ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ。 「バリスタ」「ドルチェグスト」「ネスプレッソ」の違いを比較!理想の機種を探すコツ

ネスカフェ

ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ

毎日コーヒーを5杯以上飲んでいる実際アンバサダーの「コーヒー主食」です。 『 ネスカフェアンバサダー』で 無料レンタルできるマシンは、全部で5種類! この5種類のマシンは、 「それぞれ、どんな『使い方』をするのかなぁ?」 「どれが一番、簡単に使えるのかなぁ?」 「どのマシンを選ぶのがいいのかなぁ?」 などなど。 気になりますよね。 全部のマシンをいっぺんにレンタルするわけにもいかないので、 「 どのマシンをはじめにレンタルするか?」 選ぶポイントにもなります。 今日は、 『ネスカフェアンバサダー』で使える「各マシン5種類」の使い方についてお話したいと思います。 逆に言えば、 『ネスカフェアンバサダー』だけで、 「 すべてが、ことたりる!」ということです!! でも、 さすがに、すべてのマシンをいっぺんにレンタルする人は少ないと思います。 5種類もあっても、全部使いきれませんもんね。 「 まずは、どのマシンにしようかなぁ?」 なんて考えている人も多いのではないでしょうか? そこで、選ぶポイントの一つが『 使い方』! 簡単で便利な方がいいですもんね! めんどうなマシンは、仕事の邪魔になるだけですから。 ちなみに、 ネスカフェゴールドブレンド バリスタは、 日本一売れてるコーヒーメーカー。 1杯あたり「約20円」で美味しいコーヒーが手軽に飲めるのが特徴です。 ちゃめちゃ簡単ですよね。 これでも十分簡単なんですが、 『バリスタ』だと、 ボタンを押すだけなのでもっと簡単です。 さらに、最近は、ポットで常にお湯をわかしておく人って少ないのでは? 電気代もかかりますもんね。 コーヒーを淹れるたびに「湯沸かし器」でお湯をわかす人も多いのではないでしょうか? それだと、 お湯が沸くまで「数分」かかってしまいますね。 でも、『バリスタ』なら、 トータルで「1分」かかりません。 インスタントを作るより、全然簡単で早いので、忙しい人にも最適です。 バリスタ専用の詰め替えコーヒー(エコ&システムパック)を、 コーヒータンクに差すだけOK! コーヒー粉が飛び散ることも、手が汚れることもないので、超便利です。 補足情報 詰め替えコーヒー(エコ&システムパック)は、「スーパー」や「ドラックストア」など、どこでも売っているので、急に無くなっても安心。 すぐに買いに行きことも出来ます。 「内部の掃除」は、半年に1回ぐらいでいいと思います。 ちなみに、私は、 ほとんどまともに掃除もお手入れもしていないですが、全然問題ない感じです。 アプリを使えば、 コーヒーの「量」や「濃さ」が簡単にアレンジ可能。 アレンジした内容を登録することで、「マイレシピ」を作ることもできるので、毎回調整する必要はありません。 「濃さ」を調整したい時はアプリを使ってるんですが、 それ以外は、マシンのボタンを押して作った方が、早いし簡単なんです。 ドルチェグストも、バリスタに次いで売れているコーヒーマシンです。 バリスタとの違いは「カプセル式」なところ。 20種類以上の豊富なメニューが、1杯あたり「約50~」飲めるのが特徴です。 バリスタほどではありませんが、 こちらもめちゃめちゃ簡単ですよね。 どっちも超簡単です。 2つのマシンの最大の違いは、 『 作れるメニュー』の違いです。 もちろん1杯あたりの値段も違いますが、 私は、どんなメニューが飲みたいかによって使い分けています。 ちなみに、 私は、ドルチェグストもほとんど掃除してないです。 たまに、トレイを水ですすぐ程度です。 『スペシャルT』は、17種類以上のお茶が楽しめるカプセル式マシン。 ドルチェグストの『 お茶版』という感じですね。 おそらく、コーヒーのようにお茶や紅茶が楽しめるティーマシンは、 数あるマシンの中で『スペシャルT』だけだと思いです。 『スペシャルT』は、ドルチェグストと違い、 「カプセルの目盛り」を合わせる必要がないので、 ドルチェグストよりもさらに簡単です。 アイスコーヒーサーバーは、ボトルコーヒーをマシンにセットして、マシンで常時コーヒーを冷やし、いつでもアイスコーヒーが楽しめるマシン。 最大の特徴は、 クレマ(泡)でドラフトコーヒーが作れるところです。 イメージとしては、『ビールサーバー』のような感じですね。 これも、めちゃめちゃ簡単ですよね。 ちなみに、 アイスコーヒーサーバーは、他のマシンと違い、 電源は常時ONの状態。 ですので、注ぐ時の操作は レバーのみです。 ネスプレッソは、「ジョージ・クルニー」のCMでもおなじみですよね。 ネスレのマシンの中でも、 最高級ブランド。 1杯あたり「約76円~」と少しお高め。 それでも、コンビニコーヒーよりかは安いです。 コーヒー豆の産地からこだわるような人におすすめのマシンです。 もし、どのマシンからレンタルしようか迷ったら、 とりあえず、 『バリスタ』と『ドルチェグスト』を選べば間違いありません。 この2つがあれば、ほとんどのコーヒーが網羅できます。 紅茶も飲みたい人は、 『バリスタ』と『スペシャルT』でもいいかもしれません。 もちろん、 全種類レンタルしてもOKです。

次の

ネスカフェアンバサダーの導入担当者が激白!苦労話や面倒話を本音で口コミ!

ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ

「ネスカフェ ドルチェグスト」の特徴 まずは「ネスカフェ ドルチェグスト」の特徴から見ていきましょう。 いろんな味のカプセルがある ドルチェグストの味はたくさんあります。 カフェオレからカプチーノ、ティーラテから宇治抹茶ラテまでまさにバラエティ豊富です。 普通のコーヒーだって5種類もありますし、エスプレッソだって飲めてしまいます。 もちろん全てのドリンクはカプセルだけで飲めるので、手間は一切かかりません。 フレーバーの豊富さが「ネスカフェ ドルチェグスト」最大の特徴といっても過言ではないでしょう。 ランニングコスト 気になるのが、ドルチェグストのランニングコストです。 果たして毎月どのくらいかかるのでしょうか。 通常 1個あたり 約60円〜120円 1日1杯 30日間 約1,800円〜3,600円 上記おおよその目安となる金額になります。 金額の幅はカプセルの種類によって生じるものです。 例えば宇治抹茶ラテのようなカプセルは入数も半分になり価格も高くなります。 もっとも普通のコーヒーしか飲まないという方なら最低額のコストで飲めるので決して高くありません。 定期便がお得 ドルチェグストの定期便は非常にメリットが多いです。 具体的には以下のようなメリットが挙げられます。 マシンの保証が最長で5年に• 毎回の送料が無料 定期便を利用した場合のランニングコストは以下の通りとなります。 通常購入との金額の差も比較してみましょう。 210円 約58円〜116円 定期便は3回以上の継続が条件です。 1日2杯以上飲まれる方は1回6箱以上のコースをおすすめします。 マシンが無料に 「ドルチェグスト」にはマシンが無料になるお得なコースがあります。 レンタルではありますが、使わなくなってしまうことを考慮すればマシンをわざわざ所有する必要はありません。 1ヶ月4箱の計算なので、1日1杯〜2杯飲めば消化できます。 1日1杯飲むかどうかわからない方は、2ヶ月で4個以上のコースを選びましょう。 いずれにせよ、マシンは購入ではなくレンタルがおすすめです。 使わなくなって捨ててしまうことも考慮する必要があります。 Amazonの情報を掲載しています 高品質のエスプレッソが飲める ネスプレッソのエスプレッソは非常に高品質で、まるでお店の風味が味わえます。 ただしあえて補足すると、エスプレッソのカプセルは種類がたくさんあるので、中には苦手な味もあるでしょう。 私はキャラメル、チョコなどフレーバー付きのエスプレッソがまずく感じました。 もちろん、それ以外のエスプレッソはどれも美味しくいただいています。 高品質なエスプレッソなら間違いなく「ネスプレッソ」と言っても過言ではありません。 ランニングコスト 高品質なものにお値段はつきものです。 ネスプレッソのランニングコストはやや高級になります。 1個あたり 81円〜108円 1日1杯 30日間 2,430円〜3,240円 送料無料まで 4,000円以上 ネスプレッソには、アソートセットが多数あります。 しかし最も安いアソートセットでも、1カプセルあたり81円となるので、特別お得になるわけではありません。 また昨今では、抽出量の多いカプセルも増えてきました。 ネスプレッソは抽出量の多いカプセルほど1カプセルあたりの単価が増えていく傾向です。 ドリップコーヒーのようにエスプレッソを味わいたい方は、新シリーズの「ヴァーチュオ」からカプセルを選びましょう。 ただしヴァーチュオは専用マシンが必要になります。 従来シリーズとの互換性は一切ありません。 「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」を比較 「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」を直接比較していきましょう。 両者の決定的な違いは2つあります。 それはランニングコストとドリンクメニューです。 ランニングコストの比較 両者のランニングコストの差は以下の通りです。 ドルチェグスト ネスプレッソ 1個あたり 約60円〜120円 81円〜108円 1日1杯 30日間 約1,800円〜3,600円 2,430円〜3,240円 どちらも通常購入の場合です。 コーヒーだけを飲むなら基本的にドルチェグストの方が安くなります。 しかしドルチェグストでもカプセルによっては割高になってしまいます。 宇治抹茶ラテのような1箱8カプセル入りの商品ばかりだとあっという間にネスプレッソのコストを超えてしまうので注意しましょう。 ドリンクメニューの比較 これはカプセルコーヒーメーカー購入にあたって決定事項になるでしょう。 「ネスプレッソ」はエスプレッソしか飲めません。 対して 「ドルチェグスト」は様々なメニューからカプセルを選ぶことができます。 いろんな味を楽しみたいという方は是非「ドルチェグスト」を選びましょう。 一方でコーヒーの味にとことんこだわりたい方は「ネスプレッソ」がおすすめです。 法人の方はネスカフェアンバサダーがおすすめ 法人や個人事業主の方は、CMでお馴染みの「ネスカフェアンバサダー」がおすすめです。 ネスカフェアンバサダーはマシンをレンタルできるサービスですが、ドルチェグストもネスプレッソも選ぶことができます。 何台借りても、費用は飲む分だけです。 オフィスでご利用される方は、ぜひ「ネスカフェアンバサダー」をご検討ください。 カプセルコーヒーメーカー共通のメリット これまで比較してきましたが、そもそも「ドルチェグスト」や「ネスプレッソ」のようなカプセルコーヒーメーカーは何がいいのでしょうか。 メリットをご紹介します。 お手入れ簡単 何と言ってもカプセルコーヒーメーカーはお手入れが簡単です。 カプセルということで非常に汚れにくいですし、汚れても簡単に取り外せて手洗いすることができます。 超面倒くさがり屋の私でさえ、洗っているのですから誰だって問題なく使用できるでしょう。 洗うのが大変だといずれかは使わなくなってしまうので、お手入れのしやすさは重要です。 どんなコーヒー器具よりもお手軽に扱えます。 美味しいドリンクがすぐに お手入れが簡単なだけでなく、楽に抽出できるのもありがたいです。 誰でも安定して美味しく淹れられるのはカプセルコーヒーだからこそでしょう。 他のコーヒー器具なんてもってのほかで入れる人によって味が全く異なります。 たとえインスタントだったとしても水の量で味が左右されてしまうわけですから、やはりカプセルコーヒーの安定感は評価せざるをえません。 他のコーヒーメーカーはペーパーフィルターが必須ですし、たとえ直接粉を入れるタイプでも清潔に保つのは難しいですし、何かと面倒です。 美味しいドリンクがすぐに出るのはカプセルコーヒーのまさに醍醐味といえるでしょう。 カプセルコーヒーメーカー共通のデメリット 続いて、カプセルコーヒーメーカーのデメリットを見て見ましょう。 機種が多すぎてややこしい カプセルコーヒーの機種の多さは非常に困惑してしまいます。 特にドルチェグストの機種はもう少し減らしても問題ないでしょう。 というのも機能に大した差があるわけでもなくデザインの違いが主な違いだからです。 製造中止になったマシンも未だにいくつか売られています。 なかにはカプセルコーヒーではありませんが、魅力的な「ネスカフェ バリスタ」というマシンもあり、もはやどれにしたらいいかわかりません。 ただし、無料で利用できるドルチェグストの機種は限られています。 無料で使えるに越したことはありませんので、ぜひ無料機種を選びましょう。 ぬるい カプセルから入れたコーヒーはぬるいと言われます 特にドルチェグストはぬるいと言われます。 しかしこれは使い手側に問題があることが多いです。 これから購入しようと考えている方に覚えてもらいたいことが二点あります。 湯通ししてマシンを温める• カップを温める これらはカプセルコーヒーメーカーだけに限らずコーヒー全般において言えることです。 それほどコーヒーは温度に敏感な飲み物ですから、是非意識してみてください。 たったこれだけでも風味の劣化が防ぐことが可能です。 美味しいコーヒーでもぬるかったらまずく感じてしまいます。

次の

ネスプレッソ

ネスカフェアンバサダー ネスプレッソ

お店の本格コーヒーが楽しめると、会社でも家庭でも大人気のネスカフェのコーヒーマシン。 その中でも専用カプセルをセットしてコーヒーを抽出できるのが、と。 どちらも同じカプセルコーヒーマシンですが、この2つはどのように違いがあるのでしょうか? 今回はドルチェグストとネスプレッソを比較し、それぞれの違いをまとめました! ドルチェグストとネスプレッソは飲めるドリンク カプセル が違う! まずドルチェグストとネスプレッソの大きな違いは、飲めるドリンクの種類がまったく違うこと! ドルチェグストはコーヒー以外にも、抹茶ラテやティーラテなどさまざまなバラエティに富んだメニューが楽しめます。 それに対して、 ネスプレッソはエスプレッソ系コーヒーのみ。 具体的なドリンクメニューは次のような違いがあります。 バラエティに富んだメニューが魅力のドルチェグスト ドルチェグストはこだわりブラックやマグサイズの大容量レギュラーコーヒーを中心に、カプセル1つでカフェラテなどのミルク系メニューも作ることができます! さらには宇治抹茶、チョコチーノや豆乳ラテまで、コーヒーだけに留まらないいろいろなドリンクメニューが充実しています。 ドルチェグストは常に15種類以上のメニューが用意されていて、コーヒーが飲めない方でもおいしくいただけるドリンクが充実しています。 ネスプレッソはエスプレッソ系コーヒーが24種類! ネスプレッソはなんと24種類以上のカプセルが販売されています!しかも、そのほとんどが本格的なエスプレッソ系コーヒー。 ドルチェグストがコーヒーを飲めないお子様でも楽しめるファミリー向けのマシンだとしたら、ネスプレッソはコーヒー好きが選ぶ本格派! 同じコーヒーでも産地や製法に違いがある、こだわりの味わいが心ゆくまで楽しめます。 ドルチェグストとネスプレッソはカプセルの互換性がない ドルチェグストもネスプレッソも販売元がネスレ株式会社のカプセル式コーヒーマシンですが、カプセルの互換性はありません。 カプセルの大きさが違うので本体にセットできません。 つまり、 ドルチェグストのカプセルはネスプレッソでは利用で出来ませんし、ネスプレッソのカプセルをドルチェグストで使用することもできません。 それぞれ専用のカプセルを購入する必要があります。 ミルク系メニューの作り方の違い 同じコーヒーを使ったメニューでも、いわゆるカフェラテやカプチーノといったミルク系メニューの作り方も、ドルチェグストとネスプレッソそれぞれで大きな違いがあります。 ドルチェグストは専用カプセル1個でミルク系メニューが作れる まずドルチェグストはカフェラテやカプチーノ、マキアートなどのミルク系メニューカプセルがあらかじめ用意されています。 種類によって少し作り方に違いがあり、たとえばカフェラテはカプセルの中に、コーヒーと粉末ミルクが一緒に入っているためカプセル1つで作ることができますよ! そして、泡が決め手のマキアートやカプチーノなどはコーヒーカプセルとミルクカプセルが2つで1杯分になっています。 先にミルクカプセルから抽出し、次にコーヒーカプセルを抽出することで、お店のようなフワフワの泡が楽しめます! つまり、ドルチェグストはカプセルの中にミルクが入っているということです。 ネスプレッソは別売りのミルクフォーマーが必要 ネスプレッソのエスプレッソも、ミルクをプラスすることで手軽にカフェラテなどのミルク系メニューが楽しめます。 ただし、基本的にネスプレッソカプセルが淹れられるのはエスプレッソコーヒーだけ。 ミルク系メニューにアレンジをするのなら、別途ミルクミルクフォーマーを用意してラテを作る必要があります。 ちなみに、ネスプレッソではミルクの泡立てや加熱ができる「」が別売りされています! これがあれば、ネスプレッソの本格エスプレッソをいろいろなメニューにアレンジできますよ。 ただし、 別のマシンを使うことを考えると、ミルク系メニューのお手軽さに関しては、マシン1つでミルクの泡立てもできるドルチェグストの方に軍配が上がります。 こちらならミルクタンクにミルクを入れることで、ボタン1つでカプチーノやマキアートが作れます。 下記の記事を参照してください。 ドルチェグストとネスプレッソの味の違いと口コミ評判 ドルチェグストはドリンクメニューが充実しているように、どちらかと言えば会社やファミリーなど人が集う場所に向いているマシン。 一方でネスプレッソは、コーヒーの品質にとにかくこだわったマシンという違いがあります。 さらにネスプレッソはカプセルの構造も酸化を防ぐため、こだわりのアルミ素材を使うなど、こだわりの一杯が楽しめます。 もちろんドルチェグストのコーヒーもとてもおいしいのですが、ネスプレッソはコーヒー好きから本格的な味わいだと高く評価されています。 藥師葵さん aoiyakushi がシェアした投稿 - 2017 10月 17 9:07午後 PDT ネスプレッソの面白さは、味の良さだけではなく、macを買った時のあのちょっと異質で大げさ気味なおもてなし感や、マニュアル一冊にいたるまでの高級感の演出に通ずるものがあると思う。 コーヒーカプセルひとつにしても、名前から質感、デザインや色使いまで徹底的なこだわりの意気込みが伝わる。 — ゆ。 — 朝倉恵理子 erikkuma126 このようにコーヒーの味に関しては、大手コーヒーチェーン店にも引けを取らないとの口コミも寄せられています。 実際、 私自身の個人の感想ですが、ドルチェグストでも十分チェーン店のコーヒーの味と同等以上の味です。 ネスプレッソは、そこからさらに自分好みのこだわりがある人向けです。 ネスプレッソは産地やフレーバーといった、とにかくいろいろな本格コーヒーを楽しみたい人におすすめと言えます。 力強い味わいならフルーツのような香り豊かなものまで、細かく分けられたカプセルで、微妙な味の違いにこだわりたいコーヒーマニアの人も納得のマシンです。 マシンの抽出圧力の違い15気圧と19気圧 ドルチェグストとネスプレッソは、コーヒーを抽出する際の気圧にも違いがあります。 ドルチェグストは15気圧ですが、ネスプレッソは19気圧。 コーヒーのポンプ気圧は低すぎればコーヒーパウダーにお湯が回らず、抽出に時間がかかり味わいに雑味が生まれます。 適切なポンプの圧力は15~18気圧とされており、エスプレッソが基本のネスプレッソは短時間で濃厚なコーヒーを抽出できるよう19気圧という、プロ仕様のマシンと変わらない気圧を誇っています。 この19気圧によって、ドルチェグストよりもさらに濃厚で深みのあるエスプレッソの抽出が可能にしています。 1杯あたりの価格・コストの違い ドルチェグストとネスプレッソの1杯あたりのコストを比較してみました!• ドルチェグスト…1個あたり57円~120円程度• ネスプレッソ…1個あたり75円~86. 4円 カプセル1つあたりの料金をくらべると、ドルチェグストはかなりの幅があることがわかります。 ちなみに57円はブラックコーヒーが中心で、マキアートなどの2つのカプセルを使うタイプは1杯あたりのコストが100円を超えてきます。 一見するとドルチェグストの方が高い感覚がありますが、平均的に見ると90円を超えることのないドルチェグストの方がトータルコストでは安いです。 ドルチェグストとネスプレッソのカプセルは購入できる場所が違う ドルチェグストのカプセルは、通販だけでなく家電量販店やスーパーなど、近所のお店で手軽に購入できるのも大きな魅力です。 そのため、なくなりそうになったら1ケースからお店に買いに行けるので、カプセルを入手しやすいです。 一方でネスプレッソは、ネスプレッソショップの通販か、都内を中心に店舗があるネスプレッソ専門のお店、「ネスプレッソブティック」での購入のみ。 スーパーなどのお店では市販されていないので、万が一切らしてしまったら、ショップに足を運ぶか通販で取り寄せる必要があります。 本体無料の公式定期便サービスがある ちなみにドルチェグストとネスプレッソは、どちらもマシンを無料でレンタルできるカプセル定期便サービスが用意されています!こちらは、1か月~2か月ごとのペースで、飲みたいカプセルが自動で自宅に届けられるサービス。 カプセル定期便を一定量以上利用することで、マシン本体を無料で使えますよ!コーヒーを飲まなくなったらマシンを返却するのでマシンの収納スペースに悩まされる心配もありません。 かかる費用はカプセル代だけですので、ぜひ本格コーヒーを自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか。 あわせて読みたい ドルチェグストとネスプレッソの比較一覧表 ここまでご紹介した、ドルチェグストとネスプレッソの違いを改めてまとめました! ドルチェグスト ネスプレッソ コーヒーの種類 9種類 24種類 他ドリンクの種類 ラテや抹茶など10種類近く なし ドリンクの作り方 カプセルで抽出するだけ ミルク系メニューは、 別途ミルクフォーマーが必要 1杯あたりのコスト コーヒーは1杯50円台~。 ラテなどのメニューは120円程度のものもある。 1杯70~80円台。 コーヒーに関して言えばドルチェグストよりも高い。 味について ・しっかりしたクレマ(泡)が楽しめる ・コーヒー以外のドリンクも本格的 フレーバーや産地などにこだわっていて、 コーヒーそのものの評価がとても高い カプセルの入手方法 通販以外にも、スーパーや家電量販店で買える 通販かネスプレッソブティックのみ 本体無料の公式サービス あり あり ネスレから発売されている、・・を比較すると下図のようになります。 ここまでの情報をふまえて、をおすすめしたい人、をおすすめしたい人のポイントをご紹介します。 ちなみにの記事もありますので、あわせて参考にしてみてください。 ドルチェグストはこんな人におすすめ!• コーヒーが好きでいろいろなコーヒーを飲みたい• エスプレッソなど濃い味わいのコーヒーが好き ネスプレッソは、とにかく専門点で飲むような本格的なエスプレッソが飲めるのが魅力です。 一応ドルチェグストにもエスプレッソ用のカプセルも用意されていますが、ネスプレッソはエスプレッソ用のカプセルだけで24種類! 産地ごとやフレーバーの違いなど、細かい違いで分けられたカプセルたちは、コーヒーの味わいにこだわるマニアの人におすすめです。 ただし、基本的に濃厚なエスプレッソを抽出するためのマシンですので、コーヒーの苦みが苦手という人には合わない可能性があります。 いろいろなドリンクを飲みたい人はドルチェグスト、コーヒーの味や風味にこだわるのならネスプレッソを選ぶことをおすすめします。

次の