 <小堀勝啓(~2015. )> 1972 <多田成男(-しげお、~2014. 1~) 田辺桃菜 千須和侑里子 2016 2015 金城茉里奈 堀内大輝(2016. 4~からアナ) 村雨美紀 <大慈弥レイ(~2019. 3)><小笠原舞子(~2019. 3)><林 美玖(~2018. 3)> <矢萩尚太郎(~2019. 3)> 木戸聡彦 五十幡裕介 福田太郎 福本義久 2013 <小山悠里> 工藤聖太 高橋春花 室岡里美 <西野志海(~2016. 3)> 大家彩香 <松原江里佳(~2015. 12)> <小菅晴香> <染井明希子> 2011 <豊原慎二(~2013. 10~2012. 3)> <山田麗奈(~2010. 1)> 2008 松下祐貴子 石沢綾子 国井美佐 <榊 菜美(~2014. 9~2009. 12) <中村優子(~2009. 6)> 2006 佐々木佑花 <吉田理恵> 柳田知秀 <藤島昌子(~2007. 3)> 2005 宮田愛子 <寺田礼子(~2010. 3)> <藤本晶子(~2007. 7~2015. 11)> 橋本真衣 2013 <岩部見梨(~2016. 3)> 壽老麻衣 <福田典子(~2016. 3)> 2008 <長﨑真友子(~2011. 3)> 宮脇憲一 新垣泉子 2007 <宮島咲良(~2010. 3)><藤城真木子(~2002. 3)> 1995 <奥田美香子(~2013. 10)><林田真心子(~2000. 3)> 淵本恭子 <上杉桜子(~2011. 3)><小沼みのり(~2005. 3)><鈴木実森(~2018. 10入社、 、~2018. 12)> 2013 <薄井しお里(~2015. 3)><袴田彩会(~2018. 3)> 林田悟志 松原稜典 <森 遥香><渋佐和佳奈(~2016. 7~2013. 4)> 2011 粟津ちひろ <菊地舞美(~2014. 5~2011. 9、前テレビ埼玉)> 武田玲子 梅島三環子 <板垣龍佑(~2009. 3)><山田桃子(~2018. 2)> <濱田 隼(~2015. 5)> 内山絵里加 <伊藤弘美(~2016. 3)> 小松建太 2011 小野澤玲奈 <西山加朱紗(~2015. 8からアナ) <平野有海(~2014. 12)> 牧野克彦 <近藤英恵(~2010)><田中宏枝> 2002 2001 <小川真富佳(~2004. 3)><那須洋子(~2012. 3~2019. 10~2018. 3)> 五十嵐 愛(~2016. 10~2014. 3・2018. 4・2018. 10 深井 瞬 2005 <藤村伊勢(~2012)> 2004 西名みずほ 榮 真樹 2003 天野陽子 2002 森 拓磨 金田祐幸 2001 渡辺美佳 <荒谷知穂> 2000 石井百恵 ~2016. 1~) 2014 吉崎ちひろ 2013 長澤瑠璃子 <吉年愛梨(~2015. 1~2012. 3)> 2007 <藤岡勇貴(~2015. 11~2011. 1~2019. 3~2016. 3)><八重樫 葵(~2018. 12)> <清家康広(~2013. 12、現KKT)> <緑川貴士> 2008 2007 <尾崎朋美(~2010)> 廣田裕司 2006 酒井茉耶 <石井綾子(~2010. 9)> 2002 2001 <遠藤里沙(~2004. 7~) 中尾考作(2007. 1~) 重松沙恵 2017 菅原智郁 中濱綾那 <松井千織> 伊藤洋平(2017. 7~)> 本田将一郎 2013 石井久美子 <神谷美寿々(~2014. 9)> <飯塚智紀(~2013. 3)> 渡部 有 <佐々木萌美(2010. 7~からYTS復帰) 小出匡志 2005 <金本美紀(~2010)><竹内久乃(~2009. 3)> 2004 2003 相磯 舞 <安井成行(~2007. 1~) 菅家ひかる 2016 山崎聡子 樋口陽一 釜井美由紀 伊藤良太 2015 長江麻美 石井佑弥 新田朝子 中嶋絵美(2015. 10~) 杉浦祐治(2015. 2~2015. 1~)> 飯田麻菜美 <梅田澪理(~2016. 3)> <鈴木康一郎(~2017. 3)> 2011 2010 <千原礼子(~2015. 3)><高島英里奈(~2013. 3)> <片山真人(~2016. 3)><藤川貴央(~2013. 3)> <佐藤明日香(~2006. 11~1979. 1~) 2009 <栗林紗美(~2012. 6~) <喜谷知純(~2014. 1~) 目黒清華 汾陽美樹 坂本麻子(2016. 10~2015. 9)> 2011 楠原由祐子 <官 琳> <岸田麻未(~2012. 8)> 2010 岸田奈緒美 <吉田圭吾(~2013. 10~) 2003 <倉見慶子(~2010. 2)> 2001 生田明子 <杉崎美香(~2003. 12~・アナウンス部は2013. 7~2007. 3)> 2003 <宮入千洋(~2007. 7~2007. 6)> <波多江良一> 1998 1997 <稲垣真一(~2005. 3~)<小田島 愛(~2019. 7~からアナ) <弘松優衣(~2018. 3)><薄田ジュリア(~2017. 9)> <山口真孝> 上野雅美 大木文香 伊藤慎祐 2010 西尾知亜紀 須田健太郎 <柴﨑美穂(~2015. 3)> 2007 谷川恵一 2006 佐野幸穂 松濤まり <竹村優香(~2012)><橋永晶子(2006. 1~2013)> <満長直晃(~2008. 8)> 今野真帆 2012 池田めぐみ 伊藤未奈 2011 板垣菜津美 西田隆人 前田智宏 <塩見泰子(~2016. 3)> 坂本剛史 <久高成矢(~2014. 3~、元山口放送) 福田浩大 2011 平川彩佳 2010 <橋本航介(~2015. 3)> 2007 殿垣内薫 <串山真理(~2012. 3)> 清水春名 <川北円佳(~2018. 1~、元NHK宮崎) <加藤夏海(~2015. 3)> <田村麻実(2010. 10~2012. 3)> 2009 <浜田友里子(~2013. 3)> 2004 <高山景子(~2009. 12)><大下香奈(2004. 1~2010. 12)> 2003 柳田さやか (~2009. 3退社、フリーアナから2012. 8~に復職) 橋本利恵 2002 2001 2000 <橋口裕子> 和氣孝治 <森田雅章> <石崎佳代子> 1999 <桧垣理奈> 1998 藤田勇次郎 <住田 洋(~2008. 4開局 1993 佐伯りさ 1992 <一色美和><三好千博> 1991 1992. 2)> 2005 <高曽根里恵> <寺島 舞(~2014. 6)>水野善公 2004 2003 2002 2001 <加藤泰子> <竹内康祐(~2011. 4~からアナ) 2016 冨松明菜 浅見眞帆 2015 寺田健人 2014 平川侑季 賎川寛人 和田綾香(2016. 3)> 2012 <井下育恵(~2016. 1~からアナ) 2008 2007 村島里佳 <児玉泰一郎(~2011. 8~) 2017 堀江 舞 2016 川野優也 2015 <鈴木恵理香(~2018. 9~、) 北浦静香 徳光真美 2010 <竹内義貴(2010. 8~2011. 10)> 西山耕平(2010. 4開局 溝田浩司 <梶山 修> <西野みゆき> 1989 1990. 12~2010. 3)> 2007 興梠裕子 小西麻衣子 <首藤真吾(~2012. 6)> 1996 1995 1994 1993 1992 榎木田朱美 <富樫吉樹(~1997. 入社年度 MBC 1 KYT 4 KKB 5 KTS 8 2019 2018 塚田 舞(2018. 10~) 2017 宮田玲奈 熊木創平 島 侑作 小田都由 鹿野未涼 柏野仁弥 高橋 幸 2016 佐野純子 <二本木美唯貴(~2019. 6~) 2009 岩﨑弘志 前畑静香 庄村奈津美 2008 <波佐間崇晃(~2009. 9)> <熊坂 良(~2009. 7~) 2005 美坂理恵 2004 <奥平邦彦(2004. 2~2008. 入社年度 RBC 3 QAB 5 OTV 8 2019 2018 稲森 彩(2018. 10~、元:KBC) 2009 2008 金城わか菜 2007 2006 田久保 諭 2005 <三好ジェームス(~2014. 6)> 佐久本浩志(アナウンス部は2010. 7~2015. 3~2015.

次の

藤井フミヤの長男・藤井弘輝アナが結婚。相手は先輩フジテレビ局員で音楽関係会社の社長令嬢。コネ入社婚?の声も…

フジテレビ 入社

1985年 - 、• 1988年 -• 1989年 -• 1992年 -• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 - 、• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2007年 -• 2008年 -• 2009年 - 、(報道局政治部兼務)• 2010年 - 、• 2011年 -• 2012年 -• 2013年 -• 2014年 -• 2015年 -• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 女性 [ ]• 1989年 - アナウンス室長• 1992年 - アナウンス部長• 1996年 - 、• 1998年 -• 2000年 -• 2001年 -• 2003年 - 、• 2004年 - (報道局社会部兼務)• 2005年 -• 2007年 -• 2008年 -• 2009年 - 、• 2010年 -• 2011年 - 、• 2012年 - 、• 2013年 - 、• 2014年 -• 2015年 - 、、• 2016年 - 、、• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 アナウンス室の管理職 [ ]• アナウンス室室長 2019年7月1日より室長に昇任。 同年6月までは部長。 アナウンス室部長 2019年7月1日より部長に昇任。 同年6月までは副部長。 元アナウンサー [ ] 入社年順に表記。 部署・役職等は現在判明している最終の類。 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成制作局アナウンス室在籍期間。 (1984年 - 2013年、秘書室社長秘書役)• (1986年 - 1996年、総務局法務室統括担当部長)• (1987年 - 2017年、BSフジ編成局広報担当局長)• (1989年 - 2005年、報道局生活情報部デスク担当部長・)• (1990年 - 2009年、報道局社会部記者)• (1991年 - 1995年、報道局)• (1997年 - 2005年、スポーツ局スポーツ制作プロデューサー)• (1998年 - 2003年、報道局ニュースディレクター)• (2001年 - 2005年、報道局報道センター)• (2001年 - 2009年、報道局取材センター社会部司法クラブ記者)• (2002年 - 2006年、FCIニューヨーク支局)• (元ニッポン放送、2006年 - 2017年、営業局ローカル営業部副部長) 女性• (1984年 - 2012年、総合事業局イベント事業センターライツ事業部シニアプロデューサー)• (1985年、総務局放送文化推進センター局長)• (1986年 - 2015年、報道局マルチデバイスニュースセンターシニアコメンテーター)• (1987年 - 1996年、経理局財務部謝金担当)• (1989年 - 2011年、放送文化推進局CSR推進室部長)• (1989年 - 2014年、ホウドウキョクマルチデバイスニュースセンター)• (1997年 - 2017年、編成局広報センター)• (2006年 - 2019年、総合事業局コンテンツ事業室)• (元ニッポン放送、2006年 - 2012年、報道局)• (元ニッポン放送、2006年 - 2012年、広報局広報室広報部)• (2010年 - 2016年、人事局人事部) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字はフジテレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや・・として活動している。 男性 [ ]• (文化放送アナウンサー第2期生 1957年11月フジテレビ開局準備委員、開局後同局アナウンサー兼務)2019年に死去• ) - フジテレビ初代アナウンス室長、1982年に死去• (1958年 - 1964年) - (現テレビ東京)へ移籍• ) - 2006年に死去• (1961年 -? ) - 後に映画部長、社長を経て、現在も映画関連に関わる• (1961年 -? ) - 後にBBC日本語放送に出向後、ロンドン・ベルリンの支局長などを務め2001年に退社。 (1961年 -? (元、1962年 -? ) - 2007年に死去• (1963年 - 1998年) - 他部署を経てへ。 フジテレビ定年退職後もWOWOW専属契約のアナウンサーとして活躍し、2005年9月に同局との契約を終了• (1963年 - 2002年) - フリーアナウンサー・特命・客員教授• (1963年 - 2011年 ) - プロデューサー。 2017年に死去。 (1964年 - 1980年) - 編成局などを経て現・エフシージー総合研究所社長• (1964年 - 2009年) - 後に常務、代表取締役社長、BSフジ代表取締役(2009年まで)を歴任後、朗読者。 (1964年 - 1997年) - 同年へ移籍。 (1965年 - 1989年) - フリーアナウンサー・司会者・朗読者。 (1966年 - 2002年) -• (1968年 - 1987年) - フリーアナウンサー、1993年に死去。 (1968年 - 2002年) -• (1968年 - 1985年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師• (1971年 - 2007年) - フジサンケイ人材センター開発部長(役員待遇)• (1971年 - 2019年) - 解説委員兼務の• (1979年 - 2015年) - フリーアナウンサー• (1979年 - 2012年) - 執行役員を経てフリーアナウンサー• (1981年 - 2006年) - フリーアナウンサー• (1982年 - 2020年)• (1984年 - 2017年) - フリーアナウンサー• (1987年 - 2019年) - フリーアナウンサー• (1989年 - 2016年)• (1990年 - 2015年) - 東部重工業代表取締役社長を経て、フリーアナウンサーに転身• (2003年 - 2018年) - フリーアナウンサーに転身• (2006年) - 同年4月にニッポン放送から転籍するも、7月に再転籍• (元、2006年 - 2012年) - 2011年にアナウンス部を離れ、他部署在籍中の2012年6月に死去• (元ニッポン放送、2006年 - 2015年)• (元ニッポン放送、2006年 - 2017年)• - 後に『』や『』などのプロデューサーを歴任、2019年10月に逝去。 (元NHK) - 後に他部署• (元NHK) 女性 [ ]• (1959年 - 1969年) - ニッポン放送より移籍、1976年度会長。 (1959年 - 1961年)• (1959年 - 1961年)• (1961年 - 1963年) - フリーアナウンサー・• (1961年 - 1964年)• (1965年 -? ) - ・教授• (1965年 -? (1966年 - 1971年) - 司会者・レポーター。 2015年に死去。 (1966年 - 1971年) - ・タレント。 夫は出身の・元アナウンサーの• (1968年 - 1974年)• (1968年 - 1971年) - フリーアナウンサー・など。 (1968年 -? (1971年 - 1976年)• (1971年 -? ) - フリーアナウンサーとして1976年10月から『』のキャスターを4年半務めた後に、2009年に死去。 (1971年 - 1979年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師• (1973年 - 1980年)• (1975年 - 1979年)• (1975年 - 1983年) - 2010年9月まで系『』メインキャスター• (1976年 -? (1977年 - 2014年)• (1977年 - 1997年) - フリーアナウンサー・ナレーター ・フジテレビアナトレ特別講師。 (1977年 - 2015年) - フジテレビの女性アナウンサーとして初の定年退職者。 (1979年 - 1981年)• (1979年 - 1984年)• (1979年 - ?)• (1980年 - 1987年) - ノンストレス代表取締役• (1980年 - 1992年) - 国連難民高等弁務官事務所勤務の他、児童小説の執筆も行う。 (1980年 - 1985年) - 女優• (元アナウンサー、1981年 - 1984年) - フリーアナウンサー・・。 2009年に死去。 夫は元フジテレビ副社長の(1988年に死去)• (1981年 - 2018年)• (1982年 - 1997年) - 証券アナリスト• (1982年 -? (1983年 - 2012年) - 2006年に編成制作局編成部字幕放送担当へ異動• (1983年 - 1989年) - 教授• (1983年 - 2015年)• (1984年 - 1989年)• (1984年 - 1993年) - スピリチュアル・ヒーリングカウンセラー。 (1985年 - 1993年) - 父は・・の。 姉は映画エッセイストの。 長男は俳優の育之介。 (1985年 - 1990年) - テレビ朝日系『』メインキャスター• (1985年 - 1987年)• (1986年 - 1997年)• (1987年 - 1995年) - 夫は元で・キャスターの• (1988年 - 1992年) - 2018年に死去。 (1988年 - 1994年) - タレント・元• (1988年 - 2000年) - フリーアナウンサー・女優• (1990年 - 2005年)• (1990年 - 2006年)• (1991年 - 1998年)• (1991年 - 1999年) - ・在住。 (1992年 - 2002年)• (1993年 - 1997年) - 夫は。 (1993年 - 1997年)• (1994年 - 2003年) - 夫は元プロ野球選手()の• (1994年 - 2017年)• (1994年 - 1998年) - 夫は『』の• (1995年 - 2007年) -• (1995年 - 2011年)• (1997年 - 2001年) -• (1997年 - 2004年) - フリーアナウンサー・・• (1998年 - 2001年) - 夫は元・の(活動休止中)• (1999年 - 2006年)• (1999年 - 2001年) -• (2000年 - 2005年)• (2000年 - 2007年) - 夫はの• (2001年 - 2010年) - 夫は『』の• (2001年 - 2006年) - 夫は元プロ野球選手の• (2002年 - 2012年) - 在住。 (2002年 - 2017年) - 夫はお笑いコンビ『』の• (2003年 - 2011年) - 夫はプロ野球・の(活動休止中)• (2004年 - 2013年) - 父はの• (2005年 - 2012年) - フリーアナウンサー。 (2005年 - 2011年) - フリーアナウンサー。 (元ニッポン放送、2006年 - 2018年)• (2006年 - 2013年) - 夫は男子プロバスケットボール選手の• (2006年 - 2013年) - 夫はの• (2007年 - 2017年) - フリーアナウンサー。 (2008年 - 2016年) - フリーアナウンサー。 - 夫は元アナウンサーの。 - フリーアナウンサー・イヤホンガイド歌舞伎解説員。 - 朗読者。 関連人物 [ ] 局契約 以下の4人はより移籍• (1965年 - 1987年、2016年に死去)• (1988年 - 、記者)• (1994年から数年間、専属解除後も継続出演)• (1994年 - 2003年) 系列局からの出向• (1985年 - 1987年、アナウンサー。 実際は左記の期間に同局東京支社勤務で、『』に出演) 共同テレビジョン所属・フジテレビ専属契約 出向・局契約含む。 相川を除き現在もフリーアナウンサーとして活動• (1993年 - 1996年)• (2000年 - 2006年)• (2000年 - 2008年)• (2000年 - 2008年) デジタルアナウンサー• (2012年 - 2013年) 備考 [ ] ニューヨーク支局にアナウンサーを1名交代で派遣(へ出向)していた。 期間は2年〜4年等と様々である。 業務は、日本に向けて最新情報を伝えたり、ケーブルテレビを通じて「FCIモーニングEYE」で在米日本人向けに日本語でニュースを伝えるのが主である。 2015年にが帰国したのを最後として派遣されたアナウンサーはいない。 のに1993年に入社したと、2000年に入社した・・の3人は、同社にアナウンサー専門職として採用された後、フジテレビアナウンス室へ出向し、「専属契約アナウンサー」という形でアナウンス業務に当たっていた。 2006年4月にが放送事業を承継する新・ニッポン放送を分割設立し、社名変更したニッポン放送ホールディングスが親会社のフジテレビジョンに吸収されたことに伴い、11人のアナウンサーがフジテレビへと転籍した。 転籍直後は一部のラジオ番組に引き続き出演していたが、同年9月末を以て担当番組から外れた。 なお、のみはフジテレビからの出向という形で、10月から3月までニッポン放送のスポーツ中継で実況を担当していた。 また、は転籍3ヶ月後の7月にニッポン放送へ再度転籍(事実上復帰)した。 脚注 [ ] []• nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月6日. 2020年5月6日閲覧。 キャリア学習サポート21. さいたま市市民活動サポートセンター. 2017年5月22日閲覧。 com. テレビ紹介情報. カカクコム. 2019年4月5日閲覧。 2016年3月5日時点のよりアーカイブ。 2019年4月5日閲覧。 スポーツニッポン. 2017年5月21日. 2019年4月5日閲覧。 2009年7月21日. 思聞のひとりごと. BIGLOBE. 2014年10月4日時点のよりアーカイブ。 2019年4月7日閲覧。 NPO日本朗読文化協会. NPO日本朗読文化協会 2018年7月5日. 2019年4月7日閲覧。 小林大輔 2012年5月6日. 小林大輔のほのぼの朗読. FC2. 2019年4月5日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2019年4月5日閲覧。 デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2012年6月28日. 2020年5月6日閲覧。 入局(同期に・など)。 TVでた蔵. 2017年7月6日閲覧。 スポーツ報知. 2017年11月24日. の2017年12月8日時点におけるアーカイブ。 2017年12月8日閲覧。 yomiDr.. コラム. 讀賣新聞社 2016年12月18日. 2019年4月5日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年2月5日. 2019年4月5日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツ. 2018年8月10日. 2019年4月7日閲覧。 イヤホンガイド 2015年9月18日. 2017年7月6日閲覧。 アナウンサー番組 [ ]• シリーズ• 男おばさん• ニッポン放送• 関連項目 [ ]• - フジテレビアナウンサー出演の朗読劇• - チーム アナウンサーユニット [ ]• - イメージソング『』を当時のアナウンサーのコーラスで番組で歌った際のグループ名。 レコードでは一般から募集した若年層の男女により編成されたグループが歌唱した。 外部リンク [ ]•

次の