ストレージ の 空き 容量 が ありません android。 スマホ空き容量を増やす秘技!内部ストレージ化について一から十までまとめ【Android】

Android「空き容量が足りない/ストレージが使用中のためスクリーンショットを保存できません」原因と解決策

ストレージ の 空き 容量 が ありません android

システム容量が表示されない場合はシステム上の仕様かバグとなるため、以降の対処方法をお試し下さい。 対処3: アプリケーションのキャッシュを削除する スマートフォンのアプリケーションには、データの読み込み動作を速くするため、また快適に操作するために「キャッシュ」と呼ばれるデータが保存されています。 キャッシュがあるおかげで、アプリケーションのデータを読み込む際にほとんどストレスを感じることなく、データの読み込みが行われるのです。 しかし、蓄積されたキャッシュデータのせいで内部ストレージが圧迫され、結果的に空き容量がおかしくなってしまうことも。 そのため、頻繁に使わないアプリケーションのキャッシュデータは、定期的に削除することが大切です。 キャッシュデータの削除を行うことで、内部ストレージの容量合計が元に戻ることもあります。 キャッシュデータの削除手順は以下の通りです。 スマートフォンの「設定」を選択する• 表示されたメニューから「ストレージ」をタップする• 「内部共有ストレージ」をタップする• アプリケーションのストレージを表示させる• アプリケーションを個別に表示させ「キャッシュを削除」をタップしていく 機種やAndroidのバージョンによって、キャッシュデータが表示されるメニューは異なります。 またキャッシュデータを一括で削除できる場合もあるので、端末の取扱説明書に目を通しておきましょう。 対処4: SDカードを着脱してみる Androidの「バージョン6. 0」から、adbコマンドを使うことでSDカードを内部ストレージとして扱える機能が追加されました。 この機能によって、内部ストレージの容量が、SDカードの容量と合算されている場合があります。 また、機種によってはSDカードを刺すと内部ストレージに合算して表示されてしまうケースがあるようです。 SDカードを装着している場合は、 SDカードを取り外した後にAndroidを再起動して再度容量を確認してみて下さい。 ただし、SDカードは、Android起動中にそのまま取り外すと誤作動を起こすケースもあります。 次の手順でマウントの解除を行ってからSDカードを取り外して下さい。 「マウントの解除ボタン(上三角)」をタップします。 Android5以前の場合は、「SDカードのマウント解除」をタップして下さい。 SDカードに「取り外しました」と表示されたら、SDカードを取り外します。 再起動後に、内部ストレージ容量が正常になっているか確認します。 その後、SDカードを挿入して空き容量が増えていれば、SDカードの容量も合算されていることになります。 対処5: Androidのアップデートを確認する ここまでの対処方法を確認しても内部ストレージの容量がおかしい場合は、OSであるAndroid自体に問題がある恐れもあります。 一度、Androidのソフトウェアアップデートがあるか確認してみましょう。 確認方法は以下の通りです。 スマートフォンの「設定」を選択する• 表示されたメニューから「システム」をタップする• 「ソフトウェア更新」をタップする• 「本体ソフト」のタブをタップして更新情報を確認する 確認し、本体のソフトウェアの更新があった場合は画面の指示に従って更新しましょう。 ただ、ソフトウェアの更新データはサイズが大きいことがあるので、Wi-Fiに繋がる環境で更新を行うと安心です。 対処6: 本体を初期化する 上記の対処法をすべて試してみても、Androidの空き容量がおかしい、または内部ストレージの合計が合わない場合はスマートフォンの初期化を行ってみましょう。 スマートフォンを初期化する手順は以下の通りです。 「設定」メニューをタップします。 「バックアップとリセット」または「システム」をタップします。 機種やAndroidのバージョンによって異なります• 「リセットオプション」または「リセット」と表示されているメニューを開きます。 「すべてのデータを消去」または「出荷時リセット」と表示されている項目をタップし、初期化を行います。 なお、スマートフォンの初期化を行う場合は、必ずデータのバックアップをしておきましょう。 またアプリケーションによっては、引き継ぎの手順を行わないとアカウントが削除されてしまうものもあります。 必ずアプリケーションのアカウントも引継ぎ処理を行う、またバックアップを取るようにしましょう。 主なアプリケーションの引き継ぎ方法や同期方法は、以下のページをご参照ください。

次の

Androidタブレットの空き容量不足を解消する対策

ストレージ の 空き 容量 が ありません android

【ストレージの空き容量を増やす】 不要ファイルや使っていないアプリ、の削除などストレージの空き容量を増やす方法はいくつかありますが、 今回はAndroidの機能で「ストレージの空き容量を増やす」の使い方を説明したいと思います。 これは Android 8. 1 以降の端末に備わっている機能で「不要ファイル」と「使っていないアプリ」を削除してストレージの容量を増やすことが可能です。 削除ファイルを指定して一括削除することが出来ます。 便利ですが、ファイルが溜まりすぎているとわかりにくい場合もあります。 機能使用の際は誤って 削除したくないファイルを消してしまわないよう注意も必要です。 普段から手動で「不要な大容量ファイルの削除」、「使っていないアプリの削除」、「アプリ毎のキャッシュの削除」を行いつつ、手動で削除できなかった不要ファイルの削除ツールとして使うのがおすすめの機能かと思います。 それでは手順を解説していきますね。 スポンサーリンク 【手順】 画面は Xperia XZ1 です。 機種により表示や手順が異なる場合があります。 予めご了承お願い致します。 2.「内部共有ストレージ」をタップします。 3.「空き容量を増やす」をタップします。 4.削除したいアイテム(ファイルやアプリ)にチェックを入れましょう。 また、削除したくないアイテムはチェックを外してください。 5.削除したいアイテムにチェックが入っているか確認して、右下の「解放」をタップします。 解放できるストレージ容量も確認しておきましょう 6.確認画面の「空き容量を増やす」をタップします。 アイテムが削除され完了しました。 【まとめ】 普段からストレージの整理をしている場合は削除できるアイテム(ファイルやアプリ)も少ないでしょう。 しかし、多すぎるとアイテムを選択する際に誤って削除したくないファイルを消してしまう恐れがあります。 一括でストレージの空き容量を増やす機能なので便利ではありますが、使用の際は消したくないアイテムをうっかり削除しないよう注意しましょう。

次の

Android。空き容量がない。消せる物もない。

ストレージ の 空き 容量 が ありません android

キャッシュとは、アプリが前回使用時の設定や状況をキープするため、一時的に保存しておくデータのこと。 わかりやすいのが、「ブラウザのキャッシュ」でしょう。 例えば、あなたが毎日のようにチェックするニュースサイト。 そのすべてのデータをアクセスの度に読み込んでいては、ページを開くのに時間がかかってしまいます。 そこで、最初に読み込んだ画像などのページデータをキャッシュとして保存しておき、次に同じページを訪れたときには、まずキャッシュのデータを呼び出し、そこから更新されたデータだけを読み込む、というしくみです。 さまざまなサイトを訪れていると、このキャッシュが増えていき、やがてアプリの動きを遅くする原因となってしまうことがあります。 つまり、サクサクと軽い動きを維持するためには、定期的なキャッシュの削除が欠かせないのです。 キャッシュデータを削除するには SNSにアップするランチの写真や友達とのツーショットなど、ほとんどの人が日常的にスマホカメラを使っていると思います。 しかし、高解像度のカメラで撮った写真はファイルデータが大きく、数が増えるとストレージが減ります。 そのため、定期的にバックアップをとり、ストレージを空けるようにしましょう。 バックアップ先はPCでも良いのですが、クラウドに保存しておけば、他のデバイスと共有でき、見たいときにすぐ見られます。 中でも、Google フォトは無料で動画も保管でき、しかも容量無制限。 1枚あたりのデータ容量には制限がありますが、アップロードの際に自動的に圧縮されるため、データ量を意識せずに使えます。 Google アカウントがあればすぐに使えますし、家族や友達と写真を共有することもできますので、おすすめです。 Google フォトに画像をバックアップするには.

次の