お忙しい中、ありがとうございます。 「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

「お忙しいところ」ビジネス敬語のメールなどでの正しい使い方を例文で解説

お忙しい中、ありがとうございます

「お忙しい中」は「忙しい状態」を指す言葉ですが、単純に「忙しい」という意味だけではありません。 この言葉には相手への心遣いが含まれています。 相手も人間ですから、決まったスケジュールで動いている筈です。 特にビジネスとなれば分刻みで会議や訪問等予定がある人も多いでしょう。 そんな人に、自分の(用事の)ために時間を割いてもらうことになります。 そのことに関して「お忙しい中」は「ありがとうございます」という感謝なのか、「申し訳ございません」という謝罪の言葉なのかは、「お忙しい中」の後に続く言葉で意味が変わっていきます。 「お忙しい中」は「ありがとうございます」や「申し訳ございません」等の前につけるクッションの役割を持つ「枕詞」になるのです。 「お忙しい中」は、相手にお返事を促す時やお願いをする際に使う表現です。 詳しくは例文で取り上げますが、「お忙しい中恐縮ですが、お返事をお待ち申し上げております」のように使います。 メールでは締めの挨拶としてよく使われるでしょう。 就活中の面接等でもよく使われます。 特に上司や社外の人等、目上の人にお願いをするのはどうしても気が引けるものです。 またはっきりと「お願いします」と言ってしまうと図々しいと思われて失礼になる危険もあります。 「お忙しい中すみませんが…」と一言置くことで、相手が受ける印象を控えめで柔らかくすることが出来るのです。 先で説明したように、相手は忙しい合間を縫って自分のために時間を割いてくれています。 メールも本当は読んでいる時間ですら惜しい人もいるでしょう。 本当に相手がそんな状況かどうかは実際関係ありませんが、相手を気遣う言葉をかけるのはビジネス以前に社会人としてのマナーです。 「お忙しい中」は相手に対してお礼の言葉を述べたり、謝罪の言葉としても使われたりもします。 「お忙しい中足を運んでくださり、誠に恐縮です」や、「お忙しい中、お手数をおかけしてしまい申し訳ございません」のように使うことが多いでしょう。 お礼は主に挨拶、謝罪は社交辞令の決まり文句のようなところがありますが、心を込めて言うことが大切です。 「お忙しい中ありがとうございます」というお礼の言葉は披露宴やパーティー等で司会が使う挨拶の文言としてもお馴染みでしょう。 パンフレットや案内等でも見られます。 「先日はお越しいただき誠にありがとうございました」のような過去に起こった出来事のお礼を挨拶もかねてするのなら、メールでも不自然ではありません。 謝罪はお願いと同じく締めの挨拶として使われる表現です。 また「お忙しい中申し訳ございません。 お返事の程どうかよろしくお願い致します」のように謝罪とお願いを二文にすることで両方の意味を伝えるという使い方もあります。 「お忙しい中」はあくまでも相手を気遣う社交辞令で、相手が本当に忙しいかどうかは関係ありません。 たとえば相手が転職先は決まっているが今はまだ働いていないという場合や、怪我で入院しているという時でも「お忙しい中」は使えます。 ただし、どう見ても忙しくない人に「お忙しい中」は嫌味に聞こえる可能性があるため注意しましょう。 司会が使う挨拶言葉としての「お忙しい中」は、その会場に来ている人全体にかけている言葉に過ぎません。 勿論忙しい毎日を送る人もいるでしょうし、そうでない人もいるでしょう。 個別ではなく大勢の人への挨拶になるのです。 しかし、マナーだからというだけで適当に「お忙しい中」を使って良いというわけでもありません。 特に対面や電話なら、心がこもっていないのはすぐにバレてしまうでしょう。 その表現の意味の通りに心のこもった「お忙しい中」を使うことが大切です。 【例文】 「お忙しい中申し訳ございませんが、資料の送付をお願い致します。 」 「大変お忙しい中恐縮ですが、ご確認の程よろしくお願い致します。 」 「お忙しい中恐れ入りますが、お返事をお願い申し上げます。 」 「お忙しい中とは存じますが、宜しくお願い致します。 」 会議や打合せ等で上司や社外の人へ使う言葉です。 対面の場合でも、依頼だけでなく主に締めの挨拶として使われることも多いでしょう。 お願い・依頼の意味での「お忙しい中」には「恐縮」や「申し訳ございません」等がよく続きます。 特に後者の場合は、「お時間がないのに申し訳ありません」という謝罪の意味も兼ねた表現にすることが出来ます。 話し言葉として対面や電話で言うのは勿論、ビジネスメールでも使える表現です。 【例文】 「大変お忙しい中恐縮ではございますが、お返事をいただけますと幸いです。 」 「先日はお忙しい中お時間を頂き、誠にありがとうございました。 」 「この度はお忙しい中ご対応いただきありがとうございました。 」 「お忙しい中お手数をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 」 メールでの「お忙しい中」はお願いの意味でもよく使われます。 一方でお礼や謝罪は過去の事について使うことが多いでしょう。 勿論現在形でも使えますので、状況に合わせるのがベストです。 「お忙しい中」は丁寧な表現であることから上司にも取引先にも使えます。 「お忙しい中」は口語表現で、本来メールや手紙には「ご多忙」のような別の固い表現があります。 ただ「お忙しい中」の方が優しい感じがする、という印象からビジネスメールでも使う人は多いです。 固すぎるのも印象が悪くなることがありますので、必要に応じて使うのが良いでしょう。 【例文】 「ご多用の折恐縮ですが、宜しくお願い致します。 」 「ご多用」の「多用」とは、「忙しいこと」という意味の言葉です。 これに「ご(御)」をつけて敬語表現にしたのが「ご多用」になります。 丁寧な表現なので「上司や目上の人が忙しくしている様」を指していると言えるでしょう。 「ご多用」の使い方は「お忙しい中」とほぼ同じで、お願いやお礼の言葉を述べる言い回しで使われます。 「ご多用のところ」「ご多用の折」という表現もありますが、感謝の気持ちを強く伝えたい場合は「ご多用にも関わらず」を使うと良いでしょう。 「ご多用」は書き言葉で使われることが多いです。 少し固い表現のため、話し言葉としてはあまり向きません。 逆にメールや手紙には使えるため、固さを出したい場合は「お忙しい中」を「ご多用」で言い換えると良いでしょう。 【例文】 「ご多忙の中恐縮ですが、ご協力くださいますようお願い致します。 」 「ご多忙にもかかわらずご協力いただき、誠にありがとうございました。 」 「ご多忙」の「多忙」も、「用事が多くて忙しい」という意味の表現です。 敬語表現なので上司や社外の人に使えます。 「ご多忙」も固い表現であることから、メールや手紙等の書き言葉でよく使われるでしょう。 「ご多用」と「ご多忙」は意味や漢字が似ていますが、「ご多忙」は冠婚葬祭には使うことが出来ません。 「忙」という字は「亡くなる」という漢字が入っていることから、縁起が悪いとされているからです。 「お忙しい中」もそうですが、「ご多忙」を使うのはビジネスシーンや日常会話に留めておくようにしましょう。

次の

忙しいのにありがとうって英語でなんて言うの?

お忙しい中、ありがとうございます

「お忙しいところ」が最も使われるのは、依頼のシーンではないでしょうか。 仕事は頼む・受けるで進行していきます。 業務をいくつも抱えているのはビジネスパーソンならお互い様ですね。 これから必要な、新たなこの任務のために、相手に時間を作らせるにあたって、その負担をじゅうぶんわかっています、という意味を伝えて印象をやわらげます。 ・お忙しいところ大変申しわけありませんが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところ誠に恐縮でございますが と、このようなフレーズで始め、依頼内容を書きます。 このひと言があると、負担感なく仕事を引き受けられる印象になります。 「お忙しい」を「ご多忙」とする表現もあります。 「お忙しいところxxですが」の後に続くフレーズ お願いをするときに「お忙しいところ」に合わせてよく使われるのが「恐縮です」という言い方です。 日常会話では少ないと思いますが「恐縮です」はビジネスではよく使われます。 「恐縮」とはもともと以下のような意味です。 「恐縮です」は「恐れ入ります」ともなります。 謝る言葉でよくある「すみません」は少し簡単すぎる印象があり、ビジネスシーンではあまり上手な謝りかたではないとされているので、注意しましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」例文.

次の

お忙しい中教えてくださってありがとうございます。って英語でなんて言うの?

お忙しい中、ありがとうございます

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の