江口拓也 たぬき。 渡狸卍里 (わたぬきばんり)とは【ピクシブ百科事典】

斉藤壮馬、江口拓也のガチな買い物見て迷い吹っ切れるアイドルニュース

江口拓也 たぬき

1(中)完全にキレた 事務所に抗議してくる 今の私は阿修羅をも凌駕する存在だ 2(二)ねえ嘘って言ってお願い 神様お願いします もし嘘ならなんでもいたしますから なんでも差し上げます 3(三) これ、うちらが訴えたら宮野終わりだよ。 勝つ要素が宮野には1つも無いもん 4(一)お腹の赤ちゃん今すぐ死んで! 5(DH)その精子を私にも分けて欲しかったよ… 6(遊)額に666でも刻印しとけ、悪魔の子 7(左)どうせ相手の女、円kかなんかだろ。 きっと性病持ちだよ。 とっとと〇ね 8(捕)相手の女、一生恨んでやる。 でも真守のファンであり続けていくよ 9(右)流産はしろ。 仕事も失え。 お前がどんだけ恵まれた環境にいたか後悔しろ。 本気でむかついてるわ。 (投)え・・・マジネタじゃんなにこれ。 ・・・何が真正面から向き合う?最低の背徳じゃん 流産しろよ悪魔の子.

次の

声優の江口拓也さん、元声優の遠藤ゆりかさんとの交際を報じたFRIDAYに苦言

江口拓也 たぬき

声優・増元拓也のwiki風プロフィールと経歴紹介! 基本プロフィール 名前 増元拓也(ますもとたくや) 愛称(あだ名) まっさん、増元さん、拓也 誕生日(生年月日) 1983年3月19日 年齢 36歳(2019年4月現在) 出身地 広島県 血液型 O型 所属事務所 賢プロダクション 特技 殺陣 趣味 スノーボード、食べ歩き、文鳥 性別 男性 職業 声優 身長 好物 なまこ、家系ラーメン 声優の同期にはアイドルマスターミリオンライブで出演している小笠原早紀さん、末柄里恵さん、アイドルマスターsideMにて共演中の益山武明さんなどがいらっしゃいます。 同期やsideMで同じユニットでもある熊谷健太郎さんや濱健人さんとはよくご飯に行く仲。 簡単な経歴 高校卒業後に、日活芸術学院の声優科へ進学。 2年目からは俳優科へと転科。 同時に都内の劇団の劇団員としての活動もスタート。 2012年4月に賢プロダクションの預かり所属になる。 2011年に声優としてデビュー。 声優になったきっかけ 増元拓也さんの声優になるきっかけは、映画の吹き替えだと話しています。 父親が元々映画好きだったこともあり、よくお父さんと外画を見ていたようです。 ちなみに、お父さんは外画を字幕で観る派だったようですが、増元さんは吹き替えが好きだったためお父さんはよく吹き替えに合わせてくれていたようです(笑) まぁ、小学生とかそのレベルだと英語じゃ何喋ってるかわからない!ということで吹き替えを見がちですよね。 私もある程度年齢を重ねてから、本来の俳優さんの演技も見たい目的で字幕版を観るようになった気がします。 どっちにも良さはありますから一概にこっちの方が優れてる!とかはないですね。 ちなみに、その頃増元さんがハマっていたのはスティーブン・セガール出演の外画全般!スティーブセガールと言えば玄田哲章さんや大塚明夫さんなどがよく吹き替えをされていますが、増元さんがハマったのは大塚さんバージョン! 多分沈黙シリーズが多かったんですかね〜。 その後、メタルギアソリッドシリーズや機動戦士ガンダム0083、攻殻機動隊などでも大塚明夫さんが出演していることを知り普段やるゲームやアニメなどにも声優の存在を実感。 これらがきっかけで自分も声優になりたいと思うようになったそうです。 ちなみに、メタルギアではスネーク、ガンダムではアナベル・ガトー、攻殻機動隊ではバトーを演じています。 そして、高校を卒業後に日活芸術学院の養成所へ入所。 しかし、1年目の在学中に舞台への興味が湧き2年目からは声優科ではなく俳優科へと進学します。 同時に劇団へ入団し、舞台での演技などもやるようになります。 傍らでは声優業もやりたいと考えている中、知人から紹介された賢プロダクションの全国声優オーディションにて最終選考まで残り、賢プロダクションの養成所にて半年間の経験を積んでから預かり所属となります。 本名や年齢は? 現在増元拓也さんの本名は明らかになっていません。 賢プロダクションは本名で活動されている方も多いので、もしかすると増元拓也が本名なのかもしれません。 年齢に関しては、2019年4月現在で36歳となっています! 増元拓也の裏名義やBLCDへの出演は? 増元拓也さんの裏名義に関しては現在のところ分かっていません。 あるかどうかすらも不明なのでわかり次第追記しておきます。 男性声優の中でもとりわけ声は低音の部類なので聴けば割とすぐにわかるような気はしますね。 ちなみにBLCDに関しては出演経験もあり2016年に発売された『俺と上司の恋の話』などが挙げられます。 声優・増元拓也のデビュー作や代表作品・出演アニメキャラクター• それから4年の期間を経て、アイドルマスターsideMの信玄誠司という形でアイマスのメインキャラを勝ち取っています。 増元さんは、声優を目指すきっかけが大塚明夫さんの吹き替えだけあって、アニメ出演よりも吹き替えの出演作品の方が多いですね。 増元さん自身の声も、低音ながらとても聴き取りやすいはっきりした声なので吹き替えやナレーションに関してはかなり良さを引き出せる声だと思ってます。 ちなみに『パレードへようこそ』という洋画では主役のマーク・アシュトンの吹き替えを担当しています。 もう声の良さに関しては聞いてもらった方が早いですね。 賢プロダクションにサンプルボイス等も置いてあるのでそちらをチェックして見てください。 メガネをかけて優しそうなふわふわ雰囲気の見た目からは想像もできないイケボが発せられるのでそのギャップもまた良き。 増元さんが所属する賢プロはかなり吹き替えには力を入れていますので、将来吹き替えをメインに声優業で活躍したいという方にはオススメの候補ですね。 増元拓也さんの文鳥愛がすごい? そして、増元拓也さんは無類の鳥好きでもあることで知られており、自宅では文鳥を2匹ペットとして飼っています。 鳥系は基本好きなようで、以前はカラスが好きなようなことも言っていたので基本的に鳥大好き、中でも文鳥最強!と言った感じですね。 増元さん曰く、年間で1匹2. 3000円ほどで育てられる上に小さな命を身近に感じられるというのが魅力のようです。 私もあんまり興味なかったんですが、動画とか見てるとすごく飼いたくなってきてしまう… なお2匹の文鳥には、それぞれ『きのこ』と『たけのこ』という名前をつけており、よく喧嘩をするみたいです。 あとあまり言ってなかったけどもう一羽たけのこって子がいます。 ちょっとビビリでなかなか写真撮らせてくれませんが今日はキメてくれました。 現時点では、本人から結婚の報告が上がっていたり、彼女と一緒にいたというような目撃情報に関しては聞いたことがありません。 ただ、以前に『もしや既婚者ではないか?』という噂が流れたことはあります。 きっかけは、増元拓也さんと同じ賢プロダクションに所属している声優さんが、増元拓也さんの写真をTwitterにてアップした際。 その時の画像がこちらになります。 至って普通の画像のように見えますが、左手をよく見てみると薬指に指輪がハマっているのが見えますよね。 このことから、結婚指輪ではないか?ということで既婚者なんじゃないかという声が上がりました。 まぁ、今は結婚指輪でなくとも普通に薬指につける人もいますし一概には言えませんが、同じくsideM声優の益山武明さんや濱野大輝さんもすでに結婚し、子供ができた際にTwitterにてファンへ報告という形を取っていました。 現在の年齢も36歳と結婚していてもおかしくない歳ではありますので、上記の2人と同じく既婚者でまだ伏せているパターンなのかもしれませんね。 それにしても、増元さんのいい旦那さん感は異常ですよね(笑) もしお嫁さんと子供がいるならさぞ幸せな家庭を築けそうです。 まとめ 今回は増元拓也さんについてご紹介させていただきました。 これからの活躍も楽しみです!.

次の

Kiramune

江口拓也 たぬき

いよいよ第2期放送が開始となる「斉藤壮馬の和心を君に 其の弐」初回放送より斉藤壮馬&江口拓也のオフィシャルインタビューが到着した。 2019年7月からTOKYO MXで放送される「斉藤壮馬の和心を君に 其の弐」。 番組主題歌はTバッカーズ[江口拓也&西山宏太朗&斉藤壮馬]が歌う『幻想夏祭り』(作詞・作曲:黒石ひとみ)。 番組本編はもちろん、ラストに流れる主題歌と、斉藤壮馬出演のミュージックビデオにも注目だ。 7月3日に放送される#1、そして翌週10日放送の#2には江口拓也がゲストとして登場する。 今回は斉藤と江口のオフィシャルインタビューが届いた。 ついに第2期となる『斉藤壮馬の和心を君に 其の弐』が始まります。 今のお気持ちや意気込みを聞かせてください。 斉藤:もともと自分の名前を冠した番組をやらせていただけるなんて思ってもいなかったことですし、『俺癒』をはじめとした大王グループの縁のありがたさを感じました。 『そま君』第1期をご覧くださった方々が「第2期も見たい!」というお声をくださったことも、本当に嬉しいですね。 『そま君』の収録では、これまで知らなかった、気づかなかった和心をいろいろな形で体験できるので、第2期ではどんな和心を知ることができるのか楽しみです。 第2期最初のゲストとして、公私共に仲のいい斉藤さんの番組にゲスト出演してみて、いかがでしたか? 江口:壮馬がつくってきた第1期からの流れがありますし、僕自身にはそれほど和心感がないので(笑)どうなるかなと思っていたんですが、予想以上に楽しかったです!『俺癒』にはない世界観、空気感があって、僕にとっては新鮮なことばかりだったので、今日1日でかなり感化されたなと思います。 ごろっと昼寝したくなりますね(笑)。 畳に限らず、そういう和風なアイテムを見ると和心を感じることが多いですね。 斉藤:僕が最近、和を感じたのは歌ですね。 僕は個人名義で歌の活動をしていて、作詞もしているのですが、以前はあえて和語……というか、古い言葉は使わないようにしていたんです。 でも最近は、和語の響きやニュアンスでしか表現できない良さがあることに気づいて、2018年12月に出したアルバムの楽曲にも「たまゆら」とか「ささめく」とか、けっこう使っています。 まずは上野東照宮へ参拝されました。 社殿はもちろん、御狸様や透塀なども見学されていましたね。 江口:透塀、すごかったですね!日本には大昔からこんな表現方法があるんだと驚かされましたし、神社全体の雰囲気がよくて、すごく落ち着く感じがしました。 斉藤:「他を抜く」から「おたぬき様」という表現、日本語らしくて面白いですよね。 細かい職人さんの技巧を感じられる透塀もそうですが、それぞれの場所に込められている意味があって、粋だなぁと思いました。 お2人ともすぐに覚えていらっしゃいましたが、体験してみていかがでしたか? 斉藤:拓也さん、すごかったですよね。 すぐに手順を覚えて。 江口:意外とね(笑)。 着物の衿の合わせが、左右どっちかだと縁起が悪い……くらいの知識しかなかったんですが、今回、きちんとイチから学ぶことができてよかったです。 着付けのやり方も思ったよりシンプルで、僕にとってはネクタイを結ぶより簡単でした(笑)。 ネクタイを結ぶのは本当に苦手だったので、一時期は練習も兼ねていつもネクタイをしていたんですよ。 81プロデュースの第1回オーディションでも紫のシャツに赤いネクタイをして、インパクト勝負で挑んだりして(笑)。 それに比べれば、着物は帯も大きくて結びやすかったですね。 斉藤:着付けはそうそう自分1人でする機会がないので、とてもためになりました。 あと、すごく初歩的な感想かもしれませんが、「ここをねじって引っ張ったら、もう手を放しても紐がまとまります」といった、長きに渡って使われてきた先人の知恵がすごいと思いましたね。 宮大工さんの木組み技術とかもそうですが、特別な器具を使わず、素材だけで組み立てられる工夫や発想というのが、日本らしくて素敵だなと思います。 江口:知恵と工夫で生きる、みたいなシンプルさには憧れるよね。 だから日常でも着てみたくて、店舗のほうで一式買っちゃったんですけど(笑)。 斉藤:ガチで買ってましたよね、拓也さん。 江口:(笑)あまりにも買ったので、お店の方が腰紐をプレゼントしてくれました。 壮馬はコートを買ってたよね? 斉藤:種類が多くてけっこう迷ったんですが、インバネスコートみたいなデザインのものを買いました。 江口:色とデザインで迷ってたよね。 色はこっちが好きだけど、形はこっちがいい!とかって。 最終的にデザインで選んでたね。 斉藤:そうなんですよ。 かなり悩んでいたんですが、拓也さんがドカドカ買っているのを見て、迷うことないな、好きなもの買おうと思って(笑)。 ほかにもいろいろな素材や形のアイテムがあって素敵なお店でした。 あと、店員さんの着こなしもすごくオシャレで格好良かったです。 お味はいかがでしたか? 江口:全部おいしかったですけど、僕のイチオシは天ぷらです。 と言いつつ、田楽も海老しんじょうもめちゃくちゃおいしかったです! 斉藤:どれもおいしかったですが、特にざる豆腐がとても濃厚でインパクトがありました。 個人的に一番好みだったのは、生湯葉の磯辺揚げ蟹あんかけですね。 本編でも言いましたが、豆腐や湯葉って素材は同じですけど、工夫と発想によって食感を変えたりとか、いろいろおいしく食べる方法があるんだっていうのを感じることができました。 だから盆栽とか枯山水とか、そういうもので和を感じたいです。 斉藤:えっ、すごい。 僕も全く同じこと考えていました。 盆栽は、第1期の梅ちゃん(梅原裕一郎)の回でやってるんですよね。 あと座禅も一度、スタッフさんに相談したことがあるのですが、動きがなさすぎて映像的に難しいっていう話になりまして……(苦笑)。 和心って静謐な空気のなかで感じることも多いですけど、画変わりのことを考えると厳しいですよね。 江口:確かにテレビ的には、動きがないとキツいもんね。 映像でやれる和心探求って、ほかになにがあるかなぁ。 斉藤:モノづくり系……陶芸とかどうですか? 江口:あー、いいね。 でも陶芸って、なんか女子アナにやってほしくない? 斉藤:……(西山)宏太朗にやってもらいます? 江口:女子アナ枠なんだ(笑)。 宏太朗が「わ~すごい! ぬるぬるする~!」って言うのか……。 斉藤:(笑)。 ありだと思います。 あと、忍者体験とかどうですか? 江口:忍者いいね! 俺、今『NARUTO』にめっちゃハマってるから!『NARUTO』の原作全巻読んで、『BORUTO』劇場版までは見たの。 あとは『BORUTO』の原作とアニメも見たら完璧! 斉藤:忍者体験って、けっこうできる場所があるらしいですよ。 手裏剣を投げたりしたいですよね。 江口:忍者とか侍とか、一度は体験してみたいよね。 江口:今回『そま君』第2期の初回ゲストとして呼んでいただけて嬉しかったです!最初に言ったとおり和心感のない僕ですが、全編を通してご覧いただいたら、ものすごく和心を感じていただけると思います。 あと僕はこの番組をきっかけに、着物フェチになりそうな気がしています(笑)。 がっつり一式買っちゃいましたしね。 収録が終わっても、これからも和心を探していきたいと思わせてくれるような番組でした。 『そま君 其の弐』、これからよろしくお願いします。 斉藤:皆様の応援をいただいて、こうして第2期をお届けできることになりました。 本当にありがとうございます。 第2期でも僕が初めて知る、体験することを通じて、皆さんに和心をお伝えできたらと思います。 そして第2期の初回ゲストにはぜひ拓也さんに来てほしいなと思っていたので、念願が叶って嬉しいです。 和心の「和」は「なごむ」という字ですが、まさにその字を表したような、穏やかで調和のとれた収録になったと思います。 またここから『そま君』がスタートしますので、引き続き応援していただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

次の