親子 丼 に 合う おかず。 [牛丼の付け合わせ、おかず&献立] 牛丼に合う料理&おかずの献立!人気・定番・簡単レシピ!「牛丼セットの献立は、味噌汁と生野菜サラダ、お新香で栄養バランスを改善するのがコツ!?」

親子丼の献立 副菜!合うおかずともう一品はコレ!

親子 丼 に 合う おかず

子どもにも大人気の親子丼。 親子丼の献立におすすめの副菜レシピを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたなかから厳選しました。 手軽な丼ものと野菜たっぷりの副菜、簡単スープは栄養バランスもばっちり。 忙しい日の晩ごはんにもぴったりなので、ぜひお試しください! 作り置きでお手軽!親子丼のレシピ 【1】親子丼 ちょっと多めに作ったおかずを、次の料理にリメイクするのがおすすめ!夜に作ったてりやきチキンを卵でとじるだけでサッとお昼ごはんに。 【2】フライパンに【A】と玉ねぎを入れて火にかけ、中火で煮る。 しんなりしたらチキンを加えてひと煮し、溶き卵を回し入れ、全体がふつふつとしてきたら火を止め、フタをして2分蒸らす。 【3】器にご飯を盛り、【2】をのせる。 塩、こしょうをふって、全体に片栗粉をまぶす。 【2】フライパンにサラダ油を熱し、【1】の皮を下にして入れる。 焼き色がついたら裏返し、余分な脂をキッチンペーパーで拭きとる。 【3】【A】を加えてフタをし、中弱火で5分煮、フタを取り、汁けが少 なくなるまで煮詰める。 リメイクおかずの3つの基本。 【1】量は1食分の 2倍が目安 【2】味付けは控えめに 【3】保存は容器に移し替えて 教えてくれたのは 島本美由紀さん 料理研究家・ラク家事アドバイザー。 忙しい主婦に向けて、身近な食材でパパッと作れるおいしい時短レシピを考案。 テレビや雑誌を中心に活躍。 暮らし全般のハッピーもプロデュース。 『ベビーブック』2017年5月号 【2】やわらか親子丼 チキンナゲットだから、衣までしっかり親子丼の味がついてうれしい。 ナゲットは臭みもなく、噛み切りやすいので子供にも食べやすい一品。 卵は溶きほぐす。 玉ねぎは横に薄切りにする。 【2】鍋に【A】を合わせて中火にかけ、ひと煮立ちしたら【1】のナゲットと玉ねぎを加える。 玉ねぎがやわらかくなるまで煮たら、卵を回し入れて煮る。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせ、小口切りにした万能ねぎを散らす。 チーズは5mm角に、玉ねぎはみじん切りにする。 【2】ボウルに【1】とひき肉を入れてよく混ぜ、ひと口大に丸める。 教えてくれたのは YOMEちゃんさん 女の子のママ。 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立を綴ったブログ「よめ膳@YOMEカフェ」 が毎月200万アクセスを誇る。 『ベビーブック』2013年10月号 親子丼の献立にぴったり!サブおかず 【1】にんじんとブロッコリーのサラダ 味は塩とオリーブオイルのみ!オリーブオイルが野菜をコーティングしながら塩でうま味を引き出します。 にんじんを車の形に抜いて味だけでなく見た目もかわいらしいシンプルなサラダ。 【2】鍋に水とにんじん、塩を入れてゆで、8割がた火が通ったらブロッコリーを入れてゆで、ざるにとる。 パプリカは5mm角に切って、サッとゆでる。 【3】【2】を塩とオリーブ油で和える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 料理コーディネーター。 キャラクター料理や子ども向け料理など、見た目が楽しく、かわいく、かつ、おいしくてヘルシーなレシピが人気。 器に盛って、半分に切ったプチトマトを飾る。 教えてくれたのは 有坂翔太さん 料理家。 大阪の辻学園調理・製菓専門学校・高度調理技術学科(当時)卒業。 大阪のフランス料理店の料理長を務めたあと上京し、フードアーティスト・料理家としてTV・雑誌・書籍・料理教室など多方面で活躍。 自店でも連日厨房に立つ。 『めばえ』2018年12月号 【3】和風コールスローサラダ たっぷりの野菜だけでなくかつお節やゴマがはいった優秀な副菜。 ブロッコリーは小房に分けてゆでる。 【2】【1】とコーン大さじ5 をあわせ、かつお節、白すりごま、めんつゆ、マヨネーズを加えて混ぜ、塩で味を調える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2018年2月号 【4】即席浅漬け 余った野菜ですぐできる、時短おかず。 冷蔵庫に常備しておけば野菜不足解消に。 にんじんは短冊切りにする。 切り昆布は半分の長さに切る。 【2】【1】をジップ付きポリ袋などに入れ、【A】を加えてよくもみ混ぜ、空気を抜くように袋の口を閉めて冷蔵庫で2~3時間漬ける。 教えてくれたのは 渥美まゆ美さん あつみまゆみ/管理栄養士。 フードコーディネーター。 健康運動指導士。 保育園勤務で子どもの料理提供に関わる。 料理講師やセミナー講師などフリーランスで活動後、「株式会社Smile meal」を設立。 食育など食と健康に関わる活動を行う。 2児の母。 『めばえ』2018年1月号 【5】にんじんのごまナムル 細切りにしたにんじんをじっくりじっくり炒めて甘みを出します。 ポイントはごま油と炒りごま。 ひねりつぶして風味を立たせます。 【2】フライパンにごま油を熱して【1】を2分ほど炒める。 しんなりしたら塩をふって1分ほど炒め、ごまを指でひねりつぶして加え混ぜる。 教えてくれたのは コウケンテツさん 料理研究家である母・李映林さんのアシスタント後、独立。 韓国料理を中心とした、素材の味を生かしたヘルシーなメニューが人気。 一男一女の父。 『ベビーブック』2012年10月号 【6】小松菜とわかめのしらす和え 小松菜はやわらかめにゆでて刻みます。 しらすを加えればカルシウムもプラス。 【2】わかめは水につけてもどし、サッとゆでて水にとり、絞る。 【3】ボウルに【1】と【2】を入れてしょうゆ、しらす干し、ごま油の順にからめる。 教えてくれたのは コウケンテツさん 料理研究家である母・李映林さんのアシスタント後、独立。 韓国料理を中心とした、素材の味を生かしたヘルシーなメニューが人気。 一男一女の父。 『ベビーブック』2012年10月号 【7】ほうれん草のツナ和え 超時短簡単レシピ!レンチンの間にタレを作って和えるだけで一品追加に。 【2】水にさらして水けを絞り、2~3cm長さに切り、缶汁をきったツナと【A】で和える。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネー ター、飾り巻き寿司インストラクター1級。 男の子のママ。 育児経験を生かした 簡単で栄養バランスのとれた料 理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2015年8月号 親子丼に合う!簡単お吸い物 【1】レタスとわかめの和風スープ だしを効かせたさっぱり味!わかめのツルンとした口当たりが喉ごしよく体を温めます。 【2】大きめの耐熱ボウルに【1】、わかめ、【A】を入れ、混ぜる。 【3】【2】にラップをかけ、電子レンジ(600Wの場合)で2分~2分30秒加熱する。 教えてくれたのは 松尾みゆきさん 管理栄養士・料理研究家・フードコーディネーターとして、テレビや雑誌、書籍等、幅広く活躍。 自身も母として「食育」を実践している。 『めばえ』2016年5月号 【2】ちぎりキャベ ツとちぎり油揚げのトマトスープ ちぎってちぎって。 トマトと具材の相性がよく、簡単なのにおいしくて食べ応えも充分。 油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、ペーパーで水けをよく拭き取ってからひと口大にちぎる。 【2】鍋に【A】を入れて中火にかけ、煮立ったら【1】を加え、蓋をして弱めの中火でキャベツがやわらかくなるまで10分ほど煮る。 仕上げにみそを溶かし入れる。 『めばえ』2016年10月号 【3】すりおろしにんじんのコンソメ風スープ すり下ろしたにんじんの甘味と風味がやさしいスープ。 栄養たっぷりで体を温めるので、朝ごはんにピッタリです。 蓋をずらしてのせ、3分ほど煮たら、しょうゆで味を調える。 教えてくれたのは 松見早枝子さん 料理研究家。 ビューティレシピスト。 美と健康をテーマに、栄養バランスに優れたおいしいレシピを提案。 雑誌、テレビ、講演会、料理教室など幅広く活躍している。 美食家でレストランオーナーの夫、息子と3人暮らし。 『めばえ』2016年10月号 【4】じゃがいもとにんじんのスープ 野菜のやさしい甘みがみその風味でぐっと引き立つ。 油でいためた味噌のスープは味噌汁とは違ったスープです。 【2】鍋に油、みそを入れて中火で熱し、香りが出るまで炒める。 水を加えて【1】を入れ、再び煮立ったら弱火 まで煮る。 教えてくれたのは ウー・ウェンさん 北京生まれ。 1990年に来日。 雑誌で紹介した「北京の小麦粉料理」が評判となり、料理研究家に。 東京と北京でクッキングサロンを主宰。 教えてくれたのは りんひろこさん 料理家・フードコーディネーター・食育アドバイザー・薬膳アドバイザー。 料理教室「みなとキッチン」主宰。 京都で学んだ懐石料理と、アーユルヴェーダや薬膳など東洋の食養生の考えをもとにした、おいしく簡単な料理を提案。 4歳と2歳、『めばえ』世代の子育てママでもある。 『めばえ』2018年10月号 【6】水だしで作るのりと小ネギのみそ汁 水でとれる出汁を使えば、即席なのに本格みそ汁が簡単に味わえる!冷蔵庫で1週間保存も可。 【2】お椀に小さくちぎった焼きのりと小ネギを入れて、熱々の【1】を注ぐ。 冷蔵庫で約1週間保存可能。 【2】塩と砂糖を加える。 【3】水を注ぎ、フタを閉めて、冷蔵庫でひと晩置く。 教えてくれたのは 武蔵裕子さん むさしゆうこ/料理研究家。 作りやすく、おいしいレシピに定評のある、家庭料理のエキスパート。 自らも働きながら双子の息子を育て上げ、今も3世代の食卓を担う日々。 忙しい主婦が真似しやすい時短レシピを数多く提案している。 『めばえ』2017年4月号 【レシピ初出】.

次の

丼ものに合うおかずの献立25選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

親子 丼 に 合う おかず

玉子丼の献立にあうおかず• 厚揚げを焼いたやつ• 天ぷら• 鶏の唐揚げ• 照り焼きチキン• さつま揚げ 玉子丼に合うおかずは、親子丼の献立とちょっと似ています。 たとえば「 厚揚げを焼いたやつ」とか「 天ぷら」等は、親子丼と共通して 相性がよいです。 程よい油っ気が、玉子丼の風味を引き立てる。 一方「」とか「 照り焼きチキン」なんかは、玉子丼の方が合わせやすいですよね。 玉子と鶏はなんだかんだ言ってよく合うし、親子丼と違って 鶏がダブってないのがポイント。 個人的には「 さつま揚げ」と玉子丼のコンビがオススメ。 優しい味の玉子丼とさつま揚げの風味は、バランス的に丁度いい感じ。 見た目は地味なんですが、オツな組み合わせです。 ナスのおひたし• きんぴらごぼう• 切干し大根• たくあん 玉子丼の献立に合う小鉢は、ぶっちゃけ和風のメニューなら何でもOKなんですが… 相性の良さで選ぶなら「 ナスのおひたし」なんかオススメ。 ナスと玉子組み合わせは、さり気なくよく合い通な味わい。 「」もいい感じ。 ザクザクしたごぼうの食感と、唐辛子の程よい辛さが献立にメリハリを与えます。 「 切干し大根」は味付け的に玉子丼と合うのはもちろん、刻んだ油揚げがいい仕事をします。 玉子の風味と、油揚げの香りがよく合うんですよ~ 「 たくあん」は丼物に付き物なので、忘れないように挙げておきました。 麺類は?• きつねうどん• てんぷらそば 和風の丼物だったら、麺類のメニューを付ける献立もありますよね。 んで、玉子丼の場合は「」とか「 てんぷらそば」などがオススメ。 玉子丼には肉が入っていないので、揚げ物が乗っているうどん・そばがよく合います。 もちろん「 たぬきそば」もアリです。 作りやすい方で楽しんで下さい。

次の

丼ものに合うおかずの献立25選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

親子 丼 に 合う おかず

作り手側から見ても、食べての側から見ても親子丼は、簡単で美味しい人気の一品です。 ただ、親子丼を献立として考える際には、具材やおかずで栄養バランスをはかったり、食をすすめるための工夫も必要になってきます。 親子丼の献立には、 副菜や汁物を合わせることがポイントになります。 再三、述べているように親子丼には玉ねぎしか野菜は入っていません。 副菜や汁物には、それを補う栄養価をもった野菜を中心に補ってやる必要があります。 また、親子丼の甘辛い味付けにたいして、箸休め的な役割を副菜や汁物にもたせるために、あっさり味とか、さっぱり系の酸味を加えることが大切になります。 親子丼の献立には、副菜や汁物、サラダ、スイーツなどをバランスよく組み合わせることがベストになります。 中でも、和風の副菜と汁物が最低でも用意されていると、栄養バランス的にはベターです。 豚バラ肉(薄切り)200g• 大根100g• 里芋150g• 白ネギ1本• 出汁1000ml• 味噌大さじ6• サラダ油適量• 野菜は適当な大きさに切り分けておきます。 厚手の鍋をしっかりと熱してから、サラダ油を敷いて豚肉を炒めます。 焼き色が付いたら分量外の醤油を少々回し掛けます。 鍋に白ネギ以外の野菜も加えて、炒め合わせます。 出汁を加えて、強火にかけます。 沸騰したら火を弱めてアクを取り除きます。 味噌の半量を溶き入れて、具が柔らかくなるまで煮込みます。 仕上げに残りの味噌を溶かし入れたら完成です。 器に盛って、白ネギの小口切りを散らしていただきます。 乾燥春雨60g• キュウリ1本• ハム50g• 戻したワカメ10g• 白いりゴマ小さじ2• ドレッシング(酢大さじ2・醤油大さじ1・砂糖大さじ1・コショウ少々・ゴマ油小さじ2・サラダ油小さじ2)• 春雨は熱湯で戻して、水に取ってからザルに上げて水気を切っておきます。 キュウリは斜め薄切り、人参とハムは千切り、ワカメは適当な大きさに切り分けておきます。 ボウルにキュウリと人参を入れて、塩をまぶして5分おきます。 5分して出てきた水気を絞っておきます。 ボウルにすべての具材を合わせてよく混ぜ合わせます。 別のボウルでドレッシングをよく混ぜたら具材と和えます。 しばらく置いて、よくなじんだら完成です。 プリン生地(卵2個・牛乳180ml・生クリーム50ml・砂糖40g・抹茶小さじ1)• 抹茶シロップ(砂糖30g・水大さじ2・抹茶小さじ1)• 茹で小豆適量• 卵を割りほぐして泡立てないように混ぜておきます。 鍋に牛乳・生クリーム・砂糖入れて、沸騰直前まで温めます。 少量の水で抹茶を溶いたボウルにあたためたものを少量加えてなじませたら鍋へ戻し入れます。 を卵のボウルに少しずつ注いで混ぜ合わせたら、濾し器で濾します。 カップにそそいでアルミホイルで蓋をします。 鍋にカップの半分くらいの高さに熱湯を張って、鍋蓋をしてから弱火で20分向仕上げます。 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておきます。 別の鍋で砂糖と水を入れて火にかけシロップにします。 溶いた抹茶とシロップを合わせて、粗熱を取ったら冷蔵庫で冷やします。 冷えたプリンに抹茶シロップを掛けて、茹で小豆を載せたら完成です。

次の