お 渡し させ て いただき ます。 【開催中止】はるあんさんサイン本お渡し会

インフォメーション

お 渡し させ て いただき ます

「渡す」の敬語表現は? そもそも「渡す」の敬語表現はどのようになるのでしょうか?尊敬語と謙譲語についてみてみましょう。 尊敬語は? ビジネスシーンでは書類やデータなどを「渡す」ときに、上司や取引先、または外部の出入り業者などに対して敬語表現を用いることがあるでしょう。 そのようなときは「渡す」の尊敬語である「お渡しになる」や「渡される」を使います。 このときに気を付けたいのは、尊敬語が「相手の行為」に対して使う言葉であるということを理解しておくことです。 以下に例文を挙げてみましょう。 本部長、先日のミーティング資料は各部署にお渡しになりましたか?• 本部長、先日のミーティング資料は各部署へ渡されましたか?• お渡しになる試供品はお子様向けです。 渡される試供品はお子様向けです。 謙譲語は? 尊敬語でも「自分の行為」に対して使われ、自分が一歩下がった位置で相手に敬意を表す敬語表現が謙譲語です。 「渡す」の謙譲語は「お渡しする」「お渡し致す(いたす)」です。 通常、これらの謙譲語は会話やビジネスメールなどで「~ます」「~いたします」などの丁寧語を付けて使います。 今日届いたお荷物をお渡しします。 今日届いたお荷物をお渡しいたします。 お渡しする封筒には御請求書が入っております。 お渡しいたしました封筒には御請求書が入っております。 「渡してください」の敬語表現 自分から誰か別の人に「渡してください」と頼む時は「謙譲語」を用いて表現します。 サンプルの一部をお渡しいただけますか?• サンプルの一部をお渡しいただけませんでしょうか?• サンプルの一部をお渡し願いますか?• サンプルの一部をお渡し願えませんでしょうか? 「渡す」の敬語の正誤例 「渡す」の敬語について「〇適切な例」と「x適切ではない例」を挙げてみましょう。 ( 〇 お渡しします。 X お渡し申し上げます。 X お渡しさせていただきます。 X 渡させていただきます。 〇 支社から届いた資料をお渡しください。 X 支社から届いた資料をお渡しになってください。 ビジネスシーン別「渡す」の敬語表現 それでは「渡す」の敬語表現をビジネスシーン別にみてみましょう。 取引先に請求書を渡す• こちらが請求書になります。 本日お渡しいたします。 部長、先月分の請求書はお渡しになりましたか? 参加者に連絡先を渡す• セミナーの参加者へ連絡先をお渡しいたします。 人事部長、セミナー参加者へ連絡先を渡されましたか? 上司にお土産を渡す• 事業部長へ海外出張のお土産をお渡しします。 部長、海外出張のお土産をお渡しになりましたか? 顧客ににプレゼントを渡す• キャンペーン中は顧客にプレゼントをお渡しする予定です。 受け渡す(受け渡し) 「受け渡す」は「一方から他方へ受け渡しを行うこと」また「受け取ること、引き渡すこと」を意味する熟語で、荷物や所有物などを対象に使われます。 「受け渡し」は「受け渡す」の名詞形になります。 また、似た言葉に「引き渡す(引き渡し)」がありますが、「引き渡す(引き渡し)」には「他の場所へ移動させる」「他人に渡す」という意味があります。 土地を受け渡しいたします。 誓約書を受け渡しされましたか? 渡し済み 「渡し済み」は「誰かに商品や荷物を渡し終わったこと」を意味しています。 職場でも「お渡し済み」のハンコを書類に押すことがあるように、ビジネスシーンでは大変活躍する熟語の一つです。 航空チケットはお渡し済みです。 企画部長、手配書は先方にお渡し済みでしょうか? 「渡す」を使った英語例文 最後にビジネスシーンで役に立つ「渡す」の英語表現についてふれてみましょう。 「hand over」「hand to」 英語で「渡す」は「hand over」「hand to」「pass to」「give」などになります。 文章の内容によって適切な単語は変わりますが、おおむね「物品や荷物」などの「モノ」を「直接手渡す」ときは「hand 」を使うのがベストです。 「pass」は間接的にモノを渡すときに使われます。 「渡す」のビジネスメール例文• I would like to hand the contract over next week. 契約書を来週お渡ししたいです。 Have you already handed the sales report to N Corp 売上報告書をN社に渡されましたか? まとめ 「渡す」の尊敬語は「お渡しになる」「渡される」、謙譲語は「お渡しする」「お渡しいたす」となります。 円滑にコミュニケーションを行うために、正しい敬語は必須です。 職場の上司に対しては丁寧語を用いた尊敬語を上手に使うようにし、敬意を払いながらも「かしこまり過ぎない」関係を築いていきたいものです。 また、新規の顧客やクライアントに対してはできるだけ「謙譲語」を用いるようにし、ビジネスの軸である「信頼」を少しずつ構築していくようにしましょう。

次の

「お渡しください」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

お 渡し させ て いただき ます

すみません。 どんどんわからなくなってきました。 私は、「もしこちらの方にお越しになる機会がございましたら、是非ともお足をお運びいただけますよう、よろしくお願いいたします。 」を使います。 ・・・・あらかじめご了承いただ「け」ますようお願い申し上げます。 *「き」を用いると、「お客さまがそうする」と決めつけているようで、高圧的な感じがします。 「お客さまに手続きしていただける」ように会社が「お願いしたい」とはならないでしょうか? すみません。 同じような質問が以前にもございますが、本当に混乱しています。 ご教授いただけますよう、お願いいたします。 以前にも同様な質問に回答したことがあります。 最近は,「くださる」を使うべきところにみんな「いただく」を使ってしまう言い方がおおはやりです。 「ことばの変化だ」と客観的に眺めていたりのんきにしているひとはいいですが,私はこれこそ「日本語の乱れ」だと考えています。 あくまでも「いただく」のは話者で,「くださる」のは聞き手(または話者以外の話者より目上の行為者)です。 ところで,後ろに「お願いいたす」場合にその前は何と言うか?ですが, 当然「くださるよう」「くださいますよう」「くださりたく」などです。 「いただけますよう(自分が「いただく」ことができるように)」と言いたかったら,その後ろには,相手に「お願い」致すのではなく,「(私どもが)努力いたします」などと一貫して自分の行いの文章で続けるべきです。 当然「いただきますよう(自分がなにかを受け取るように)」の後ろに「(相手に)お願い」など(神様にお願いするなら別ですが)支離滅裂です。 ・「いただきますよう」か「いただけますよう」かとそれだけ単独で取り出したのでは,問題の解決になりません。 前後のつながりが一貫しているかどうかで決まる問題だと思います。 例に挙げられている文例は、いずれも「(して)くださいますよう」ではないでしょうか。 「(して)いただく」は、相手の好意で自分に対して何かしてくれることを指しており、こちらからの依頼意思が明確にある場合に使うとおかしくなります。 「(して)いただきたい」なら、こちらの願いを含んでいて、依頼の意味が入りますので、「(して)いただきたく、お願いいたします」にすればよいと思います。 「(して)いただけませんでしょうか」と可能性を疑問文で提示して依頼するのでもよいでしょう。 「ください」と「いただきたい」あるいは「いただけますか」が同じもので、「くださる」と「いただく」とはニュアンスが違います。 以下のような感じです。 「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」 「ご了承いただきたく、お願い申し上げます」 「ご了承いただけますでしょうか」 あとは、ご質問文の中のちょっと気になった点です。 「ありました」「なされていました」などでしょう。 「いただきますよう」は誤用です。 「いただく」の主語は話し手です。 「私 ども が…していただく」のです。 自分が「…するよう」相手に願うのは筋違いです。 本来は 相手が 「…賜りますよう」「…下さいますよう」お願いするのです。 ただ、「下さる」は少しぞんざいな感じ、「賜る」は仰々しい、ということで「いただく」を使うのですが、上に述べたように、主語を考えれば分かるでしょう。 敬語表現のない場合で、 「兄に手伝ってくれるよう頼む」(「くれる」の主語=「兄」) 「兄に手伝ってもらうよう頼む」(「もらう」の主語=「自分」) を比べれば分かると思います。 「御来店いただき、ありがとう御座います」 に抵抗感があるのも同じ理由によります。 「下さる」の復権が望ましいのですが、ばか丁寧な敬語が流行する今日、叶わぬ願いでしょう。 「いただけますよう」は間違いではありません。 「いただける」は「いただくことが可能である」という状態を表していて、話し手が「…する」という行為を言うものではありません。 「そういう状態が実現するよう願っている」ですから、「いただきますよう」よりはるかにまっとうな表現です。 1)「いただく」の主語は自分 2)敬語表現をやめれば、意味は「もらう」 この二つをカギにして考察してください。 受取る側としては同じ意味でしょうが、 私の印象としてはどちらかというと「いただけますよう」のほうが高圧的というか、 「~していただける」ことをとりあえず前提にしているような感じを受けます。 一般的に「~していただき」をよく使うのは 依頼する目的以外の他に、それを行なっていただいたあとの文章 「~していただきありがとうございました」 等と対になるので、なじみ易いというか使いやすいというか。 「き」と「け」の実質的な違いなどせいぜいこの程度だと思います。 「是非とも足をお運びいただけますよう」 「お返事をくださいますよう」 のようにした方がスッキリしますよ。 A ベストアンサー こんばんは。 文法については、私が書きますとかなり長くなりそうですので、 ここでは触れません。 ニュアンスの問題で(文法的にも)結論を言いますと、 「き」が正解(無難?)と考えます。 なぜなら、例えばですが、 「この回答に対して、ぜひお礼をいただ『け』ますよう、 よろしくお願い…」って書くと、 「強制の度合い」が大きくありませんか? 基は「き」を使った定形文と思います。 確かに「け」には、「発信者当人の希望の要素」がありますが、 これはあくまでも「定形文」のひとつと考えると、 「定形の変更」(定形を崩すこと)に、 「ある意図が含まれ」てしまいます。 そして、「意図」が含まれると、文章は「強く」なります。 そのような特別な意図を含まない 通常の文章中では「き」が、すわりが良いと考えます。 蛇足ですが「例」については、お気になさらないでくださいね。 「自分が言われたとき」というシチュエーションでお考えになる、 「わかりやすい例」を出したかっただけですので。 A ベストアンサー 「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、 「お申し込み頂きますようお願いいたします」 としなければなりません。 これが本来の表現でしょう。 ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。 そこで、 「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」 という意図で、 「お申し込み頂けますようお願いいたします」 という文が作られたのではないか、と推測します。 この意味で、おっしゃるように可能の用法のつもりで使っているのでしょう。 この場合、「申し込む」の主語と「いただく」の主語は異なることになります。 しかし、この「いただく」は「お申し込み」の補助動詞として使われているため「お申し込みいただく」は一つの動詞とみなされるべきです。 つまり、ひとつの動詞に2つの主語が混在していることになり、それが違和感の原因であり誤用たる理由にもなるのでしょう。 こういった文を作ってしまう方は多いですが、「強制的ニュアンスを消したい、薄めたい」という意図を表わすためには、「お申し込みを賜りますようお願いいたします」などとすれば効果が多少は出るように思います。 「頂く」を使うのであれば、おっしゃるとおり、 「お申し込み頂きますようお願いいたします」 としなければなりません。 これが本来の表現でしょう。 ただ、「頂く」は謙譲表現ではありますが、「申し込む」という行為自体が強制的ニュアンスを含んでいるため、自らを下げて相手に敬意を表するという本来の謙譲の意図が全うされているとは言えない印象の文になってしまいます。 そこで、 「(あなたが為すところの)お申し込み(という恩恵を私たちが)頂くことができますようお願いいたします」 という意図で、... A ベストアンサー 私なりの考え方を述べさせていただきます。 まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。 「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。 つまり自分に対して「相手にしてもらおうかどうか」を尋ねています。 ここで最初のご質問に目を移しましょう。 言っている事は同じですし、どちらも間違いとは思いません。 次に「お伺いいたします」ですが、確かに2重敬語です。 ただおっしゃる通り現在ではごく普通に使われる表現で、違和感は感じません。 私の考えでは正しい日本語としても良いと思います。 ただし「とんでもございません」は不自然です。 これは2重敬語でもなんでもなく、明らかに誤った語法です。 「とんでもない」という言葉の「ない」は「有る無し」の「無い」とは全く関係無いのでその一部を取って「ございません」とはできません。 「あぶない」を「あぶございません」とか、「ゆるせない」を「ゆるせございません」と言えないのと全く同じ理屈で、不自然極まりない表現です。 2重敬語の「お伺いいたします」の問題とは全く関連のない引き合いだと思いました。 私なりの考え方を述べさせていただきます。 まず「いただけますよう」と「いただきますよう」ですが、主体の違いによるだけで、結局どちらでも良いと思います。 「いただけますか?」と「いただきますか?」というフレーズを考えてみてください。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

急遽!!お渡しいただきたいです。渡して貰いたいです。上は日...

お 渡し させ て いただき ます

2019. 13 12月28日(日)~12月31日(火)に、東京ビッグサイトにて開催される「コミックマーケット97」にて、 オーバーラップブースにて『【2】設定資料集+お渡し会付き』をご購入いただいた先着300名様に、 ユエ役の桑原由気さんによるお渡し会に参加いただけるイベントを実施! 詳細は以下ご確認ください。 予めご了承ください。 実際のものと異なる場合がございます。 28日(土)・29日(日)の両日で配布いたしますが、各日無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。 ご参加希望のお客様は、必ず 12月29日(日)13:45にブースに集合してください。 遅れた場合、時間によって締め切らせていただく場合がございます。 大切に保管して下さい。 また、転売によって購入された整理券と発覚した場合、無効とさせていただきます。 その場合、商品の返品のご対応は致しかねます。 直接のお渡しは禁止させていただきますので、予めご了承ください。

次の