コストコ ランドセル。 コストコのふわりぃランドセルは型落ち?2020年モデルの値段と口コミ評判まとめ

ランドセル人気ランキング【2021年】口コミ・評判で比較10選

コストコ ランドセル

コストコでランドセルが販売されているのはご存知でしょうか。 ふわりぃという商品です。 この商品なんですが、楽天で販売されているのを見ると次年度モデルは軒並み4万円代。 なのに、コストコでは2017年モデルをうたっているのにもかかわらずその価格! なんと! 23,800円 なんて安いんだ! そう思ってコストコへ行くたびにチェックしていたんですよね。 在庫しているのを見た方も大勢いらっしゃるかと思います。 これって本当に安いですよね。 なぜ次年度版の最新モデルがこの価格で販売されているのか?型落ちなのか? といつも頭の端っこにありました。 何を隠そう、来年度からうちの長男も小学1年生になるのです。 今の時代のランドセル選びはどんどん早くなってきており、夏休みまでに予約しないと来年の入学までには届かない!なんていう噂も相まって皆早くも購入、予約をし始めているのです。 かくいう私もジジ、ババから早く予約してこい!金なら払ってやる!と言われており重い腰を上げてランドセル選びに東奔西走している次第です。 そんな最中で格安で売られているコストコのランドセル。 これって本当に最新モデルなの?という疑問を解決すべく調べてみました。 コストコのランドセル「ふわりぃ」はなぜ安い? ふわりぃのホームページを見てみると、近い商品はあってもコストコの商品と同じものはどうやらない・・・。 これってオリジナルデザインなのかな? という疑問が湧いてきました。 なので、私はふわりぃを販売している株式会社協和さんに問い合わせしてみました。 コストコの商品番号を確認してもらうと「コストコオリジナル商品で間違いない」という返答でした。 ふわりぃの他の商品が軒並み4万円以上しているのにコストコの商品は23,800円やはり安すぎる。 でも、製造は協和さんで行っているふわりぃではあるもののデザインと価格に関してはコストコにお任せしているとのことで、この金額はコストコさんの努力の証だという説明でした。 「コストコさんは大変な努力をされていると思います」 と担当の方が説明してくれました。 ほ〜!コストコやるぅ〜! ふわりぃのホームページなどで販売しているものの中では「my friend」というシリーズに近いそうですよ。 コストコのランドセルはめちゃくちゃお得! コストコで販売しているふわりぃですが、私が色々な売り場で色々な商品を見て、触ってみたところふわりぃのランドセルは 軽い! というのが一番の印象です。 重厚感、高級感はあまり感じられないのですが、軽いのでまだまだ体格が小さな1年生が持つのにはとってもいいな。 というのが私の印象です。 なので、小柄な子や女の子にはとっても合う商品だと思います。 たぶん、ふわりぃだけじゃないのかな?と思うのですが別売りでランドセル用チェストベルトというものが付いています。 これはいいな〜と思います。 しかも、1個2,160円です。 肩幅が狭い子供のうちはリュックなどの肩紐が肩からずり落ちてくるんですよね。 なので、低学年のうちはこのチェストベルトを使って通学するというのはとっても良いと思います。 コストコオリジナルのふわりぃにも装着可能です。 また、コストコオリジナルのふわりぃだから素材が粗悪だとか、金具が粗悪だとかいうことはないそうです。 他の商品と同じ素材を使用しているということでした。 ふわりぃの他の商品と何ら変わらないのに価格が半分になっているコストコのランドセル「ふわりぃ」 これってめちゃくちゃお得ですよね! なので、コストコのランドセルでもいいかな?という気もしてきています。 息子も黒とネイビーのコンビの商品が気に入ったようで、うちもコストコのランドセルを買ってしまうかも?という感じです。 まだランドセル選びで迷っているという方がいたらコストコを見に行くのも手ですよ! コストコのランドセルから高級感は感じない ランドセルにセレブ感を出したい、または、それなりのものをもたせたいと思っている方も大勢いらっしゃいますよね。 現に土屋鞄や、池田鞄などの老舗系のブランドのランドセルも人気で、土屋鞄に至ってはもう新作が一部売り切れ状態で手に入らないとか。 そんな、ランドセルにこだわりを持っている方にすればコストコのふわりぃはあまりお勧めできないと言えます。 私が見てきたところ、セイバンや、フィットちゃんの商品が百貨店などでも人気で大丸で取り扱っている商品もこれらの商品でした。

次の

【2020年ランドセル】コストコでふわりぃが激安で買える!アウトレット品のランドセルは型落ちだけどお得!

コストコ ランドセル

コストコでは通常の販売価格でも十分お得 コストコで2017年度版が店頭に並んだのは6月でした。 ランドセルのメーカーはふわりぃ。 有名なランドセルブランドですね。 イオンや西友などの大手スーパーでも店頭に並ぶブランドですが、コストコでは23,800円とかなりお得な価格設定。 新1年生予定のお子さんがいるご家庭では、店頭で試着したり安くて今買うか、他のランドセルも検討するか悩んでいる姿が見られました。 さすがに6月の時点では見送るご家庭が多かったと思いますが、日が経つにつれて徐々に在庫数が少なくなってきます。 コストコのふわりぃは全4色。 それぞれ2種類のカラーから選べます。 6年間保証も付いているので途中で壊れても修理してもらえます。 シーズン終わりの時期になると安くなるけど ランドセルが安くなるのって、早割で1割引とか早く購入することで安くなるケースが多く、さすがに3月とかキリギリになると安いランドセルも出てきますが色は選べなくなったりします。 入学式が差し迫ってくると高かろうが買わないわけにもいかないですし、色やブランドにこだわる場合は早めの時期に購入しておかなければなくなってしまいます。 ランドセル商戦ってここ何年かで早い時期早い時期にずれてきてますよね。 ナシコは去年のGW中に最初のランドセルの下見に行っています。 その時一番安い価格帯のランドセルで37,800円でした。 ランドセルを購入することは決定だけど、色はどれがいいか、背負い心地は悪くないか、子どもに早い時期に決めさせても入学直前に別のランドセルが良くなったりしないか、早く買うことに抵抗を感じてしまう気持ちもあるんですよね。 ランドセルをコストコで買うメリット コストコでランドセルを買った場合のメリットはやはり、【返品】できる事でしょう。 とりあえず定番の黒を買った。 けれども違うものが欲しくなった。 こんな理由でも返品は受け付けてもらえます。 ここがコストコで買う最大のメリットです。 子どもがどれがいいか選べなかったとしても、念のために購入しておくこともできます。 もっとお得に買うには 2017年度のランドセルは6月に入荷していました。 2018年度も同じ時期に入荷してくるとすると・・・今の時期に安くなっているのではないですか? 実際4月28日に札幌倉庫で14,777円で販売されているのを発見。 来年入学のお子さんがいるご家庭はお得にランドセルを用意できるチャンスです。 もちろん数は少ないですし希望のカラーがあるかどうかは運です。 希望のカラーがあれば即買いでしょう。 お子さんがそれで気に入ってくれればラッキーです。 もしも他のランドセルが良くなってしまっても最悪返品を受けてもらえますし、他のママさんに声をかけてみたら15000円なら安い!と喜んで引き取ってくれるかもしれませんよ。 まとめ いかがでしたか? 実際の話、北海道ではランドセルを6年間使うお子さんが少ないんです。 本州では6年間使用するのだから高額なランドセルでも高くないと思うと言う方の意見も聞いたことがありますが、札幌では自分の時の事を思い出しても低学年までじゃないでしょうか? ランドセルで行くのがかっこ悪いというか、ランドセル以外のバッグで登校するのがお姉さんで憧れる~という感じです。 男の子は比較的大きくなってもランドセルを使用している場合もありますが、6年生にもなるとほとんどいないです。 なのであまり高額なランドセルを購入するのはもったいないという声があります。 そうすると少しでも安く買えると助かりますね。 コストコで販売しているランドセルは品質が悪い事もありません。 若干型は違うのかもしれませんが、他のお店で販売されている品物と遜色ないです。 コストコは会員制なので非会員の人は返品制度が使えなかったりデメリットも発生しますが、退会時に年会費も返還されるのでやはりデメリットにもならないんではないでしょうか? お店に電話すれば在庫確認もしてくれます。 ランドセルをお得に購入したいかたはコストコでの購入も検討してみてくださいね。

次の

コストコのランドセル

コストコ ランドセル

コストコで購入できない方でも、ふわりぃを安く購入できる方法がある ふわりぃランドセルがコストコで格安で販売されてるけど型落ち? このサイトでも散々解説してきましたが、日本製ランドセルの適正価格はだいたい4万円前後です。 国内大手メーカーの商品ラインナップは3万円台から5万円台あたりがメインになり、平均購入価格は2015年で4万円前後です。 2万円台となると、ニトリなどをはじめとする中国製ランドセルや、日本製ではあるものの型落ち品など、基本的には何らかの理由があって安くなっているものになります。 そんな中、型落ちでもないモデルが格安で販売されているという情報があります。 あの会員制大型スーパーのコストコでランドセルが2万円台で販売されているというではありませんか。 最初はニトリと同じような中国製の格安品を販売しているのかと思いましたが、なんと国内大手メーカーの株式会社協和が手掛ける「 」だというではありませんか。 ふわりぃランドセルは、他の大手メーカーと同様に3万円台~5万円台あたりの商品を取り揃えています。 ネットを見ていると、時々型落ち品やアウトレットなどを2万円台で見かけることはありますが、現行モデルが2万円台というのは聞いたことがありません。 しかし、確認したところ本当に激安で販売されていました。 しかも型落ちなどではない現行モデルだといいます。 これは本当に日本製ふわりぃランドセルなのだろうかと疑問に思うほどのお値段です。 ランドセルのお値段が高く維持されているのは、ほとんどのメーカーが日本製であること、6年間使うものなので消費者も妥協をしないこと、変なものだと子供が惨めな思いをしたりいじめの原因になりかねないこと等様々ですが、小売店もむやみに安売りしないことが大きいのです。 独占禁止法がありますのでメーカーが小売価格を制限することは出来ませが、大きな値引き販売をしないというのは暗黙の了解としてランドセル業界にあります。 ではなぜコストコはこんな激安価格で販売しているのでしょうか。 コストコの専用モデルだからこその激安価格 理由としては、外資系企業であり業界のしきたりや慣習にとらわれない、圧倒的なバイイングパワーを持っているためメーカーに対して強い立場にある、年会費で儲けるビジネスモデルで販売価格を極限まで下げている等が挙げられます。 メーカーが販売価格を小売店に制限できないとはいえ、メーカーの通常ラインナップの商品を激安で販売するとメーカーは良い顔をしません。 小さな小売店ならメーカーから睨まれれば商売ができません。 そんな中いくらコストコが圧倒的なバイイングパワーを持っているとはいえ、コストコだけが圧倒的な激安価格で販売していてメーカーがそれを容認しているということになれば、小さな鞄屋などの小売店からメーカーに苦情が行ってしまいます。 そうしたことを避けるために、コストコで販売されているのはコストコ向けに作ったオリジナルモデルになっているようです。 ふわりぃのホームページに掲載されているモデルや、ふわりぃのカタログに載っているモデルを見ても、コストコで販売されているモデルはありません。 オリジナルモデルであるから他の販売店とバッティングせずに安く売れるようです。 メーカーいわく性能的には他の小売店で販売されている通常ラインナップのふわりぃランドセルと大きな違いはないそうです。 ただ、グレード的には一番下ですから、派手な装飾や最新の機能などはもちろん付いていません。 基本性能は同じですが、メーカーの通常ラインナップのモデルに導入される最新機能などは省かれています。 つまり、コストコの現行モデルであるからといって、ふわりぃランドセルの現行モデルであるわけではないということです。 激安で現行モデルが買えるといってもこういうカラクリがあることは知っておく必要があります。 まあ、ランドセルとしての基本機能が大きく異なるわけではないので普通に使う分には何ら問題ありませんが、ふわりぃランドセルの通常ラインアップの現行モデルが激安で買えるわけではないのです。 メリットとデメリット コストコでふわりぃを買うメリットは何といっても安さでしょう。 メーカーの通常ラインナップでは3万円台から5万円台の値段のふわりぃランドセルが2万円台で購入できるのです。 特にふわりぃランドセルが欲しいという希望がなくても、2万円台で購入できる国内大手メーカーのランドセルなんて他にはありません。 有ったとしても型落ち品やアウトレット品などです。 ニトリの中国製ランドセルと大して変わらない値段で、日本製ランドセルが購入できるので、とにかく安く購入したい方には良い選択肢でしょう。 デメリットとしては、まずコストコ会員でないと購入できないという点です。 コストコは会員制スーパーであり年会費を払って会員にならないと入店も購入もできません。 安い安いとは言われていますが、実は食品などは飛び抜けて安いわけではないため、ワザワザふわりぃを買うために会員になるのは馬鹿げています。 また、前述のとおり、メーカーの通常ラインナップの商品と比べて機能性は大きくは変わらないものの、デザイン面や質感などは控えめであるということがあります。 価格訴求の商品ですので凝ったデザインではありません。 また、コストを落とすためかカラーラインナップも乏しく、特に個性的なカラーやデザインが多い女子向けランドセルは選択肢の狭さが最大の弱点であるといえます。 あくまで拘りが全く無く、機能的に問題なく使えるランドセルであればなんでも良いという方向けのランドセルであるという気がします。 ふわりぃランドセルを安く購入する方法 デザイン面や最新機能にこだわらなければ、日本製のランドセルを非常に安く購入出来るのが、コストコのふわりぃランドセルであることはお分かりいただけたかと思います。 しかし、コストコ会員になっていない、コストコの店舗が近くにないという方も多いと思います。 また、もっと多くのデザインやカラーバリエーションから選びたいという方も居るでしょう。 或いは、超軽量を売りにしている、ふわりぃランドセルを指名買いしたいけど、コストコ専用モデルは嫌だという方も居るでしょう。 そういった方は、百貨店や量販店や街の鞄屋やネットショップで、メーカーの株式会社協和の通常ラインナップのモデルを購入することになります。 しかし、安いモデルで3万円台、最高級モデルで5万円台ですので、コストコモデルよりは随分割高です。 しかし、これ以上安く手に入れようとすると数年落ちの商品になってしまうので仕方ありません。 実は、ふわりぃランドセルをコストコモデルに近いくらいの値段で購入する方法は他にもあるのです。 それが です。 オリビエランドセルは、株式会社協和が「ふわりぃ」というブランド名で商品展開する前に販売していたもので、現在でもオリビエブランドでこっそりと販売されているのです。 ふわりぃと同じ千葉県野田市にある国内自社工場で製造されていて、コストコのモデル同様に性能的にはメーカー通常ラインナップの製品と比べても劣りません。 デザインはコストコモデル同様にシンプルで落ち着いた感じですが、性能的には全く問題ない日本製ランドセルが2万円台で購入できます。 コストコと比べて女子用モデルのカラーバリエーションが豊富で、お洒落なデザインを自分で選びたい女の子にもオススメできます。 店頭にはなかなか並びませんが、ネットショップなどで購入できるのでおすすめです。

次の