アップル ペンシル 第 一 世代。 【iPad】Apple Pencilの選び方/対応機種まとめ【第1、2世代/Lightning】

【レビュー】アップルペンシル(第一世代)を購入したので使用感と使い方を簡単にまとめるよ!【オススメ】

アップル ペンシル 第 一 世代

<目次>• Apple Pencil アップル ペンシル に興味はあるけど、自分のiPadに対応しているのかわからないし使い方がわからない。 そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか? いよいよiPadも無印、Air、mini、Pro2種類と現行の5種類にApplePencilが対応しました。 2019年新型iPhoneもApple Pencilに対応するという噂もありましたが、あくまで噂でしたね。 歴代のiPadが第1世代か、第2世代なのかどちらのApple Pencilに対応しているか どんなことができるのか わかりやすく解説します。 Apple Pencil アップル ペンシル の現行は2種類 Apple Pencilは今までで2種類発売されています。 第1世代と第2世代です。 それぞれの特徴は、充電方法とだダブルタップの動作です。 9インチと共に発売されました。 iPadの下部にあるLightning端子に挿して充電するのが特徴です。 形状は円筒形で表面は光沢があります。 長さは17. 5センチで対応機種は多いです。 iPad Pro に直接マグネットで接着すると充電されるのが特徴です。 形状は円柱の一面のみ平面で転がりにくい構造になっています。 長さは16. 6センチと第1世代よりも少し短くなっています。 iPad Pro 11インチ 2018 とiPad Pro 12. 9インチ 第3世代 2018 の2機種のみに対応しています。 2019年9月3日現在価格 14,500円 税別 ダブルタップの操作で鉛筆と消しゴムのツールを交互に変更できます。 Apple Pencilの魅力• 紙と見紛うような書き心地• ペアリングなどの設定の簡単さ• 手をあえて認識せずペンのみの操作が可能 誤作動を起こさない• 筆圧を感知してかすれた線や太い線も描写できる• アプリに依存するが水墨画や絵の具のように実際に水をたらしたような水の再現度• 短時間の充電で長時間の使用が可能• 本格的な漫画も表現可能• アプリに依存するが様々なアプリで自分好みの絵が描ける• 傾きを感知して濃淡も表現可能• 描画タイムラグを感じない• 線の強弱、濃淡の表現、 鉛筆のように芯を寝かして描けるなどアナログのような筆圧感知• 2インチ 2019 現行最安iPad。 2010年発売の第1世代より7世代目。 コストパフォーマンスは最高のiPad。 Webブラウジングや動画鑑賞、軽いメモ程度なら第1世代Apple Pencilとの相性も抜群です。 ディスプレイも第6世代の9. 7インチから10. 2インチに拡大。 無印として初のSmartKeyboard対応となりました。 9インチ 2019 現在最小のiPad。 2012年発売の第1世代より5世代目。 4年振りで最新の第5世代のみ第1世代Apple Pencilが使用できるようになりました。 iPad最軽の300グラム。 5インチ 2019 純正キーボード対応。 Airシリーズで第1世代Apple Pencilが使用できるようになりました。 同じくらいの大きさでは最軽量です。 縁にあたるベゼルも細くなり、ホームボタンもなくFace ID対応しました。 9インチ 第3世代 2018 iPad Pro 発売当初から既に3世代目。 大画面だけではなく動画・画像編集など負荷がかかる作業も楽々こなしてしまうハイスペックiPad Pro。 キーボードも付ければ、ほぼノートパソコンとして使えます。 端子がLightningケーブルからUSB Type-Cへ変更された。 縁にあたるベゼルも細くなり、ホームボタンもなくFace ID対応しました。 歴代iPadとApple Pencil対応表 デバイス名 年代 第1世代 第2世代 iPad Pro 12. 9インチ シリーズ iPad Pro 12. ですので第2世代に対応している機種も第1世代は使用できません。 今持っているiPadがどの機種かわからない?2つの調べ方 モデル番号とシリアル番号を混同されるからもいるかも知れないのですが、シリアル番号は個々に付けられる製造番号なので異なります。 今どのiPadを使用しているのか調べるには、モデル番号のほうがわかりやすいのでその確認方法です。 お手持ちのiPadをご用意ください。 「設定」アプリを開く• 「一般」をタップする• 「情報」をタップする• 9インチ シリーズ iPad Pro 12. 9インチ 第3世代 2018 A1876 A2014、A1895 iPad Pro 12. 9インチ 第2世代 2017 A1670 A1671 iPad Pro 12. 9インチ 2015 A1584 A1652 iPad Pro シリーズ iPad Pro 11インチ 2018 A1980 A2013、A1934 iPad Pro 10. 5インチ 2017 A1701 A1709 iPad Pro 9. 7インチ 2016 A1673 A1674、A1675 iPad Air シリーズ iPad Air 第3世代 2019 A2152 A2123、A2153 iPad Air 2 2014 A1566 A1567 iPad Air 2013 A1474 A1475 iPad mini シリーズ iPad mini 第5世代 2019 A2133 A2124、A2126 iPad mini 4 2015 A1538 A1550 iPad mini 3 2014 A1599 A1600 iPad mini 2 2013 A1489 A1490 iPad mini 2012 A1432 A1454 無印 iPad シリーズ iPad 第7世代 2019 A2 A2 iPad 第6世代 2018 A1893 A1954 iPad 第5世代 2017 A1822 A1823 iPad 第4世代 2012 A1458 A1459 iPad 第3世代 2012 A1416 A1430 iPad 2 2011 A1395 A1397 iPad 2010 A1219 A1337 Apple Pencilと相性の良いおすすめアプリ紹介 メディバンペイント 無料とは思えないほどのイラスト・漫画作成ソフトです。 多彩なブラシに、豊富な素材、有名なフォント、Cloud クラウド 管理もでき、動作が軽くて使いやすいアプリです。 Tayasui Sketches Pro メモやスケッチに特化したアプリです。 簡単に筆圧感知でリアルなブラシ使いが可能になります。 簡易的な扱いならProが有料でもそこまでかからないのでおすすめです。 Procreate 有料にはなりますが、プロのデザイナーも使用しているアプリ。 パソコンと遜色ない操作が可能で一度支払いを済ませばずっと使用できるのでおすすめです。 保護フィルムの違い ペーパーライクフィルムって? まず、iPadを購入されるかたは保護フィルムも一緒にご購入されると思います。 中でもペーパーライクフィルムというものがありますが、どういったものなのでしょうか?それは紙の質感を感じられる保護フィルムになります。 メリットは紙そのもの、普段光沢のある硬いところに書くのと、紙質感のものに書くのとでは大きく変わります。 ただ、デメリットもあるので気にしましょう。 フィルムによってはペン先の摩耗が激しいものや、画面が見づらいものもあります。 ぜひ、ノジマ店舗でもお取り扱いがありますので、自分に合ったフィルムを見つけてください。 まとめ いかがでしたか?ご自身でご利用されているiPadがどれに対応しているか調べられましたか?現行5種類のiPad以外でも対応している機種があります。 ただ、iPadが対応していないとApplePencilは利用できません。 ご自身のiPadがもし対応していなかったら、ノジマへご来店ください。 お使い頂いている古いiPadを下取りして、ApplePencilに対応した新しいiPadをお買い求めいただくこともできます。 ご相談はお気軽にしてください。 お待ちしております。

次の

価格.com

アップル ペンシル 第 一 世代

比較 Apple Pencil 第1世代 第2世代 充電方法 Lightningに刺す iPadの側面にくっつける キャップ あり なし ダブルタップ — 消しゴムになる 使用できるiPad iPad Pro9. 7 iPad Pro12. 9 iPad Pro12. 9 iPad Pro10. 5 2017 iPad 2018 iPad mini 2019 iPad Air 2019 iPad Pro11 2018 iPad Pro12. 9 2019 値段 10,800 14,500 Apple Pencil第1世代と第2世代の違いはこのようになっています。 それぞれ見ていきましょう。 外観の違い 2本並べると第2世代の方が短くなっています。 重さは公式スペック上は同じ重さですが、実は第2世代の方が3gほど軽くなっており、持ってみても明らかに違います。 第1世代の外観はこのようになっています。 丸型です。 第2世代の外観はこのようになっています。 完全な丸ではなく、iPadにくっつく部分は平らになっています。 第1世代のようにキャップはないので、なくす心配はありません。 第2世代はサイドをiPadにくっつけることで充電・ペアリングすることができます。 常につけておけるので、書きたいと思ったときにすぐに使えるので非常に便利になりました。 Apple Pencil(第2世代)はダブルタップでツール切り替え Apple Pencil 第2世代 のサイドの部分をダブルタップすることで消しゴムに切り替えることができます。 また、設定で消しゴム以外に変えることもできます。 ただ、実際使ってみると間違ってダブルタップしてしまうことが多く、設定をオフにして使用できないようにしました。 第1世代ではできません。 Apple Pencil(第2世代)はインスタンメモも簡単に Apple Pencil第2世代で、スリープしているiPadの画面をタップするとメモ帳が起動してそのまま書くことができます。 第1世代のiPadでは一度スリープを解除しないといけませんでした。 書き心地 書き心地に関しては使用できる端末が異なるので正確な比較はできませんが、いくぶんかは第2世代の方がよく感じます。 ただ、大きな差はなく、どちらも書きやすいです。 Apple Pencil(第1世代)を使用できる端末• iPad Pro12. 9 2015• iPad Pro9. 7 2016• iPad Pro10. 5 2017• iPad Pro12. 9 2017• iPad 2018• iPad mini 2019• iPad Air 2019 Apple Pencil 第1世代 を使用できる端末は多くあります。 以前はiPad Proのみでしたが、2018年以降発売されたすべてのiPadでApple Pencilに対応するようになりました。 一番値段が安いのがiPad 2018 です。 ただ、iPad 2018 だと間に1枚ガラスが入っているような感じで他のiPadに比べると書き心地はよくありません。 中古でいいならiPad Pro9. 7 2016 は値段が安くなっているのでコスパが高いです。 Apple Pencil(第2世代)を使用できる端末 2018年以降に発売されたiPad Proに対応しています。 iPad Pro11(2018• iPad Pro12. 9 2018 Apple Pencil(第2世代)自体は非常に使い勝手がいいですが、使える端末の値段が高いです。 安いモデルではApple Pencil(第2世代)は使用できません。

次の

新品 アップル『MK0C2J/A』(第一世代Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A B

アップル ペンシル 第 一 世代

アップルペンシルは第2世代が発表され、より高性能になりました。 ただ、価格が1万5,000円近くもするため、手頃な代用品を求めたくなります。 そこで検討したいのが、サードパーティ製のアクティブスタイラスペンです。 最新のアップルペンシルと比較しながら、サードパーティ製品を購入する際の注意点について解説します。 アクティブスタイラスペンは、ペンの先端を細くしたタッチペンの一種です。 スマートフォンやタブレット端末のタッチパネルは表面に触れたときに生じる静電気の量を検知して動作に反映させています。 タッチペンはペン先を細くすると静電気の量が足りずタッチパネルが検知しないため、ペン先を太くしなければなりません。 アクティブスタイラスペンはペン先を細くしてもタッチセンサーが反応するよう、先端に静電気を発生させて感度を補うしくみになっています。 これにより、指先で動かすのと同等の操作ができ、鉛筆やボールペン並みの書き心地を実現しています。 アップルペンシルはこのアクティブスタイラスのしくみを拡張し、使い心地をさらに向上させています。 公表はされていませんが、iPadの内部には特殊な回路とソフトウェアが組み込まれていて、アップルペンシルで描画したときの筆跡や筆圧の強弱を高感度で検知できるようにしているといわれています。 つまり、アップルペンシルとiPadは一心同体で動作することによって、繊細な描画ができるというのです。 アップルペンシルは第2世代に、iPadとの操作性が強化 2018年10月、アップルはアップルペンシルの第2世代を発表しました。 第2世代のアップルペンシルは、初代よりも描画処理が高速になっただけでなく、筆圧のかけ方によりペンの太さを変えられたり、ペンを傾けたときに濃淡を出せたりもできるようになりました。 さらに、ペンを握ったまま人差し指で軸をタップするとブラシのサイズを変えることができます。 このタップ処理はカスタマイズして変更できるようにもなっています。 筆記や描画だけでなく、スリープの解除やアプリの操作もアップルペンシルを通じて行うことができます。 第2世代のアップルペンシルの詳細については、アップルのウェブサイトをご覧ください。 その反面半面、短所もあります。 1つ目は互換性です。 アップルペンシルは初代と第2世代それぞれ、使用できるiPadの機種が決まっています。 初代のアップルペンシルが対応しているのは、2018年10月以前に発売されたiPad Proと第6世代のiPadのみです。 一方、第2世代は2018年10月末に発表された新型のiPad Proのみしか対応していません。 また、2018年10月発表の新型iPad Proでは初代のアップルペンシルは使えません。 そのため、新型iPad Proを購入してアップルペンシルを使用したい場合は、第2世代のアップルペンシルも購入する必要があります。 2つ目は価格です。 初代のアップルペンシルは10,800円、第2世代は14,500円と、どちらも1万円以上もするため高価です。 純正のキーボードであるSmart Keyboardもそろえると周辺機器だけで3万円前後かかります。 頻繁に使わない人にとってはアップルペンシルを買うのをためらってしまいます。 代用品の候補はサードパーティ製のアクティブスタイラスペン iPadで手軽にペンを使いたいと思う人にとっては、互換性よりも価格が最大のネックとなるでしょう。 もっと手軽に使える代用品があればよいと思うはずです。 その有力候補となるのが、サードパーティ製のアクティブスタイラスペンです。 サードパーティ製のアクティブスタイラスペンも、先端が細くボールペンのような形をしています。 基本的な動作原理はアップルペンシルと同じです。 先端部に静電気を発生させてタッチパネルの反応を高めることで、繊細な筆記や描画がしやすいように作られています。 アップルペンシルとの違いはiPadとのハードでの連携がない代わりに、製品によってはアプリとの連携をもたせている点です。 連携しているアプリ上で使用するとBluetoothを通じて筆跡処理を最適化します。 それにより、ペンで触れた位置と描画位置を精度よく一致させることができ、忠実な手書きや線画を実現することができます。 サードパーティ製アクティブスタイラスペンは、現在市販されているタブレットであれば共通して使えます。 アップルペンシルに対応していないiPad Airシリーズでも使用できるほか、Androidタブレットとの併用もできます。 価格もアップルペンシルほど高くはありません。 安価なもので、2千円程度、性能のよいものでも1万円以下で購入できます。 万一紛失してしまっても買い替えの負担は軽いといえるでしょう。 代表的なサードパーティ製のアクティブスタイラスペンは次の通りです。 これら以外にもたくさんのメーカーが製品を発売しています。 サードパーティ製アクティブスタイラスペン購入の注意点 サードパーティ製のアクティブスタイラスペンを購入する際は注意する点があります。 最も重要なのは対応機種の確認です。 アクティブスタイラスペンは同じメーカーが複数の製品を販売していて、高精度な描画ができるものは対応機種が決まっています。 事前に対応表を見るなどして自分のタブレットで使えるかを確かめておくようにしてください。 次に気をつけたいのは、用途別に製品がある点です。 メーカーによっては手書きメモ用とイラスト用に特化した製品を用意しています。 製品を購入する際は、自分の用途に合ったものを選ぶのが大切です。 あくまでも代用品であることを念頭に サードパーティ製のアクティブスタイラスペンは安価な代わりに、使い勝手はアップルペンシルに劣ります。 使用上で特に気になるのは、思い通りの描画ができない点です。 Bluetooth接続をして最適化処理をしない単体動作のアクティブスタイラスペンでは、タッチパネルにペンを触れた位置ではなく、若干ずれた場所に描画されることがあります。 イラストを描く際はこの位置ずれのために何度も描き直しをせざるを得ず、ストレスを感じるかもしれません。 また、高性能の製品でもペンが触れてから線が表示されるまでに若干の遅れが発生することもあります。 描画の遅延は、すらすらとメモ書きをしたい人には使いにくさを覚えます。 アップルペンシルは、ペン本体とiPadが連携して描画処理を最適化しています。 そのため、描画の位置ずれや遅延は起きにくいです。 高いだけのことのことはあって使い勝手はアップルペンシルのほうが他社製品よりも勝っています。 サードパーティ製のアクティブスタイラスペンをiPadで使うときは、あくまでもアップルペンシルの代用品であることを念頭に置くのが肝要です。 そして、少々の使い勝手の悪さは妥協して使うのが望ましいでしょう。

次の