少年時代 造語。 少年時代〜藤子不二雄Ⓐによる“幻の歌詞“が存在した!?夏の名曲の誕生秘話|季節(いま)の歌|TAP the POP

風あざみとはどんな意味?夢花火、宵かがりも井上陽水の造語だった?

少年時代 造語

シンガー・ソングライター、井上陽水(70)の代表曲の1つ「少年時代」(1990年)。 その歌詞にある「風あざみ」という言葉の意味について、井上が6日放送の「SONGS」(NHK総合)で語る場面があった。 その内容にネットがザワついている。 数多くのテレビCM曲として採用されるなど、時代を超えて愛された同曲。 発売から7年かけてミリオンセラーを達成するなど、幅広い世代に親しまれてきた。 また数多くのアーティストにカバーされた楽曲としても知られている。 この「風あざみ」という言葉は同曲の冒頭に出てくる。 井上はこの言葉について「(多年草の)『オニアザミ』という言葉は知ってましたから」とし、「風あざみもあるでしょう、みたいな感じで録音した」と説明した。 当時、頭の中で「辞書でちゃんとそういう言葉があるかどうかチェックしたほうがいいのかな?」と思ったというが、「『そんなことチェックしてどうすんの?』という気持ちがあるんですよ」と井上。 なんとこの言葉が造語であることを暴露した。 「部屋のドアは金属のメタル」や「砂漠のデザート」など、独特のフレーズを挟み込むことで有名な井上。 説明はなおも止まらず、「僕の仕事っていうのは真実をお伝えすることではない」と強調。 そのうえで仕事の本質について「楽しけりゃいい。 甘いところがあるんですよ」と述べ、笑顔を見せた。

次の

『少年時代』井上陽水が懐古する忌野清志郎のエピソード

少年時代 造語

そんな『少年時代』を大ヒット曲に導いたのには、が作り出した造語が寄与しているかもしれない。 …そもそもこの曲に造語なんてものが存在したことは、あなたはご存じだろうか? 実は「風あざみ」「夏模様」「宵かがり」「夢花火」などの言葉は井上陽水が独自に作った造語である。 井上陽水がインタビューで「響きのよさで作った言葉で、意味ないんだよ。 」と答えていることからも事実である。 しかし、本当に響きのよさで作られた言葉なのだろうか?少なくとも井上陽水はその言葉に意味を含ませているはずだ。 このことを出発点に歌詞を解釈し、これら造語の意味を追求していく。 「風あざみ」と聞く大半の人が植物のアザミをイメージするだろう。 実際にアザミの開花期は4月~7月であり、この曲の背景と一致している。 しかし、この曲では具体的な植物としてのアザミを示しているのではないのだ。 アザミの花言葉は、「独立」「報復」「厳格」「触れないで」とネガティブなイメージで語られ、孤独を感じさせる。 夏が過ぎさった少年時代の虚無感というものを「風あざみ」という言葉で井上陽水は表現している。 「青空に残された私の心は夏模様」の歌詞も夏休みが終わったあとのあの虚しい感情を表している。 子供のころの夏の思い出は大人になっても楽しい思い出として記憶される。 青空という記憶装置に子供のころの楽しい夏の思い出 =夏模様 を残している。 このように、井上陽水は造語を使って歌いやすくかつ記憶に残りやすい言葉を用いているのだ。 「夏まつり」と「宵かがり」が並列に置かれている。 「夏まつり」は夏祭りという解釈で間違いない。 では、「宵かがり」の意味はというと、宵とかがりで分解して考えると分かりやすい。 宵とは、 1 日が暮れて間もないころ 2 祭りなど、特定の日の前夜 という2つの意味がある。 かがりとは、照明のために燃す火、つまりかがり火のことを指している。 これらから分かることは、夏まつりと宵かがりが並列に置かれていることからも、夏まつりの行われる前日の高揚感を宵とかがりを組み合わせることによって作り出しているということだ。 そして、「八月は夢花火」である。 夢花火もおそらく井上陽水の造語であろう。 しかし、これまでの造語とは異なり解釈は容易である。 夢のような八月の楽しかった思い出を花火の儚さにかけている。 この部分の歌詞もイメージがわきにくい。 簡単に言うと、夢って想い出のあとさきなんだよということだ。 しかし、あとさきという言葉の意味がよく分からなければ、ここで井上陽水が言っていることの解釈は不可能だろう。 あとさきとは、 1 位置や時間の前と後ろ 2 ある事が起こるまでの経過と起こったあとの結果 3 物事の順序 である。 このことから「夢はつまり想い出のあとさき」の意味内容が分かってくるはずだ。 井上陽水は歌詞上で夢とは、思い出の延長線上にあるものと考えており、夢は想い出の一つとしている。 井上陽水が、なぜこのような造語を用いたのかということに関して私なりの見解を明らかにしたい。 私は、造語を用いることによって聴き手側に想像の余地を与えていると考えている。 聴き手側の少年時代の楽しかった日々を想像させるような言葉でもあるのだ。 『少年時代』を聴ききながらみなさん自身がこの言葉の意味を解釈し、余韻深めてみてはどうだろうか。 TEXT:川崎龍也.

次の

夏と言えば…少年時代❣️

少年時代 造語

井上陽水の「少年時代」という歌の歌詞の意味がわからない 理由があって井上用水の「少年時代」という歌を英語に直して外人に伝えなければならなくなりました。 しかし歌詞をよく読んでみると、かなり意味不明なので、まずは簡単な日本語に直したいのですが、下記のような解釈になるのでしょうか? 添削をよろしくお願いいたします。 少年時代 歌詞 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中 永い冬が窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 目が覚めて 夢のあと 長い影が夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき (現代語訳) 夏が過ぎ、風が吹いています。 誰の思い出の周りを吹いているのでしょうか。 青空に残された 私の心には、まだ夏の思い出が残っています。 ひと夏という夢から目が覚めると、永い冬が、夜の中で窓を閉じて部屋の中にいる私に相変わらず呼びかけてきます。 夢とははつまり、想い出の周りにただあるだけのものなのです。 夏まつりでは、わたしの胸のたかなりにあわせて夜が更けつつあります。 夏という夢のなかでの8月の花火、その情景が思い出されます。 ひと夏という夢から目が覚めると、冬の長い影が星の輝く空に向かって伸びています。 夢とははつまり、想い出の周りにただあるだけのものなのです。

次の